FC2ブログ

ようこそ!タワシワールドへ♪

開けてがっかり!の中古楽譜

2018.09.12.Wed.11:03
某大手通販会社で、とある楽譜を購入したのですが、新品は品切れ中で、中古品が何種類か販売中でした。
その中から、状態が「非常に良い」とあったのを選んで注文しました。
4日ほど経って届きましたが・・・
表紙には折れ目がくっきり。
それはまだ、我慢できますよ。
だけどこれ↓は、さすがに〜


書き込みぎっちりの「ムーン・リヴァー」

IMG_0697.jpg
五度圏勉強してたんですか・・・

状態が「可」で大幅に値下げしてあれば文句も言いませんが、これで「非常に良い」はないんじゃないかと思います。
値段も新品と300円ちょっとしか変わらないのよ!

ただいま返品申請中です。

進歩の手応えを感じた1日

2018.08.20.Mon.10:41
最近ピアノに関してはどうもテンションが上がらず低空飛行の日々が続いていましたが、どうやらやっと浮上できそうです!タイトルにもある通り昨日は、1日でずいぶん進歩したのを自分で感じることのできた日でした(^o^)

昨日、教会のアップライトで久々にクラシックの練習をしたんです。それも1日2回も!
昼食後、午後の聖歌隊練習の前のひとときと、教会のスケジュールを全て終えたあと、両方合わせて30分くらい弾きました。
曲はもちろん、モツソナK304第2楽章(ピアノパート)です。今年の秋頃にはヴァイオリンと合わせられそうな可能性が高まり、それに向けてやるっきゃないという状態ですから。
階下まで音が筒抜けで、思いっきりビフォー版のつたない演奏を垂れ流すのは気が引けましたが、「とても贅沢なBGMだったわ」「もっと聴いていたかった」と言っていただけて、ありがたいことでした。止まったり弾き直したりが続出、まだまだこれからという段階なんですが、それでも曲の素晴らしさは伝わるようで、やっぱりモー様すごいです!!

帰宅してからも「もっともっと弾きたい!」気持ちが溢れて、余暇の時間の大半はピアノの前にいました。
そして昨日1日の練習で、K304はかなり指がはまるようになり、この分なら練習会には持っていけそう(あまりひどいとひたすらお相手に申し訳ないだけですからね〜)な段階まではこぎつけました。
家では坂本龍一の Intermezzoにもかなり練習時間を割きましたが、こちらも手応えあり。苦戦していた♭5つ(変ニ長調)の中間部、だいぶ身体が覚えてきたようです。テンポも自然と上がってきました。(ゆっくり目の速度設定も十分ありかなと思う曲ですが、一応楽譜にはメトロノーム記号の指示があります)

レッスン受けているわけでもないし、教本を順番にコンプリートしようとしているわけでもなく、勝手気ままに好きな曲を弾き散らかしているだけですから、自分の成長ってなかなかわからないんです。
むしろ、いつまでも同じところ(レベル)でぐるぐる廻ってるだけなののでは?もしくは下手すると加齢の影響でかえって下手になっているのでは?と思うことが多くて。
着実に進歩しているピア友さんたちが、まぶしくも縁遠い存在に感じられることもあります。
それでも、昨日みたいな日は、亀の歩みでも確実に前に進んではいるんだなと、自分を信じることができて、ホッとしますね。

古いアップライトで賛美歌伴奏♪〜帰省日記2018〜

2018.07.24.Tue.06:51
かねてからお知らせの通り、この記録的猛暑の中、富山の実家に3泊4日で帰省してきました。

今回は、実家に着く前に富山市をしばらく観光することに。初体験の富岩水上ライン(運河クルーズ)を楽しんだり、去年リニューアルオープンしたばかりの富山県美術館でアートに触れたり、数十年ぶりに路面電車に乗ったりしました。「不要不急の外出はできるだけ避けて!」と言われるほどの酷暑で汗だくになりましたが楽しかったです。
二日目は移動の疲れもあって、ほぼ一日中家でまったり。
三日目は「きときと寿司」で富山の海の幸を堪能!店名の通り「きときと」(新鮮でイキがいいことを表す富山の方言)で、廻る寿司でこのレベルは感激ものですよ!

そして、帰省最終日は、(帰省のたびにほぼ毎回そうしているように)クリスチャンである叔父と一緒に、帰省先の市内にある教会で日曜礼拝を守りました。
礼拝&昼食(牧師夫人作の炊き込み御飯が美味でした!)のあと、教会の信徒さんたちに請われるままに、古いアップライトの前へ。
年一回しか行かないのに、タワシのピアノ伴奏で賛美歌を歌うのを楽しみにしてくださっている方々がいるのは本当にありがたいことです。
一人一人のリクエストにこたえつつ、皆さんのお気に入りの聖歌やプレイズソング(現代風の賛美歌)を弾き、一緒に歌いました。7、8曲はやったでしょうか。ほとんどの曲はタワシもよく知っている定番曲でしたが、1曲だけ知らない曲があり、それは初見でコード弾きしました。
教会のアップライトは見るからに「年代モノ」で、丸椅子に、どなたかの手作りと思われる毛糸編みのカバーがかかっていました。礼拝では電子ピアノを使っていて、こちらの古いピアノは日頃弾く人がいないようです。戻らない鍵盤があるし、調律は狂っているし、弦も張り替えなくてはダメな感じの音でしたが、弾いていてとても温かい気持ちになったのが不思議です。高齢の女性の信徒さんが、感極まって泣いて歌えなくなるという一幕も。
タワシは決してピアノが上手いわけではないですが、それでもこうしてその演奏を喜んでくださる方がいて、そのひと時だけでも誰かを幸せにできているのだとしたら、本当に素晴らしいことだなあと思いました。ピアノと、音楽と、出会わせてくださった神様に、改めて感謝です。

IMG_0588.jpg

暑すぎなのだけが玉に瑕でしたが、いい旅でした〜♪
昨日は仕事から帰ったらさすがにもう何をする気力もなくて、ピアノにも触っていませんが、今日からそろそろ、日々の生活もピアノも、通常モードに戻していきたいです!

誕生日に憧れ曲を弾けたらなあ・・・

2018.07.06.Fri.22:30
今日は、体調を崩した同僚の突発欠務の穴埋めのため、夜8時までみっちり働いて(しかもいつもと仕事の流れが違う)疲れ果てました。
しかし、往々にして、こんな日の方がかえってピアノのモチベーションは上がってたりします。

今夜は、明日アップする予定のシューイチの曲を数回さらった後、ショパンのマズルカを3曲、立て続けに練習。
うち一曲は、「身の丈プラスα憧れ曲」である、マズルカ嬰ハ短調Op.63-3 ですが、あと2曲は、難易度的にはかなり低めの、遺作のマズルカ。本命曲の練習に疲れた時の息抜きにちょうどいい感じです。(しかし、マズルカの息抜きにマズルカって・・・笑)

実はもうすぐタワシの誕生日でありまして、本当は、この日に、憧れ曲Op.63-3を録音したいとずっと思っていたのですが、この完成度の低さでは、録音したとしても、とてもじゃないが皆様に聴いていただける状態ではなさそうです・・・
だいぶ前から、一応最後まで通ることは通るようになっているのですが、やっぱり最後のカノンはひどくバタバタしてます。ちっとも美しくないのです(涙)ここから先は、やはり独学では厳しいかも。もしかしたらこの曲のために単発レッスンを受けるかもしれません。と言っても、まだ具体的な予定があるわけではありませんけどね。

123456!

2018.07.04.Wed.23:15
当ブログのアクセスカウンターが本日の夜11時頃、123456を記録しました〜♪


訪問してくださった方々に心から感謝します。
今後ともよろしくお願いしますm(_ _)m

 | HOME | Next »