第1回ねこカフェ発表会 プログラム

10月1日の発表会の名前が正式に決まりました!!

第1回・ねこカフェ発表会
です!

当日のプログラムも決まりました。
(プログラムもHNでの表記ではありますが)すべての参加者の方に了承を得たわけではないので、一応、演奏者名は伏せておきます。

第1部
♪ベートーヴェン ピアノ・ソナタ第14番 Op.27-1「月光」より第1,2楽章
♪ベートーヴェン ピアノ・ソナタ第1番 Op.2-1 第1楽章
♪ショパン マズルカ Op.63-2,3
♪サミュエル・ウェスレー ヴォランタリー  クープラン 修道女モニク
♪モーツァルト きらきら星変奏曲(リレー演奏・全員)
♪シベリウス 孤独な松の木、ソネット、踊り
♪スクリャービン 2つの詩曲 Op.63より 1. Masque
♪ショパン ノクターン第13番 Op.48-1

第2部 ソナチネコーナー
♪モーツァルト ピアノ・ソナタ K.545より第1,3楽章
♪フンメル ソナチネ C-dur
♪ フンメル ロンド C-dur
♪クーラウ ソナチネ Op.20-2
♪クーラウ ソナチネ Op.55-6
♪ハイドン ソナタ C-Dur
♪クレメンティ ソナチネ Op.36-6
♪クーラウ ソナチネ Op.55-1
♪ライネッケ 連弾のためのソナチネ Op.127b-3
  ♪(曲目未定)

第3部
♪ヤナーチェク シンフォニエッタ 第3楽章
♪バッハ プレリュードとフーガ BWV543
♪ショパン ポロネーズ第2番 Op.26-2
♪シューマン 「森の情景」より 3.寂しい花
♪ドビュッシー 「ベルガマスク組曲」より パスピエ
♪ベルク ピアノ・ソナタ Op.1
♪フォーレ 夜想曲第6番 Op.63

一昨日の日曜の朝には、教会のアップライトで発表会の曲目を練習してきたタワシですが、なんと楽譜を教会に置き忘れてきてしまって(・.・;) 
今日は定休日ですので これから自転車で取りに行く予定です。
とほほ~

テーマ : ピアノ
ジャンル : 音楽

2016-09-27 : 発表会 : コメント : 1 : トラックバック : 0
Pagetop

<今週の録音>バンジョーをひいて(スティルウェル)

すでにご案内の通り、mixiコミュ「オショーズとデシーズ」の、初の発表会まであと1週間になり、切羽詰まっているタワシです。
こんな中でももちろんシューイチは休みませんよ~
たとえ曲の難易度と演奏のクオリティが、さらに低下しても、です(爆)

そんな次第で今日はバイエル併用とはっきり書いてある子供向けの楽譜集から
「バンジョーをひいて(スティルウェル)」
という小品を弾いてみました。
演奏時間は1分少々です、短すぎてごめんなさい~
今回は完全に、お遊び録音です。音色も、バンジョーの音色がウチの安物デジピにはなかったので、それにに近い、ギターの音で弾いてます。

あまり説明はいらないですね、タイトルのまんまの、陽気で愉快な曲です。
それにしても「スティルウェル」ってどんな人ですかね?
タワシにとっては全く未知の作曲家です。フルネームや生没年もわかりません。
何か情報お持ちの方がありましたら ぜひタワシにも教えて下さいませ~

それでは、どうぞ~♪






バンジョーをひいて(スティルウェル)

テーマ : ピアノ
ジャンル : 音楽

2016-09-24 : 今週の録音 : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop

第3変奏@ぐるぐるきらきら星、鋭意練習中!

10月1日の発表会まであと10日を切り、のんきなタワシもさすがに本気モードに突入しました。発表会の練習曲目を中心に、タワシなりに集中して(笑)練習に励んでいます。

今回の発表会、「みんなのソナチネコーナー」と並ぶお楽しみ企画「ぐるぐるきらきら星」は、モーツァルトの「きらきら星変奏曲」K 265 (300e)(主題と12の変奏)を、13人の参加者全員で一人1セクションずつ、リレー形式で弾き繋いでいくというものです。
提案者はNぴあのさん(←ほとんど伏せ字の意味をなしていませんね)以前からずっとやりたかった企画だそうです。
誰がどこを担当するかは自己申告制。まずはNぴあのさんが、提案者特権(❢)でテーマをを取り、タワシも比較的早い段階で(まともに弾けそうな変奏は限られてますからね(^_^;))第3変奏を選択しました。

第3変奏は、こんなの。

3連符が主体です。
タワシの手元の楽譜は、ここで弾かれているのより装飾音が多いです。
3小節目の最初のラと8小節目のド(四分音符)にもトリルがかかっています(再現時も同様)。
装飾音はなかなかキレイに決まらず苦労してるので、こっちの楽譜を採用させてもらおうかな~(笑)
でも練習の時点では自分の楽譜を使います。これも装飾音の訓練のいい機会ですからね。

しかしこの曲、プロ・アマ問わず動画ものすごい数アップされてますね!
CDも一体何種類出ているのか、容易には把握できないほどです。
皆さんおおすすめorお気に入りの演奏があったら 教えて下さいませ~

あ、もちろん、自由曲とソナチネタイムの曲も真面目に(笑)練習しております。
ソナチネは、あとはいかにミスを減らすかという段階です(タワシの場合曲想はごく初期の段階からつけてしまうので、ミスタッチを減らすというのが最終段階になります)。
自由曲(モニク)はそれより若干遅れているかな~?装飾音の入れ方などまだ、決めあぐねている場面がありますので。
「タワシさんがあんまり早くから練習に取り掛かると雪が降るからやめて~」という人もいましたが、さすがにもう言われない時期に突入していますよね?(^^ゞ

テーマ : ピアノ
ジャンル : 音楽

2016-09-22 : 発表会 : コメント : 6 : トラックバック : 0
Pagetop

ゴスペルコンサート♪

シューイチの締切があるため記事のアップの順番が前後しましたが、先週の金曜は、友人にタダ券をもらい、ゴスペルコンサートに行ってきました♪
会場は地元の小ホール(職場から徒歩5分!) 出演者との距離が近くていいですね♥

ゴスペルを通してキリスト教の伝道活動を行っている韓国の「ヘリテイジ・ミニストリーズ」という団体です。
幾つかのチームに分かれて活動しているらしく、今回のメンバーはソプラノ・アルト・テナー合わせて16名でした。
韓国のお盆にあたるこの時期に来日するようになって今年で4回目だそうです。

「私たちは歌手ではありません。みなさんと同じ普通の学生であり社会人です」と自己紹介していたので全員アマチュアなのかな。
歌唱のレベルには個人差があり、プロ並みに上手くて声がいい人もいれば、素人っぽさ漂う人もいたのですが、それでもなかなかの一体感で、ブラックゴスペルらしい雰囲気も、かなり出てました。
ほとんどの曲が全部または部分的に日本語で歌われていて、相当練習を積んだんだろうなあと。
プロジェクター(字幕)がよく見えるようにと右前列に座ったのですが、ソロ(曲ごとに交代)と各パートのリーダーがマイクを持ってそれ以外のコーラスメンバーはマイク無しだったので、真ん中寄りの席にすれば音のバランス的にはよかったかな。
少し残念だったのは、日本語の訳詞が不自然だったり意味がわかりにくい箇所がしばしば見受けられたことです。
曲にもよりますが、字幕をちゃんと出してもらえれば(今回文字が小さくて見にくかったです・・・後ろの席だったら絶対見えなかったと思う)、無理に日本語で歌わなくてもいいのでは?と思ったシーンが何度もあり、一緒に来ていた友人も同意見でした。
特に、以前から大好きな名曲「トータルプレイズ」を歌ってくれたのは嬉しいんですが、この曲は絶対原語(英語)のほうが良かった!タワシは歌詞の内容を知っているからいいのですが、初めて聴く人にはあの訳詞でどれだけ伝わっただろうか?

タワシが以前所属していた教会で一時期講師を招いてゴスペル教室をしていたことがあり、小さな会場ですが皆で舞台に立って歌った経験があるので、当時のことも懐かしく思い出しながら聴いていました。
そしてアンコール曲は、今の教会で3年ほど前に、関東教区のイベントで歌った曲(タワシもハングルにカタカナで読み仮名を書いて頑張ってました)。やっぱり馴染みの曲が出てくると嬉しいですね。手拍子しながら客席で一緒に歌いましたよ~

と、こんな感じで、細かい不満はいくつかありましたが、全体的にはとても楽しめた1時間半でした。
彼らの、イキイキとはじける笑顔が、何よりすばらしかったです\(^o^)/

テーマ : ゴスペル/ブルース/R&B/ソウル/ファンク
ジャンル : 音楽

2016-09-19 : コンサート・CD・DVD鑑賞記 : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop

<今週の録音>無言歌 Op.30-3「なぐさめ」(メンデルスゾーン)

発表会の「みんなのソナチネコーナー」の選曲のため、ソナチネアルバムの第2巻をチェックする機会がありました。
結局ソナチネアルバム1はもちろん、2にも載っていないフンメルのソナチネを弾くことにしたのですが、付録も含めてソナチネ2巻の曲をあれこれ弾いてみるのは楽しい時間でした。

今日のシューイチは、そんな、ソナチネ2巻収録曲の中から、メンデルスゾーンの無言歌 Op.30-3「なぐさめ」を弾いてみました。
「なぐさめ」というサブタイトルは作曲者自身がつけたものではないのですが、のちに、
讃美歌21第211番/讃美歌30番 あさかぜしずかにふきて/聖歌100番 しずかに神と
としても歌われるようになるだけあって、「主イエス・キリストにある(=信仰的な)なぐさめ」を連想させるにふさわしい、清らかな美しい曲です。

今、試練の中にある、大事な友達のことを思いながら、弾きました。
今朝になって曲をようやく決めて、(仕事を挟んで)朝と夜の集中練習でアップにこぎつけたので、当然完成度は低いですが、そんな思いの何分の1でもいいから、そのひとのこころに届くといいなと願っています。
もちろんこのブログを訪問してくださる皆さんのこころにも、です❤

それでは、どうぞ~♪






無言歌 Op.30-3「なぐさめ」(メンデルスゾーン)

テーマ : ピアノ
ジャンル : 音楽

2016-09-17 : 今週の録音 : コメント : 12 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム  次のページ »

プロフィール

私はタワシ

Author:私はタワシ
ものすごく不器用な、独学のアマチュアピアノ弾き。

ピアノ暦は、5歳のときから数年間(いつ教室を辞めたか正確に覚えていない)。
使用教材は、メトードローズ、ブルグ25番(抜粋)ディアベリの初級者用連弾曲数曲、中田喜直の子供向け曲集など。
楽典、聴音、ソルフェージュ、移調奏などなど小学生には密度の濃すぎるレッスンに全くついていけず挫折。
特にハノンが苦手で、こんにちまで尾を引くほどのトラウマに。
最終履歴はソナチネアルバム1の途中。

教室をやめたあとも、適当ミミコピでアニメやドラマの主題歌などを弾いて遊んでたらしい。
大学進学で親元を離れ、ピアノどころか全く楽器のない生活を送ることに。
学生時代は、音楽鑑賞専門サークル「クラシカル音楽研究会」の部員に。
どちらかというと、交響曲や協奏曲のような大曲より、器楽曲、室内楽の小品を好んで聴いていた。
19世紀ロマン派の曲がダントツで好きだった。

社会人になり友達に誘われポピュラーピアノ教室の門をたたく。
楽譜にとらわれず自由にアレンジして弾けるポピュラーが性に合い、ピアノ熱一気に高まる。
しかし先生の都合で約2年で教室は解散。

そのころクリスチャンになり、教会でピアノの奏楽をするようになる。
そこに新しく赴任してきた若い男性牧師が、バークリー音楽院出のジャズピアノの名手だった。
彼から奏楽者として本格的に手ほどきを受け、アレンジの勉強の上でも大きな影響を受ける。

聴くのはクラシック 自分で演奏するのはポピュラー系か賛美歌、という状態が長く続いていたが、2008年ごろ某ピアノサークルのオフ会を見学し、クラシックもやり直してみたいと思う。
それ以来、弾きたい曲を見つけてきては気ままに弾くというスタイルで、クラシック、ポピュラー両方を楽しんでいる。

歌ものや他の楽器のための曲を適当にアレンジして弾くのが好き、など、選曲はかなり個性的。
跳躍、スケール、オクターブなど苦手テクニックきわめて多し。
唯一の自慢は「とても楽しそうにピアノを弾く」こと(皆に言われる)。

(ちなみに性別は、生物学的には一応女性。年齢は、ちょっと前までは、気持ちだけでも若く!との願望を込めて「永遠の20代」と、称していましたがギャップが開きすぎなので削除しました。実年齢は想像にお任せします)

これは、そんなタワシの、ユルくて熱い音楽日記です。

フリーエリア

ただいま練習中!

<9月23日> ♪修道女モニク(クープラン) ♪ヴォランタリーヘ長調(サミュエル・ウェスレー) ♪ソナチネ(フンメル) ♪ロンド(同) ♪バンジョーを弾いて(スティルウェル) ♪青い蝶(リーゲ) ♪悲しいワルツ(ヴェチェイ)

にほんブログ村

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

人気ブログランキング


ピアノ ブログランキングへ

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2カウンター

(ページビュー)アクセスランキング

カレンダー

08 | 2016/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

TWITTER

ツイッターやってます。フォローよろしく♪

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

amazon

楽天市場