FC2ブログ





<今週の録音>ヨーゼフ、わがヨーゼフよ(ドイツ民謡) 

この前の日曜日から、アドベント(待降節)に入っていますので、例年通り、シューイチもクリスマスモードに入ります!
今回は、ドイツ民謡「ヨーゼフ、わがヨーゼフよ」(Joseph, lieber Joseph mein)をお聴きください♪

「わが愛しいヨーゼフ(ヨセフ)よ」と呼びかけているのは、もちろん、イエスの母であるマリアです。赤ちゃんを寝かしつけるのを手伝って!とせがんでいます。どこにでもありそうな若い夫婦と赤ちゃんとの一コマですが、そのみどりごは預言の通り処女マリアから生まれた、人類の救い主イエス・キリストなのです。歌詞の後半は救い主が生まれた喜びを、高らかに歌い上げています。

この曲は、タワシの手元の楽譜では「ドイツ民謡」となっていますので、その表記に従いましたが、ヒエロニムス・プレトリウス(Hieronymus Praetorius,1560-1629)という、ルネサンス時代の北ドイツの作曲家の手になるもののようです。
https://www.hyperion-records.co.uk/dw.asp?dc=W15047_GBADM8600047
ただし、手元の楽譜は、YouTube等にアップされている、プレトリウス作曲の合唱曲とは、かなり印象が違います。

ルネサンスやそれ以前の音楽にはあまり知識がありませんので、この曲についても引き続き調べてみたいと思いますが、締め切りに間に合わせるためには時間がありません。(これから教会のクリスマス礼拝のための準備もあるし・・・)
というわけで今日は、取るものも取りあえず、って感じでアップしますね〜


ヨーゼフ、わがヨーゼフよ(ドイツ民謡)

※コメントやメッセージ、いつも心から感謝してます。とても励みになってます。が、例によって例のごとく(?)土曜日は多忙につき、お返事しばらくお待ちくださいませ〜
[ 2019/12/07 22:42 ] 今週の録音 | TB(0) | CM(0)

2月本番の候補曲!メンデルスゾーン「岸辺にて」 

来年2月にステージでの本番を控えていることはお話ししたと思いますが、のんきなタワシもさすがにそろそろ曲目決めないとヤバイでしょうという時期になりました。
候補曲の一つが ⬇️この曲。
Mendelssohn - Song Without Words Op. 53 No. 1

メンデルスゾーンの無言歌の中の一曲(Op. 53: No. 1 in A-Flat Major)です。
「岸辺にて」「浜辺にて」「海岸にて」などのタイトルが付いていますが、作曲家本人がつけたものでないので、そんなに意識しなくてもいいかと。
とはいえ、曲想から、「寄せては返す波」を連想するのは大いにうなづけます。

本番ではこの曲と、タワシらしく(?)「世界民謡シリーズ」の1曲との、カップリングで弾きたいと思っています。
いずれにせよ、このところ本番ではずっと「舞曲路線」で来たタワシには珍しく、しっとり歌う曲です。歌心と、それを音にする技術が、試される〜?
(他に2、3考えている候補曲も、同じような感じ)

昨日は仕事がお休みだったので、教会のアップライトで練習してきました〜♪
生ピアノで弾くのは初めて。
日頃デジピで深く考えずに踏んでいるペダル、生ピアノで弾いてみると「ここはペダルないほうがいいな」と思う箇所多数です。
グランドピアノだとまた違ってくるんだろうなあ〜
ある程度音はちゃんと並ぶようになってきたから、近々グランド練習に行かねば・・・

<今週の録音>狩にて(ホフマン) 

仕事、教会、ともに繁忙期につき、今回もまたまた(!)易しい子ども向けの小品です・・・
作曲家のホフマン(Heinrich Hofmann)は、シューイチ3度目の登場となります。
初登場が9月28日(「愛の歌」)2度目が10月26日(「夕べの歌」)ときて、3度目の今回が11月30日(「狩にて」)です。
偶然ですが、3ヶ月続いて毎月月末にホフマンの曲を弾いてますね!

狩をテーマにした曲はブルグミュラーの25番にもありますが、子どもの頃は今思えばありえないスローテンポでよたよたと弾いていたような気がします。笑
そしてもちろん、ホフマンが一番影響を受けている作曲家と思われるメンデルスゾーンの無言歌の中にもありますね。

今回弾いたホフマンの曲は1分足らずの短い曲で、初級者向けに易しいテクニックで書かれてはいますが、活気に満ちた曲で、弾いていても爽快感があります。
もちろん練習不足は否めませんが、8分の6拍子のリズムを楽しみつつ弾けたのはよかったかなあ、と。

それではどうぞ〜

狩にて(ホフマン)

<追記>
Erakko さんより情報いただきましてこの曲の原題と作品番号がわかりました。
Skizzen(スケッチ), Op. 77; Heft 2 No. 9. Auf zur Jagd (F major) です。
[ 2019/11/30 23:52 ] 今週の録音 | TB(0) | CM(2)

シューイチ第400回の予告、などしてみる。 

当ブログのシューイチ録音こと「今週の録音」は、回を重ねて現在388回に。
こうなるとやはり意識するのは400回という節目の回です。
実は、100回目、200回目、300回目、ともにショパンのマズルカを弾いているんです。
もちろんたまたまそうなったのではなく、意識して選曲した結果です。

というわけで、400回目もやはりショパンのマズルカのうちのどれかを・・・
弾けたらいいなあ!
弾きたい!
いや、弾きます!

と、早々と、予告など してしまいました。

ちょっと過去記事を調べてみたところ、これまでにシューイチで弾いたことのあるショパンのマズルカは11曲。
彼のマズルカは少なくとも50数曲はあるといいますから、まだまだネタ切れの心配はないはずなのですが・・・
残念ながら、タワシの力量で、曲がりなりにも人さまにお聴かせできるレベルまで弾ける(or弾けそうな)ものは限られているので、これからその枠の中で選曲しなくては・・・

このまま順調に毎週アップできれば、400回目のシューイチは来年の2月15日になる予定です。
クリスマスが済んだら、できるだけ早く選曲そして練習に取り掛かりたいところですね!
希望としては是非グランドピアノで録音したいところです!!
[ 2019/11/28 23:57 ] 雑記(@ピアノ) | TB(0) | CM(4)

<今週の録音>小舟(ポルトガル民謡) 

今回のシューイチ録音はポルトガル民謡です。
ポルトガル民謡は、正直言って数曲程度しか弾いたことがないのですが・・・
お隣りの国・スペインとは音楽の面でも共通するところがごく多いようです。

「小舟」という曲です。
「小舟」といえば数ヶ月前にシューイチでイタリア民謡の「小舟」(バルケッタ)を弾きました。
同じタイトルですがずいぶん趣きが違います。
あっちは雲ひとつない青空のような清々しい曲でしたね。

今回の曲ですが、明らかに「ハバネラ」のスタイルで書かれています。
ハバネラといえば誰もが思い出すのは、ビゼーの「カルメン」でヒロインが男たちを誘惑しながら歌うあの超有名曲でしょう。もっともあれはビゼー自身が書いたのではなく、他の人(イラディエル)の作品をそのまま流用したのですけど。

歌詞の内容は、
月の美しい夜に、小舟を浮かべ、愛しいひとと一緒に漕ぎ出したい。
というものです。
月の夜に恋人を誘うという点では、(歌詞だけ見れば)セレナーデ風と言ってもいいかも。

それでは、どうぞ〜♫

小舟(ポルトガル民謡)

[ 2019/11/23 23:25 ] 今週の録音 | TB(0) | CM(3)