FC2ブログ

<今週の録音>トランペットを吹いて(広瀬量平)

今年の秋はお天気の日が多くって嬉しいなと思っていましたが、(乾燥に加えて今年は消毒のし過ぎで、手荒れがひどいのは辛いですが、それでもやっぱり晴れが好き!)、今日はせっかくの定休日なのに冴えない空模様。チャリで近場に買い物に出かけたら、小雨に降られました。こんな日はおとなしく家で弾き籠もり、といきたいところだけど、どうにもテンション上がらずダラダラと過ごしています。

今回のシューイチは こんな気分と真逆の、行進曲調の明るく元気な曲です。
昨日、出勤前に、お気に入りの楽器店の練習室で、締め切り当日のレアチャレのための曲を録音してきたのですが、レアチャレの曲の合間に弾き散らかした曲のうちのひとつを、アップさせていただきます。(ICレコーダーは納得の録音が録れるまでずっとオンのままにしてあるのです)
またしても(!)子ども向けのオムニバス曲集の中から、広瀬量平さんの「トランペットを吹いて」です。
なお、Wikipedia等によると、漢字の表記は、「廣瀬」が正式だそうですが、初期には「広瀬」と「廣瀬」が混在していたとのことで、この楽譜では「広瀬」となっていますので、ここではそれに従っています。

それでは、どうぞ〜♪



トランペットを吹いて(広瀬量平)

テーマ : ピアノ
ジャンル : 音楽

<今週の録音>ドルンゲ・ドルンゲテ!(イタリア民謡・ナポリ地方)

今週もまた寝落ちして日付が変わってしまいました〜これじゃせっかく定休日の火曜日を締め切りにした意味がありませんね・・・こういう事態を想定して水曜日を締め日にしたほうがいいのかな?

そして今週もまたまた、世界民謡シリーズです。
イタリア・ナポリ地方の民謡で「ドルンゲ・ドルンゲテ!」というちょっと変わったタイトルの曲を弾いてみました。
タイトルは、意味のないはやし言葉のようなものだそうで、恋人を花から花へと飛びまわる白い蝶々になぞらえて、一夜のアバンチュールを歌った曲です。
いかにも歌の国イタリアの曲らしく素直で伸びやかなメロディは、耳に馴染みが良く、2、3度聴けば自然と覚えてしまうほどです。

今回は教会のアップライトで録音しました。
後半、少しだけ、タワシアレンジ?捏造?(笑)が入っています!(例えば1:10辺りからの、オクターブ上げなど)

それでは、どうぞ〜♪


ドルンゲ・ドルンゲテ!(イタリア民謡・ナポリ地方)

テーマ : ピアノ
ジャンル : 音楽

<今週の録音>からかわれた人(失望)(エスパニア民謡・カタルーニャ地方)

今週も寝落ちしてしまって日付が変わる前にアップできませんでした(汗)
長く続けるためにも無理せず行くことにしました。
もちろん、シューイチで録音をアップし続けるという基本は今後も守っていきたいと思いますので、ご理解くださいませ〜

今回のシューイチも世界民謡シリーズです。
エスパニア(スペイン)のカタルーニャ地方に伝わる曲で、手元の楽譜では「からかわれた人」という印象的なタイトルとなっています。
今回、訳(わけ)あって、曲の詳細が不明です。訳というのは・・・
これまでシューイチにアップしてきた世界民謡シリーズのかなりの部分はそうだったのですが、この曲も、「世界民謡全集」という古い楽譜に拠って演奏しています。
残念ながらこの楽譜はタワシの所有物ではなく、必要に応じて大学図書館から借りたり、図書館内の複写機でコピーさせてもらったりしてました。一般市民にも図書館は開放されていて、タワシのお気に入りの場所でもありました、
ところがコロナ禍のため、何ヶ月もにも渡って大学図書館が閉鎖され、再開した後も、感染防止のため学外者は立ち入り禁止になったままです。授業さえずっとオンラインでやっているのですから仕方ないですね。
「世界民謡全集」は、各曲ごとに楽譜(譜面)のページと歌詞・解説のページで構成されていますが、今回の曲は譜面のみコピーしてあって歌詞と解説が読めない状態です、図書館が開いていればすぐに行って確認できるのですが(貸出中になっている可能性はきわめて低い本なので)。
そんなわけで今回は、タイトルと1節の歌詞しかわかりません。ちなみに歌詞は6節まであるようです。
第1節の歌詞は、戦争から帰った兵士が牧場の娘を見初めて声をかける、という内容です。
調べてみると、原題の『Desengany』は「失望」という意味のカタロニア語であることがわかりました。
タイトルと1節の歌詞から想像してみると、兵士が娘にからかわれたあげく失恋してしまうという筋なのか!?全くの見当違いだったらすみません。

曲はごく短いもので、3節までひいても演奏時間1分半です。
が、途中に一小節だけ4分の3拍子が挿入されていたり、何調なのか終始曖昧だったり、と、月並みな進行の曲とは随分違っているせいで、これでも何度も録り直したんですよ〜
ちなみに、カタルーニャ民謡といえば、カザルスのチェロで有名な「鳥の歌」をはじめ、「アメリアの遺言」や「聖母の御子」など名曲が多いことでも知られています。

それでは、どうぞ〜♪ あ、動画の画像は、「失望」の花言葉を持つ「ムスカリ」です。



からかわれた人(失望)(エスパニア民謡・カタルーニャ地方)

テーマ : ピアノ
ジャンル : 音楽

<今週の録音>壊れた指輪(グリュック)

今回のシューイチは「ドイツ民謡」としてかなり知られている曲です。ただし作詞者、作曲者がはっきりしていますので正しくは「民謡風歌曲」ということになります。ここでの表記もちょっと迷いましたが、作曲者の名を出すことにしました。

作詞者はアイヒェンドルフ(Joseph von Eichendorff、1788-1857)という人。壊れた指輪は不実の象徴であり(この曲には「不実」という別名もあるくらいです!)恋人の心変わりで傷心状態の青年が主人公です。
恋人がかつて水車小屋に住んでいたり、希死念慮を抱きつつ、流浪の旅に憧れる主人公など、まさにシューベルトの連作歌曲の世界ですね!
この歌詞に、グリュック(Friedrich Glück, 1793-1840)が曲をつけ、「ローラレイ」の作曲者として有名なジルヒャー(Friedrich Silcher, 1789-1860)が合唱曲としてアレンジして、広く歌われるようになったとのことです。
なお、タワシの手元の楽譜では「壊れた指輪」ですが、現在では歌詞の一行目からの「涼しい谷間で」というタイトルのほうが浸透しているようです。

ところで、ドイツ民謡には短調の曲が圧倒的に少なく、悲しい、寂しい歌詞でも曲は長調で書かれていることが多いんだそうです。この曲も普通は短調で書くでしょう、という内容ですが長調になっていますね。
歌詞には「兵隊になって激戦地に飛び込みたい」など、激烈な表現もありますし、最後は「水車の音が聞こえないように死んでしまいたい」と絶望的に終わるのですけれど、曲はそんな激情や絶望とは無縁で終始長調のまま端正で美しいです。短くシンプルな有節歌曲だから、と言ってしまえばそれまでかもしれませんが。(なのでタワシもあえてやや早めのテンポでさらっと弾いています)

なお今回のシューイチも例のお気に入りの楽器店で録りました。Web発表会の録音合間の,ほぼ一発録音りです。
また動画の画像は「不実」の花言葉をもつ、オダマキです。
それでは、どうぞ〜♪

壊れた指輪(グリュック)

<お断り>今回、編集作業中に不覚にも寝落ちしてしまったため、1日遅れでのアップとなりました。
FC2ブログの編集機能で日付を調整することもできるのですが、潔く(?)遅れたままにしておきます。

テーマ : ピアノ
ジャンル : 音楽

<今週の録音>静けき馬車(黒人霊歌〜White編曲)

かつさん主催のWeb発表会、締切日(昨日)の夜中にせっせと編集作業をしているうちに寝落ちしてしまったタワシです(滝汗)。よって締め切りに1日遅れてしまいましたが、今朝やっと送信し、寛大なるかつさんのご厚意で滑り込みセーフとなりました。
それでホッとしてとしてましたが、考えてみたら今日は火曜日ではないですか!シューイチのことをすっかり忘れてました。ネイティブアメリカンフルートやヒロミチオカリナなど魅力的なニューフェイスにだいぶ心奪われていますしね。笑

幸いにも、Web発表会の録音の合間に、お気に入りの楽器店の練習室(カワイのグランド)で弾いた曲がありますのでそれを使わせていただくことにします。
有名な黒人霊歌「静けき馬車(静かに揺れよ、いとしのチャリオット)」です。
旧約聖書の記事に基づいて、亡くなった人を天国に連れていってくれると信じられているチャリオット(元来は、古代の戦争に用いられた戦闘用馬車を指す)を題材にしています。
黒人の信仰が表現された曲なので、今回のWeb発表会(テーマは「祈り」)にこの曲でエントリーしようかとも思いましたが。結局別の曲にしました。

動画の画像(古い写真)は、この曲を含む黒人霊歌の名曲をレパートリーとし、アメリカ国内やヨーロッパを巡業してその魅力を伝えたアカペラグループ「フィスク・ジュビリー・シンガーズ(Fisk Jubilee Singers)」の最初期のメンバーたちです。

それでは、どうぞ〜♪


静けき馬車(黒人霊歌〜White編曲)

テーマ : ピアノ
ジャンル : 音楽

        
*プロフィール

私はタワシ

Author:私はタワシ
ぶきっちょな独学のアマチュアピアノ弾き。デジピ族。一応女性。
クラシックピアノの王道からは外れまくりですが、自由気ままなピアノライフを楽しんでます。
特技は捏造、ミスタッチ量産。
プロテスタント教会で奏楽者(礼拝讃美歌や聖歌隊の特別讃美の伴奏)をつとめています。
オカリナ吹きます(「フォーカリンク」と「アケタ」を使ってます)。時々、リコーダーやティンホイッスルなども。
これまでの経歴など、詳しくは当ブログの「自己紹介」カテゴリの記事を参照してください。

        
*最新記事
        
*最新コメント
        
*カテゴリ
        
*月別アーカイブ
        
*今日の練習メニュー
<11月23日> ♪椿(井上明美) ♪トランペットを吹いて(広瀬量平) ♪まつりばやし(羽田健太郎) ♪こもりうた変奏曲(保田正・編)
        
*にほんブログ村
        
*人気ブログランキング
        
*FC2ブログランキング
        
*FC2カウンター
        
*リンク
        
*(ページビュー)アクセスランキング
        
*カレンダー
10 | 2020/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
        
*TWITTER
        
*メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

        
*ブロとも申請フォーム