FC2ブログ

結局、お決まりのパターンに・・・

かつさん主催の レアピアノミュージックチャレンジ(レアチャレ) 第4回、今日が締切なのですが、例によってここに来てまだ最後のあがき中のタワシです。
レアチャレにせよ、おなじくかつさん主催のピアノWeb発表会にせよ、「今度こそは早めに取り掛かるぞ!(そしてあわよくばサイズ的にも難易度的にも、いつもよりがちょっとハードルを上げて・・・)」といつも思うのですが、現実は・・・ご承知の通り、毎度毎度、普段のシューイチとほとんど変わり映えしないお手軽路線となっております。バイエル併用の子供向けの曲集から選曲したりしてるくらいですもんね(汗)。

言い訳させていただくと先週は仕事がとても忙しく、やる気はあっても肉体的疲労がマックスで、金曜日などは練習時間0分!!でした。(郵便局に勤めてますので今後ますます忙しくなるのは必至です)
流石にこれはまずいと、土曜日は奮起して候補の数曲を真剣モードでさらいまくり、昨日は使える過去録音がないか音声ファイルのチェックなどして、その結果なんとかかんとか1曲は提出できそうです。
でも(これまた例のごとく!)1曲が大変短いので、できればもう1曲、と思ってます。昨日、楽器店のグランド練習室
を予約して、今朝、出勤前に行ってきます。

レアチャレ&Web発表会に関しては、ぎんねねさんとタワシがこれまでのところ皆勤賞だそうで、なんとかこのまま走り抜けたいという野望(笑)も持っていたりするのです。
レアチャレは12月28日締切の第5回が一応最終回・・・その頃は職場で年賀状の山に埋もれてヒイヒイ言っているでしょうが、「参加することに意義あり」でなんとしても完走したいです。
ピアノWeb発表会のほうは次回まで時間があるので、選曲、完成度ともに、ハードルを上げられたらいいなあ。

それでは!レアチャレの会場でお目にかかれるのを楽しみにしております♪

テーマ : ピアノ
ジャンル : 音楽

Web発表会まで、あと半月ですが。。。

かつさん主催の、第四回ピアノWeb発表会まであと約半月となりました。

実は・・・この期に及んで、まだ曲も決まっていません!
今回、企画部門は、テーマが「祈り」ということで、「クリスチャンのタワシには打ってつけのテーマだろう」という声も一部にあり、実際弾きたい曲も山ほどあるのですが、ありすぎて絞り切れないうちに今日になってしまいました。
タイトルに「祈り」という言葉が、まんま入っているものはそれほど多くないとしても、例えば讃美歌なんて全てが祈りの曲であると言えますし、また、ごく普通の曲として書かれていてもその背後に深い祈りを感じさせずにはいられない曲も多く、今候補の一つとして考えている曲はまさにそれです。
テーマ部門は過去の動画でもOKということなので、過去のシューイチから拾い上げるという選択肢もなきにしもあらずですが、それはやっぱり最後の手段にしたいですね。まだ半月、時間はあるのだから。

自由部門は、テーマに関係なく「最近の練習の成果を披露する」という趣旨のものですが・・・
最近ほんとに、遊び弾き、弾き散らかしばかっかしで、時間をかけて練習し続けている曲というのが全くありません。
もう何ヶ月もこの傾向が続いています。
それなりに楽しく満ち足りたピアノライフではあるけれど・・・
向上心に溢れ、地道な練習をこつこつと日々こなしているピア友さんたちを見ると、「こんなにぐうたらでいいんだろうか?」と正直思います。
もっと前からこの「自由部門」に向けて、そこそこ長く難易度も高めの曲を何か、コンスタントに練習していればよかったなあ。
うん、第5回では、きっと、そうしよう!
と強く思うタワシなのでした。
おしまい。

テーマ : ピアノ
ジャンル : 音楽

5円コピーで・・・

相変わらず夏の疲れが抜けきらず、低空飛行中のタワシです。
ピアノは弾いてはいますが、ゆるゆるモードもいいところで、例によって例のごとく、初級者向けの小品やら世界民謡シリーズやらを弾きあさる日々です。最近弾いた、まともなピアノ曲らしいピアノ曲といえば、メンデルスゾーンの無言歌とショパンのマズルカのうちのそれぞれ数曲くらいでしょうか。

さて、そんな中ですが、近所のドラッグストアの「5円コピー」のコーナー(ここはよく利用してます)で楽譜を何枚かコピーしてきました。
シューイチで弾こうとしている曲で3〜4ページのもの、そのうちの1〜2ページ分だけをコピー。
いうまでもなく、苦手な譜めくりを回避するための対策です。
しかしこの程度の難易度とサイズの曲ですら、完璧には暗譜出来ないなんて、なんと情けないのでしょう。
やっぱり脳が老化しているのかなあ〜

こんな中でも、子どもの頃にインプットされた記憶は強いんですね〜
「メヌエット・ガボットアルバム」という楽譜の中に、ソナチネアルバム1巻に載っていたデュセックのソナチネの2楽章があり、それは自分でも驚くほどスラスラと弾けましたもの。

テーマ : ピアノ
ジャンル : 音楽

装飾音の応用力がほしい!

梅雨のせいかなんとなく心身ともにかったるくて、モチベーションがイマイチ上がらないタワシです。
昨日は年休でたっぷり時間はあったのに、雨の中傘をさしてプラネタリウムまで歩く気力はあっても(と言っても片道10分ほどですが〜)ピアノの方は申し訳程度に、子ども向けの小品集からパラパラと、最近おなじみの、ベーレンライターバロックアルバムから数曲を弾いたのみ。

あ、今年の2月からリニューアルした(リニューアルそうそう、コロナのせいで3ヶ月も休館になってしまった)プラネタリウムは、すごくよかったですよ〜「はやぶさ」のプラネタリウム用映画を観ましたが、映像のリアル感は半端なく、迫力も満点! HPによれば「6台構成の4Kレーザープロジェクターを使用し、ドームスクリーンに映し出される全天8K相当のマルチプロジェクションシステムを導入しました。これにより、明るく鮮やかな映像とともに臨場感の高い高精細な映像体験を提供できるようになりました」とのことですが、専門知識ゼロのど素人の目にも旧機種との差は歴然でした。

話が逸れました〜
ベーレンライターバロックアルバムのおかげで、ルネサンスやバロック時代の、これまであまり触れることのなかった曲たちと出会いました。楽譜半ページからせいぜい2ページというコンパクトさ、そして音数の少なさなどから気軽に弾けることもあり、シューイチのネタとしても重宝しています。
そしてこれが予想外に反響があり、ちょっと驚いてもいます。せっかくだからもっとあれこれ弾いてみようかなという気にもなります。

そんな中で我ながら残念におもうことがひとつ・・・
装飾音がなかなか自由に、そして自然に弾けない、ということです。
プロや上級アマチュアの演奏を聴くと、必ずと言っていいほど楽譜にプラスアルファを加えています。
装飾音の記号のないところでもさらっと装飾音を入れる。
同じ装飾音(モルデントとかトリルとか)でもリピートの時には弾き方を変える、などなど・・・
これができたら、シンプルで技術的に易しい曲でも、タワシみたいに初級者っぽくは聞こえないだろうなあと、以前からしばしば思うことがあったのですが・・・
クラシックを弾いているときに限っていえば、楽譜に書いてない音を弾くこと、楽譜を違うように演奏することにすごく抵抗があります。
ポピュラー系だとなんの抵抗もないんだけどな。なんでクラシックになるとこう融通が利かなくなっちゃうのでしょうか。

装飾音について言えば、地域(国)によって独特の表記があるのも、面倒なところです。

202006201241032aa.jpg 
⬆️イギリス式

202006201245426a6.jpg 
⬆️フランス式
下の写真(フランス式)、1段目音符の傍の小さな弧線のようなのが見えるでしょう?右側についてるの、左側にあるの、両側にあるのがありますよね。もちろんこれも装飾音なんですが、出くわすといまだに戸惑ってしまいます。

本当は、しかるべき本を買って、きちんと装飾音のお勉強をするといいんでしょうけど、何がいいのかわからないこともあって、なかなかね・・・
何かオススメの参考書などありましたら教えてください。こんなタワシにも理解できそうなものでお願いします。






テーマ : ピアノ
ジャンル : 音楽

ウェブ発表会・計画倒れの曲たち〜「夢」テーマ部門〜

かつさん主催、ピアノWeb発表会は今回も大盛況のうちに開催されました。すでに当ブログでもお知らせの通り、タワシはレビコフの小品と中田喜直氏の童謡で参加しております。

が、正直なところ、タワシの今回の選曲は、コロナウィルスのせいで生ピアノが弾けない、という状況下での、妥協の結果でした。(今回弾いた曲がつまらない、というわけでは決してないですよ、念のため)
「夢」テーマの方は、以前教会のアップライトピアノで録音したものがICレコーダーに残っていたのでそれを使いました。
「色」テーマはうちの安物デジピですが・・・。

こんな状況でなければ、生ピアノで録音してWeb発表会にエントリーしたかった、と思う曲がいくつかあります。

エルガー「夢の中の子供たち」(Dream Children) Op. 43
原曲は小編成のオーケストラのための曲。チャールズ・ラムの「Dream-Children ; A Reverie」というエッセイに基づいて書かれています。

Edward Elgar - Dream Children, Op. 43 (audio + sheet music)

ピアノソロバージョンはこちら。

Enfants d'un reve (Dream Children) , Op. 43: I. Andante -


Enfants d'un reve (Dream Children) , Op. 43: II. Allegro

ラビツキー「アルプスの乙女の夢」
子供の頃弾いた懐かしの曲。それなりに有名な曲なので、誰かとかぶるかなと思い遠慮したのですが〜
August Labitzky : Traum der Sennerin , Idyl, Op. 45

イリンスキー「子守唄」
夢といえば・・・「子守唄」あるいは「ゆりかごの歌」で弾きたいと思う曲もいくつかありました。これもそのひとつ。

Illyinsky Berceuse

「夢テーマ」は探せば色々あるんですよね〜
そのうち「一人スピンオフ発表会」とかやろうかしら?笑

テーマ : ピアノ
ジャンル : 音楽

        
*プロフィール

私はタワシ

Author:私はタワシ
ぶきっちょな独学のアマチュアピアノ弾き。デジピ族。一応女性。
クラシックピアノの王道からは外れまくりですが、自由気ままなピアノライフを楽しんでます。
特技は捏造、ミスタッチ量産。
プロテスタント教会で奏楽者(礼拝讃美歌や聖歌隊の特別讃美の伴奏)をつとめています。
オカリナ吹きます(「フォーカリンク」と「アケタ」を使ってます)。時々、リコーダーやティンホイッスルなども。
これまでの経歴など、詳しくは当ブログの「自己紹介」カテゴリの記事を参照してください。

        
*最新記事
        
*最新コメント
        
*カテゴリ
        
*月別アーカイブ
        
*今日の練習メニュー
<11月23日> ♪椿(井上明美) ♪トランペットを吹いて(広瀬量平) ♪まつりばやし(羽田健太郎) ♪こもりうた変奏曲(保田正・編)
        
*にほんブログ村
        
*人気ブログランキング
        
*FC2ブログランキング
        
*FC2カウンター
        
*リンク
        
*(ページビュー)アクセスランキング
        
*カレンダー
10 | 2020/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
        
*TWITTER
        
*メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

        
*ブロとも申請フォーム