FC2ブログ
プロフィール

私はタワシ

Author:私はタワシ
ぶきっちょな独学のアマチュアピアノ弾き。デジピ族。一応女性。
クラシックピアノの王道からは外れまくりですが、自由気ままなピアノライフを楽しんでます。
特技は捏造、ミスタッチ量産。
プロテスタント教会で奏楽者(礼拝讃美歌や聖歌隊の特別讃美の伴奏)をつとめています。
オカリナ吹きます(「フォーカリンク」と「アケタ」を使ってます)。時々、リコーダーやティンホイッスルなども。
これまでの経歴など、詳しくは当ブログの「自己紹介」カテゴリの記事を参照してください。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ

<今週の録音>Fain Would I Wed(Campion)

お知らせしていた通り、今回から原則として毎週火曜日(タワシの定休日)にシューイチ録音をアップすることになりました。いやぁ〜精神的に今までよりずっと楽ですね。余裕があります。どうして今までこうしなかったんだろう?

とはいえ、相変わらず短い曲ですし、演奏の完成度が上がっているわけではありません(^^;;
お付き合いいただくには、引き続き皆さんの広〜い心を必要とします。

今回は珍しく(初めてではないけど)、ルネサンスの音楽です。
今回の曲についてはいろいろ書くべきことがあります。
この曲、先日お話ししたベーレンライターのバロック・オムニバスアルバムに入っているのですが(もちろん、今回の演奏もそれに依っています)
そこでは作曲者は Richard Farnaby とされています。

20200121202021a5d.jpeg

が、ネットで検索したところ、ほとんどすべての動画や記事で、Thomas Campion の作曲とされていました。
こんなことは初めてで戸惑っています!どっちなんだよ〜!?
ベーレンライターといえば、信頼のおける出版社!まさか大事な作曲者名を間違えるとは思えず・・・
キャンピオン作曲、ファーナビー編曲ということでしょうか?
迷った末、多数派に従い(!?)キャンピオン作曲としました。動画の画像もキャンピオンの肖像(としてIMSLPにあげられていたもの)です。
さて真相は?
ルネサンス音楽に詳しい方、是非ともご教示ください。

また今回の録音は、教会のアップライトでのものです。
原曲はリュート伴奏による歌曲のようで、それゆえ家でデジピで練習する時はもっぱらギター音(タワシの安物デジピにはリュート音がないので)で弾いていて、結構いい感じではあったのですが、せっかく生ピアノでも弾いたので、それをアップします。
装飾音 ちゃんと弾けてなかったり省いているところがあります。

そうそう、タイトルについて説明しなくては。
楽譜の通りの表記にしましたが、もう少し長く、
Fain would I wed a fair young man
としているものも多いです。
「若い、いい男となら、喜んで結婚するわ」という意味ですね。
なんとも俗っぽい(笑)
当時の「流行歌」だったんでしょうね。

それではどうぞ〜

Fain Would I Wed(Campion)

テーマ: ピアノ
ジャンル: 音楽

シューイチのUPを毎週火曜に変更します!

PCの不調(?)により、土曜日のうちにシューイチをアップすることができませんでした。
ひと月ほど前には録音機の故障により締め切りに遅れてしまったばかりですが・・・
最近なんかトラブル続きでちょっと凹みます。
 
それで・・・この機会に、しばらく前から考えていた「シューイチのUP日の変更」をしようと思います。
これまで原則として土曜日でしたが、今後はタワシの定休日である火曜日にします。
クリスチャンであるタワシにとって、土曜日は本来、礼拝のための備えをすべき日。
祈ったり、みことば(聖書)を読んだり・・・もちろん礼拝で弾く讃美歌の練習も含みます。
が、シューイチの締め切りを厳守するために、土曜は録音やアップのための作業やブログ記事を書くのに追われることがほとんどになっていました。(定休は火曜日と日曜日。土曜は出勤日です)

テレビ番組でも放送の曜日や時間帯の変更をすることも珍しくないし、そのようなものだと思ってくだされば幸いです。
どうせなら、年明けと同時に変更すれば、なおよかったのですが。

400回の節目も迫ってますが、ネタはまだまだ尽きませんので、シューイチも行けるところまで行くつもりです!
今後ともよろしくお願いいたします。
では、火曜日にまた!

テーマ: ピアノ
ジャンル: 音楽

エントリー完了&睡魔と戦うグランドピアノ練習

前記事に書いた、カラオケでのオカリナ練習の後、その足で、そこから近いヤ◯ハのグランドピアノ練習室へ行ってきました。そういえばグランド練習も2020年初です。
20200116072833df5.jpeg

その前に一つご報告。
2月のイベントで弾く曲目のエントリーを、締め切り前日にやっと済ませました。
十中八九これで決まり!と思っていたアルベニスの「海辺にて」を、ある事情で取りやめて、
ああ麗しきベルメランド(スウェーデン民謡)
無言歌 Op.30-3「なぐさめ」(メンデルスゾーン)
の二曲を弾くことにしました。
「海辺にて」は、また別の機会に演奏できれば、と思います。
「ベルメラント」はタワシがこれまで数多く弾いてきた「世界民謡シリーズ」の中でも特に好きな曲で、いつかはステージでも弾きたいと思っていました。
本番まであとひと月と少々、過去にやったことのある曲とはいえ、練習期間が短すぎるのは承知してます。集中して頑張らないと!

というわけで、この日のグランド練習も当然、この二曲を中心に弾いてきたのですが・・・
30分単位で借りられる練習室(30分500円)を今回は1時間借りました。
が、途中から異常な睡魔に襲われてしまい、後半はもう弾きながら半分寝ている感じで、こんなことなら30分でよかったかも?とさえ思いました。
昼の2時ですよ〜 こんな時間に眠気なんて普通ありえない!ですが、そういえば、前の夜に夜更かししたにもかかわらず、明け方、地震があって早く目が覚めてしまったのでした〜
そんな次第で、時間があればシューイチのネタ仕込みも含めて、録音しようと目論んでいたけれど、それどころではなく・・・
ハイ、また出直します。次回は睡眠しっかりとって、いいコンディションで臨みたいです。

テーマ: ピアノ
ジャンル: 音楽

2020年オカリナ吹き初め

もう1月も半分過ぎようとしていますが、昨日が2020年のオカリナ吹き初め、つまり初練習でした。
今回も行きつけのカラオケ店で吹いてきました〜

20200115074743373.jpeg

去年のクリスマスに教会で演奏した「GREENSLEEVES」去年の年末にもカラオケで練習したのですが、その時とはバージョンが違いました。(DAMとJOYSOUNDの違い)
クリスマス以来全く吹いていないので ちょっと退化しちった(涙)
でもせっかくなので録音してみました。

録音レベルの設定に失敗したのと、それ以前に音程が不安定なので(特に低音〜低い『シ』〜!低音はちゃんと鳴らすのが難しいとはいえ、聞いてみてあまりのハズレっぷりにがっくり)非常にお聞き苦しいと思いますが・・・それでも聴いてみたいという方だけクリックしてください。

もっとコンスタントに練習すればきっともっと良くなる!という手応えは感じてます。
そして、このオカリナ、確かに、(オカリナハウスの店員さんのオススメ通り)良く通る、雑味の少ない音で鳴ります♫
2020年はもっとオカリナにも力入れたいなあと思います。(あ、アンデスくんもいるんだった〜)



Greensleeves練習中

テーマ: オカリナ
ジャンル: 音楽

<今週の録音>ゆりかごのうた(越 嵯知子)

地元の大学の図書館から借りてきた「現代日本の作曲家による こどものためのピアノアルバム2」という楽譜の中から、
越 嵯知子(こし・さちこ)さん作曲「ゆりかごの歌」という1ページの小品をひいてみました。
「遠い記憶の中に、こんなふしをきいたような気がします」との、作曲者自身のコメントがついています。

1分そこそこの短い曲ですが、「8分の6」と「8分の9」が混在した拍子、近現代っぽい調性の曖昧さなど、楽譜の、ぱっと見た目よりは、かなり難しかったです・・・

作曲者のお名前、不勉強にして今回初めて知りました。
さっそくグー○ルで検索してみましたが・・・
「柳橋物語」という劇や、1970年代から80年代初頭にかけてNHKで放映された「NHK少年ドラマシリーズ」のうちの数作品で、音楽を担当していたということがわかったのみでした。(ただ、少年ドラマシリーズで他に音楽を担当した作曲家には、林光、池辺晋一郎、三枝成章、大野雄二、坂田晃一、広瀬量平etc.という、そうそうたる顔ぶれが・・・)

それでは、どうぞ〜♫

ゆりかごのうた(越 嵯知子)

テーマ: ピアノ
ジャンル: 音楽

今日の練習メニュー
<1月17日> ♪無言歌より「なぐさめ」(メンデルスゾーン) ♪ああ麗しのべルメランド(スウェーデン民謡) ♪村の夕ぐれ(ミュルデ) ♪飲めや歌え(バルトーク) ♪古い田舎の踊り(アルボー)
にほんブログ村
人気ブログランキング

ピアノランキング
FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking

FC2カウンター
リンク
(ページビュー)アクセスランキング
カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
TWITTER
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる