ようこそ!タワシワールドへ♪

{やさしい曲を美しく弾く!}が目標。ぶきっちょな独学アマチュアピアノ弾きの日々。

朝の歌(エルガー)@『たのしい練習会(仮)』

  1. 2017.
  2. 10.
  3. 24
  4. (Tue)
  5. 09:44
1週間前の『たのしい練習会(仮)』にて、クレモナ親父さんとのコラボで演奏した、タワシのお気に入り曲のひとつ、エルガーの「朝の歌 (Chanson de Matin)」。
もともと、「夜の歌」とセットで発表された作品です。「夜」も機会があればやってみたい。
「朝」のほうは、有名な「愛の挨拶」と、雰囲気といい伴奏のリズムパターンといい、姉妹のような曲だなあと思います。

今回はクレモナさんの許可を得て、その録音を公開しちゃいます。
この曲、この日初めて、二人で合わせました。一度おためしで合わせてみて、2度目の合わせがこの録音です。
ピアノは難しくもなんともないところでミスタッチしてますし、ヴァイオリンも不本意なところがあるそうですが(byクレモナさん)、2度目の合わせでこれだけ呼吸が合うとは、タワシ的には出来すぎなくらいで、かなり満足しております。

反省点としては、伴奏なのに、気が利かなくて、スタインウェイのフルコンの大屋根全開で弾いてしまい、ヴァイオリンとの音量のバランスが悪くなってしまいました。以後気をつけます。

それでは、どうぞ~♪


朝の歌 Op.15-2(エルガー)

ヴァイオリン&スタインウェイフルコン!第2回「たのしい練習会(仮称)」終了~

  1. 2017.
  2. 10.
  3. 19
  4. (Thu)
  5. 09:28
小雨降る中、第2回「たのしい練習会(仮称)」に行ってまいりました~
主催者のCOさんによると、練習会の名前はまだない、ということです。練習会名、絶賛募集中?笑
会場は都内某所の音楽ホールの練習室、100名収容できるという大きな部屋です。
練習室なのに、ピアノは、スタインウェイD-274フルコンという贅沢さ!
方向音痴のタワシ、HPの地図が分かりくて道を間違え、さらに会場に入ってから「練習室がどこか分からずウロウロして遅刻してしまいました(汗) 最初からスマホにナビしてもらえばよかったか?

平日の開催ということで、せっかく広い会場なのに来れられる人が少ないかなあ?と気をもみましたが、、最終的には見学の方含め8名と、ちょうどいい人数が集まりました。
テーブルに、皆のヴァイオリンケースがずらっと並んでいる図は、ピアノオンリーの集まりばかり出ている人にとってはなかなか新鮮な風景かも。

ある曲はあらかじめ準備した楽譜で、ある曲は初見でぶっつけの合わせで・・・
ヴァイオリン、ピアノそれぞれのソロもあり、ヴァイオリン同士のコラボあり、おなじみのメロディーから初耳の曲まで、今回も充実の3時間でした!
タワシの演奏曲は以下のとおり(順不同)
<Vnの伴奏>
・4つのロマンチックな小品(第1&第2曲)(ドヴォルザーク)
第1曲は前回に引き続きなので少しは慣れてきたかな~ 寝不足が蓄積していたせいもあり、終盤ちょっと集中力が途切れて崩れちゃいましたが、何とかとまらず最後まで行けました。
問題は第2曲・・・。家での練習のときに弾けないものが、人前で急に弾けるようになるはずもなく、ミスタッチと捏造の嵐の中で奇跡的に最後まだ行っただけで良しとしなくては・・・ この曲はヴァイオリンも難しいので、次回また仕切りなおしということに。
・朝の歌(エルガー) 
これはタワシのほうからリクエストした曲です。音色の美しいCOさんのヴァイオリンに合わせられて幸せでした♪
テンポの伸び縮みする箇所はいきなり呼吸を合わせるのは難しいので、事前の打ち合わせや部分練習をすればもっとよくなりそうです。
・愛の挨拶(エルガー)
昨日タワシが伴奏した中では一番上手く行ったのではないでしょうか。曲の終盤で、タワシがネットからDLした楽譜が VnのCPさんの使っている楽譜とアレンジが違ってて一瞬!?となりましたが、すぐにフォローする余裕があってよかったと思います。
・メヌエットト長調(ベートーヴェン)
ピアノソロバージョン、ヴァイオリンバージョンともに小さいお子さんが発表会で弾く曲の定番というイメージがありますね!
伴奏しながらほのぼのとした気分になりました~
・タイスの瞑想曲(マスネ)
CPさんの長年の憧れ曲!特別な思い入れのある「タイス」!それだけに、Vnが安心してゆだねられる伴奏を目指していたのですが、それにはやっぱり練習不足でした。中盤、動きが激しくなる箇所は、ピアノもやっぱり音を外しやすくて・・・。
CPさんはこれからこの曲のレッスンを受けられるそうですので、タワシも引き続き伴奏練習しておきます。
・アメイジンググレイス
教会で歌う賛美歌の中では一番よく世間に知られているものですね。クリスマスの曲集の中から「タワシさんは宗教曲が得意そう」という理由で選ばれて(笑)ぶっつけで合わせました。ピアノは初級者用のアレンジでちょっと音がさびしすぎたのでその場で音を足しちゃいました~
・夢のあとに(フォーレ)
Vn小品集のCDで繰り返し聴いていたし、テンポもゆっくりめ、何よりリズムが一定で刻みやすいので、初見でチャレンジしてみました。ピアノパートの音を追うのでせいいっぱいでしたが、ま、あんなもんでしょう。
<リコーダー>
大好きなこの曲をアンサンブルしたくて、Yさんに伴奏を依頼してました。
合わせられて嬉しいです!
お互いに不本意な箇所もありましたので、次回リベンジということで。(また二人で演奏できるのが楽しみです!)
<ピアノソロ>
・クリスマスメドレー(Have Yourself A Merry Little Christmas&The Christmas Song)
さすがにちょっと早すぎでしたか?笑
去年のクリスマスシーズン以来まったく弾いてないので暗譜ではおぼつかない箇所もありましたが、そこは捏造捏造(爆)!!
・こきりこ(即興演奏)
なんと!リクエストにより第1回に続いて再演~
もちろん前回と同じようには弾けませんよ、だって即興だから。
楽しんでいただけたようでなによりです。

他の方々の演奏も大いに堪能しました
特にもう一人のピアノ班メンバー、Yさんは、経験が豊富なだけあって、伴奏者としてとても優秀です。(初見なので当然ですが)時には落ちそうになる場面もあるんですが、それでも絶対音楽の流れを止めることとはしません。
そしてソロを引き立てようという配慮が伝わってきます。
その点でもVnの皆さんに絶賛されてました。
タワシも見習わないとなぁ~

2次会は最寄り駅の駅ビルの中にあるファミレスにて。
ここでもまた、ピアノのオフ会では聞けない、いろんな話を聞けて興味深かったです。
第3回の開催を約束して、のんべえさんチームを後に残し(笑)、帰宅しました。
皆様ありがとうございました!またお会いしましょう!
そして今回ご一緒できなかった方も、次回はぜひ!

ヴァイオリンとともに♪〜アンサンブル練習会〜

  1. 2017.
  2. 08.
  3. 11
  4. (Fri)
  5. 22:05
今週の火曜日(8月8日)、都内の某スタジオで開催された、vn(ヴァイオリン)&pf(ピアノ)の、アンサンブル練習に行って参りました!
台風の影響が心配されましたが、幸い直撃は免れ、電車も無事通常運行してました。

参加者は、モーツァルトのコンチェルトレッスン中(修了間近!)というvn上級者のC・Oさん(当日唯一の男性)、vnとpfの二刀流のCさんとKさん、伴奏経験豊富なpfのYさん、そしてタワシという顔ぶれ。
部屋はスタジオのピアノ部屋では一番広い部屋で、ピアノはヤマハのC6X(とても素直で弾きやすいピアノでした)。

あらかじめ楽譜を準備して練習をしていったのは、ドヴォルザーク「4つのロマンティックな小品第1曲」のみ。
それ以外は、ほとんどその場で初見だったり、うろ覚えの記憶をもとに楽譜なしで適当に弾いたりでしたが、3時間みっちり、アンサンブル(とソロ少々)を楽しみました。

タワシが弾いた曲は以下の通り。(記憶から抜けているものがあったらすみません)
♪ドヴォルザーク「4つのロマンティックな小品・第1曲」
♪ショスタコービッチの小品(タイトル忘れた・Kさん持参の楽譜)
♪ラフ「Cavatina」
♪ボッケリーニ「メヌエット」
♪サンサーンス「白鳥」
♪滝廉太郎「花」
♪「浜辺の歌」
♪タンゴ「エルチョクロ」以上伴奏
♪ノクターン第15番へ短調(ショパン)
♪Kokirico (富山県民謡・こきりこ節による即興)

メイン(?)のドヴォルザーク、やはりスタートダッシュの出遅れが響き、かなり残念な結果に・・・
C・Oさんさん、足を引っ張り、申し訳ありません。
さらに、ソロのショパン・ノクターンが、当日演奏されたすべての曲の中でダントツで悲惨な出来。
でもそれ以外はとても気持ちよく、心から楽しんで音楽できましたv

練習会といえば、ほとんど、ピアノonlyやピアノメインの会ばかりで、今回のようなアンサンブル練習会はとても
新鮮な気持ちで臨めました。
誰かと共同作業で音楽を作り上げていくのは、やっぱりすごく楽しいです。
もう一人の伴奏者Yさんもですが、「とても合わせやすい伴奏」「一緒に音楽できて幸せ」などと暖かい言葉をかけていただき、うれしく、励みになります。

第2回以降もぜひ開催したいと思っています。
ドヴォルザークは次回リベンジですね。
(数回繰り返して練習するうち、一度、ほとんど奇跡的にうまく行ったのですが、残念ながら録音してませんでした。その直後レコーダーをスイッチオンして再度チャレンジするも、大方の予想通り?「録音を意識するとダメになる」ということを、二人して実証してしまいました・汗)

ご一緒した皆様、本当にありがとうございました!

夜の小練習会@池袋

  1. 2017.
  2. 05.
  3. 22
  4. (Mon)
  5. 09:15
久々にこのカテゴリ(オフ会・練習会)の記事更新できました!もっともっと人前で弾く機会を増やして場数を踏んでいきたいものですけど、土曜も日曜も、それぞれ、職場・教会を休みにくい状況なので、なかなか厳しく・・・
そんな中、この前の金曜日(5月19日)、待望の平日練習会のお誘いを受けたので年休を取って東京まで行ってきました!
夜の7時半スタートという、タワシにとっては珍しい「夜の練習会」です。
お昼前には東京に着き 国立科学博物館を見学し、東京文化会館の音楽資料室でCD鑑賞しながら楽譜を眺め、上野の森をしばし散策してから池袋へ~

会場は何度も行ったことがある池袋のスタジオですので、現地で合流しました。
ピアノは、変な癖がなくて、とても弾きやすいヤマハのC3です。
メンバーは、(ブログでは交流があるものの)リアルではお会いしたことのない男性二人~KもネコさんとM作(しぼりかす)さん~と、タワシの計3名というこじんまりとした集い。
しかし1時間15分ほどの時間で相当多くの曲を弾き、また聴くことができたので なかなか密度の高い練習会でした。

M作さんは、大事な家族・モルモットのモル作君を天国へと見送って日が浅く、しばらくピアノを弾けない日が続いていたとのことですが、ギロック、カバレフスキー、ブルグミュラーからバッハに至るまで、バラエティ豊かなレパートリーを、ブランクにもかかわらずすべて暗譜での演奏に、感心しました。今回演奏した中ではカバレフスキーが一番似合っているように感じました。
ほんとにピアノを楽しんで弾いているのが、演奏する姿からも音からも伝わってきました。

Kもネコさんは、ピアノを始めて日が浅いのがとても信じられない、とても音楽的で美しい演奏をする方です。ブログの音源でもそれは分かりますが生だとさらに音色の美しさが際立ってました。キャサリン・ロリンや久石譲の作品、とくに叙情的なイージーリスニング系の曲がお似合いでした。このままずっと聴いていたいと思わせる、居心地のいい演奏です。
K もネコさんとは、旋律の歌わせ方や音楽の作り方が似ているなあと思いました(タワシに似てるなんていわれたら迷惑ですよね。ごめんなさい)

そういえば今回お二人とも短調の曲が結構多かった印象が・・・
短調萌え、ですね!笑

タワシの演奏は・・・
相変わらずのミスタッチ・音抜けの多さを、捏造で切り抜けたところはあるにせよ、ほとんど緊張もせず久々のグランドの響きを楽しみながら弾けたので、よしということにしましょう~
弾いた曲(抜けているものがあるかもしれません)
♪讃美歌「まことなる主」「わがたまの深き淵より」
♪民謡「こきりこ節」(即興アレンジ)
♪シャンソン「詩人の魂」
♪カンツォーネ「マリウ、愛の言葉を」
♪アルゼンチンタンゴの讃美歌「だから今日希望希望がある」
♪オペレッタ「欲もなく」
♪ウェイルズ民謡「石踏み越えて」
♪「モルモット(ベートーヴェン)」←天国のモル作君に捧ぐ。
こうしてみるとやっぱり雑食性?本格的なピアノ曲が1曲もないよ~

2次会はM作さんが手配してくれた串かつのお店へ。
変り種(たい焼き、たこ焼き、食パンetc)もあって楽しかったです~
サラダやデザートもありのビュッフェスタイルでおなかいっぱいになりました!

電車の時間があるので 残念ながら一足先においとましました。
満ち足りたひと時を、ありがとうございました。
またご一緒できるのを楽しみにしてます。

<追伸>お二人から立派なお土産いただき、ありがたく賞味しております~
こちらから持参したものがあまりにしょぼくて恥ずかしい限りです・・・
どうかお許しを~!

演奏は撃沈(涙)!でも楽しかった「ピアノバトルおふ」♪

  1. 2017.
  2. 03.
  3. 05
  4. (Sun)
  5. 20:03
かねてよりお知らせのとおり、昨日(3月4日・土)は、西東京市のの「コール田無」で開催された「ピアノバトルおふ」という名のコンサートに参加してまいりました。
「バトル」をテーマに、真っ向からテーマに迫った選曲もあればこじつけもあり、寸劇もあれば映画もあり。
参加者約35名、6部構成の長丁場ですが、あっという間の6時間あまりでした。

タワシの演奏については、どうかそっとしておいてやってくださいまし・・・本人、ひどく落胆しておりますので。
はい、文字通りの撃沈でした。
今までの人前演奏の中でも1,2を争うひどい出来でした。
練習でありえないミスを本番でするというのはタワシにとっはお決まりのパターンですが、それがほぼ全曲にわたって頻発しました。
曲が実力不相応だったというのが何よりの要因ですが、リハの時から、本番で大コケしそうな悪い予感がしてたんですよ~
そしてひとつだけ言い訳するのを許してほしいのですが.2,3日前から風邪気味で当日朝も鼻水やくしゃみが出てたので、「鼻から来る風邪」用の市販薬を飲んだのです。
そしたらその副作用でお昼すぎから頭がぼーっとして、演奏中にもふっと気が遠のいてしまい、練習で一度もしたことがない派手なミスを!それからあとはもう泥沼のようにミスの連鎖にハマり、ぼろぼろでした。
それ以上何も語ることはありません。

自分の演奏がこんな悲惨な結果に終わったのに、コンサート自体はとっても楽しくて、心満たされた一日となりました。
もともと今回は自分の演奏は期待できないので、さっさと終わらせて(幸い出番も早いことだし)客席でみなさんの演奏を楽しもうと思っていたので(爆)、その目的は存分に達したわけです。
生ピアノの音のシャワーをいっぱい浴びました!
心に残る素晴らしい演奏がいくつもありましたが、とりわけOさんの「半音階的幻想曲(スウェーリンク作曲)」は圧巻でした。
そして幕間幕間に演じられる寸劇がまた最高!久々に大笑いしました~

そうそう、受付や会計、アナウンス、ステマネ、二次会幹事などお手伝いをした人には毎回、コアスタッフのセンスあふれる楽しいプレゼントが贈られるのですが、今回タワシは録画係(各部の最初と最後にビデオのスタートボタンを押すだけ!)をさせていただき、こんなアイマスクをいただきましたよ~
早速ありがたく使わせていただきます!


主催のオショーズはじめスタッフの皆様、参加者の皆様、そして聴きに来てくださった皆様、お疲れ様でした&本当にありがとうございました!
次回も楽しみにしています♪

side menu(1)

プロフィール

私はタワシ

Author:私はタワシ
ぶきっちょな独学のアマチュアピアノ弾き。デジピ族。一応女性。
クラシックピアノの王道からは外れまくりですが、自由気ままなピアノライフを楽しんでます。
特技は捏造、ミスタッチ量産。
プロテスタント教会で奏楽者(礼拝讃美歌や聖歌隊の特別讃美の伴奏)をつとめています。
笛も好きで、時々リコーダーやオカリナなどを吹いて遊んでます。
これまでの経歴など、詳しくは当ブログの「自己紹介」カテゴリの記事を参照してください。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

フリーエリア

side menu(2)

今日の練習メニュー

<10月14日> ♪4つのロマンチックな小品・第1曲&第2曲(ドヴォルザーク) ♪タイスの瞑想曲((マスネ) ♪愛の挨拶(エルガー) ♪朝の歌(同) ※以上、伴奏 ♪子供のためのアルバムより、バルカローレ、ロシア行進曲(シャミナード)

にほんブログ村

人気ブログランキング

FC2ブログランキング

FC2カウンター

(ページビュー)アクセスランキング

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

TWITTER

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

amazon

楽天市場

Powered By FC2 blog

【 Template & Material 】
FC2blogの着せ替えブログ
Template:candy-color_a