FC2ブログ

ようこそ!タワシワールドへ♪

{やさしい曲を美しく弾く!}が目標。ぶきっちょな独学アマチュアピアノ弾きの日々。

2018-11

「フレースエーの教会で」〜初めてのペッテション=ベリエル〜

ペッテション=ベリエル(Peterson-Berger)というスウェーデンの作曲家をご存知ですか?
ヴィルヘルム・ペッテション=べリエル(Wikipediaのページ)

タワシは20代の頃、この人の「ヴァイオリンと管弦楽のためのロマンス」という曲を聴き、その切なくも美しい旋律にい一瞬で心を奪われました。
彼には「フレースエー(フレセ)の花々」という、グリーグの「抒情小曲集」を思わせるようなピアノ曲集(全3巻・21曲)があります。フレースエーとは彼が愛してやまなかった、スウェーデンの島の名前です。

昨日、第1集の中から、彼のピアノ曲では最もよく弾かれているという「夏の歌」を、そして今朝、同じく第1集の中から「フレースエーの教会で」を弾いてみました。タワシ、初の、ペッテション=べリエルです。

フレースエーの教会(練習中・冒頭部分)
⬆️今朝録音した「フレースエーの教会で」冒頭部分の、ほぼ初見の演奏です。もっとも、音源を繰り返し聴いて曲が頭に入った後なので、これで初見とは言えないか・・・。これでも以前のタワシに比べたらかなり初見クオリティは上がりましたけどね。この曲Des-Dur(フラット5つ)だし。初見力向上は聖歌隊効果なのか?(毎週、初見で伴奏や各パートの音取りをを要求されてます!笑)

フルートとピアノ用の編曲も美しいですね♪

W. Peterson-Berger: frösöblomster 5. At Frösö church

この曲は2ページの小品ではありますが、いつものようなにわか仕込みですぐにシューイチにあげるよりは、もっと時間をかけてじっくり弾きこみたいと思ってます。単純に、中間部がまだ弾けてないということもありますが(汗)

テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

<今週の録音>クロ・シャリン(スコットランド民謡)

今回のシューイチは、ちょっぴり久しぶりに「世界民謡シリーズ」です!
スコットランド民謡「クロ・シャリン」を弾いてみました♫

歌詞が、現代英語とはかなりかけ離れた言語〜たぶんスコットランド語〜で書かれているため、チンプンカンプンで 曲の内容については解説を頼るしかありませんでした。
それによれば、この曲は「クロ・シャリン」という名前の娘に寄せる恋の歌とも、可愛らしいブチの子牛「クロ・シャリン」のことを歌った歌とも、解釈できるそうです。

それでは、どうぞ〜♪
[広告] VPS

クロ・シャリン(スコットランド民謡)

テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

今年のクリスマスは・・・

もう11月も一週間以上過ぎ、多くの教会ではクリスマスに向けて、聖歌隊の特別賛美とか、教会学校の子供達も参加する降誕劇とかの準備に励んでいる頃でしょう。
しかしうちの教会では、まだほとんどクリスマスモードに入っておりません。次の次の日曜が収穫感謝(Thanksgiving )礼拝なので、それが終わらないうちはクリスマスのことを考えられない、というところでしょうか。
聖歌隊も今はもっぱら収穫感謝礼拝の曲を集中的に練習しています。聖歌隊長と今後の予定を話し合ったのですが、クリスマスには特に大掛かりな曲をこれから練習してやるには時間がないので、(去年もそうだったように)いつも使っている讃美歌集の中から、降誕の讃美歌を歌うことになりそうです。

今年は、(教会的には)12月23日(日)がクリスマス礼拝、24日(月)がイヴ礼拝というスケジュールになります。
24日は祝日ですが多分休めないので、仕事が終わってから駆けつけることになるでしょうか。
例年通りだと、イブ礼拝には個人やチームでの歌や演奏が何組かあります。
タワシもピアノソロで何か弾くことになるかな?教会のピアノ女子との連弾もいいけど、練習時間あまり取れなそうだから難しいかな?あるいは久々にオカリナでも吹こうかな?
いずれにせよ、仕事が繁忙期で疲れ切っているであろうということもあり、短くシンプルなものになりそう。「易しい曲を美しく!」のモットーが実践できるといいのですが。

アドベント(待降節)に入ると、例年通り、シューイチもクリスマスバージョンになります。
できれば、日本ではあまり知られていない美しいキャロルを紹介できたらいいと思ってます。
今月に入り、ちょっと時間に余裕がある時は、うちの教会では使わない讃美歌集の「降誕」のページとか、クリスマス曲専門の無料楽譜サイトをcheckしたりもしてますが、今年も来年も再来年も、ネタ切れの心配は全くないです。
(それにしても古今東西のクリスマスの曲っていったいどれくらいあるのだろう?何千?何万?)

ちなみに、これまでシューイチにアップしたクリスマスの曲はざっと数えてみたところ25曲ほどで、中には録音アップツールのサービス中止&音源( USBメモリ)紛失のためもう聴けないものもあります。
昨日逝去が発表されたフランシス・レイ氏が作曲した「オーべルビリエのノエル」を、一生懸命耳コピして録音したのも記憶に残っていますが、それももう聴けません。これは悔やまれます〜
録音が残っている中で、個人的に一番気に入っているクリスマスの曲は、4年前に録音した、
I wonder as I wander ↖️Click
でしょうか。
練習二日目というにわか仕込みぶりで申し訳ないですが、この曲はクリスマスの本当の意味を教えてくれます。

テーマ:聖歌・讃美歌 - ジャンル:音楽

<今週の録音>たのしいはなし(松本民之助)

シューイチ録音も回を重ねてなんと333回(!)になりました〜
先週、Intermezzo(坂本龍一)をUPした時は、あと何日、何回、ピアノが弾けるのだろう、と真剣に思ってました。シューイチをもう一度更新することがあるんだろうか?とさえも・・・。
でも、神様は、少なくとも当分の間は、この地上でタワシを生かしてくださるようです。
「良性」という検査結果を聞いてから、薬をずっと飲み続けても一向に回復しなかった食欲不振や胃の痛みが目に見えて改善してきています。
ピアノ練習も、いつものペースに戻りつつあります。
当然シューイチも、いままで通り続きますよ〜

最近のシューイチは子供向けの小品、それも日本人作曲家の作品が多く、今回もそうなのですが、今回の曲は、実は「教授つながり」です。
作曲家の松本民之助氏(1914~2004)は東京芸術大学名誉教授で、あの坂本龍一さんの師でもあった人です。
松本氏はとても厳しい先生であったそうです。
が、この曲のように子供たちのために書かれた小品では、そんなこわい先生の、違った一面が垣間見れるような、印象がありますね。

それでは、どうぞ〜♪
[広告] VPS

たのしいはなし(松本民之助)

<追記>
「松本民之助」という名前、どこかで見た覚えがあると思ったら、小学校の音楽の教科書でした!
ネットで画像を探すと、タワシが当時使っていたものの写真は見つからなかったのですが、たとえばこんなのがありました。(サムネイルをクリックして画像をご覧いただくと、右上に、「著作者代表 松本民之助」という文字が読めるかと)
91982488.jpg


テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

嵐は過ぎ去り・・・

夏から秋へ季節が変わる頃から、食欲不振、胸焼け、胃の鈍痛などが続き、胃薬や整腸剤にお世話になりっぱなしだったタワシ。あまり長引くので受診したところ、腹部エコーで「肝臓に腫瘍がありますね。5.5センチと2センチくらいかな。良性ならいいんだが・・・うーん。これは悪性が疑われますね・・・」と言われ目の前が真っ暗になったのでした。
しかも、これまでの経緯や、アルコールを全く飲まず肝炎の既往症もないということから、悪性の場合は、大腸ガンの転移の可能性を考慮せざるをえない、と。(先生はその単語は使いませんでしたが)それって明らかにステージ4ですよね!?

その夜は文字通り一睡もできませんでした。うつらうつらすることさえなく、朝を迎えたのです。
金曜日に画像診断センターで造影剤CTを撮り、また血液や便の検査の結果と合わせ、翌火曜日に結果を聞きに行くことになりました。
その間、進行がんを疑うにたりる様々な症状(極度の食欲不振、体重減少、胃〜腹部の圧迫感や鈍い痛み、異常な疲労感、微熱、排便異常などなど)が実際に激しくなり、職場や教会で「どうしたの?急に痩せたんじゃない?」「大丈夫?やつれてるよ」など言われまくるほどでした。
タワシの家系はガン家系なのですが、中でも、父が大腸癌が肝臓に転移した亡くなった時とそっくりの状況でした。
検査結果が良性である望みを捨てたわけではないですが、7〜8割くらいは覚悟を決めていたと思います。

タワシはクリスチャンなので、永遠のいのちを信じています。天国の希望があります。
なので「死」そのものには恐れは全くないのです。
とはいえ、それに至る過程となれば話は別です。心も弱く、信仰も弱い自分には、絶対に耐えられないだろうと思うのです。
こんなタワシのために、教会のメンバーやネットつながりのクリスチャン仲間が、祈ってくれました。本当に感謝なことです。

そして長い長い一週間が過ぎ、今週の火曜日、結果を聞きに行ってきました。
同じ教会の親友が診察室まで付き添ってくれて、どれだけ心強かったことでしょう。
すでにお知らせした通り、結果は良性でした!しかも、治療の必要もなく経過観察でいいとのことです。
友が泣きながらハグしてくれて・・・一緒に神様に感謝の祈りを捧げました。

嵐は過ぎ去り 穏やかな日々が戻ってきました。平凡な日々ですが、それが今は何とも愛おしく思えます。
いつものように仕事に行き、戻って来ればピアノを弾き・・・
日曜日にはまた聖歌隊の皆と一緒に、いつものように賛美することでしょう!

あ、今日・明日で、シューイチの選曲と録音をしなくては〜
それにしても、この前の土曜日、アップしておいてよかったです。
連続更新、途絶えてないですから!

テーマ:日記 - ジャンル:音楽

 | HOME |  »

 

最新記事

最新コメント

カテゴリ

告知・連絡 (20)
自己紹介 (3)
今週の録音 (334)
DustBox (8)
発表会・コンサート (14)
練習会・弾き合い会 (118)
ピアノを教える (20)
教会のpianist (80)
アレンジ&ミミコピ (10)
アンサンブル (1)
スタジオ(Gpiano)練習 (44)
Classical music(ルネサンス~バロック) (46)
Classical music(古典派) (46)
Classical music(ロマン派・国民楽派) (85)
Classical music(印象派~近現代) (15)
Tango, Chanson, Canzone (14)
Pops&Jazz (9)
World music (2)
音楽鑑賞(コンサート,CD,DVD,etc.) (12)
Recorder,Ocarina,Tin-whistle (9)
日記 (158)
雑記 (177)
未分類 (195)

月別アーカイブ

 

今日の練習メニュー

<11月6日> ♪イギリス組曲第4番〜メヌエット(1,Ⅱ) ♪同第5番〜パスピエⅠ(以上、バッハ) ♪ゆりかごの歌Op.68-5 ♪スプリングダンス、Brurelat (婚礼の調べ) Op.17 (以上グリーグ)  ♪ノクターント短調Op.37-1(ショパン)

にほんブログ村

人気ブログランキング

FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking

FC2カウンター

リンク

(ページビュー)アクセスランキング

カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

TWITTER

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる