FC2ブログ

ようこそ!タワシワールドへ♪

{やさしい曲を美しく弾く!}が目標。ぶきっちょな独学アマチュアピアノ弾きの日々。

<DustBox>「ホルベルク組曲」よりサラバンド(G. Piano録音)

スタジオ練習でスタジオに置き忘れてきたICレコーダー(前記事参照)、本日無事に回収してきました。
で、お約束なので、録れていた”練習風景”をアップします。

録音した時点で練習開始から5日目か6日目です、よって「やっと音が並ぶようになった」という段階なのですが・・・
それにしてはテンポが速いです、というか、楽譜の指示に比べて速すぎます〜|わかっちゃいるけど、速くなってしまいました。(アンダンテより遅いテンポで弾くのが苦手です。。。意外とせっかちなのか?)
そして装飾音(特に左手の)がズタボロです、まるまる抜けているところもあります。
言い訳ですが、重音を保持しながら弱い指で装飾音を弾くのはとってもきついです。。。

しかしいつもデジピの貧弱な音にお付き合い頂いてるので、久々に生音で聴いていただける、という点ではこんな演奏でも、アップする価値あるかなあと思いまして・・・
文字通りのお耳汚しですが、どうぞ。







「ホルベルク組曲」よりサラバンド(G. Piano録音)

[タグ未指定]
[ 2018/08/03 18:41 ] DustBox | TB(0) | CM(8)

<DustBox>組曲断片K.399より アルマンド(モーツァルト)

久々の<DustBox>登場です。
久々すぎて最近このブログを読むようになった方には、このカテゴリの記事は初めてかもしれません。
<DustBox>というのは文字どおりゴミ箱です(爆)
具体的にいうと、本来ならとてもひとさまにお聴かせできるような状態ではないのだが、練習過程の記録として(?)あえてアップした録音たちの置き場所です。
過去記事を見ると、ソナタの提示部だけなんとか通るようになった時なども、ここを使っていました。(が、結局そこで力尽きたのか?完成まで行き着いた記憶のない曲もあります(^^;;)なので、練習過程というのも何だかはばかられます。

二つ前の記事に書いたモーツァルトのアルマンドが、ようやく、曲がりなりにも最後まで通るようになりました。が、どうしても必ずどこかでミスります(涙)
見開き2ページの短い曲なのに。テンポも決して速いわけではないのに。なんでだ〜!?
というわけでこの録音ももちろんしくじってます。

では、どうぞ〜♪







組曲断片K.399より アルマンド(モーツァルト)

[タグ未指定]
[ 2018/04/20 08:22 ] DustBox | TB(0) | CM(12)

<DustBox>ソナタイ短調・第1楽章(ヨハン・ヴィルヘルム・ヘスラー)※練習2日目

前回の記事の続きです。
すごい偶然から、4年ぶりに、真の作曲者を知った、Johann Wilhelm Hässler(ヨハン・ヴィルヘルム・ヘスラー)のソナタイ短調ですが、無料楽譜サイトIMSLPで楽譜をDLしたところまでお話しましたが、昨日はタワシの定休日でしたので、昨日から今朝にかけてエンジンをかけ、一夜漬けで仕込みました。

DustBoxカテゴリのハードルを低くして、練習途中の曲などをもっと気軽に投入したいと考えていたところだったので、今朝の時点での練習録音をアップしてみます。
しょせん一夜漬けは一夜漬けですが、(あくまで過去の自分に比べてですけど)練習初日や2日めでのクオリティはこれでもだいぶ上がってきた手応えを感じています。
もちろんミスタッチ捏造満載、あと譜めくりのための間(ま)があったりします。

というわけで、興味のある方は、あくまでもDustBoxということを了承の上、聴いてみてくださいませ♪







http://blog-imgs-93.fc2.com/w/a/t/watashiwatawashi/002_101105_0105L.mp3

[タグ未指定]
[ 2016/08/10 10:11 ] DustBox | TB(0) | CM(6)

<DustBox>かわいいワルツ(シャミナード)〔カワイグランドピアノで録音〕

先週の金曜日(昭和の日)にカワイのグランドピアノのあるスタジオに行って練習してきたときの録音です。
4月29日の記事参照)

シャミナードの「子供のアルバム」第2集より「かわいいワルツ」(op.126-12)です。
子供のアルバムなのに・・・ノーミス(もしくはそれに近い状態)で音楽的にも魅力的に弾くのはなんと難しいことでしょう。
結局、捏造しまくり(最低でも3,4箇所やらかしてます)さらに最後に左手コケた、残念な演奏しか録音できませんでした。
当時練習4日目の段階でしたのでさすがに練習不足も否めません。

しかし、いつも、安物デジピの貧弱な音色に辛抱して(?)お付き合いしている皆様に、たまにはまともなピアノの音を聴いていただきたいと思ったタワシ。ブロともさんからもリクエストがありましたし、「こういうときのためにもDustBoxがあるんだ~」とばかり、DustBoxカテゴリで公開することにしました。

というわけで、くれぐれも、そのつもりでお聴きくださいませ。
いつもCレコーダー音割れするのでマイク感度を[低」にしたら今度は音が小さくなってしまい、すみません。

かわいいワルツ(シャミナード) (←Click!)


[タグ未指定]
[ 2016/05/04 07:00 ] DustBox | TB(0) | CM(8)

<DustBox>ショパン・マズルカ ホ短調 Op.17-2 (譜読み間違いあり、ビフォー版)

ほとんど忘れられているのではないかと思われるDustBox、つまりゴミ箱を、久々に発動(笑)いたしました。
前回のシューイチにアップしようと目論んでいた、ショパンのマズルカホ短調 Op.17-2 です。(タワシの楽譜では第11番となっています)

アップする直前、決定的な譜読み間違いに気がつきました。
11小節目の右手 「ファ(#)ミド(#)シ」と弾くべきところを「ファ(#)ミレド(#)」と弾いていましたΣ(゚д゚lll)
しかも同様の箇所が最後から7小節目と5小節目にも出てくるんですが、そこも全く同じように間違えています(;・∀・)

これだけひどい譜読み間違いがあったら普通はどう見てもボツなんですけど・・・
この箇所の他にも(いつものごとく)いっぱいミスタッチや音抜け、リズムの間違いなどがありますけども・・・
にもかかわらず、自分としては愛着があって捨てがたい演奏なんです。
なので・・・譜読み間違いありの完全ビフォー版ということで、DustBoxに入れさせてもらいました。
その辺ご理解の上で聴いて頂ければ・・・と思います。

ショパン マズルカ ホ短調 Op.17-2 (譜読み間違いあり、ビフォー版)

[タグ未指定]
[ 2015/11/23 08:04 ] DustBox | TB(0) | CM(10)
プロフィール

私はタワシ

Author:私はタワシ
ぶきっちょな独学のアマチュアピアノ弾き。デジピ族。一応女性。
クラシックピアノの王道からは外れまくりですが、自由気ままなピアノライフを楽しんでます。
特技は捏造、ミスタッチ量産。
プロテスタント教会で奏楽者(礼拝讃美歌や聖歌隊の特別讃美の伴奏)をつとめています。
笛も好きで、時々リコーダーやオカリナなどを吹いて遊んでます。
これまでの経歴など、詳しくは当ブログの「自己紹介」カテゴリの記事を参照してください。