FC2ブログ
『やさしい曲を美しく弾く!』が生涯の目標。ぶきっちょな独学アマチュアピアノ弾き(時々オカリナ吹き)の、ユルくて熱い音楽日記。
梅雨のせいかなんとなく心身ともにかったるくて、モチベーションがイマイチ上がらないタワシです。
昨日は年休でたっぷり時間はあったのに、雨の中傘をさしてプラネタリウムまで歩く気力はあっても(と言っても片道10分ほどですが〜)ピアノの方は申し訳程度に、子ども向けの小品集からパラパラと、最近おなじみの、ベーレンライターバロックアルバムから数曲を弾いたのみ。

あ、今年の2月からリニューアルした(リニューアルそうそう、コロナのせいで3ヶ月も休館になってしまった)プラネタリウムは、すごくよかったですよ〜「はやぶさ」のプラネタリウム用映画を観ましたが、映像のリアル感は半端なく、迫力も満点! HPによれば「6台構成の4Kレーザープロジェクターを使用し、ドームスクリーンに映し出される全天8K相当のマルチプロジェクションシステムを導入しました。これにより、明るく鮮やかな映像とともに臨場感の高い高精細な映像体験を提供できるようになりました」とのことですが、専門知識ゼロのど素人の目にも旧機種との差は歴然でした。

話が逸れました〜
ベーレンライターバロックアルバムのおかげで、ルネサンスやバロック時代の、これまであまり触れることのなかった曲たちと出会いました。楽譜半ページからせいぜい2ページというコンパクトさ、そして音数の少なさなどから気軽に弾けることもあり、シューイチのネタとしても重宝しています。
そしてこれが予想外に反響があり、ちょっと驚いてもいます。せっかくだからもっとあれこれ弾いてみようかなという気にもなります。

そんな中で我ながら残念におもうことがひとつ・・・
装飾音がなかなか自由に、そして自然に弾けない、ということです。
プロや上級アマチュアの演奏を聴くと、必ずと言っていいほど楽譜にプラスアルファを加えています。
装飾音の記号のないところでもさらっと装飾音を入れる。
同じ装飾音(モルデントとかトリルとか)でもリピートの時には弾き方を変える、などなど・・・
これができたら、シンプルで技術的に易しい曲でも、タワシみたいに初級者っぽくは聞こえないだろうなあと、以前からしばしば思うことがあったのですが・・・
クラシックを弾いているときに限っていえば、楽譜に書いてない音を弾くこと、楽譜を違うように演奏することにすごく抵抗があります。
ポピュラー系だとなんの抵抗もないんだけどな。なんでクラシックになるとこう融通が利かなくなっちゃうのでしょうか。

装飾音について言えば、地域(国)によって独特の表記があるのも、面倒なところです。

202006201241032aa.jpg 
⬆️イギリス式

202006201245426a6.jpg 
⬆️フランス式
下の写真(フランス式)、1段目音符の傍の小さな弧線のようなのが見えるでしょう?右側についてるの、左側にあるの、両側にあるのがありますよね。もちろんこれも装飾音なんですが、出くわすといまだに戸惑ってしまいます。

本当は、しかるべき本を買って、きちんと装飾音のお勉強をするといいんでしょうけど、何がいいのかわからないこともあって、なかなかね・・・
何かオススメの参考書などありましたら教えてください。こんなタワシにも理解できそうなものでお願いします。






かつさん主催、ピアノWeb発表会は今回も大盛況のうちに開催されました。すでに当ブログでもお知らせの通り、タワシはレビコフの小品と中田喜直氏の童謡で参加しております。

が、正直なところ、タワシの今回の選曲は、コロナウィルスのせいで生ピアノが弾けない、という状況下での、妥協の結果でした。(今回弾いた曲がつまらない、というわけでは決してないですよ、念のため)
「夢」テーマの方は、以前教会のアップライトピアノで録音したものがICレコーダーに残っていたのでそれを使いました。
「色」テーマはうちの安物デジピですが・・・。

こんな状況でなければ、生ピアノで録音してWeb発表会にエントリーしたかった、と思う曲がいくつかあります。

エルガー「夢の中の子供たち」(Dream Children) Op. 43
原曲は小編成のオーケストラのための曲。チャールズ・ラムの「Dream-Children ; A Reverie」というエッセイに基づいて書かれています。

Edward Elgar - Dream Children, Op. 43 (audio + sheet music)

ピアノソロバージョンはこちら。

Enfants d'un reve (Dream Children) , Op. 43: I. Andante -


Enfants d'un reve (Dream Children) , Op. 43: II. Allegro

ラビツキー「アルプスの乙女の夢」
子供の頃弾いた懐かしの曲。それなりに有名な曲なので、誰かとかぶるかなと思い遠慮したのですが〜
August Labitzky : Traum der Sennerin , Idyl, Op. 45

イリンスキー「子守唄」
夢といえば・・・「子守唄」あるいは「ゆりかごの歌」で弾きたいと思う曲もいくつかありました。これもそのひとつ。

Illyinsky Berceuse

「夢テーマ」は探せば色々あるんですよね〜
そのうち「一人スピンオフ発表会」とかやろうかしら?笑
かつさん主催の、第3回『ピアノWeb発表会』(お知らせはこちら
気がつけば、期限が明後日(4/22)に迫っているではありませんか!!

第1回第2回 ともに参加してきたタワシ。今回ももちろん、参加する気マンマンでした!
が、お尻に火がつかないと動かないぐうたらぶりが、今回はモロに響きそうなんです。
ええ、そうなんです、このままでは参加も危うい状態です!

最初の誤算は、コロナウィルスのせいで生ピアノでの録音ができなくなったことです。
行きつけのグランドピアノ練習室は、緊急事態宣言(全国版)が出る前からもうすでに、閉鎖中です。
ならせめて教会のアップライトで!と思いますが、こちらも、日曜日に牧師先生一家のみがオンライン礼拝のために通っている、という状態です。
そしてもう一つの誤算は、タワシ自身の気力、体力。
コロナウィルスの影響で仕事が激減したり全くできなくなったりするところも多いですけど、逆にめっちゃ忙しくなるところもあり、タワシの職場(郵便局)は後者です。
対面で渡すべきものを郵送にしているケースも多いみたいです。先週も大学から大量のレターパックが差し出されて、追跡番号入力の作業、やってもやっても終わらなかった〜
加えて無理がたたったのが同僚がぎっくり腰で欠勤中。
タワシもトイレ休憩もいけない日もあり、ほんとに疲れ果てました。
加えて睡眠リズムが乱れているせいか、自律神経失調症気味。。。あちこちに不調が出てます。
こんな中でせっかくの休日も体を休めることを最優先にしなくてはならず、ピアノに向かいたい気持ちはあってもなかなか思うに任せません。
というわけで、練習時間は激減しています。

ああ、もっと早く選曲&練習に取り掛かっていたらねぇ〜
今更言ってもはじまりません。
それにしてもタワシって本当学習しないヤツだな〜 このセリフを過去に何十ぺん、何百ぺん、言ったことでしょう。
まあ今回は全てコロナウィルスに責任を押し付けられますけどね(苦笑)

明日はタワシの定休日ですので、最後のあがきをやってみるつもりです。
なんとか滑り込みで参加できたとしても、今回いつもにもましてクオリティが低くなりそうな気がします。
コロナのせい、と広い心で認めてやっていただけるとありがたいです。
本番まであと半月ほど。なんと未だに、1曲目のスウェーデン民謡のアレンジ、試行錯誤中なのです。
当初は途中で転調して、2節まで、と想定していました。
が、2曲目のメンデルスゾーンが非常に短くてシンプルなので、それとのバランスを考えると、1節+リフレインくらいが妥当かなと。
手持ちの楽譜(歌とピアノ伴奏の三段譜)もしっかりと書かれてはいるけれど、せっかくならもっと北欧らしい響きがほしい、と、リハーモナイズをあれこれ思案中です。

さて本番曲がそんな状態なので、本来はそれに専念したほうがいいかもしれませんが、相変わらずいろいろ弾きあさっています。タワシって、1曲集中できない人なんですよね〜 まあ、本番曲があっという間に終わる小品なのでそればっかり練習しているとはっきり言って(練習に)飽きるというのもありますが。
弾きあさっている中に、ショパンのマズルカ数曲が含まれてます。
そうなんです!400回目のシューイチ、この前記事にも書いた通り、本番直前の2月18日にアップ予定なのですが、「時間がないから諦める」と一度は言った、ショパンのマズルカ、やはり諦めきれないのです。 
60曲近くある彼のマズルカ、当然ながら難易度もピンキリで、技術的に易しい曲は過去の録音でもう既にずいぶん弾いてしまったけれど、それでも、楽譜をペラペラめくってみると、今から練習しても間に合いそうな程度の難易度の曲もまだ残っているなあと・・・。

かくして、本番の曲と並行して、マズルカも集中的に頑張ることにしました。
ひさびさにショパン弾いてますよ〜。
彼にとっては日記を書くようにさらさらと書き流した小曲たちなのでしょうが、どれにも、はしばしに「ああ〜ショパンだ〜!」という和声が織り込まれていて、そこに来るとちょっとココロがときめきます。

候補曲の一つ、マズルカ40番(作品63の2)です。
先日引退を発表したアシュケナージの演奏でどうぞ〜


Ashkenazy plays Chopin Mazurka No 40 in F minor, Op 63 No 2


最初に、スマホで当ブログを視聴してくださっている方にお詫びを申し上げます。
今回のシューイチ録音、PCでは何の問題もなく再生できるのですが、スマホからだと音声が聞こえない(ブーッという雑音の中にかすかにピアノの音が聞こえる)という症状が起きており、自分なりにいろいろ調べてみたのですが、結局原因不明で、どうすることもできないまま今に至っております。
できれば、録音し直して(できれば生ピアノで!)、違う方法でアップしてみようかな、と思っていますので、気長に待っていただければ幸いです。

ところで、是非とも生ピアノ、それもグランドで、と思っているのが、節目の回、つまり400回目のシューイチ録音。
が、ここにきて、「やるやる詐欺」になりそうな可能性が濃厚になってきました。
そうです!覚えてらっしゃる方がどれだけあるかわかりませんが、<「節目の回にはショパンのマズルカを」宣言(?)>です。
去年の年末あたりから意識はしているのですが、折悪く、400回目のシューイチアップ予定日は2月18日!
2月23日にホールでの本番演奏を控えているので、まさにその直前です。
そして現在、400回目のための選曲は全く手付かずという状態。
どう考えても間に合わないですね〜
もちろん、マズルカの中でも技術的にやさし目の曲を選ぶとはいえ(それしか弾けない)、いつものシューイチのように、練習期間2、3日(ひどい時は1日!)でカタチになるわけもなく、また節目の録音がそんなにやっつけ仕事というのは自分でも許せません。
何でもっと早くから計画的に取り掛からなかったのだろうと反省しつつ、そんなタワシが今朝遊び弾きしていた曲は奇しくもメンデルスゾーンの「後悔」でした。

Mendelssohn - Songs without Words Op. 19 No. 2 in A Minor (by Vadim Chaimovich)

そんなわけで400回目も多分いつもの路線になってしまいそうな気がしますが、広い心で見守ってくだされば、と願っております。