ようこそ!タワシワールドへ♪
{やさしい曲を美しく弾く!}が目標。ぶきっちょな独学アマチュアピアノ弾きの日々。
「たのしい練習会(仮)」 まであと4日!
今回はまるまる6時間会場を押さえたので、アンサンブルもソロもたっぷり弾けそう。
せっかくスタインウェイのフルコンを弾くチャンスなので、ソロの方も遠慮せずいっぱい弾かせていただくつもりですが(完成度の低い曲ばっかりなので聴いてる方には申し訳ないです・汗)・・・
やっぱりこの会の醍醐味はアンサンブルでして。
スロースターターのタワシも、さすがに、当日まで1週間を切るとエンジンがかかってきました。(遅すぎ)

中でもバッハの、ドッペルコンチェルト(2つのヴァイオリンのための協奏曲)BWV 1043 は、この会の定番中の定番になりつつある存在。
大雪とインフルに祟られて参加者が少なかった前回でさえも、いろんなカップリングで楽しんだ曲です。
インベンションの1曲すらまともに弾けない(?)タワシとしては、伴奏を他のピアノ弾きさんにお任せして聴き手に徹するつもりでいました、
なのにこんな間際になって気が変わり、まさかまさかの「ドッペル伴奏マジ練中」です。
3楽章は今は手をつけるつもりもないですが、大好きな2楽章とそしてできれば第1楽章も、ヴァイオリンと合わせてみたいです。

1楽章の伴奏、左手の16分音符のパッセージに苦労しつつ、えっちらおっちら、さらっていると、今更ながらインベンションをやっているような気がしてきました。
子供の頃ピアノ辞める前に、せめてインベンションくらいまではちゃんとやっておきたかったな。そしたらこの程度の伴奏なら、さして苦労もせずさらっと弾けるんだろうなあ。

パールマンとズーカーマンの共演した音源があったので貼っておきます。やっぱり名曲ですね。


Bach: Perlman / Zukerman - Concerto for Two Violins BWV 1043
一つ前の記事(DustBox)は、アルマンドでしたが、今日はサラバンドです。別に意識したわけではなくて、たまたまです。笑

「君、君」(Amours,amours.)というタイトルのフランス民謡を弾いてみました。
民謡、となっていますが、むしろ「作曲者不詳の古い歌曲」というほうが、似合うような気もします。
美しい乙女に恋する青年が、思いの丈を熱く語るラブソングですが、曲の種類としては「サラバンド」に分類されるものです。
作曲年代も不詳ですが、16〜17世紀ごろに書かれた曲でしょうか?
サラバンドというと重厚で厳かなイメージがあるのですが、かつてスペインでは卑猥な音楽として避難され、演奏禁止になった過去さえある、とのこと。こんにちの我々がサラバンドと聞いてイメージする曲想(ヘンデルの有名な二短調の曲のような)とはだいぶ違って、かなり官能的、蠱惑的だったようです。
もっともこの曲は、Andante sostenutoという指示からもわかるように、サラバンドらしいサラバンド、と言っていいと思いますが。
それでも歌詞が上述のように熱烈な恋の歌なので、そのあたりも多少は意識しながら弾いたつもりです。
今回も練習期間短すぎ(3日間)で、完成度低いですが・・・(汗)

それでは、どうぞ♪
[広告] VPS

「君、君」(サラバンド)(フランス民謡)
久々の<DustBox>登場です。
久々すぎて最近このブログを読むようになった方には、このカテゴリの記事は初めてかもしれません。
<DustBox>というのは文字どおりゴミ箱です(爆)
具体的にいうと、本来ならとてもひとさまにお聴かせできるような状態ではないのだが、練習過程の記録として(?)あえてアップした録音たちの置き場所です。
過去記事を見ると、ソナタの提示部だけなんとか通るようになった時なども、ここを使っていました。(が、結局そこで力尽きたのか?完成まで行き着いた記憶のない曲もあります(^^;;)なので、練習過程というのも何だかはばかられます。

二つ前の記事に書いたモーツァルトのアルマンドが、ようやく、曲がりなりにも最後まで通るようになりました。が、どうしても必ずどこかでミスります(涙)
見開き2ページの短い曲なのに。テンポも決して速いわけではないのに。なんでだ〜!?
というわけでこの録音ももちろんしくじってます。

では、どうぞ〜♪







組曲断片K.399より アルマンド(モーツァルト)
最近シューイチでは、子ども向け、あるいは初級者向けの曲が登場する確率が高いですが、今回もまたです・・・
奥村一(1925〜1994)のピアノ曲集「こどもの広場」から「着せかえ人形」という愛らしい小品を弾いてみました。
タワシが小学生の頃ピアノ教室で使っていたオムニバスの小品集の中に、確かこのひとの名前を見たような気がします。
しかし曲名のほうがどうしても思い出せないんです。

着せ替え人形は服を替えることで印象ががらりと変わりますが、この曲も短い中でに何度も場面転換があり、曲調がガラッと変わります。昨日練習を始めたばかりで、まだ細やかな表現はできていませんが、「ここではどんな服に着替えたんだろう?」などと妄想(?)しつつ、その変化を楽しんでいただければ、と思います。

それでは、どうぞ〜
[広告] VPS

着せかえ人形(奥村一)
BACHチックな MOZART
楽譜の整理をしていたらたまたま目に止まった、モーツァルトの「組曲断片」という曲。
見るからにバロックぽい譜面ヅラに、楽章の構成。え!?これ、本当にモー様の曲?
これまで弾いたことはもちろん聴いたこともなかったのですが、ちょっと調べてみたところ、

組曲 ハ長調 K.399(385i)
Suite in C Major, K.399

1782年(作曲)。モーツァルトが、バッハやヘンデルの影響を受けてバロックの手法を試みた作品だが、組曲のうち「序曲」「アルマンド」「クーラント」だけが完成し、残りは未完に終わっているため“組曲の断片”と呼ばれている。
(ピアノレパートリーガイド http://www.ymm.co.jp/pianorg/detail/228 より引用)

ということがわかりました。

タワシは個人的にアルマンドという曲種が好きなので、アルマンドだけ練習してみることにしました。
今日で五日目ですが、やっぱりバロックは譜読みに時間かかりますね〜
インベンション1曲としてまともにやったことがない(⬅️前の記事で書いたばかり!)のでは無理もないか。。。
それでもアルマンドって、過去にフランス組曲1番、2番、5番のをかなり真面目にさらったこともあって、イメージも湧きやすいし、弾いていて楽しいのです。
曲の後半の部分だけ録音してみました。⬅️前半になんどやっても派手にトチるところがあるため(・_・;
Allemande(Mozart)練習中 (⬅️click)
いかにも、譜読みはじめて日が浅いたどたどしさがが漂ってますな〜(^_^;)

お耳直しに美しいプロの演奏をどうぞ〜
1940年の録音。アイリーン・ジョイスというオーストリア出身の女流ピアニストの演奏です。
美貌でも知られ、第二次世界大戦前後が活動の全盛期だったようですね。

Mozart - Suite in C major (Allemande & Courante), K. 399 - Eileen Joyce

Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .