FC2ブログ





受難週に、聴く&弾く!「マタイ受難曲」〜「悔いの悲しみは」

二週続けての聖歌隊スペシャル賛美、第1弾「荒削りの十字架」の伴奏は、細かいミスはあったものの無事に終わり、次はは今度の主日(日曜)での「棕梠の葉」です。
が、ここ数日はその練習もさておいてバッハを弾いています。
それも、受難週真っ只中ということもあり、「マタイ受難曲」の中のアリア「悔いの悲しみは」の、ピアノソロバージョンをメインで。

マタイ受難曲には「憐れみたまえ,わが神よ」や「血潮したたる主のみかしら」など、素晴らしいアリアやコラールが目白押しですが、タワシがその中でも特に愛してやまないのが〈香油を注ぐベタニアの女〉のアリア「悔いの悲しみは」です。
歌詞の大意は
懺悔と悔いは罪の心を引き裂く。
我が涙のしずくが心地良い香水となって、
イエスよ、御身に注ぎますように。

というものです。
中間部のフルート・トラヴェルソのスタッカートの伴奏が、こぼれ落ちる涙の粒を表している(譜面のビジュアル的にも!)、というのは有名な話ですね。
IMG_E1382.jpg
(⇧これはピアノソロ用の編曲の楽譜ですが・・・)

実を言うと受難日(今週の金曜日)でも、タワシ演奏をアップできたらいいなと考えたりもしたんです。
が、自分の録音を聴いてみたら、あまりに受難曲のイメージとかけ離れたものだったのでがっかりしました。
ミスタッチとか音抜けはいつものことなんですが、一番の問題点は・・・
舞曲〜短調だけど暗くなく、むしろ楽しい舞曲ってあるでしょ?そんな舞曲のように聞こえる、ということです。さすがにこれはマズイです。
テンポを遅くしたら少しは受難曲っぽくなるかなと思ったんですが、いつの間にか、どうしても速め(この動画くらい)のテンポに落ちついてしまいます。
そんなわけで録音のアップは見送ることにしました。
ちなみに金曜日は年休を取得しましたので、マタイ受難曲のCDを全曲通して聴く予定です。


バッハ:悔いの悲しみは (マタイ受難曲) オッター, ガーディナー 1988

放置曲を再び〜イギリス組曲 第3番 アルマンド(バッハ)

平日のこんな時間にブログ更新なんて、あれ?と思われるかもしれませんが、実は数ヶ月前から職場の人員配置の事情により、毎週木曜日は遅出なので、午前中は丸々空いております。
冷たい雨が降っていてテンション下がりそうですが、こんな時はかえって、あまり感情移入しなくていい曲なら弾けそうで・・・そうだ、途中で放置していたバッハの曲の譜読みなどいいかも、などと思い当たり、実行しております。
去年の10月に手をつけた、バッハの、イギリス組曲第3番・アルマンドです。
その時の記事がこちら➡️ http://watashiwatawashi.blog12.fc2.com/blog-entry-1597.html

今日は頑張って後半(2ページ目)に進んでみました。
タワシはこれまでいつも曲の最初だけ手をつけて、そのまま放置に至るパターンがあまりに多かったので、過去の自分のブログなど読み返して、そんな曲のうちの一部でも再挑戦してみようかななど目論んでいます。
まあ意志が弱い上に独学なので、どこまでできるかわかりませんが。

今日の練習風景、録音してみました。
一番マシなものを貼っておきます(後半部分のみです)。間違いもありますし、音を追うのに精いっぱいで、音楽的に弾く余裕全くなしです。興味本位で聴きたい方だけどうぞ。
イギリス組曲第3番アルマンド 後半部分・練習中 (←Click!)

自分に甘いのは百も承知ですが・・・
これでもポリフォニーの初見能力はずいぶん向上したなぁと思います。
もちろん、あくまで、対「過去の自分」比で。
あ、言うまでもないですが、初見の時は、もっとずっとずっとたどたどしく、止まりまくり、弾き直しまくり、ですよ〜〜〜

いつかは弾きたいバッハの・・・。

来月の某所での練習会で久々に会う予定のピア友さんと、ラインで会話。
「タワシさん、(練習会で)なに弾く予定?」
「あ?なにって・・・。なにも考えてない!」
「何か希望曲ある?」
「バッハ!!」
「バッハかぁ〜じゃあ弾いてみるか」
「わあい」
「練習しときます」
タワシはバッハ、あんまり、いや、全然、得意じゃないんですけど〜(汗)
彼女(ピア友さん)自身がバッハ大好きなんだよね〜

というわけで、小休止中だったバッハ祭りがまた始まりました。
あれこれ弾き散らかしております。

バッハといえば。今度の練習会には絶対に間に合わない確信があるのですが(^_^;)、いつかは弾きたい曲。というか、コソ練中の曲(ブログで書いたらコソ練にはならないか・笑)があります。
平均律第1集第4番、BWV849。
フーガはまず一生、無理だろうからプレリュードだけでも弾けるといいなあ。


Sviatoslav Richter plays Bach Prelude & Fugue BWV 849

イギリス組曲(第3番・アルマンド)を弾いてみた!

タワシは、バッハのフランス組曲の楽譜は持っていますが、イギリス組曲のほうは自分には難易度が高すぎるので持っていません。
が、今、地元の大学の図書館から借りてきた楽譜が手元にあります。
(過去記事 大学の図書館に行ってきました! 参照)
そもそもは鑑賞の手引き用にしようと借りてきたものではありますが、曲がりなりにも曲になりそうな楽章を、「つまみ食い」ならぬ「つまみ弾き」くらいしてみようかという気を起こしたタワシ。
先週は、第4番のメヌエット(Ⅰ)(Ⅱ)を数日間にわたって練習し、そこそこ弾けるようになったので、今日は第3番のアルマンドを初めて弾いてみました。
一般的に、アルマンドは、テンポは中庸だし(タワシは速い曲も遅すぎる曲も苦手なのです)、拍オンチのタワシでも比較的拍が刻みやすいので、わりと手をつけやすいイメージがあるんですよね〜

3〜40分ほど練習したとこで(前半の1ページのみですが)録音してみました。あくまでも対自分比ですが、これでも、初見力けっこうアップしたかなと思います。もちろん初見の時はい〜っぱい間違えたし、止まったり弾き直したりしましたよ(^^;;
ペダルはついつい頼りたくなるのを我慢して一切踏まずに弾いてますし(最初からごまかし癖をつけたくないため)、強弱もほとんどついてなくて、まるでハノンのようですが、ヒマと興味のある方はクリックしていただいても(笑)

イギリス組曲第3番・アルマンド(練習初日・前半部分)

最後に、お耳直し〜
ピリスさんの美しい演奏をどうぞ♪


Bach - English Suite #3 In G Minor, BWV 808 (Allemande) - Maria João Pires

「ドメニコつながり」でスカルラッティを弾く

前々回のシューイチで、ドメニコ・チマローザの曲を弾いたところ、あるブロともさんから「タワシさんに合っている」というコメントを頂戴しました♪
そのコメントを読み返しているうちに、同じ「ドメニコつながり」で、作風的にも通じるところの多い、ドメニコ・スカルラッティの曲を弾きたくなりました。

過去に、タワシが(そこそこ真剣に)練習したことがあるスカルラッティの曲は、いずれも有名どころばかりで、
K1(L366)(ニ短調)
K9(L413)(ニ短調)
K159(L104)(ハ長調)
K380(L23)(ホ長調)
といったところ。

今日はそのうちK9とK159の2曲の解凍を試みた他に、1曲の新曲に着手しました。
K115(L407)(ハ短調)
です。
これ、曲想的にも変化に富んでいて、スペイン風な香りもしたりして、なかなか面白い曲です。
タワシのめっちゃ苦手なテクニック〜両手を交差しての跳躍〜があるので、人前演奏はもちろん録音アップする日もおそらく来ないと思いますが、いい練習曲になりそう!
今日はとりあえず、最初の1ページのみ、曲がりなりにも通せるところまで行きました。

K115、チェンバロの演奏で紹介しておきますね〜♪



Domenico Scarlatti Sonata K 115 Emilia Fadini Cembalo