<今週の録音>Ave verum Corpus(グノー) 

昨日は受難日(イエス・キリストが十字架上で処刑された日)でした。というわけで、1931年版の「讃美歌」に「十字架にかかりて」というタイトルで収められていたグノーの曲を弾いてみました。
(タワシ、久々のクラシック(笑)!でもピアノ曲じゃないですが・・・)

グノー(Charles François Gounod、1818-1893)は、バッハとの時を越えたコラボの傑作「アヴェマリア」や、オペラ「ファウスト」で知られたフランス・ロマン派の作曲家です。親しみやすい旋律と美しいハーモニーにあふれた曲を書く人で、タワシの好きな作曲家の一人でもあります。
いっぽう Ave verum CorpusといえばなんといってもモーツァルトのK618ですが、実は他にもいろいろな作曲家が書いています。
アヴェ・ヴェルム・コルプス(Wikipedia)
Ave verum Corpusは元来はカトリックの「聖体祭」用の曲だったようですが、K618などは現在はクラシックの名曲としても定番になっていますね。
また歌詞の内容的に、受難日に歌う、あるいは聴くのにもふさわしい曲といえると思います。
(というわけで、昨日アップするつもりで準備したのですが、夕べ寝落ちしてしまいました。朝6時からの受難日早天祈祷会に出席したら、早い時間から睡魔が・・・)

いつもにも増して練習が足りておらず、お聴き苦しいと思いますが、寛大な心で聴いてやってくださいませ。
それではどうぞ~
[広告] VPS

http://blog-imgs-104.fc2.com/w/a/t/watashiwatawashi/110324_002.mp3

Comments

久しぶりにお邪魔しましたら、オレンジの花に目が覚めますね!元気が出ます♪

グノーは平均律1番とのコラボ?しか知らなかったんじゃないかな、私。この曲、とても穏やかで、じんわり沁みてくる名曲ですね~♪タワシさんは「練習不足」と書かれていますが、和声の移り変わりを十分味わって気持ちよく演奏されているように私の耳には届きましたよ!!グノーの他の曲も聞いて見たくなりました!!

寝落ち・・・、あるある~~。
早起きすると、夜持ちませんよね・・・。と言いますか、毎日昼寝しているのに、夜は9時過ぎると眠くなる、そんな自分が怖いです~~・爆

やさしい音のプレゼントをありがとうございました!また、聞かせてもらいにきますね~!!

初めて知りました!

イエスキリストの処刑された日だったんですね。自身、全く宗教にうといもので初めて知りました。

この曲はピアノ曲で無いとありましたが、
教会ならばパイプオルガンですかね?

ピアノバージョン、とっても良かったです。パイプオルガンな感じが良く伝わってきました。

自身、今日はゲーム音楽とエリーゼのためにをトリルアレンジで弾いてみました。また見てくださいね~♪
http://kunichan0129.blog.fc2.com/

タワシさんお久しぶりです。
グノーと言えば「アヴェマリア」でした。
この曲もいいですね~厳かで。清らかな気持ちになりました。
素敵な演奏をありがとうございます^^
アヴェ・ヴェルム・コルプスの解説、なるほどです!
私はモーツァルトのK.618が大好きなんですが、ピアノ編曲版などあるのでしょうか?
あれば聴いてみたいです♪

穏やかなような威厳のあるような、良い曲ですね!

キリスト教の受難日ってなんか言葉だけ聞いたことがありましたが、そういう日だったんですね
にしても6時とかから始まるんですね、早い・・・!

ina-kibiさん>

おお!いなきびさん!ちょっぴりお久です~
いつもながら、つたない演奏に過分なあたたかきコメントをいただいて恐縮です<(_ _*)> アリガト
練習不足なので録音のときはとにかく大きなミスをしないで弾き通すのに集中してしまいましたが、確かに和声の変化がとても心地よい曲ですよね。宗教曲らしい敬虔な雰囲気を保ちつつも、ちゃんとロマンの香りが感じられるのも魅力です♡

グノーの作品、実は結構有名で、いなきびさんも知らず知らずのうちに耳にしているものも結構あると思います。また、あまり演奏機会がなくても素敵な曲もあります。機会があれば、このサイトでも紹介していきます♪

寝落ち、やっぱりありますか~
特に今の季節は眠いですよね!
今日は早起きしすぎで朝からおねむです。
わたしは昼寝ができないので、そろそろ寝溜めしたいなあ~

国ちゃんさん>

コメントどうもです~
クリスチャンの人口は日本ではたった1パーセント程度らしいです。一般の人は「受難日」とか言われてもわかんないのも無理ないですよね~何か災難にあったのかなと思われるかも(笑)
イースターのほうは最近大手スーパーが盛んにPRしてたりしてちょっとずつ認知度も高まってきたかな?
受難日もその翌々日にあたるイースターも、その年毎に日が違うんです。

この曲はオルガンの伴奏つきの混声四部合唱なんです。わたしの手元にある楽譜もそうです。ただし,讃美歌の中の1曲として採用した際に、演奏しやすく多少手を加えているかもしれません。
オルガン音のほうが原曲に近い雰囲気は出るかなとおもいましたが、今回はあえて、強弱などの表現がしやすいピアノ音で弾いてみました♪

そちらのサイトもまたお邪魔させていただきますね。

こんにちは(・▽・)

素敵な曲ですね~
弾きながらでも癒されそうです♪

一週前の曲は
子守唄なのにかっこよかったです(☆▽☆)

今週はどんな曲でしょう?
楽しみに待ってます(^▽^)

amyさん>

amyさん、こんにちは♪
久々のコメント嬉しかったです!なのにお返事がとっても遅くなってしまってごめんなさい~

練習不足でつたない演奏ですが、ちょっとでも曲の魅力を伝えられれば幸いです!グノーは、バッハとのコラボ曲であるアヴェマリアがダントツに有名ですが、他にも美しく親しみやすい曲をたくさん遺しています。そのうち、このブログでも紹介していきたいと思います。

モーツァルトのK618は、まさに「天上の音楽」という感じですばらしいの一言に尽きます
フランツ・リストがピアノソロ用にアレンジしたものも非常に美しいです。
Mozart-Liszt Ave verum corpusで検索してみてください♪

びこさん>

いつも、つたない演奏を聴いてくださってありがとうございます。コメントのお返事がとても遅くなってしまってすみません。

イースター(復活祭)は最近では近所のスーパーでも盛んにPRしてたりして、知名度も徐々にアップしてきているようですが、受難日はクリスチャン以外の人にとってはほとんど何の意味もない日ですからね~ご存じなくても無理ないとおもいます。
受難日の翌々日がイースターなので、毎年、受難日&イースターが近づくと、受難日の暗くシリアスな曲と復活日の晴れやかで喜びに満ちた曲を、同時進行で練習します。切り替えが大変です(笑)

いもコンさん>

いもコンさんこんばんは~
いつもシューイチ聴いてくださって感謝です♪

いわゆる「ピアノ名曲」がほとんどといっていいほど出てこないシューイチですが、こうして温かく見守ってくださる方も多いので、ほんとに励みになっています。
今週も締め切りぎりぎりですけど、何とか間に合ってアップできそうです。また聴いてやってくださいね~

先週の子守唄、かっこよかったですか?ユニークな感想(!?)ありがとうございました~笑

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://watashiwatawashi.blog12.fc2.com/tb.php/1407-9681395d