fc2ブログ
ようこそ!タワシワールドへ♪
『やさしい曲を美しく弾く!』が生涯の目標。ぶきっちょな独学アマチュアピアノ弾き(時々オカリナ吹き)の、ユルくて熱い音楽日記。

プロフィール ×

私はタワシ

Author:私はタワシ
ぶきっちょな独学のアマチュアピアノ弾き。デジピ族。一応女性。
クラシックピアノの王道からは外れまくりですが、自由気ままなピアノライフを楽しんでます。
特技は捏造、ミスタッチ量産。
プロテスタント教会で奏楽者(礼拝讃美歌や聖歌隊の特別讃美の伴奏)をつとめています。
最近始めたNAF(ネイティヴアメリカンフルート)の姿かたちと音色にゾッコン。学生時代からオカリナも好きです(現在の使用楽器はヒロミチオカリナとフォーカリンク)。
これまでの経歴など、詳しくは当ブログの「自己紹介」カテゴリの記事を参照してください。


最新コメント ×

カテゴリ ×

月別アーカイブ ×

<今週の録音>悩みにみちて(バウムフェルダー)
【2024/01/14 23:23】 今週の録音
風邪は快方に向かっております。
熱は平熱になり、鼻水はほぼ止まって今は鼻づまり状態。痰も少々残っています。
昨日は四日ぶりに出勤し、病み上がりのフラフラ感はあったものの、なんとか倒れずに定時まで勤めることができました。
今日は礼拝で奏楽の奉仕も無事こなしましたが、ひどい鼻声なのでみんなに心配されてしまいました。

さて今年2回目のシューイチですが、前回と同じく、「ソナチネの友 ピアノ小品55曲集」(全音楽譜出版社)から弾きました。
ドイツの指揮者/作曲家バウムフェルダー(1836−1916)の初級者向けピアノ小品集のなかの1曲です。
長調で書かれているので、タイトルから想像するほど暗くはなく、もしかしたら、優しく心安らぐものを感じる人もいるかも。
相当の力量がないと、「悩みにみちて」いる心情を、こんなに短くてシンプルで、しかも長調の曲で、表現するのは難しいのではないでしょうか?(少なくとも、初級者に求める要求としてはかなり高いですね)

それでは、どうぞ〜♪
使用楽器は、前回と同じく近所の練習室のヤマハです。



画像の花はダンギク(段菊)花言葉は「悩み」だそうです。。。


テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

<今週の録音>舞曲(グルック)
【2024/01/08 10:58】 今週の録音
な、なんと!新年第1発目から早々と〆切破りしてしまいました。
能登半島地震で実家が被災し、とてもブログを書いているような気分にならなかったとはいえ、昨夜は「芸能人格付けチェック」を笑いながら見ていたりもしていたので、これだけ遅れたのはやっぱり怠慢ですね〜(汗)

2024年最初のシューイチは、グルックの「舞曲」です、
グルックといえばオペラ「オルフェオとエウリディーチェ」とりわけその劇中歌である「精霊の踊り」が有名ですが、今回弾いた舞曲もそのオペラの中の曲です。オルフェオ(オルフェウス)が愛妻を黄泉の国から連れ戻したことを祝って一同が歌う合唱曲を、Julius Benedictがピアノ曲用にアレンジしたものです。(なおこのオペラは原作のギリシャ神話とは違い、愛の女神アモーレの助けによりハッピーエンドになっています)
祝祭の音楽ということで新年にもふさわしいかなと思い、年末から練習していたのですが、元旦・2日と大きな災害が事故が続いてしまい、一旦は他の曲に差し替えようかなとも。。。
でも他に出せる曲がなくて(本当はバッハでもアップできたら良かったんですけどねえ〜)予定通りこれで行くことにします。

それでは、どうぞ〜♫


では、2024年もこんな感じで、ピアノもブログもシューイチも、とにかく続けることを第一に(なんという志の低さ!)時には熱く、時にはゆるく、マイペースでやっていきますので、お付き合い願えれば幸いです。


テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

<今週の録音>Jesus,Once of Humble Birth(Meyerbeer)
【2023/12/23 23:13】 今週の録音
明日はいよいよクリスマスイヴ。
朝は聖歌隊の特別賛美「王様が生まれた」の伴奏 夜はピアノソロでの特別賛美と、一日に2回の本番を控え、正直なかなか平常心とは行きませんね。練習も、神様に委ねる信仰心も、全然足りていないタワシであります。
仕事で疲れ果てピアノに向かう気力もなかなか湧かなかったりしますけど、そんな中でも昨日は出勤前に教会に行って1時間ほどアップライトを弾いてきました。

その時の録音を今回のシューイチとしてアップします。
Jesus,Once of Humble Birth(へりくだって生まれたイエス) 神の御子でありながら、人間の赤子として、しかも馬小屋の飼い葉桶の中でお生まれになったイエス・キリストのことをうたう、クリスマスの佳曲です。
前回の記事にも書いたとおり、オペラの分野で名声を博したロマン派の作曲家ジャコモ・マイアベーアの作です。

それでは、どうぞ〜♪



※コメントありがたく拝読しています。お返事遅れていてすみません。お返事明後日以降になるかもしれませんが、もうしばらくお待ちくださいませ。

テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

<今週の録音>クリスマスは静かに(ブルクハルト)
【2023/12/17 20:23】 今週の録音
ここんとこずっと、忙しい忙しいと連発しているような気がしますが、いや〜先週は本当に、文字通り目の回る忙しさでした。
同僚がコロナでまるまる一週間休み、(土曜日はその同僚はもともと非番の日でしたが、別の同僚がのっぴきならない用事とのことで年休を取り)もろにそのしわ寄せが来て、心身ともに疲れ果てておりました。
加えて実家の母から頼まれた年賀状作成が結構な負担で・・・何しろPCもスマホも持っていない母なので、見本のやり取りするのにも時間と手間がかかる上、「何でもいいよ、あんたに任せる」といっていた割には注文が多くって(まあ実の親子だから気兼ねなく言えるんでしょうけどね)。でもやっとそれも終わり、職場や教会は相変わらず繁忙期ですが、重荷が一つなくなっただけで、だいぶ楽になりました。
というわけで、これから、滞っていたブログ更新や、コメントの御返事、皆様のブログへの訪問やコメントなど、そしてもちろんピアノの練習も、無理のない範囲でいつものペースに戻していけたらと思ってます。

週が改まってしまい、もはや「先週の録音」というべきですが(汗)せっかく録音したのでアップします。
今週土曜に公開されるはずの、ピアノWEB発表会(楽しみですね〜♡)の曲と同時に、ペトロフのグランドピアノで録ってきたものです。
作曲者についても曲についても詳細は不明ですが、この楽譜に載っていました。

2021120812415906d.jpeg

たぶん作者はドイツの人でしょう。どんちゃん騒ぎや豪華絢爛なイルミネーションとは対象的な、落ち着いた、けれど暖かい、家庭的なクリスマスの一コマです。

それでは、どうぞ〜♫




テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

<今週の録音>マリアの歌(ラウジッツ民謡)
【2023/12/09 22:00】 今週の録音
相変わらず忙しくて、疲れ果ててます〜
職場、郵便局だから、今忙しくなかったら問題ですけどね。
ここ数日、喪中のハガキは完全にピークアウトし、年賀状の受付(12/15〜)までにはまだ少し間があって、少しはホッとできるかと思いきや、同僚が体調不良で早退→欠勤となり、しわ寄せが・・・(涙)

そんな中、予定より随分遅れてしまいましたが、なんとかギリギリ週が変わる前に<今週の録音>をアップします。
待降節なのでクリスマスの曲を、というわけで「マリアの歌」を選曲しました。実はこの曲の歌詞は、直接キリストの生誕をテーマにしたものではないのですが、マリアといえばやっぱりクリスマスのイメージが強いので、許容範囲かな〜と。
この曲は、ラウジッツ民謡とされていますが、民謡というより、明らかに教会でオルガンの伴奏で歌う聖歌のようです。なのでデジピの音色を「チャーチオルガン」に設定して演奏してみました。
ラウジッツとはドイツ,ポーランドの南国境沿いからチェコ北辺に及ぶ地方名で、現在はドイツの一部になっているそうです。ポーランドもチェコもとても音楽性豊かな民謡が数多く残っている土地柄ですから、ラウジッツも同様かもしれませんね。

それでは、どうぞ。







テーマ:音楽 - ジャンル:音楽




サイドメニュー ×
メニューA  メニューB

今日の練習メニュー  ×
<2月27日> ♪ソナチネイ短調 第1楽章(名倉晰)♪ソナチネハ長調 第2楽章(同) ♪高原の朝(奥村一) ♪おすまし(矢代秋雄)♪むかしばなし(同) ♪小さな花(シドニー・ベシェ) ♪テンダリー(ジャック・ローレンス)

にほんブログ村 ×

人気ブログランキング ×

FC2ブログランキング ×

FC2 Blog Ranking


FC2カウンター ×

カレンダー ×
02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最新記事 ×

リンク ×

(ページビュー)アクセスランキング ×

X(旧 TWITTER) ×

メールフォーム ×

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム ×

この人とブロともになる