FC2ブログ

<今週の録音>I’m So Happy (Audrey Mieir)

今年のシューイチ第1弾は、タワシにしてはかなり頑張って、公約通りバッハを弾いたのですが、第2弾にして早くも、いつものお手軽路線に逆戻りです(^_^;)
職場にインフルが蔓延していて、幸いタワシは感染の気配もないですが、欠勤者の穴埋めのため連日残業でかなり疲れています。そんななかでもピアノの練習時間はまあそこそこ確保できてはいるんですけど、当初今回のシューイチ用に準備していた曲がどうしてもアップ許容範囲レベルまで弾けなくてピンチに・・・
結局、今夜になって曲を変更し、数回の練習で録音しました。うう、泥縄にもほどがある。。。

今回の曲は
SING-A-CHORUS ~ AUDREY MIEIR
という、小さな古いゴスペル楽譜集から選びました。
(過去記事 小さな古いゴスペルの楽譜 参照)

この本からシューイチ録音で取り上げるのは、今回で2度目です。
ちなみに1回目はこちら⬇️でした。
<今週の録音>In Jesus' Name ~ Work Through Me (Audrey Mieir)

今回の曲は、もともとは日曜学校で子供たちが歌うために書かれた曲のようで、GirlsとBoysに別れて、掛け合いをしたりハモったりします。
「私はとっても幸せなのよ」という女の子に、「そのわけを教えてほしい」とねだる男の子。すると女の子は、
「イエス様が私のうちに住んでくださっているから!」と答えます。

練習不足は否めませんが、そんな、明るくポジティブな雰囲気は出せたかしら?
それでは、どうぞ〜♪(1分ちょっとであっという間に終わります!)
[広告] VPS

I’m So Happy (Audrey Mieir)

<今週の録音> イギリス組曲第3番BWV808〜ガヴォットⅠ−Ⅱ

2019年最初のシューイチ録音です。
去年からの公約通り、バッハです。

イギリス組曲からどれか1曲〜技術的にハードル低めで、曲想も親しみやすく覚えやすいもの〜を弾こう、と決めて、条件に合う何曲かを同時進行で譜読みし、最終的には今回アップした第3番のガヴォットと、第2番のブーレに候補を絞りました。
どちらも、タワシにしてはかなり頑張って練習を重ね、曲がりなりにも最後まで止まらずに通せるようにはなりましたが、前にも書いた通りミスタッチが全然減らなくて。
結局、大きな事故なくなんとか弾き通せた今回の録音を、採用することに。

しかし、実のところ、自分の録音聴いて、予想以上のひどさにかなりがっくりしているタワシです。
装飾音、特に左手のモルデントが下手でほとんど和音のように聞こえるとか、無意識のうちに加速しがちになり、活気があるというよりは単に気ぜわしい演奏になってしまってるとか・・・気になるところを挙げたらどっさりあります!涙
もちろんまだまだ練習半ばで、これから多少なりとも良くなっていく可能性はありますが、現状ではこれが精一杯かな〜

それでも、主部(ガヴォット1)とトリオ(ガヴォット2)のコントラストは不足なく付けられたと思うし、左手も以前に比べたらこれでもかなり独立して動くようになったし、それに何より、楽しく弾けたから、良しとしよう!

今回の画像は、カール・ゼフナー(Carl Ludwig Seffner、1861-1932)というドイツの彫刻家が作成し、1908年に除幕式が行われた、バッハの彫像の写真です。
バッハの遺体は一時行方不明になっていて1894年教会の修復の際に発見されたのですが、その頭蓋骨をもとにして
バッハの頭部の復元作業が行われ、さらにゼフナーがそれに基づいた彫像を作り上げました。
学校の音楽室には必ず貼ってあった(!?)有名なあの肖像画と比べて、この彫像、どうですか〜!?

それでは、どうぞ〜♪
[広告] VPS

イギリス組曲第3番BWV808〜ガヴォットⅠ−Ⅱ

毎年、元旦に何を弾いていたのか?

新年明けましておめでとうございます。昨年中は色々お世話になり、ありがとうございました。2019年もよろしくお願いします。

今年の初弾きは、教会のアップライトで弾いたバッハでした。
新年第1弾のシューイチでアップしようと思っている曲です。
いつもなら教会に着いてすぐその日の礼拝での曲をさらうので、今年もそうなるはずでした。
が、牧師先生が、元旦礼拝はタワシが帰省のため不在と勘違いして、もう一人の伴奏者に伴奏を頼んでいたことが判明。せっかくなので予定通り彼女に伴奏をお願いし、タワシは久々に会衆席で礼拝しました。
というわけで、午前中はピアノに触わらず。

礼拝が終わり、昼食も済んだあと、ちょっと空き時間があったので、誰もいない礼拝堂で30分ほどバッハを弾きました。弾いた曲は「本日の練習メニュー」にある通りです。
「弾き初めはバッハ」といつも思っているのですが、実際のところ、過去の各年の弾き初めは何だったんだろう?
そこでブログの過去記事をたどってみました。記録にある9年間の年初の記事より、転記します。

2018年 2018年の弾き初めは、モツソナ(K333)でした♪予定ではバッハで始めようと思ってたんだけどな〜(笑)暖かい日差しを浴びたらこんな気分になりました。
2017年 弾き初めはバッハがいいかなあなんて漠然と思っていたんですが、たまたま手にした楽譜が、昨年12月のれんしうかいをはさんで真面目に取り組んでいるメンデルスゾーンの無言歌だったので、今年はそれから始めることに。
2016年 弾き初めはバッハで!と決めていたので、平均律第1集の17番(BWV862)のプレリュードを弾きました。実力不相応の曲なので、予想通り途中でぐだぐだになりましたが(爆)
2015年 今年の初弾きは、(礼拝で弾いた)讃美歌「聖なるかな」となりました。帰宅したら今年一発目のシューイチに向けてバッハでも弾くか~と思っていましたが(やっぱり年の初めにはバッハが似合うという思いがタワシの中にもあります)、ピアノに向かうとなぜかそんな気分にはならず、ウインナワルツなど弾き散らかしてしまいました。
2014年 年の初めにはバッハを弾きたくなるという人が多いようですね。タワシもその一人です。というわけで・・・今週の録音は、コラール「汝、満ち足りて平安であれ」(BWV511)
です。(※録音アップツールがサービス休止になり、聴けません)
2013年 正確には今年の初弾きは、教会のアップライトで弾いた讃美歌ということになるのでしょうか。ちなみに曲は「Holy, Holy, Holy」(讃美歌66番)でした。
帰宅して、ちょっと体を休め、今年初めてMY PIANOに向かいました。
去年ブログで予告したとおり(?)バッハも弾きました。6つの小ブレリュード(抜粋)、フランス組曲第5番のアルマンド、同第2番のメヌエット。
2012年 (今年はいい年になりますように、という)祈りを込めながら2012年の「弾き初め」をしました。柄にもなく(?)またまた大バッハです。それもタワシらしからぬ超有名曲!フランス組曲第5番より、「ガヴォット」です。
2011年 去年はバッハを弾いたようですが、今年はもうちょっと軽く、ワルツをいろいろ弾き散らしました。ニューイヤーの音楽というとやっぱりまずウィンナワルツを連想するかなあ。でも月並みなシュトラウスの有名曲ではなくて、タワシらしく、ちょっと珍しい曲も。「ドナウ河のさざなみ」で有名な作曲家イヴァノヴィッチのもうひとつの生き残り(?)曲「カルメン・シルヴァ」とか、アルディーティの「イル・バチオ」({接吻)とか・・・
2010年 最初は今年がショパンイヤー(生誕200年)ということもありショパンの何かをと思いましたが、やっぱり音楽の父バッハに敬意を表して新年をバッハで始めることにしました。フランス組曲の冒頭を飾る、第1番のアルマンド。久々の演奏で、特に左手は途中から記憶が飛んでいましたけど、年の初めに、バッハはやっぱり心が引き締まります。

こうしてみると、過去9回の初弾きのうちバッハを弾いたのは4回!2013年は教会から帰って初めて弾いた曲がバッハだったので、0.5点加算して、計4.5回ということにしておきますか?笑 そうするとちょうど半分の比率になりますね。そうじゃない年も、必ずと言っていいほど、「本当はバッハで始めたかった」と言っているのが目立ちます。
(それにしてもここに名前の上がっている曲たち、今はほとんど弾けなくなってます(涙) 中には、どんな曲かさえも思い出せないものも)

あ、今日は録音はないですよ〜
いつも通り土曜日にアップの予定です。
しかし、それまでにどれだけミスタッチを少なくできるか、が問題です・・・(~_~;)

大晦日のタワシ

多くのかたが、この一年を振り返っての総括の記事を書いていらっしゃいますが・・・
タワシは普通の日記で失礼いたします〜

大晦日の今日も、仕事でした!
今がまさに繁忙期の郵便局が職場だから仕方ないですね。
ただ、ニュースなどでも報じられていますように、差し出される年賀状は年々減ってきていて、今年は一段とそれを実感しています。
とは言ってもやはり、このところ残業続きではありましたが。
そんな中 今日は久々に、定時で上がることができました!

年内の大掃除ははなっから諦めているので(単に面倒くさがりなだけ)ちょっとだけ部屋を片付けてから、あとはピアノ練習とブログに時間を割きました。
今夜だけで2時間以上は練習できたかな。
2019年第1弾のシューイチアップに向けて、今日もまたバッハがメインです。
最後まで一通り通せるようになってからだいぶ経ち、曲想はバッチリ(?)、なかなかいい雰囲気で弾けるようになったとは思うのですが(自画自賛?)、いかんせん、ミスタッチがどうしてもなくならなくて・・・
「タワシさんのミスタッチはあんまり気にならないよ」と言ってくださる方も少なくないのですが、本人はやっぱりノーミスで弾き通せないのが悔しいのです。毎回必ず同じ場所でつまづくわけではないから、絶対に弾けないって箇所があるわけじゃないんですよね。それだけにもったいなくって。
その他、日本人作曲家の小品を二つ。どちらも、初めて知った作曲家の作品です。本当に、日々の練習時間そして人生の残り時間に対して、弾きたい曲が多すぎて困ります〜

あと30分後に迫った2019年は、どんな曲との出会いが待っているのでしょうか?

<今週の録音> 氷の国の踊り(森垣桂一)

2018年最後のシューイチ録音をお届けします。
今年は、『子供のための曲』をかなり多く取り上げたような気がしますが、一年の締めくくりもやはり子供向けの曲となりました。
「こどもたちへ〜世界の踊り1」(1992)から、「氷の国の踊り(森垣桂一)」です。

作曲家自身によるものなのでしょうか、曲の始めに、
氷の閉ざされた北の国。月夜に妖精たちが踊っています、月の光が青白く氷に写って、ふしぎな美しさです。
ペダルをたくさん
使って、幻想的なムードを出してください。

と記されています。

先週の分( Christmas Dance)と同時に、近所の練習室(スタジオ)でグランドピアノで録音してきました。
今後も、機会があれば生ピアノで録音できたらいいなあと思ってます。

それでは、どうぞ〜♪
[広告] VPS

氷の国の踊り(森垣桂一)

◆◆◆2018年は、皆様にも多大なご心配をおかけしたの10月の一件をはじめ、いろいろなことがありましたが、にもかかわらずこうして無事に一回も欠かすことなくシューイチをアップし続けることができました。(三日坊主で意思の弱いタワシがあの辛い時期を乗り越えて皆勤賞だなんて、ほとんど奇跡といいような気さえします)
陰に日なたに、温かく見守ってくださる皆様の存在が、継続のための大きな力になっていることを改めて実感し、ただただ感謝しています。どうか来年もよろしくお願いいたします。
(年内にもう一回更新できたらいいのですが、できない場合に備えて、この1年の感謝の思いを述べさせていただきました)◆◆◆
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
今日の練習メニュー
<1月10日> ♪ブーレ(イギリス組曲第2番より)(バッハ) ♪6つの小前奏曲(BWV939~999)(同) ♪童話(井上明美) ♪こびとのワルツ(湯山昭) ♪メヌエット(リュリ) ♪古風なメヌエット(作曲者不詳)
にほんブログ村
人気ブログランキング
FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking

FC2カウンター
リンク
(ページビュー)アクセスランキング
カレンダー
12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
TWITTER
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる