ようこそ!タワシワールドへ♪

{やさしい曲を美しく弾く!}が目標。ぶきっちょな独学アマチュアピアノ弾きの日々。

「プラスα」が、ハードル高いなあ・・・ 

もうすぐ2018年の1月も終わってしまいますね。本当に月日の経つのが早いと感じる今日この頃です。しかもそのスピードは、年一年、急激に加速してるような気がします。

さて年の初めに、身の丈プラスαの志(こころざし)を!と華々しく(?)宣言したタワシですが、今のところ「プラスα」へのチャレンジが全くというほどできおりません・・・
プラスα・・・もっと言えば、、ソナタ(ソナタアルバムに載っているような曲)あるいはそれと同等の難易度の曲、そしてある程度の長さのある曲とか、ピアノ曲らしいピアノ曲とか〜ぶっちゃけ、今シューイチで毎週アップしているのと対極にあるような曲ですね(汗)〜 これが、多忙で心に余裕がなかったり、疲れや体調不良だったりすると、ホントにハードルが高く感じられるんです。
それでも、短い時間でも日々ピアノには触れたい、でもそうすると、結局今までと同じような見開き2ページの小品ばっかりになってしまうのです。
一昨日、昨日は比較的練習時間が取れたのですが、今度のシューイチの選曲をしているうちに「世界民謡ファイル」の曲ばかり10数曲も弾き漁ってしまいました。
タワシにとっては、いつもの路線ですね〜
人ってなかなか、慣れた世界から踏み出せないものだなあと思います。

「どうしてもこの曲をこの手で弾きたい!」というモチベーションになるものが何かあれば、きっと事情は違ってくるのでしょう。
昔からそういう強い願望が希薄なのは、学生時代クラシック音楽鑑賞のサークル(「クラシカル音楽研究会」という大層な?名前のサークルでした)にいて、クラシック音楽というものが、自分で演奏するよりは「鑑賞の対象」になっていた影響も少なからずあるのかもしれません。プロの優れた演奏を聴くだけで満足してしまうのです。
(一方、ポピュラーピアノに関してはちゃんとレッスンを受けたこともあり、こちらは若い頃から自分でも演奏を楽しんできました)

まあね・・・身の丈に合った曲を、とことん追求していくのもひとつの道ですけどね。
正直、今のように、独学で、しかもマイ楽器は安物のデジピ、という環境の中では、現在のやり方や選曲が、一番ストレスなく音楽を楽しめる道だろうと思います。
とはいえ、今年の元旦に抱いたあの目標から、潔く完全撤退する必要もないかな、とも思うし・・・。
2月は、タワシの職場でも「ニッパチはヒマ」ということわざの通りで、1月よりは時間的に余裕ができるはずので、月が変わったらまた気分新たにやってみます、はい。

以上、とりとめのない文章になってしまい失礼しました〜
( 2018/01/30 11:16 ) Category 雑記 | TB(0) | CM(10)

一月も半分以上過ぎてから振り返る 2017年  

たいていの人は一年の終わりにやる、いわゆる「今年の総括」ですが、タワシは年末は仕事と教会が多忙すぎてそれどころではなく、一年を振り返る余裕などありません。
なので一月も半分以上過ぎた今になって、簡単に振り返ってみました。

一言で言って「平穏無事に過ぎた1年」でした。
生ピアノを買ったとか、レッスンに通い始めた、などの大ニュースもなく(笑)、いつものペースで淡々と時が流れていたッという感じですね。
シューイチ録音も一回も欠かすことなく続けることができましたし。締め切りギリギリになったことは何回かあれど、大きな病気や怪我、PCトラブルなどで、存続の危機を感じたこともありませんでした。
録音をアップするのに、2017年2月より、主に「FC2動画」を使うように。(しかしやはりYouTubeの方が何かといいかなと思うところもあり、タワシにとっては少々敷居は高いですが、検討中です)

2017年は、人前で演奏する機会が比較的少ない年でした。
ステージで弾いたのは、3月の「ピアノバトルおふ」と、6月の「ねこカフェ発表会」くらい。
3月はオショーズのSさんも「なぜこんな難しい曲を?」と言われたグラナドスの「ゴイエスカス前奏曲」を弾いて、やっぱり撃沈!テンポが上がりすぎて自滅でした。
6月はピアノバーでの発表会初体験。会場がバーということもあり、シャンソンの名曲「詩人の魂」を演奏。
発表会はちょっと苦手(普通の練習会の方がずっと好き)のタワシですので、今年も年2回程度参加できればいいかなと思います。

教会では、新しい聖歌隊長の元、聖歌隊が大改革。
練習時間も大幅にアップし、長い曲にも定期的にチャレンジし、聖歌隊らしくなってきました。
各声部ごとの音取りなどしっかりやるようになり、これがタワシ自身のピアノ演奏にも少なからずいい影響を与えているようにも感じてます。

そして2017年を振り返って何より特徴的だったのは「アンサンブルの機会が増えた」ということ。
2度の「たのしい練習会(仮)」では、主催者のクレモナ親父さん始め、複数の方のヴァイオリンと合わせました。事前に楽譜を準備して練習した曲もあれば、その場でぶっつけで初見演奏したものも。
さらに11月には、某イベントの中で、プロのフルート奏者・上松明代さんとのアンサンブルが実現。上松さんのアレンジによる「宵待草フルート変奏曲」の伴奏をさせていただきました。まさかの、リハ・音合わせ一切無しという状況に戸惑いつつ、さすがプロという、余裕の演奏に乗っかって、何とか無事に任務完了となりました。
「たのしい練習会(仮)」は今年も続きますし(今度の火曜日に第3回が開催されます!)、上松さんともまたご一緒したいと話し合っています。

こんな一年を終えて、今年は新春第一弾の記事にも書いた通り、「身の丈プラスαの志」を抱く一年にしたいなと思ってます。
今までのところ、相変わらず身の丈にぴったりの曲ばかりの、易しい小品ばかり弾いてるような気もしますが・・・
細部のクオリティには、今までよりは多少なりともこだわるようになってきたかな?
コソ連(こっそり練習)でもいいから、「もっと骨があって規模も大きくてピアノ曲らしいピアノ曲」にも、チャレンジしていきたいですね。
( 2018/01/19 05:48 ) Category 雑記 | TB(0) | CM(8)

ブログとSNS 

リンク先のブロともさんのところを、ちょっと久しぶりに訪問したら・・・
「長い間ありがとうございました」というタイトルが目に飛び込んできました。
12年の長きにわたって続けてきたブログを、一旦閉じられるとのこと。
ああ、また一人・・・。
ここ⒈、2年、ネット上で親しくお付き合いしてきた方が、このようにブログを閉じるケースが目立ちます。

ブログから遠ざかった人の多くは、TwitterやFacebook、それにInstagramなどのSNSに発信の場を移して、もちろんピアノも今までと変わらず弾き続けているようで、それなら安心だわ、と思いつつも、断然ブログ派のタワシとしてはやっぱり寂しくて・・・。
タワシは写真はほとんどとらないためインスタはやっていないのですが、TwitterやFacebookはアカウント持ってて、FC2ブログの記事を更新すると自動的にその通知が書き込まれるようになっています。ごく稀には自分で書き込みもしてます。SNSでしか繋がりがない、大事なお友達もいるので、これからも今のスタンスで続けていくつもりですが・・・

その人それぞれに合った表現、発信のスタイルがあるので、無理にブログの世界に引き止めることなんてしようと思いませんが、基本SNS派の人でも、たま〜にでいいからブログも更新してくだされば嬉しいなあ、と。
それから・・・お気に入りのブログが 閉じられた後、完全に削除されたり、非公開になって入れなくなってしまうのは、個人的にはすごく残念です。できればそのまま残して頂けたら、と願います。
でもこれもお一人お一人の考えがあってのことですから、仕方ないですね。

そんなわけで、今交流のあるブロ友さん、末長いお付き合いをよろしくお願いいたします。できればずっと文字通りのブロ友でいてください。あ、もちろん、リア友にもなれるなら更にうれしいです♪
( 2018/01/10 09:45 ) Category 雑記 | TB(0) | CM(10)

記事のカテゴリ、再編したいけど・・・ 

今日もほとんど前回(一昨日)の日記と変わらず、伴奏の練習に明け暮れてますが、その合間を縫ってシューイチアップの準備もしてます。 (土曜日は翌日の礼拝で代表祈祷当番が廻ってくるのでその原稿を書かなくてはならないため、できれば今日のうちにできるだけ済ませておきたいところ)
FC2動画の編集をしている途中で譜読みの誤りに気づく・・・「レ」と「シ」を間違えてました(汗) しかもフォルテの、長い音なんで、目立つ~
やり直しか見切り発車か、明日の様子見て決めます。演奏時間1分あまりの、子供向けの小品なんですけどね~

さて、今日は我がブログの記事の「カテゴリ」についての話です。
現在の記事のカテゴリを、見直したいと思ってだいぶ経ちます。

理由その1.
特定の曲に関する記事は、
・クラシック
・タンゴ・シャンソ・カンツォーネ
・ジャズ&ポップス
等に分類し、さらにクラシックが断然多いので、時代別に分けているのですが、
この時代区分はあんまり意味がないなあと思うようになりました。
たとえばベートーヴェンは古典派かロマン派かで悩むところだし、作曲家の年代的には近現代に属しててても、曲の性格は完全にロマン派という作品も多いです。
取り扱う作曲家が数人に絞られていれば、たとえばバッハならバッハ、ショパンならショパンというカテゴリを作るのが一番なんですけどねえ。

理由その2.
最近まったく動いていないカテゴリがある。
具体的にいうと「ピアノを教える」や「アレンジ&ミミコピ」がそうです。
前者は,教会の信徒さん数人にピアノを教えていた時期があったので(一番の目的は、供養会の伴奏者の後継者を育てることで、讃美歌やプレイズソング~ポップス調の、現代ふう讃美歌~を教材に、そのために必要な心構えや、コードの読み方や簡単なアレンジの仕方などを教えてました)そのおぼえ書きという意味もあって書いていたのですが、生徒さんが本国に帰ったり、 就職や結婚で引っ越したり、あとは教会に来なくなってしまったりしたので、タワシ先生はほぼ失業状態です(笑)ごく一部の例外がありますが、それについてはそのうち書きます。
後者は、アレンジの勉強やミミコピの実地練習をする時間と機会がめっきり減ってしまったので、記事にすることもほとんどないんです。特にクラシック曲のミミコピは、中途半端にやってしまうと、あとで楽譜を見ても、間違って覚えた音を修正するが大変なので、極力やめることにしました。編曲の修行のほうは、できるならぜひやりたいという望みは捨てていませんけど。

3、「未分類」の記事をなんとかしたい。
未分類となっているのは、一部のカテゴライズしわすれの記事を除けば、ほとんどが、古い記事です。
これが200近くもあるんですね。

しかし、過去の記事にさかのぼって一つ一つ編集画面に飛び、カテゴリを選択する作業、けっこうめんどいです。
ヒマがあるときじゃないと無理ですね。
来年になっちゃうかも。
思い立ったらすぐ行動、とはなかなかならない、亀の子タワシです~(爆)
( 2017/10/13 21:48 ) Category 雑記 | TB(0) | CM(8)

「易しい」曲も、満足に弾けない・・・ 

前記事に書いた、「バッハの息子」つながりで、J.C.F.バッハ(Johann Christoph Friedrich Bach)~大バッハの下から二人目の息子~のソナタも練習してます。
実はこのソナタ 6つの易しいソナタ(6 Leichte Sonaten)の中の1曲で、曲想といい規模といい難易度といい、まさに「ソナチネアルバム」に入っていそうな曲です。
が、これが満足に弾けません!
どうしても弾けない難所があるわけではないのですが、何箇所かつまづきやすい箇所があり、もぐらたたきのように、弾くたびに違う部分でトチる、という感じです。
完璧に弾けないのはじゅうぶんに想定内ですが、「ま、これくらいなら、シューイチにアップしてもいいか」という許容範囲までもなかなか行かなくて、「あ~自分の実力はいつまでたってもこの程度なんだなあ」と我ながらがっくりします。
(そのうちにDustBoxでも入れようと思います。でないと、このカテゴリもなかなか増えない)

それにしても、「易しい」と明記された曲、あるいは、こどもの初級者向けの曲集に入っている曲が弾けないのはかなり落ち込みますよ。独学とはいえ、どんだけ長いことピアノ弾き続けているんだ、と思うと。
もちろん、モーツァルトが自ら「初心者のための小さなソナタ」と明記したK545(ソナチネアルバムに入っているハ長調のソナチネ)のように プロでも美しく弾く困難さを認めている曲もありますが。
タワシが満足に弾けないといっているのは、そういう音楽的な表現の問題とは別の次元の話ですからねぇ・・・。

このブログでも、もう何度となく繰り返して言っていますが、タワシのピアノライフは、かのロベルト・シューマン先生の名言「やさしい曲を立派に美しく弾くように努力すること。これは、難しいものを平凡に演奏することよりもずっとい良いことだ。」を座右の銘にしているわけですが、道のりは遠いですね。ふう。
たぶん一生追い求めて、満足できないうちに人生を終わるのでしょう。
( 2017/09/22 09:58 ) Category 雑記 | TB(0) | CM(4)
プロフィール

私はタワシ

Author:私はタワシ
ぶきっちょな独学のアマチュアピアノ弾き。デジピ族。一応女性。
クラシックピアノの王道からは外れまくりですが、自由気ままなピアノライフを楽しんでます。
特技は捏造、ミスタッチ量産。
プロテスタント教会で奏楽者(礼拝讃美歌や聖歌隊の特別讃美の伴奏)をつとめています。
笛も好きで、時々リコーダーやオカリナなどを吹いて遊んでます。
これまでの経歴など、詳しくは当ブログの「自己紹介」カテゴリの記事を参照してください。

フリーエリア