<今週の録音>舟歌、カンツォネッタ(ライネッケ)

おお=今週は一段と切羽詰ってますね。
あと20分ほどで深夜0時ですよ~

クラシック熱復活したら、モーツァルトやハイドンのソナタにどっぷりはまって、シューイチのことすっかり忘れてました!
言うまでもありませんが、れっきしたソナタをそんな短時間でアップできるはずもなく(数ヵ月後にDustBoxででもお披露目できれば御の字です)別の曲を考えなくてはなりません。

今日になってやっと、初心者の子供向けの小品集の楽譜をめくり、何か弾けそうな曲はないかなあと物色~
ドイツ・ロマン派の作曲家で、ピアノ教育にも熱心だった、ライネッケ (Reinecke, Carl Heinrich Carsten 1824~1910)の、教育用の小品を二つ弾いてみました。
「舟歌」と「カンツォネッタ」です。カンツォネッタとは、単純な短い歌曲のことで、小唄とでも訳すのがいいでしょうか。
2曲とも非常に短いので2曲あわせて録音しました。
限りなく初見に近い、という練習不足振りです・・・(汗)

それでは、どうぞ~♪
[広告] VPS

「舟歌」「カンツォネッタ」(ライネッケ)

テーマ : ピアノ
ジャンル : 音楽

またクラシックが弾きたくなったので・・・

前回の記事の最後に、
「発表会の後、タワシにちょっとした変化が起きた」
と書きました。
予告どおり(笑)今日はその変化についてお話します。

変化とは・・・タイトルのとおりです。
3月初旬の「ピアノバトルおふ」での撃沈以来、ほとんどクラシックらしいクラシックは弾かなくなっていた(歌曲や管弦楽曲のお手軽アレンジは別として)タワシでしたが・・・
ねこカフェ発表会が終わってから、心境の変化が・・・!
久々にまたクラシックやってみたいなあという気持ちが起きてきて、定休日の昨日、クラシックをガッツリ練習しました。
特に何かひとつ、クラシックに復帰するきっかけになった演奏があったというわけではないのですが、
最近クラシックから離れてもっぱらポピュラーピアノを弾いているというピアともさんに、「今度はぜひクラシックも聴かせてね」とプッシュしているうちに、自分自身がその気になったというのも、理由のひとつにはありそうです。 

全音のソナタアルバムを引っ張り出してきて、あれこれ音出ししてみました。その中から、本気モードで練習することにしたのはハイドンとモーツァルトのソナタ各1曲。合わせて3時間以上は弾いたでしょうか。
クラシックから離れていたとはいえ、ピアノそのものから遠ざかっていたわけではないので、特に弾きにくさを感じるということはありませんでした。古典派なので譜読みは楽だし、ハイドンのほうは(過去記事を見てみたら)4年ほど前に指に当ててみたことのある曲ですしね。

クラシックもポピュラーも自分にとっては同じくらい大事な存在です。そして自分の中ではクラシックとかポピュラーとか意識していなくて 「音楽してる!」という認識のみがあるんです。
ただ、それでも、楽譜というものへの接し方が両者でかなり違うのは確かです。
クラシックでは、楽譜に書いてある情報を、懸命に汲み取り、忠実に再現すべく努力します。弾けないパッセージがあれば克服できるように練習を重ねます。
ポピュラーは実を言うとコード譜で書いてあるほうがずっとありがたいんですが、クラシックスタイルの2段譜で書いてあったとしても、タワシは捏造するのに何のためらいも感じません。弾きにくい箇所は堂々と弾きやすいタワシアレンジに代えちゃいます。
そんなわけで、ピアノ力向上のためにはやっぱりクラシックも欠かせないかなあと思ったりもします。

次の「本番」がいつになるか未定ですが 次はクラシックを弾こうかなあ~♪

テーマ : ピアノ
ジャンル : 音楽

第2回ねこカフェ発表会

一昨日の日曜日、都内のねこカフェならぬピアノバーで開催された、「第2回ねこカフェ発表会」に参加してきました(ΦωΦ)
写真撮るの忘れてたし、録画や録音もないので、文章ばかりの見栄えのない記事になっちゃいますがご容赦を~

プログラムは前々回の記事
http://watashiwatawashi.blog12.fc2.com/blog-entry-1427.html
を参照してください。

「ピアノの発表会」と聞いてたいていの人がイメージするような会とはぜんぜん違い、「気心の知れた音楽仲間のアットホームな音楽会」という感じで、とても心地よい時間でした。
演奏曲目もバラエティ豊かで、打楽器隊が活躍するアンサンブルとか、いろんなバージョンの「雨だれ」とか、そして伝説の「4分33秒」の実演まであって、楽しめました。
(※「4分33秒」=ジョン・ケージが1952年に作曲した、演奏者が一音たりとも音を鳴らさない「無音の」音楽。)

今回も、調律師のIもコンさん(まったく意味のない伏字!)が開演2時間前から調律してくださって感謝感謝です。
が、調律前でコンディションが悪い時期だったせいか、ホールのピアノと飲食店のピアノの差もあるのか、かなりクセがあって弾きにくい楽器でした・・・
弱音が出にくくて音抜け多発、低音はちょっと力入れると耳にがんがん響く痛いフォルテになってしまい、タワシの弱点が思いっきりあらわになった感がありました(涙)。
しかしこんなピアノでも上級者の人たちは見事にコントロールしていい音を奏でている。。。上手い人とそうでない人の最大の差は、どれだけ難易度の高い曲を弾けるかということより、ピアノという楽器からどれだけいい音を引き出せるかにかかっている、と改めて実感しました。もちろんこれはピアノに限らず、他の楽器でもそうですが。
第2部 (Love Piano) のソロ(カンツォーネとシャンソン1曲ずつ)は、そんなちょっと扱いにくいピアノちゃんに戸惑っているうちに、日ごろミスったところのない箇所で次々と小さなキズを重ねていってしまいました。弾きやすいピアノだったらもっといい演奏ができたのに、と思うと悔しいです。
とはいえ、とまったり弾きなおしたりする場面はなく、また、思いをこめて弾くことはできたので、ぎりぎりの及第点はあげることにしましょう。
第3部 (雨の季節) では、ワルツのリズムを気持ちよく刻むことはできました。が、3分に収まるように編曲(というよりカット)したはずが、エンディングにいくべきところでまたリピートしてしまい、貴重な時間を消費してしまいました。すみませんm(_ _;)m

皆さんの演奏はそれぞれ素敵でした。
欲を言えば、どなたかにショパンの雨だれOp28-15をフルバージョンで弾いていただきたかったなあ。
「忙しい人のための雨だれ」はネタとしてとても面白かったですが。

2次会は近くのカレー屋さん。
本場の美味しいネパールカレーです!(ネパールの国旗があったから、インドカレーじゃなくてネパールカレーなんでしょね?)
サラダと2種類のカレーと大きなナンとサフランライスとデザートのセットメニューを注文したらおなかがはちきれそうになりました~
楽しいピアノ談義は徹夜でも終わらなさそうな勢いでしたが、電車の時間が気になる人も多いので8時過ぎにはお開きに・・・
電車の中でももちろんピアノの話しまくりでした。

発表会の後、タワシにちょっとした変化が起きたのですが、それはまた次回の記事で書くことにします。
ご一緒した皆様、お疲れ様&ありがとうございました!
ねこカフェ発表会第3回もきっとあると信じて、楽しみにしてます!!

テーマ : ピアノ
ジャンル : 音楽

<今週の録音>詩人の魂(トレネ)

発表会前日です!
浮気性のタワシもさすがに明日演奏する3曲に集中していて、今から何か新しい曲をシューイチのために準備する余裕はないので、発表会の曲目の中から「詩人の魂」の今朝の録音をアップさせていただきます。

うう。本番前日でこのクオリティの低さorz・・・
ミスタッチはなくならないし、表現の面でも不満だらけですが。。。

あとは明日、会場の雰囲気が助けてくれることを期待してます。(タワシは体質上の理由で飲めないけど)アルコールありの会場ですし、前回のねこカフェ発表会もとても楽しくリラックスして弾ける空気だったので、今回もきっとそうだと。

あ、、曲についても少しだけ触れておきましょう
フランスのシャンソン歌手であり詩人であり作曲家でもあった、 シャルル・トレネ(Charles Trenet)の代表作のひとつです。いろいろな歌手が競って歌い、こんにちも世界中で親しまれている名曲です。

歌詞はこちらをご覧ください。
詩人の魂  シャルル・トレネ: Charles Trenet – L’âme des poètes (1951)
これは、シャンソン(日本で普通に考えられる「音楽ジャンルとしてのシャンソン」よりずっと幅広い意味で、歌全般のことですが、あるいは音楽全般といってもいいのかも)の、もっとも幸せなあり方を歌った曲ですね。
この歌詞のように、たとえ作者の名前は忘れられても、自分が世を去ったずっとのちのちまでも、自分の作った歌が人々に歌われ、元気を与えたり心を癒したりできたなら。
(悪名高いJASRACは、まさにこれと真逆を行ってますな)

それでは、どうぞ~♪
[広告] VPS

詩人の魂(トレネ)

テーマ : ピアノ
ジャンル : 音楽

<告知>第2回ねこカフェ発表会

いよいよ、今度の日曜です!第2回「ねこカフェ発表会」(=^_^=)

ねこカフェ発表会という名前ですが、会場は「ねこのいるカフェ」ではなくて、「ピアノのあるバー」です。
お客様用の席が若干残っておりますので、もしも「聴きにいってみたい」と思われる殊勝な方がおられましたら、声をかけてくださいませ♪

今回は、アンダンテさんがプログラムを作成してくれました(*^ー゚)b グッジョブ!!
お世話になりついでに、プログラムをコピペさせていただきますね。

-------
<日時>6月18日(日)13:40~17時
<場所>ピアノバー「Fu-an(フーアン)」 (東京都小平市) http://www.fu-an.biz/

●第一部: 運命の扉
夜毎屋+shig ベートーヴェン 運命第1楽章
まるじろう モーツァルト ソナタ K.570第1楽章
アンダンテ ベートーヴェン ソナタ第9番
くさぴあ ベートーヴェン ソナタ第21番第2・3楽章

●第二部: Love Piano
ねこぴあの シューマン アラベスク
ゆき 西村由紀江 扉をあけよう
ゆき 星野源 恋(バラードver.)
いもコン ショパン ノクターン Op.72-1
私はタワシ ビクシオ マリウ、愛の言葉を
私はタワシ トレネ 詩人の魂
雅樹 シベリウス ヒース生うる山
ねこぴあの+shig 葉加瀬太郎 情熱大陸
まるじろう+おゆき シューマン 庭園のメロディ、嘆き

●第三部: 雨の季節
いもコン かえるの合唱
ゆき ショパン 「雨だれ」ジャズバージョン
まるじろう シューマン ユーゲントアルバム 30番
くさぴあ 童謡メドレー
ねこぴあの オリジナル曲
私はタワシ ワルトトイフェル ダイアモンドの雨(short ver.)
アンダンテ ショパン 前奏曲 Op.28-15(short ver.)
おゆき ショパン 前奏曲 Op.28-6
udurann ダンディ 緑の湖
雅樹+shig+打楽器隊 林光 雨の音楽
夜毎屋 吉松隆 静かなる雨の雅歌

●第四部: ねこカフェ
夜毎屋 吉松隆 プレイアデス舞曲集より
七海 葉加瀬太郎 情熱大陸
七海 西村由紀江 水麗舞
artomr マーラー アダージェット
shig ★当日のお楽しみ★
udurann ドビュッシー 英雄的な子守歌
おゆき バッハ フランス組曲第1番より
夜毎屋+shig ドビュッシー スコットランド風行進曲
-------
今回タワシが演奏する3曲は、実はどれもワルツです。
選曲の時点で意識したわけではありませんが、「舞曲スキー」なので、気がついたらこうなっていました(笑)
3曲に共通の、ワルツならではの心地よい3拍子の揺らぎ。一方、それとともに、それぞれのワルツのカラーの違いも楽しんでいただきたいと思っています。

などと偉そうに言いつつ、実際はいまだに、ミスタッチの山と戦っていたりしますが(汗)

テーマ : ピアノ
ジャンル : 音楽

        
*プロフィール

私はタワシ

Author:私はタワシ
ぶきっちょな独学のアマチュアピアノ弾き。デジピ族。
クラシックピアノの王道からは外れまくりですが、自由気ままなピアノライフを楽しんでます。
特技は捏造、ミスタッチ量産。
プロテスタント教会で奏楽者もつとめています。
これまでの経歴など、詳しくは当ブログの「自己紹介」カテゴリの記事を参照してください。

        
*最新記事
        
*最新コメント
        
*カテゴリ
        
*月別アーカイブ
        
*フリーエリア
        
*ただいま練習中!
<6月27日> ♪ピアノソナタ変ホ長調 Hob.XVI:28(第1楽章)(ハイドン) ♪ピアノソナタ変ロ長調 K333(第3楽章)(モーツァルト) ♪プジレコの漁師(Tagliaferri) ♪新しい月(コスタ)
        
*にほんブログ村
        
*人気ブログランキング
        
*FC2ブログランキング
        
*FC2カウンター
        
*(ページビュー)アクセスランキング
        
*リンク
        
*カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
        
*TWITTER
        
*メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

        
*amazon
        
*楽天市場