fc2ブログ

<今週の録音>羊を飼うわれ(チェコ民謡・スロヴァキア地方)

今回は生ピアノを弾く余裕がなかったため(録り溜めも底をついてしまいました)デジピでの録音で失礼します。

「羊を飼うわれ」という、チェコスロヴァキアの民謡を弾いてみました。
年老いた羊飼いが自らの老いを嘆き、寂しい気持ちを延々と歌う(原曲は7節まであります)民謡です。
気持ちは若いけど体が動かない・・・そんな気持ちがわかるようになりつつあるお年頃のタワシです(汗)。
旋律が3小節単位でできているのが特徴的ですね。
後半は舞曲調になることもあって、歌詞がとてもネガティブな割には、曲は、そんなに暗くない印象です。
舞曲調の部分の歌詞は「ヘイ、ジニ、ジニ、ジニ、ダイドム!」という囃子言葉(?)を4回繰り返します。

それでは、どうぞ〜♪



テーマ : ピアノ
ジャンル : 音楽

<今週の録音>ソナチネ イ短調〜第1楽章(名倉 晰)

名倉晰作曲「子どものピアノ曲集」の中から、ソナチネイ短調の第1楽章を弾きました。
ソナチネは長調の曲が圧倒的に多いのですが、これは珍しい短調ですね。

昭和44年発行のこの曲集、検索しても全く引っかからないので、かなりレアな楽譜かもしれません。
名倉氏が「はじめに」で書いているところによると、ソナチネアルバム、特にクーラウとクレメンティの曲を、非常に高く評価していて「言いようのない面白い名作」「古典派音楽の美しい形にととのえられた模範的なもの」などと絶賛しています。クレメンティやクーラウの作品にあやかって、親しみやすい古典派の作風で書いたのが、この曲集だということです。

それでは、どうぞ〜♪



テーマ : ピアノ
ジャンル : 音楽

<今週の録音>高原の朝(奥村一)

またまた遅くなりました〜(汗)
前の記事にある通り、久々にC楽器店のカワイのグランドによる録音です!
奥村一作曲「高原の朝」を弾きました。奥村さんの作品をシューイチで取り上げるのは、実は5回目なのですが、2019年1月以来なのでだいぶ間は空いてますね。

ブルグの会の候補曲の一つとして練習しましたが、(ブルグには他の曲でエントリーすることにしたため)ここで紹介させていただきます。
この曲は詩人・薩摩忠(「まっかな秋」の作詞者)の詩に基づく小品集「子供の広場」の中の1曲です。尚この曲集はタワシの手元にはなくて、いつコピーしたかもわからないコピー譜(!)がファイルの中に入っていました。

元になった詩は以下の通り。

高原では
小鳥が朝を知らせに来る
小鳥は歌で窓をノックしに来る


この曲集についてこんな記事を見つけました。
https://www.piano.or.jp/info/docs/50th-ourmusic32_p2-5.pdf
記事自体には日付がないのですが、奥村さんがリヒテルとソコロフの演奏会を聴きに行った話題があり、そこで「ソコロフが確か20歳?」という記述があることから1970年頃の記事とわかりますね。

それでは、どうぞ〜♪



テーマ : ピアノ
ジャンル : 音楽

<今週の録音>ベルガマスク(ザムエル・シャイト)

肺炎で欠勤中の同僚はいまだドクターストップ中で復帰できず・・・3月になっても多忙な日々は続いています。
そんな中,一昨日、録りだめしていた音源でシューイチをアップしようとしたところ、譜読み間違いがあったことが判明。間違ったままでも音楽的には問題なくスムーズに流れているので、知らない人にはまずバレないと思うものの、レアめな曲だけに、アップするからには「正しく」伝えたいという思いは強く、アップを断念しました。
録り直し、もしくはサクッと弾ける別の曲を、と思いましたが、その日は天気も悪くスタジオ(音楽室)まで行く気力はなく、今回は自宅のデジピの録音で甘んじることにしました。
本来ピアノのために書かれた曲ではない(ピアノのない時代の曲である)ので、まあいいか、って感じで。
遅れた上に、生ピアノではなくて残念ですが、大目に見ていただければ嬉しいです。

先日紹介したオムニバスのバロック小品集の中から、ドイツ初期バロックの作曲家、ザムエル・シャイトの「ベルガマスク」を弾きました。
ベルガマスクというと、たいていのひとはドビュッシーの「ベルガマスク組曲」を連想すると思いますが、もともとは「イタリアのベルガモ地方に起源を有する2拍子の舞曲」なんです。
今回弾いた曲は、わずか4小節の、シンプルなテーマが、変奏されて6回演奏されます。

それでは、どうぞ〜♫



◆コメントありがたく拝読しています。お返事が遅れていて申し訳ありません。順次返信しますのでもうしばらくお待ち下さい。

テーマ : ピアノ
ジャンル : 音楽

<今週の録音>ソナチネ ハ長調〜第2楽章〜(名倉 晰)

またまた、アップするのが遅れました〜
欠勤者が相次ぎ、2月とは思えない忙しさが続いているのは事実ですが、それにしても・・・何があっても締め切りを死守していたあの頃の情熱は何処へ!?

今回は↓の楽譜から「ソナチネハ長調」の第2楽章を弾きました。
(全楽章弾いても多分5分そこそこなんだから、一挙にアップすればいいんですが、小出しですみません)

20240229122302a27.jpeg

名倉 晰(なぐらあきら)(1899〜1980)は、軍歌や歌曲、子ども向けのピアノ曲など多方面に活躍した作曲家・ピアニストだそうです。ただ、この楽譜は検索しても全くヒットせず、今となっては結構レアなものなのかもしれません。
シューイチでこのひとの曲を弾くのは2度めで、以前も同じ楽譜から 小さい前奏曲 を弾いていました。

今回弾いたソナチネ第2楽章は、わらべうたを思わせる和風の小品です。
それでは、どうぞ〜♫



テーマ : ピアノ
ジャンル : 音楽

プロフィール

私はタワシ

Author:私はタワシ
ぶきっちょな独学のアマチュアピアノ弾き。デジピ族。一応女性。
クラシックピアノの王道からは外れまくりですが、自由気ままなピアノライフを楽しんでます。
特技は捏造、ミスタッチ量産。
プロテスタント教会で奏楽者(礼拝讃美歌や聖歌隊の特別讃美の伴奏)をつとめています。
最近始めたNAF(ネイティヴアメリカンフルート)の姿かたちと音色にゾッコン。学生時代からオカリナも好きです(現在の使用楽器はヒロミチオカリナとフォーカリンク)。
これまでの経歴など、詳しくは当ブログの「自己紹介」カテゴリの記事を参照してください。

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

今日の練習メニュー 

<4月10日> ♪ママに捧げる詩 ♪ハワイの結婚の歌 ♪ブルーセット(以上「ポップス・オン・パレード」より) ♪私の青いランプ ♪ゴンドリ・ゴンドラ ♪春の祭の日(以上、カンツォーネ・アルバムより) ♪羊を飼うわれ(チェコ民謡)
にほんブログ村

人気ブログランキング


ピアノランキング
FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking

FC2カウンター

カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新記事

リンク

(ページビュー)アクセスランキング

X(旧 TWITTER)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる