FC2ブログ

プロフィール

私はタワシ

Author:私はタワシ
ぶきっちょな独学のアマチュアピアノ弾き。デジピ族。一応女性。
クラシックピアノの王道からは外れまくりですが、自由気ままなピアノライフを楽しんでます。
特技は捏造、ミスタッチ量産。
プロテスタント教会で奏楽者(礼拝讃美歌や聖歌隊の特別讃美の伴奏)をつとめています。
笛も好きで、時々リコーダーやオカリナなどを吹いて遊んでます。
これまでの経歴など、詳しくは当ブログの「自己紹介」カテゴリの記事を参照してください。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ

<今週の録音>たこあげ(湯山 昭)

東京では早くも桜の開花宣言があったというのに、今週のシューイチは、かな〜り季節外れな(^_^;)、凧揚げの曲です。
最近、この気候の変動のせいか、仕事の疲れか、カゼ気味で体調がすぐれないので、以前録り溜めしてあった音源を使わせていただきました。
先週に続き、グランドピアノ録音です♫

作曲は、シューイチではたぶん3度目の登場になる湯山昭さん。
出典不明のコピー譜しか手元になく、初出など、詳細は不明です。
1分にも満たない短い曲ですが、ほんの数小節単位で表情がコロコロ変わるところが楽しいですね。曲調自体もなかなかユーモラスです。

それでは、どうぞ〜♪
[広告]

たこあげ(湯山 昭)

<今週の録音>子どもの夢(ヴァンデルト)

今回のシューイチは、予告通り、久々のグランドピアノ録音です♪
と言っても、ま〜たまた、初級者向けのやさしい小品なのですが・・・(^_^;)

ブルーノ・ヴァンデルト(Bruno Wandelt 1856 - 1933)の「子どもの夢(Des Kindes Traum)」です。
実は、この作曲家については全くと言っていいほど知られていません。
無料楽譜サイトIMSLPには彼のページがありますが、「We need more information on Bruno Wandelt 」と記されています。情報募集中なんですね。

そして彼について検索していると、な、なんとタワシが2011年に書いた記事が!
それがこちらです。
【ピアノWeb発表会】ティロリエンヌ&人形のワルツ(ヴァンデルト)
ピア友のアンダンテさんが開催した、「ピアノWeb発表会」なるものに参加した時の記事です。
本来リンクをたどると録画や録音に行き着くはずですが、当時使用していた録音アップツールがサービス休止したため、残念ながらクリックしてもエラー(404 Not Found)が出るだけ、となっています、ごめんなさい〜
音源を保存していたUSBメモリーも紛失してしまいましたが、楽譜はまだ手元にあるので、この2曲も再び日の目を見るように(?)してあげたいです。
それにしてもここで引用している文章、どのサイトから拾ったんだろう?全く記憶にありません。「辞書も引かず適当に訳し」たりして大丈夫なんですかね、タワシさん。

それはともかく、今回の曲もこの2曲と同様、Nippsachen という小品集に収録されていたものです。「Nippsachen」とは、装飾身具、宝飾品・・・つまりアクセサリーのことですね。この曲集の主な対象である、可愛い、小さなレディたちには、大いに魅力的なタイトルだったのではないでしょうか?
当時の記事に書いた通り「技術的にも内容的にもブルグミュラー25番と同じような路線」と言ってしまえばそれまでですが、眠る幼子を見守る親の温かい眼差しが感じられ、心がほっこりする佳曲だと思います。
皆様にも気に入っていただけたらすごく嬉しいです。

それでは、どうぞ〜♪
[広告]

子どもの夢(ヴァンデルト)

テーマ : ピアノ
ジャンル : 音楽

<今週の録音>空の星(エスパニア民謡・バスコ地方)

今週は仕事がとても忙しくて(年休が溜まっている人たちに、3月までに消費させようという方針のため、お休みの人が多く人手不足に〜)お疲れモードが続いているタワシです。(指、手首、腕、すべて重い〜。そしてそんなに重症ではないですが筋肉痛もあります)
しかも、聖歌隊が、受難週とイースター、2週続けて本格的な曲をやることになり、その伴奏の練習もしなくてはなりません。
そんな中でも、さっきまでシューイチの録音を頑張っていたのですが、どうしてもアップに耐えられるものは録れませんでした・・・

なので今回は前回の曲(うるわしの月)と同じ日に録音した、同じくバスコ地方の民謡を聴いていただくことにします。
「空の星」という曲です。前回が月🌙、今回が星⭐️ですが、意識したわけではなくて全くの偶然です。
長調の曲ですが、歌詞は失恋を歌った悲しいものです。
「空の星のように輝く瞳の君と、将来を誓い合ったが、君は去ってしまった。私の心は痛み、冷たい石のようになり、涙は尽きることがない」
と、かなり痛切な内容。
しかし曲はそんなに激情的なものではなくて、むしろ淡々と悲しみを歌っているという感じでしょうか。
長調で悲しみを表現するのは難しいですね。

今回は本当に(前回アップした曲のついでに、同じバスコ民謡つながりということで)お試しで弾いてみた、ついでに録ってみた、というレベルなので完成度低くてすみません。

タワシは明日から3連休なので(月曜日、年休を取得しました)、次回は頑張ります!(曲も未定ですが)

それでは、どうぞ〜♪
[広告]

空の星(エスパニア民謡・バスコ地方)

テーマ : ピアノ
ジャンル : 音楽

<今週の録音>うるわしの月(エスパニア民謡・バスコ地方)

今回は、スペイン(エスパニア)のバスコ地方(バスクともいう)に伝わる民謡を取り上げてみました。
スペインの北部にありフランスに面したバスコ地方ですが、スペイン語でもフランス語でもない独特の言語を用い、その音楽も極めて個性的なのだそうです。今回の曲はそうではないですが、リズムも特徴的なことが多く、8分の5拍子(!)を用いたり、曲の途中で拍子が頻繁に変わったりするものもあります。また、これは今回の曲にも当てはまるのですが、古い教会旋法(この曲はドリア調とのこと)がしばしば用いられているようです。

今回の曲は、月の美しい夜に意中の女性を口説く、いわゆる「セレナーデ」(小夜曲)に属するものです。
ただ、5節ある歌詞のうち1、2節は普通のセレナーデなのですが、3、4節では娘の母親に見つかってひどく責められ、5節では「さらば別れよ、戸口閉まる。またと来る希望(望み)もはや持たぬ」とあっけなく撤退しているのです!
えええ〜?そんなにすんなりと諦めるのですか?笑 ナポリターナには、「君が窓を開けてくれるまで夜通しずっと待ってる」という内容の歌もあるんですけどね(相思相愛ならともかく、相手に嫌われてたら完全にストーカーだが(・・;)
そんな、ちと情けない歌詞はさておいて、曲は非常に美しいですね(演奏がマズくて美しさを伝えきれていないないと思いますが)

それにしても同じスペイン民謡でも、この前アップした「マラゲーニャ」となんと対照的なことでしょう!
マラゲーニャの方は、いかにもスペイン〜という感じが濃厚でしたが、今回の曲は・・・
こんな風にバラエティ豊かな「世界民謡シリーズ」、自分でも結構気に入っていて、これからも当分ネタはありそうですのでコンスタントに続けていけたらと思っています。

それでは、どうぞ〜♪
[広告]

うるわしの月(エスパニア民謡・バスコ地方)


テーマ : ピアノ
ジャンル : 音楽

<今週の録音>School Days 〜When We Were a Couple of Kids(Cobb / Edwards)

今回のシューイチは、1907年に書かれたアメリカの ポピュラーソング School Days 〜When We Were a Couple of Kids(スクールデイズ〜僕らがキッズ・カップルだった頃)です。
相当な大ヒット曲だったようで、数年間にわたって何度もカヴァーされ、ブルース・バージョンや、替え歌もヒットしたようです。

歌詞は、熟年カップルが母校(小学校)を訪れ、懐かしい子供時代の思い出を振り返るというもの。
裸足がトレードマーク(?)のジョー少年は、おそらくクラスのマドンナ的存在だったネリーに「君は、キャリコ(更紗)を着た、僕のクィーンだった」とゾッコンで、一方ネリーの方も彼の石版に "I Love You, Joe"と落書きするなど、二人はまさに相思相愛♥
お互い、きっとこれが、初恋だったのでしょうね。
初恋は結ばれない、とよく言うけれど、この歌では、見事成就した、というわけです。(早い話が、おのろけ?)
FC2動画の画像は、この曲の初版の楽譜の表紙です。キッズ・カップルの後ろ姿のイラストと、歌のサビの部分の歌詞が、昔の学校で使われていた石版に描かれていて、「古き良き時代の青春グラフィティ」って感じなのがすごくイイです。

曲はワルツのスタイルで書かれており(⇩ちょっとヨハン・シュトラウスを思わせるところもあります)
名称未設定
そんな歌詞にふさわしく、懐かしさと幸福感に満ちています。
舞曲大好きなタワシ、もちろんワルツも例外ではありません。
ただ、跳躍が大の苦手なせいもあり、易しいワルツでもなかなかノーミスで弾けないのが悔しいところです。
今回の録音も、いっぱいミスタッチや音抜けを、やらかしています(⌒-⌒; )
それでもちょっとでもこのハートウォーミングな雰囲気が伝わればいいかなと思い、アップしました。

ちなみに、この曲は、当ブログの1月23日の記事 http://watashiwatawashi.blog12.fc2.com/blog-entry-1632.html で紹介した、ペーパーバックの楽譜集の中に収録されています。

それでは、どうぞ〜♪
[広告]

School Days 〜When We Were a Couple of Kids(Cobb / Edwards)

テーマ : ピアノ
ジャンル : 音楽

今日の練習メニュー
<3月21日> ♪3つの旋律的スケッチ〜第3曲・アレグレット(キュイ) ♪ノルウェーの踊りと民謡(抜粋)(グリーグ) ♪愛しい、美しいドナウの街(ツィーラー)
にほんブログ村
人気ブログランキング
FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking

FC2カウンター
リンク
(ページビュー)アクセスランキング
カレンダー
02 | 2019/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
TWITTER
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる