FC2ブログ

ようこそ!タワシワールドへ♪


『やさしい曲を美しく弾く!』が生涯の目標。ぶきっちょな独学アマチュアピアノ弾き(時々オカリナ吹き)の、ユルくて熱い音楽日記。


プロフィール

私はタワシ

Author:私はタワシ
ぶきっちょな独学のアマチュアピアノ弾き。デジピ族。一応女性。
クラシックピアノの王道からは外れまくりですが、自由気ままなピアノライフを楽しんでます。
特技は捏造、ミスタッチ量産。
プロテスタント教会で奏楽者(礼拝讃美歌や聖歌隊の特別讃美の伴奏)をつとめています。
オカリナ吹きます(「フォーカリンク」と「アケタ」を使ってます)。時々、リコーダーやティンホイッスルなども。
これまでの経歴など、詳しくは当ブログの「自己紹介」カテゴリの記事を参照してください。


最新記事


最新コメント


カテゴリ


月別アーカイブ



Calender

10 | 2019 / 11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

今日の練習メニュー

<11月11日> ♪「無言歌集」より「なぐさめ」「タランテラ」(メンデルスゾーン) ♪悲しい夢(ドイツ民謡) ♪50のソルフェージュ(トスティ)(抜粋) ♪コブルゲルマーチ(作曲者不詳)


にほんブログ村


人気ブログランキング


ピアノランキング


FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking


FC2カウンター


リンク


(ページビュー)アクセスランキング


カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


TWITTER


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる





素晴らしいお天気に恵まれた11月9日(土)、ブロとものⅠさんとともに、ST Rockerさんの主催する、「知と音楽の世界 第5回」に行ってきました〜
最近の記事で「本番」といっていたのはこのことです。

イベントの中の「ミュージックタイム」の枠内で、プロのフルート奏者・作曲家の上松明代さんの伴奏を(ⅠさんとⅠ曲ずつ)務めさせていただいたり、Ⅰさんの伴奏でオカリナを独奏したりしたのです。

会場のピアノは古いベヒシュタイン。
IMG_1631.jpg
リハの時、未だかつて棄権したことのないほど、鍵盤全体がベタベタしていてびっくり。前に弾いたひとがハンドクリーム塗りまくっていたのでしょうか・・・
ピアノに関してはプロのⅠさんが、鍵盤をきれいに拭いてくれて事なきを得ました。
何年か前、この会場のピアノがやたら弾きにくかった記憶があるのですが、今回はそんなことはなく・・・
年代物のピアノなのでタッチもペダルもちょっとクセはあるのですけど、コントロールできないほどとは感じませんでした。

タワシが伴奏した曲は上松さんの自作で「Black butterfly」という曲です。
中間部でガラリと曲想が変わるのですが、リハでは、その「入り」の部分でフルートと呼吸が合わず・・・
アイコンタクトをしなかった(タワシは楽譜ガン見で、そうする余裕がなかった)のが原因ですが、
中間部のテンポ感自体、練習してきたものとは差があるようでした。
リハの途中で参加者の方々が次々と入ってこられ、予定より少々早く会が始まりました。

STさんの「科学」をテーマにしたプレゼンテーション、Sさん(女性)の写真によるスライドショー・・・
時間があっという間に過ぎていきます。
そしていよいよいよミュージックタイムに〜
オープニングはSTさんと上松さんの共演。久々にSTさんのピアノを聴きましたが、会うたびに確実に上達していて感心します。
ついでIさんとタワシのそれぞれのピアノソロ(欠席者がいて時間が空いたため、当日朝までその予定がなかったのに、ソロを弾く事になりました〜 タワシはこきりこ節とポールモーリアを弾いたけど練習全くしてないので出来悪し!Iさんは余裕の自編曲メドレーや、楽譜ついこの前買ったばかりとは思えない完成度のピアソラ)

会が始まった時は暖かかったのに、途中で会場が冷え冷えしてきて、暖房を入れましたが、すぐはあったまらず、気がついたら手指がすっかり冷たくなっていました。
この状態でタワシのオカリナ演奏(曲=「涙そうそう」)の順番となりました・・・
まずい!この指の状態で大丈夫かなあ〜 という心のざわざわはストレートに音にあらわれ、出だしから思いっきり音程を外しました( ;´Д`)
結局最後まで完全に立ち直れないまま、何箇所も変な音を出し、リズムもぐちゃぐちゃになり・・・
何度もカラオケに通って練習したのに、そして新しいオカリナでなく以前からの相棒を連れて行ったにもかかわらず、本当に残念な結果となりました。
でも、めげてはいませんよ〜 チャンスがあればまた人前演奏に挑戦したいと思ってます。場数を踏めばきっともうちょっとは、いろんな状況に対応する能力も身についてくるはず。

そしてミュージックタイム後半は、お待ちかね上松さんの登場です。
まずは Ⅰさんの伴奏でアルベニスの「セヴィーリャ」を、ラテンの曲にふさわしく情熱的にかつ官能的に演奏!
そのあと短いトーク(作曲と編曲の違いや、これから演奏する自作の作曲の経緯など)があり、いよいよ
「Black butterfly」本番です!
オカリナに続いてフルート伴奏でも緊張で心臓の鼓動はかなり早くなっていて、テンポが走らないように懸命に努力しました。
序盤で一つ大事な音が抜け、それからも数限りなく小さなミスタッチや音抜けはありました。そして問題の中間部はやはりテンポ感をうまく合わせることができず、ハッと気がついたとき、フルートと、完全に一拍分ズレが生じていました。
そこをなんとか踏みとどまって修正し、かろうじて最後は大きな破綻なくエンディングを決めることができました。
音楽の流れを止めずに弾ききったことだけは、自分で自分をほめる、とまではいかなくても「頑張ったね」くらい声をかけてあげてもいいのかな、と思ってます。

とても恥ずかしいのですが、、、
主催者のSTさんが、「自由にブログで使っていい」と、送ってくださった音源を、公開しますね。
Black Butterfly(フルート=上松明代、ピアノ=私はタワシ).MP3

自分自身の演奏はどれもかな〜り痛い結果だったにもかかわらず、二次会も含めてとても楽しく実りの多い1日でありました、
STさん、上松さん、Ⅰさんをはじめ、ご一緒した皆様には、感謝感謝です。
来年、「第6回」でまたお会いできるのを心待ちにしています。
それまで伴奏もソロもオカリナも、もっと修行あるのみだ!!

ジャンル:音楽 - テーマ:音楽

今回のシューイチ録音は、3週間前(10/19)にアップした「ガヴォット」と同じく、Remy Clavers の「子供のための6つの小品 作品10」の中の一曲をお届けします。
第6曲の「メヌエット」です。

可愛らしさと典雅さを兼ね備えた、古風な短調のメヌエットで、中間部は長調に転じ、曲想もガラリと変わります。
グランドピアノでの録音です。
が、残念な事に最後の最後…あと数秒で終わりというときに、思いっきり左手の低音を外してしまいました。悲しい〜

それでは、どうぞ〜♪
(11/9はすでにお知らせしている通り、某イベントのためにお出かけしますので、この記事は予約投稿しておきます)


メヌエット(子どものための6つの小品より)(Remy Clavers)

ジャンル:音楽 - テーマ:ピアノ

いよいよ明日は、タワシも参加する某イベントの本番となりました。
このイベントの「ミュージックタイム」の枠内で、プロのフルート奏者で作曲家でもある上松明代さんの自作曲の伴奏をさせていただく他、ソロとしては今回ピアノではなくオカリナを演奏することになっています。

実は、この前お話しした新しいオカリナ「フォーカリンク」、なんとかこのイベントに間に合うように在庫のあるものの中から選んだのですが・・・
やはり今まで吹き慣れたマイ楽器「アケタT−5C」のようにはいかないなあというのが正直な感想です。
フォーカリンク、吹き込んでいけばきっといい相棒になってくれるだろうと確信してますが、それにはどうしてもある程度の時間が必要かなと。

そんな中、昨日は遅番でしたので、出勤前に、フォーカリンクとアケタ、両方のオカリナを持って、カラオケに練習に行ってきました。
そして二つのオカリナを吹き比べた結果、今回はやっぱりアケタにしようと決めました。
アケタは一般に高音が安定しないという弱点があり、またタワシの楽器は長年使って塗料が剥げている箇所があったりしますけど、不慣れなフォーカリンクよりは断然音色のコントロールもできますし、もとよりオカリナらしい素朴な音で、しかもよく響きます。

昨日の録音。興味のある方は聴いてみてください(ヘッドフォンorイヤフォン使用推奨です)
途中でブツ切れになってしまってすみません。フルバージョンで録音したかったんですが、「終了時間10分前です」というフロントからの電話で中断を余儀なくされました〜(~_~;)
ちなみに、動画の画像は無料写真サイトから持ってきたもので、アケタのオカリナではありません。

涙そうそう(使用楽器・アケタオカリナT−5C)

ジャンル:音楽 - テーマ:楽器

前の記事(シューイチ)の中でも紹介しましたが、改めまして・・・
かつさん 主催の、第2回ピアノWeb発表会 が、只今絶賛開催中です。
http://pianolife.aikotoba.jp

今回は企画部門と自由部門の二本立て!
企画部門のテーマは、
『紅葉の秋、ハイキング気分で森の中へ』
そして自由部門は
『今年頑張った一曲』(♪2019年マイ ベスト♪)
です。
テッパンの定番曲からタワシも初めて聴いたという曲まで、バラエティに富んだ選曲で楽しめます。
参加者の皆さんのその曲にこめた熱い想いや、ここで発表するまでに積み重ねたであろう地道な努力を感じつつ、一曲一曲味わいながら聴いています。
全ての演奏に、主催者・かつさんの、あたたかくていねいなコメントが付いています。
夜勤が続き大変な中、この企画のために多くの労をとってくださったかつさんに、心から感謝します。

タワシの自由部門の演奏は 昨日のシューイチの記事
http://watashiwatawashi.blog12.fc2.com/blog-entry-1738.html
でも紹介しましたので、今回は企画部門のエントリー曲を。


なつかし山々(乙女との別れ)

【曲名】:なつかし山々(乙女との別れ)
【作曲家】:スイス民謡
【コメント】:テーマの中に「山」がありましたのでそれに合わせて選曲しましたが、考えてみたら、ハイキング気分でスイスまでは行けませんよね?(笑)
曲は、慣れ親しんだ故郷の美しい山々と愛しい恋人に別れを告げ、遠い旅に出る青年の歌です。作詞者、作曲者ともに不明ですが、初めて出版された1839年当時には、すでに広く知られていたようです。
再会の希望があるからでしょうか、別れの歌にしては明るく伸びやかな曲調です。
ヨーデルの雰囲気を、ピアノでも少しでも出せたら幸いです。


ジャンル:音楽 - テーマ:ピアノ

既にご存知の方も多いとは思いますが、かつさん主催の、第2回ピアノWeb発表会が、いよいよ本日(11/2)より開催となりました。タワシも参加させていただいております。

今週のシューイチは、その自由部門でのエントリー曲、モンポウの「悲しい鳥」を聴いていただきたいと思います。
(ん?一回サボった?という声があるかもしれませんが・・・(^^;; これでお許しください〜)
 
「Web発表会仕様」ということで(?)いつものFC2動画でなく、YouTubeです。コメントもそちらに載せておりますものと同一の文章で失礼します。


悲しい鳥(モンポウ)

【曲名】:悲しい鳥
【作曲家】:モンポウ
【コメント】:スペインの作曲家フェデリコ・モンポウ(1893-1987)の初期の代表作「内なる印象」の中の一曲です。
モンポウの父が飼っていた「ベニヒワ」の鳴き声を、動機として使っているそうです。作曲者は当時二十歳前後の青年・・・鳥の声にインスピレーションを得て描き上げた「音の心象画」とも言えるでしょう。
タワシがこれまでほとんど弾いたことがないタイプの曲で、音数の少なさに反して(というより、かえってそれゆえに?)意外な難しさがあり苦労してます。
しかも日頃は安物のデジピで練習していますし(この録音はグランドピアノですが)。そんなわけで、まだまだunder construction(工事中)のつたない演奏です。


ジャンル:音楽 - テーマ:ピアノ


 +  OLD >