グリーグ「25のノルウェーの踊りと歌」作品17、ふたたび。 

手持ちの楽譜ファイルを、2、3冊ずつ、つまみ食いならぬつまみ弾きしながら来週末のイベントに向けて選曲してきましたが、やっと心を決めました。グリーグ、弾きます!
過去のシューイチでも何曲か取り上げたことのある、「25のノルウェーの踊りと歌」作品17から何曲か弾くつもりです。
練習しながら、その和声に大いに燃え、リズムを堪能してました。
枠は2曲ということでしたが、1曲ずつがあまりに短いので、主催の方と相談してみます。

タワシはこういう民族色の強い曲に、昔から心惹かれる傾向があり、今もそれは変わりありません。
ノーミスで滑らかに弾くことより、音楽に躍動感や生気が感じられることが、ずっと大事なタイプの曲で、そういう面でもタワシには向いているかもしれません。

ところで、この曲の音源について、個人的に一番気に入っていて、かつ多くのインスピレーションを与えてくれるのは、実はピアノ演奏ではないのです・・・
それは、この曲の、無料楽譜サイト IMSLPのページ http://imslp.org/wiki/25_Norwegian_Folk_Songs_and_Dances,_Op.17_(Grieg,_Edvard) に置いてある、録音ファイルなのですが、リコーダーアンサンブルの演奏です!
興味のある方は、是非、試しに幾つかでも、クリックしてみてください。

ついでに、もしよろしければ、タワシの過去記事もまた見てやってください。
<今週の録音>ハリング(ノルウェーの踊り)&牛を呼ぶ声(グリーグ)
この2曲は、作品17の中でもお気に入りなので 当日も演奏する可能性高いかな〜♪

雨の休日・・・イベントに向けてやっと始動! 

今日は火曜、タワシにとっては定休日です(火曜と日曜が固定で休み)。
なのに、残念ながらお天気が・・・。天気予報より早く、冷たい雨がしとしとと降りだしました。
低気圧はテンション下がりますが、そんなこと言ってられない!来週の土曜日にイベントを控えた身にとっては、貴重な平日の休みですもの。

午前中は、コピー譜や、ネットからDLしてプリントアウトした楽譜の整理であっという間に時間が経ってしまい、午後になってやっとピアノの前に。
(実はここ数日練習時間が非常に短くなっていたんです。
原因は土曜の朝から、寝相が悪かったのか、首が変な凝り方をして痛くて痛くて。シューイチはその前に録音してあったからよかったけれど、日曜の朝の礼拝、昼食後の聖歌隊練習、ともに気力で頑張ったいう感じでした。
そして昨日は痛みはだいぶ治まったものの、最近の仕事疲れがたまっていたせいもあってピアノに全く触らず)
今日はやっと首も回復して、これまで2時間くらい弾いてますが異常ありません。(夕食の後にまた練習する予定)

本番約10日前になって、やっとやっと、フルートの伴奏、まともに譜読みしました。
プリンターは故障したままですが、前記事にも書いた通り、コンビニでUSBメモリから無事印刷できました。(うちのプリンタよりずっと綺麗、これで1枚10円ならまた利用しよう)
が、印刷してから結局5日間そのままになっていたのです。あ、もちろん、チラッと目は通しましたが。
曲名はお楽しみということで伏せておきますが、ピアノパートは幸いにもそんなに難しい箇所はなくて、4、5日あればなんとか形にはなるのかなという気がします。
が、お相手がプロの方なので伴奏もそれ相応のレベルにまでは持って行きたいな。間際になって、「もっと早く練習スタートしてればよかった」と後悔しなければよいのですが。

そして(曲目の事前エントリーは必要ない、ということですが)ソロの曲もさすがにそろそろ決めないと(←オヤジギャクではありません・爆)
というわけで、伴奏の練習の後は、ひたすら選曲祭り〜
実は、今回のイベントはいつも参加しているようなオフ会、練習会のような音楽の集まりでなく、イベントの中に「ミュージックタイム」というコーナーがあるというもの。参加者も全てが楽器や歌をやっている方というわけではありません。演奏する人はむしろ少数派。
こういう場では、やっぱり誰もが知ってるクラシックの有名曲の方が、喜んでもらえるのかなあ。でもこんな短期間で仕上げられるレパートリーほとんどないし。
それに、できれば、この前のアンサンブル練習会での、エルガーの「朝の歌」みたいに、知名度は低いけど素敵な曲を紹介して、その魅力を知ってもらえたらすごく嬉しい。
あれこれ考え出すと本当に考えがまとまリません。
枠的に長い曲は弾く時間がなくて、2、3分の小品を弾くことになると思いますが、レパ、ほとんどが、易しくて短い曲ばかりなので、それはむしろ歓迎です。
ま、あと数日、選曲祭り(兼練習)は続きそうです。

よほど決まらなければ、即興演奏という選択もあったりする・・・???

[2017/11/14 19:49] 日記 | TB(0) | CM(0)

<今週の録音>Bella Fata(美しい妖精)(ナポリ民謡) 

最近のシューイチは、シャミナードやコルガノフの子供向けの小品が続いていたのですが、今日はちょっと久々に世界民謡シリーズに戻ります。
Bella Fata(美しい妖精)というナポリターナです。

イタリア語がわからなくて歌詞の意味は不明ですが、
妖精のような美少女に恋い焦がれる若者が、自慢の美声で思いの丈を歌う、バリバリのラヴソングでしょうかね♥笑
ナポリターナって、一応「民謡」という位置づけながら意外と作詞作曲者がはっきりしていることが多いのですが、この曲は作者不詳のようです。
楽譜を見るまでタワシもこの曲のことは何も知らなかったですし、(探し方が悪いのかもしれないですが)ちょっと見たところYouTubeにも音源は見当たらないので、そんなにメジャーな曲ではなさそう。
でも歌の国・イタリア生まれだけあって、明るく親しみやすい曲なので、あっという間に覚えてしまいました。
短い中にも変化に富んだ曲想なので「色を変える」のが楽しかったです!

それでは、どうぞ〜♪
[広告] VPS

Bella Fata(美しい妖精)(ナポリ民謡)
[2017/11/11 19:37] 今週の録音 | TB(0) | CM(6)

楽譜印刷機、故障! 

前々回の記事「アンサンブルづく。」で書いた本番(某イベント)は、11月25日の開催です。気がつけばもう2週間とちょっとしかないではありませんか!
タワシは、ここに来て未だにソロ曲も決まってないという、毎度おなじみの(?)泥縄ぶりです。

それでもまだソロはいいですよ、練習不足で悲惨な出来だったとしても自業自得ですから。
しかしお相手のあるアンサンブルは、そうはいきません。
しかも今回はプロのかたの伴奏ですもの!
さらにどうやらその曲が、当日のプログラムのトリらしいです。
これはもう早速トリかかる、じゃなかった、取り掛かる、しかない。それでも遅いくらいです。

が、この大事なときに、我が家の楽譜印刷機(つまりプリンタ)が故障〜(涙)
(うちのプリンタの使用目的は楽譜の印刷が8〜9割です。あとは時々、お出かけ先の地図。でも最近は、スマホに転送するようにしたので印刷回数は減ってきてます。ごくまれにその他の用途にも使います。)
具体的に言うと、インクカートリッジのホルダーが動かず、フタの陰に隠れたままという状態で、エラーランプが灯りっぱなしになっています。
文字通り汗だくになる悪戦苦闘の末、ネットで検索してみると、「Yahoo知恵袋」に機種も症状も全く同じケースがありました!(https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q12134624777
が、結論は「修理か買い替えを検討しましょう」ということでした・・・
数千円の安い機種なので修理するより新しいものを買ったほうがよほど安いということになるのでしょうね、多分。
とりあえず今回はデータをUSBメモリに入れて、コンビニのマルチコピー機で印刷することにしました。このブログ書き終えたら行ってきます!1枚10円とお値段もリーズナブルです。

まあそんなわけで楽譜はなんとかなりそうですが、アンサンブルもソロもお尻に火が点きつつある(もう既に点いてる?)のは事実です。
ああ〜やっぱりこうなるのか・・・
[2017/11/08 07:24] 日記 | TB(0) | CM(2)

<今週の録音>プレリュード(シャミナード)  

タワシ、ただいま多忙につき、今週もまた子供(初級者)向けの小品で失礼いたします。しかも録音したのは先週。
前回の「オリエンタル」(シャミナード)と同時に、同じ曲集(子供のためのアルバム・作品123)の第1曲「プレリュード」を録っていましたので、それをアップします。

ユーゲント(子供のための)アルバムの第1曲といえば、以前シューイチで、ヴィルムの「はじめに」という曲を紹介したことがありました。
http://watashiwatawashi.blog12.fc2.com/blog-entry-1212.html
シューマンの「メロディー」も、ヴィルムの「はじめに」も、そしてこのシャミナードの「プレリュード」も、みんなハ長調ですね。ハ長調は初心者にとって譜読みが易しいことに加え、素朴で素直な性格の調だそうで、その辺りもユーゲントアルバムの第1ページにふさわしいといえるかもしれませんね。

それでは、どうぞ〜♪
[広告] VPS

プレリュード(シャミナード)

[2017/11/04 21:41] 今週の録音 | TB(0) | CM(2)