ようこそ!タワシワールドへ♪

{やさしい曲を美しく弾く!}が目標。ぶきっちょな独学アマチュアピアノ弾きの日々。

今日は伴奏練習のみ。

  1. 2017.
  2. 10.
  3. 11
  4. (Wed)
  5. 00:12
アンサンブル練習会1週間前になり、のん気なタワシも、さすがに、遊び弾きなどしている余裕はなくなってきました。
今日はまじめに(笑)、練習会で合わせる予定の曲の練習に専念。
弾いた曲は以下のとおりです。

♪ドヴォルザーク「4つのロマンチックな小品(第1&第2曲) 第1曲は前回から引き続き。しかしほとんど進歩していないような気がする・・・。第2曲はヴァイオリンもピアノもかなり難しい。指定のテンポより遅くしか弾けないこと、演奏困難な箇所は捏造を了承してもらいたいことを、お相手にメールで伝える。
♪エルガー「愛の挨拶」&「朝の歌」 前者は伴奏を依頼され、後者はタワシのほうからアンサンブルを申し込んだ。曲の雰囲気や伴奏の音型など、共通する要素が多い。練習不足でところどころ詰まったり音をはずしたりするが、それでもドヴォルザークよりはずっといい出来。
♪マスネ「タイスの瞑想曲」 ヴァイオリンの小品のなかでは定番中の定番で、タワシの手持ちのCDでもかぶりまくり。なので食傷気味だったけれど、じっさいに自分で指にあっててみるとやっぱり美しい曲なのは確か。ブロともさんの思い入れのある曲だそうで、気持ちよく弾いてもらえるように伴奏したい。

夜は、(練習会で弾く曲とは何の関係もないけれど、)モーツァルトのヴァイオリンソナタKV304を、楽譜を見ながらCDで鑑賞。
前にも書いたような記憶があるけど、この2楽章は絶品です!いつか誰かと合わせてみたいな~


Mozart - Violin Sonata No. 21, E Minor, K. 304 [Szeryng/Haebler]
タワシのCDとは別の演奏ですが、この動画が楽譜つきで、しかもこれもなかなかよい演奏なので貼っておきます。第2楽章は6分50秒あたりから。

アンサンブル練習会・3週間前

  1. 2017.
  2. 09.
  3. 27
  4. (Wed)
  5. 19:09
第2回アンサンブル練習会 http://watashiwatawashi.blog12.fc2.com/blog-date-20170811.html まであと3週間を切りました。
練習会でご一緒するブロともさんに伴奏を依頼されていた「タイスの瞑想曲」と「愛の挨拶」の楽譜、3日ほど前にネットからDLしていたのですが、今朝プリントアウトしました。
いつもお尻に火がつかないと始動しないスロースターターのタワシにしては、出足が早い?
でも今夜はこれから水曜祈祷会のため教会に行くので、練習はできなさそうです。
明日から、頑張るぞ!

ちなみに前回の練習会では、あらかじめ楽譜をもらい練習していったのは2曲だけでしたが、以下の曲を、初見や、うろ覚えの暗譜(含む・捏造)で、伴奏させていただきました。
ラフの「Cavatina」、ボッケリーニの「メヌエット」、サンサーンスの「白鳥」、滝廉太郎の「花」、「浜辺の歌」、タンゴ「エルチョクロ」 
他にも何かあったかも。
次回はどんな曲が飛び出すかな?などと考えつつ、ヴァイオリン小品集のCDを聴いたりしている今日この頃です。

上記の練習会ですが、平日の昼間なのでなかなか行ける人がいないようで、未だ若干名の余裕があります。
参加したい方、興味のある方、お気軽に声をかけてくださいね~
ネットのでの交流があれば、今までお会いしたことない方でも歓迎ですよ~♪

プチ負傷でもテンション下がる〜

  1. 2017.
  2. 08.
  3. 24
  4. (Thu)
  5. 22:55
昨日仕事中に、小さなケガをしました。
よくあることですが、紙で指を切ったのです。
指といっても指先ではなく、右手の第二関節の皮です。
ちょうど下の画像でマルで囲まれている箇所ですね。(タワシの手じゃないですよ〜、ネットで拾ってきた画像なの)

そんなに深いキズではなく バンドエイドをキツめに巻いたらすぐ血は止まったのですが
何せ皮の柔らかい部分だからか、痛いです!特に関節を曲げると。

この指の痛みに加え、急に夏らしく暑くなって身体のほうもバテバテモード、ということもあり、今日はピアノ弾く元気がありませんでした。
それでも、シューイチの選曲のため、見開き1、2ページの易しい曲をいくつか音出ししてみました。時間にしてトータルでせいぜい10分あまりかな。

手をケガするとまず反射的に
「やばっ!ピアノ弾けるかな?」
と思ってしまいますね。
タワシの場合、教会の伴奏者という大事な役目もあるのでなおさらです。
日曜日までにはほとんど痛みはなくなってくれると思いますので、ご心配無きよう。

免許更新で、5年前と5年後を思う。

  1. 2017.
  2. 08.
  3. 04
  4. (Fri)
  5. 12:02
8月1日(火)、運転免許証の更新で、地元の警察署に行ってきました。
免許取得以来ほとんど運転の経験がない、筋金入りのペーパードライバーですが、身分証明用に更新し続けてます。
(今はマイナンバーの「個人番号カード」=写真つきにグレードアップしたもの=でも証明書になるのかも知れないですが、いろいろリスクもありそうで怖いですね。)
平日の午前中なので、待ち時間もほとんどなくスムースに更新手続きができました。
視力がちょっと不安だったんですけど(7月の職場の検診どおりなら、ほんとにギリギリ)一発でOKでした。「ハイ、見えました~」と係の女性の元気な声。(タワシの見た限りでは視力検査で引っかかっている人はいませんでした) メガネを作り直すのもビンボー人のタワシには痛い出費なのでほっとしました。
免許証の写真、変顔に写ることがしばしばありますが、今回はまともに撮れてました。現物が悪いのでそれなりですが、前の写真が元が悪いものに輪をかけて悪くなっていたのを思えば、満足です。
とはいえ、5年ぶり(前述のようにペーパードライバーですから必然的にゴールド免許です)の写真が、寄る年波を感じさせるものであるのは事実でした。

まあ、そんなことがあって、5年前の自分と、(次回更新するであろう)5年後に自分いついていろいろ考えさせられたのですが、
ここではピアノのことに限って話しましょう。

5年前の過去記事を見ると、当時もシューイチやってたんですよね~ 
ちょっと驚きました。が、アップするためのツール「VOON」のサービス停止により、聴けなくなっておりまする。
さらに、当時はバロックにはまっている頃で、スカルラッティのソナタやバッハのフランス組曲(第2番)などやっていたようです。
今弾けといわれたら弾けないですよね。まともに弾けるようにならないままに、いつのまにか撤退しちゃったということか・・・
そのうちまたバッハをはじめとするバロックが弾きたくなるでしょうか?風の吹くまま、気の向くままに~です(笑)
残念ながら、この5年間で弾いている曲の難易度がまったくあがっていないことだけは紛れもない事実ですが、演奏はどうでしょう?少しは上達したのか、それともいつまでも同じ場所であがいているのか。
レッスンを受けたり、独学でも日々まじめに修練を積んだりして、年々どんどん上達しているピア友さんたちが、なんだかどんどん遠い場所に行ってしまうように思えるタワシでありました。

そして思いは5年後へ・・・!
加速する老化と、必死に戦っているのかな~などと、否定的な思いが、まず頭をかすめましたが(苦笑)
きっとたぶん今と同じように、自由気ままで、ユルく、時には熱い、ピアノライフを送っているんだろうなと。
上手になりたいという欲がないわけじゃないですが(もうちょっと欲があればいいんだけど、と、としばしば言われます)
健康でピアノが弾ければ、それだけでもうほとんど満足です。
ピアノ仲間は、やっぱりいてほしい。タワシの性格的に、まったくの独りだったら、きっとどこかで挫折する(or挫折してた)と思うんです。
5年前と今では、コメント欄に登場する名前もだいぶ変わっていて、「出会いもあれば別れもあるのが世の常か~」と思いつつも、
一抹の寂しさを感じたりもします。
5年後には新しいピア友さんもきっとたくさんできているでしょうが、できるなら、今お付き合いのある人たちとも末永く交流できて行けたら幸せです。

というわけで、皆様今後ともよろしくです~♪

帰省

  1. 2017.
  2. 07.
  3. 24
  4. (Mon)
  5. 21:29
お知らせしていましたとおり、先週の木曜日から3泊4日で、富山の実家に帰省していました。
職場の事情もあり、お盆には休みづらいのです。(混まないのでかえっていいのですが)
父が2012年1月にガンで他界した後、 下の弟が別宅(車で5分あまりの距離)と行ったり来たりしてますが、基本的には母が一人で暮らしています。
幸いまだ元気で、父亡き後も親族で続けている家業の造船所では、「代表者 兼 経理担当 兼 雑用係」として日々忙しく過ごしています。

今回の帰省では、母とT叔父(母の弟)と3人で、一泊二日で石川県の和倉温泉に行き、リフレッシュしてきました。
お風呂も食事(夕食・朝食ともにビュッフェ。メニューの豊富さに驚きでした!)も大満足でした。

そして日曜の朝は、帰省のときはいつもそうしているように、T叔父と二人で、地元の教会へ礼拝に。叔父はこの教会でずっと長老(信徒リーダー)をつとめているのです。
礼拝の後、ある信徒さん(女性)が声をかけてきました。大好きな讃美歌を、ぜひタワシの伴奏で歌いたいというのです。
前回この教会に来たときもやはり、礼拝後にちょっとアップライトピアノを弾かせていただいたのですが、彼女は、その時のタワシの演奏を覚えていていてくださったのですね。ありがたいことです。
リクエストの曲、「楽譜がありますか?」と聞いたら 今はスマホの画面に入っているのしかない、とのことで。譜面台に彼女のスマホを置き、小さな画面を覗き込みながら弾きました。
幸いにも、その曲(韓国生まれの新しい讃美歌)、弾くのは初めてでしたがウチの教会で若い人たちが歌っていたのを聴いたことはあったし、コード譜だったので見やすくて助かりました。
その曲1曲で時間切れになってしまいましたが、ほんの少しでもピアノが弾けてうれしかった。そしてお世辞にも上手いとは言えない自分のピアノ演奏を、1年前に一度聴いたきりなのにずっと覚えていてくださり、そしてこんなにも喜んでくださる方がいるのが、本当に奇跡のようで・・・。ピアノが弾けてよかったと、心から思うひとときでした。

そんな、ささやかながら心温まる想い出を心に刻んで、昨日の夜9時過ぎに、無事に茨城に戻ってきました。
昨夜はさすがに旅の疲れもあってピアノは弾けず。
今日から徐々に平常運転に戻していきたいところです。
8月には小人数のアンサンブル練習会も控えていて、そのための練習も始めなくては!

side menu(1)

プロフィール

私はタワシ

Author:私はタワシ
ぶきっちょな独学のアマチュアピアノ弾き。デジピ族。一応女性。
クラシックピアノの王道からは外れまくりですが、自由気ままなピアノライフを楽しんでます。
特技は捏造、ミスタッチ量産。
プロテスタント教会で奏楽者(礼拝讃美歌や聖歌隊の特別讃美の伴奏)をつとめています。
笛も好きで、時々リコーダーやオカリナなどを吹いて遊んでます。
これまでの経歴など、詳しくは当ブログの「自己紹介」カテゴリの記事を参照してください。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

フリーエリア

side menu(2)

今日の練習メニュー

<10月14日> ♪4つのロマンチックな小品・第1曲&第2曲(ドヴォルザーク) ♪タイスの瞑想曲((マスネ) ♪愛の挨拶(エルガー) ♪朝の歌(同) ※以上、伴奏 ♪子供のためのアルバムより、バルカローレ、ロシア行進曲(シャミナード)

にほんブログ村

人気ブログランキング

FC2ブログランキング

FC2カウンター

(ページビュー)アクセスランキング

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

TWITTER

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

amazon

楽天市場

Powered By FC2 blog

【 Template & Material 】
FC2blogの着せ替えブログ
Template:candy-color_a