ようこそ!タワシワールドへ♪

{やさしい曲を美しく弾く!}が目標。ぶきっちょな独学アマチュアピアノ弾きの日々。

たのしい練習会(仮)vol.3 

ご報告が遅くなりました!
一昨日の火曜日、たのしい練習会(仮)vol.3 に、行ってまいりました!
前日に降った記録的な大雪と、大流行中のインフルのため、欠席者が相次ぎ、開催も危ぶまれる状況でしたが、幸い当日はお天気は回復、午後には雪もかなり溶けて電車も動き、5名の参加で無事開催することができました。

会場は前回と同じく、スタインウェイのフルコンを擁する、都内・某ホールの練習室。
今回のメインは、バッハのドッペルコンチェルト。今回残念ながら参加できなかった人たちも「ドッペル、ぜひやりたい」と声を揃えていた、ヴァイオリン弾きにとっては鉄板曲です。
この曲に関しては伴奏はもう一人の伴奏者Yさんに任せっぱなしなので、タワシは聴き役に専念して、生ヴァイオリンの音色と、バッハの対位法の妙技を存分に楽しみました。
全員が参加できたら、さらに多様なカップリングで、曲を楽しめたはずでした。そして練習会のかなりの時間がドッペル1色に染まったはずでした。
それを見込んで、今回、今までにもまして練習不足のまま当日を迎えたタワシ・・・
ズタボロの伴奏で、ご一緒した方々には大いにご迷惑おかけしました。
特にエルガーの「夜の歌」は最初の1ページしか弾けず、お恥ずかしい限り。
次回までには必ずさらっておきますね!
CPさんが愛してやまない「タイスの瞑想曲」も第2回に続いて伴奏したんですが、ヴァイオリンは大いにレベルアップしていたというのに、タワシの伴奏は前回と比べてほとんど進歩なし。
今回初めての試みで楽しかったのが初見大会。エルガーの「6つのやさしい練習曲」なるものを、タワシがネットから発掘してきて、ヴァイオリンの方たちに初見にチャレンジしてもらったのですが、これがなかなか好評でした(ここでは特にMさんの初見能力の高さに賛嘆!)ちなみに『6つの〜』はエルガーがヴァイオリンの教師をしていた時に、初級者の教育を目的として書かれたいわゆる「教材」で、ヴァイオリン・パートは全てファーストポジションで弾けるように作曲されているのが特色です。

参考までに・・・当日演奏された曲たちです。
(☆印は伴奏タワシです。
 ★印は曲目が重複してますが演奏者がが違います)
★バッハ:ドッペルコンチェルト1・2楽章
☆エルガー:朝の歌/夜の歌
☆パラディス:シチリアーナ
いきものがかり:ありがとう(ピアノソロ)
冬のソナタより:はじめから今まで/My Memory(ピアノソロ)
★ベートーベン:メヌエットト長調
☆マスネ:タイスの瞑想曲
★バッハ:ドッペル1・2楽章
☆エルガー:Exercise tres faciles(とても易しい練習曲)
ベートーベン:スプリングソナタ
ヘンデル:ラルゴ
☆エルガー:愛の挨拶(D dur、E dur)
★ベートーベン:メヌエットト長調
バッハ=グノー:アヴェマリア

そういえば今回ピアノソロを弾かなかったなあと、後になって気がつきました。
人前で弾けそうな曲もこれと行ってなかったので、別にいいや〜って感じです。
伴奏でたっぷり弾かせていただいたので満足です。

二次会はこれまた前回と同じ、駅のそばのファミレスで。
曲の完成度をどこまで追求する?
たのしい練習会もいいが、時には「コワい(=厳しい)練習会」も必要か?
などなど、これからの会の方向性についても、かなり突っ込んだ有意義な話ができました。

主催のクレモナ親父様はじめ ご一緒した皆様、ありがとうございました!
今回ご一緒できなかった皆様、次回は是非ともにアンサンブルを楽しみましょう♪
( 2018/01/25 23:53 ) Category オフ会&練習会 | TB(0) | CM(8)

宵待草フルート変奏曲(プロフルート奏者・上松さんとの共演) 

大変長らくお待たせしました!
先日のイヴェントでの、プロフルート奏者・上松明代さんとのアンサンブル「宵待草フルート変奏曲」のライブ録音を公開します。(もちろん上松さんの了承済みです)

「宵待草」は 竹久夢二の作詞、多忠亮(おおの・ただすけ)の作曲による、有名な歌曲(叙情歌)です。
作曲家でもある上松さんが、フルート変奏曲としてこの歌曲に新たな命を与えました。

プロの音楽家との夢の共演ということで、大いに楽しみにしていたタワシでしたが、今回もやはりやはり、本格的な練習にとりかかるのが遅すぎました。
しかも、なんと、リハーサル・音出し全くなしで、初対面のお相手といきなり合わせるという想定外の状況に!これには上松さんも「普通はありえないこと」と、驚いてらっしゃいました。
しかしさすがはプロですね。緊張で心拍数が上がり、それに呼応してテンポは走るわ、ミスタッチ量産するわ、というタワシの情けない伴奏にも動ずることなく、美しい音色でたっぷり歌い上げておられました。

というわけで、いろいろ残念なことをやらかしてはいますが、(特に終盤の、思いっきり目立つミスタッチは痛い!)それでも音楽の流れを止めることなく弾ききった点では及第点かなと思います。タワシの好きな8分の6拍子だったのでリズムに乗りやすかったというのも大きいかな。

上松さんからも「楽しかった、ぜひまた一緒にやりましょう!」というお言葉をいただくことができました。ありがたや〜ありがたや!

それではどうぞ〜♪



宵待草フルート変奏曲

( 2017/12/06 00:45 ) Category オフ会&練習会 | TB(0) | CM(14)

ST Rockerさん主催「知と音楽の世界・第3回」に行ってきました♪ 

ご報告が遅くなりました!この前の土曜日(11月25日)都内某所で、ブロとも ST Rockerさん主催の「知と音楽の世界」というイヴェントに参加してまいりました!

ST Rockerさんは、
理系なのに熱く音楽、政治・経済を語り、酒と冒険と音楽をこの上なく愛し、「ビートルズに関してはまだ誰にも語り負けたことがない」と自負する方です。
詳しくは ブログ ビートルズの新しい解析のページを、ご覧ください♪

このイベントは毎年1回開催されており、今回が3回目でした。
主催者・ST Rockerさんの「プレゼン」、アマチュア写真家・シンディ・ハーバーさんの写真による「スライドショー」、参加者が演奏や歌唱を披露したりみんなで歌ったりする「ミュージックタイム」の3部構成となっています。
会場は、ベヒシュタインのあるサロン。飲食可で、アットホームでリラックスした雰囲気なのがGOOD!
多趣味なST Rockerさんの人柄を反映し、参加された方々も、年齢層も趣味も、さらに参加のきっかけもさまざまでした。

今回のプレゼンのテーマは「宇宙」というスケールの大きな話題、二次会でわかったところでは、みなさんの一番の関心事は宇宙人の存在だったようです。笑
シンディ・ハーバーさんのスライドショーも素敵でした
そして休憩を挟み、いよいよミュージックタイムの幕開けです〜

第2回に引き続き、ST Rockerさんのお知り合いで、関西在住のフルート奏者・作曲家である上松明代さんがゲスト参加されました!
(第2回は参加できなかったタワシは、上松さんとは初対面でした)
上松さんのHPはこちらです⇨ 上松明代 音楽の力
せっかくベヒシュタインのピアノがあるのに、ミュージックタイムの時間枠は1時間半足らず、ピアノを弾いたのは4人のみというのは、ピアノ弾き的にはちょっともったいない気もしましたが、みなさん慎ましくて積極的に2局目を弾こうという方もおられなかったので、ちょうど良かったのかな笑
もちろん、ST Rockerさんの、ブログタイトルにするほどお好きなビートルズの弾き語りや、みんなで歌おうコーナー(今年は「ジングルベル」)などは、今年も大盛り上がりでしたよ〜♪

タワシのソロですが、
1巡目にあまり有名でない讃美歌2曲(「雪降る夜に愛の小羊」「ベツレヘムの町」)のタワシ編曲バージョンをメドレーで弾き、2巡目は Johann Wilhelm Hässler(ヨハン・ヴィルヘルム・ヘスラー)のソナタイ短調を演奏しました。
が・・・会場のベヒシュタインがタワシにとっては弾きにくい楽器で、タッチコントロールが思うようにできず苦戦・・・
ヘスラーのソナタに至っては、練習二日目のDustBoxといい勝負という出来で・・・(涙)
いろんなピアノに対応できる順応力が欲しいです、ホントに。

そしていよいよ、上松さんとのアンサンブルですが、長くなりますのでこれは別の記事にさせていただきます。
(しばしお待ちを〜)
演奏の後、上松さんによるミニレクチャーと、こ自身の新作動画の紹介がありました。
ホラーとコメディーが好きという上松さん。それを生かした映像と、ご自分の奏でる音楽を融合させて、独特の世界を作ってらっしゃいます。個性的なアプローチがとても興味深かったです。

興味深いといえば!二次会での皆さんの会話も、ピアノ弾き集団の二次会とは全く違った、「タワシの知らない世界」(笑)の話が続々出て、楽しかったですね〜
翌日の礼拝の準備がありますので、残念ですが二次会は途中でおいとましました。

イベントは、おそらく来年以降も続くと思います。
ご都合が合えば是非ご一緒しましょう〜♪
( 2017/11/30 11:42 ) Category オフ会&練習会 | TB(0) | CM(8)

朝の歌(エルガー)@『たのしい練習会(仮)』 

1週間前の『たのしい練習会(仮)』にて、クレモナ親父さんとのコラボで演奏した、タワシのお気に入り曲のひとつ、エルガーの「朝の歌 (Chanson de Matin)」。
もともと、「夜の歌」とセットで発表された作品です。「夜」も機会があればやってみたい。
「朝」のほうは、有名な「愛の挨拶」と、雰囲気といい伴奏のリズムパターンといい、姉妹のような曲だなあと思います。

今回はクレモナさんの許可を得て、その録音を公開しちゃいます。
この曲、この日初めて、二人で合わせました。一度おためしで合わせてみて、2度目の合わせがこの録音です。
ピアノは難しくもなんともないところでミスタッチしてますし、ヴァイオリンも不本意なところがあるそうですが(byクレモナさん)、2度目の合わせでこれだけ呼吸が合うとは、タワシ的には出来すぎなくらいで、かなり満足しております。

反省点としては、伴奏なのに、気が利かなくて、スタインウェイのフルコンの大屋根全開で弾いてしまい、ヴァイオリンとの音量のバランスが悪くなってしまいました。以後気をつけます。

それでは、どうぞ~♪


朝の歌 Op.15-2(エルガー)
( 2017/10/24 09:44 ) Category オフ会&練習会 | TB(1) | CM(18)

ヴァイオリン&スタインウェイフルコン!第2回「たのしい練習会(仮称)」終了~ 

小雨降る中、第2回「たのしい練習会(仮称)」に行ってまいりました~
主催者のCOさんによると、練習会の名前はまだない、ということです。練習会名、絶賛募集中?笑
会場は都内某所の音楽ホールの練習室、100名収容できるという大きな部屋です。
練習室なのに、ピアノは、スタインウェイD-274フルコンという贅沢さ!
方向音痴のタワシ、HPの地図が分かりくて道を間違え、さらに会場に入ってから「練習室がどこか分からずウロウロして遅刻してしまいました(汗) 最初からスマホにナビしてもらえばよかったか?

平日の開催ということで、せっかく広い会場なのに来れられる人が少ないかなあ?と気をもみましたが、、最終的には見学の方含め8名と、ちょうどいい人数が集まりました。
テーブルに、皆のヴァイオリンケースがずらっと並んでいる図は、ピアノオンリーの集まりばかり出ている人にとってはなかなか新鮮な風景かも。

ある曲はあらかじめ準備した楽譜で、ある曲は初見でぶっつけの合わせで・・・
ヴァイオリン、ピアノそれぞれのソロもあり、ヴァイオリン同士のコラボあり、おなじみのメロディーから初耳の曲まで、今回も充実の3時間でした!
タワシの演奏曲は以下のとおり(順不同)
<Vnの伴奏>
・4つのロマンチックな小品(第1&第2曲)(ドヴォルザーク)
第1曲は前回に引き続きなので少しは慣れてきたかな~ 寝不足が蓄積していたせいもあり、終盤ちょっと集中力が途切れて崩れちゃいましたが、何とかとまらず最後まで行けました。
問題は第2曲・・・。家での練習のときに弾けないものが、人前で急に弾けるようになるはずもなく、ミスタッチと捏造の嵐の中で奇跡的に最後まだ行っただけで良しとしなくては・・・ この曲はヴァイオリンも難しいので、次回また仕切りなおしということに。
・朝の歌(エルガー) 
これはタワシのほうからリクエストした曲です。音色の美しいCOさんのヴァイオリンに合わせられて幸せでした♪
テンポの伸び縮みする箇所はいきなり呼吸を合わせるのは難しいので、事前の打ち合わせや部分練習をすればもっとよくなりそうです。
・愛の挨拶(エルガー)
昨日タワシが伴奏した中では一番上手く行ったのではないでしょうか。曲の終盤で、タワシがネットからDLした楽譜が VnのCPさんの使っている楽譜とアレンジが違ってて一瞬!?となりましたが、すぐにフォローする余裕があってよかったと思います。
・メヌエットト長調(ベートーヴェン)
ピアノソロバージョン、ヴァイオリンバージョンともに小さいお子さんが発表会で弾く曲の定番というイメージがありますね!
伴奏しながらほのぼのとした気分になりました~
・タイスの瞑想曲(マスネ)
CPさんの長年の憧れ曲!特別な思い入れのある「タイス」!それだけに、Vnが安心してゆだねられる伴奏を目指していたのですが、それにはやっぱり練習不足でした。中盤、動きが激しくなる箇所は、ピアノもやっぱり音を外しやすくて・・・。
CPさんはこれからこの曲のレッスンを受けられるそうですので、タワシも引き続き伴奏練習しておきます。
・アメイジンググレイス
教会で歌う賛美歌の中では一番よく世間に知られているものですね。クリスマスの曲集の中から「タワシさんは宗教曲が得意そう」という理由で選ばれて(笑)ぶっつけで合わせました。ピアノは初級者用のアレンジでちょっと音がさびしすぎたのでその場で音を足しちゃいました~
・夢のあとに(フォーレ)
Vn小品集のCDで繰り返し聴いていたし、テンポもゆっくりめ、何よりリズムが一定で刻みやすいので、初見でチャレンジしてみました。ピアノパートの音を追うのでせいいっぱいでしたが、ま、あんなもんでしょう。
<リコーダー>
大好きなこの曲をアンサンブルしたくて、Yさんに伴奏を依頼してました。
合わせられて嬉しいです!
お互いに不本意な箇所もありましたので、次回リベンジということで。(また二人で演奏できるのが楽しみです!)
<ピアノソロ>
・クリスマスメドレー(Have Yourself A Merry Little Christmas&The Christmas Song)
さすがにちょっと早すぎでしたか?笑
去年のクリスマスシーズン以来まったく弾いてないので暗譜ではおぼつかない箇所もありましたが、そこは捏造捏造(爆)!!
・こきりこ(即興演奏)
なんと!リクエストにより第1回に続いて再演~
もちろん前回と同じようには弾けませんよ、だって即興だから。
楽しんでいただけたようでなによりです。

他の方々の演奏も大いに堪能しました
特にもう一人のピアノ班メンバー、Yさんは、経験が豊富なだけあって、伴奏者としてとても優秀です。(初見なので当然ですが)時には落ちそうになる場面もあるんですが、それでも絶対音楽の流れを止めることとはしません。
そしてソロを引き立てようという配慮が伝わってきます。
その点でもVnの皆さんに絶賛されてました。
タワシも見習わないとなぁ~

2次会は最寄り駅の駅ビルの中にあるファミレスにて。
ここでもまた、ピアノのオフ会では聞けない、いろんな話を聞けて興味深かったです。
第3回の開催を約束して、のんべえさんチームを後に残し(笑)、帰宅しました。
皆様ありがとうございました!またお会いしましょう!
そして今回ご一緒できなかった方も、次回はぜひ!
( 2017/10/19 09:28 ) Category オフ会&練習会 | TB(0) | CM(10)
プロフィール

私はタワシ

Author:私はタワシ
ぶきっちょな独学のアマチュアピアノ弾き。デジピ族。一応女性。
クラシックピアノの王道からは外れまくりですが、自由気ままなピアノライフを楽しんでます。
特技は捏造、ミスタッチ量産。
プロテスタント教会で奏楽者(礼拝讃美歌や聖歌隊の特別讃美の伴奏)をつとめています。
笛も好きで、時々リコーダーやオカリナなどを吹いて遊んでます。
これまでの経歴など、詳しくは当ブログの「自己紹介」カテゴリの記事を参照してください。

フリーエリア