fc2ブログ

ようこそ!タワシワールドへ♪

『やさしい曲を美しく弾く!』が生涯の目標。ぶきっちょな独学アマチュアピアノ弾き(時々オカリナ吹き)の、ユルくて熱い音楽日記。

日々の練習 の記事一覧

結婚行進曲2曲、ヴィラ=ロボスの子供向けの小品、その他

2022.11.22 (Tue)
結婚式(同じ教会の信徒仲間の息子さんの)は、今週の土曜!いよいよ目前になりました。
シンプルなプログラムですので、ピアノで弾く曲もそんなに多くはありません。
結婚行進曲2曲(ワーグナーとメンデルスゾーン)。会衆が歌う讃美歌の伴奏2曲。特別賛美(祝歌)の伴奏1曲。それと式が始まる前のBGM(今回は有名な賛美歌を何曲かメドレーで弾く予定)くらいです。
今日は結婚式前の最後の休日(勤労感謝の日も出勤です〜)なので、タワシにしては結構時間を割いてこれらの曲をさらいました。

そのほかに、ここ数日ハマっている、ヴィラ=ロボスの子供向けの小品を数曲。
使用楽譜はこれです。
IMG_5196.jpeg

技巧的にはかなり易し目で、曲によってはブルグ25番レベルで十分に弾けそうな感じです。
IMG_5198.jpeg
ね?白っぽい楽譜でしょ?やさしい漢字にも振り仮名がふってあって、明らかに年少の学習者を念頭に置いています。
しかし、これ、大人にもぜひ弾いてもらいたい魅力的な曲集です。もちろんラテン(ブラジル)のスパイスが効いているおかげもありますけど、少ない音でしっかり音楽として聴かせられるのは、やはり作曲家の力量だなあと思います。
お気に入り、かつ納得のいく演奏ができた曲は、シューイチでも今後いくつか紹介していくつもりです。

そうそう、クリスマスイヴ、仕事を休める希望が出てきましたよ。12/25と出勤・非番をチェンジしてもらえるかも。
次回の記事でいい報告ができることを願っています。

練習時間、0分(一昨日)→3時間超(昨日)

2022.02.23 (Wed)
毎日コンスタントに練習するのが望ましいのだけど、なかなかそうは行かないのが大人ピアノですね。
一昨日は仕事の疲れもあって練習時間が全く取れませんでした。
最近、うちの職場、「働き方改革」とやらのために、勤務体制が変わり(タワシの勤務時間自体は変更ありませんが)、朝5時台からの早番がなくなり、その仕事があとの時間帯に繰り下がりになったために、以前より確実に忙しくなりました。特にピアノ弾きにとってはツライのが、手や腕の筋肉痛の原因となる、区分機(定形郵便物の郵便番号とあて名住所を読み取って、指定された区分け口に自動的に仕分ける機械)操作!いままでより短い時間で同じ量をこなさなくてはいけないので、郵便物の量が多いときは、一旦機械をかけ始めたらトイレに行く暇もない状態なんです。

でも昨日はその疲れもほとんど癒えて、久々にガッツリ練習できました!(うち1時間は教会のアップライトで。さらに帰宅してから2時間ちょっとは弾いたと思います。ちゃんと、時間、計っていないけど、トータルで3時間は確実に超えたでしょう)
といっても相変わらず、難易度低めの小品をいくつも同時進行で弾きあさるという、今までのパターンなんですけどね。
昨日はもっぱら「こどものピアノ名曲集」シリーズから目についたものを弾きまくっていました。

20220223101347ec4.jpeg

バージナル曲集については、以前記事でも取り上げました。
昭和時代にもこんな個性的なピアノ教材が!?
写真に写っている他の楽譜も、これと同時に、52冊で400円というバナナの叩き売り状態のヤフオクでGETしました。
「名曲集」とありますが、ありふれた名曲集とはひと味もふた味も違う選曲で、レア曲好きな大人もおおいに楽しめます。

教会まで行ったのは、やっぱりシューイチは極力生ピアノで録音したいから。お気に入りの楽器店は通う定休ですし、近所の練習室はこの前行ったらペダル踏むときの雑音がすごかった・・・
教会までは自転車で行くのにちょうどいい距離で、天気さえ良ければ、爽快感を味わいつつ適度な運動ができるというのもあります。
教会のアップライト、かなり前から調律を必要とする状態になっているんですが、お友達の調律師Iさんに県境をまたいで来てもらいたいため、コロナが収まって安心に移動できるようになるまでお預けです。
もうちょっと我慢我慢。

※いつもコメントありがとうございます。お返事遅れがちで申し訳ないです。今日も仕事ですので、帰宅してから返信しますね〜

バッハで始める2022年♪

2022.01.03 (Mon)
新しい年・2022年が始まりましたね!
今年もよろしくお願いします。今年こそ自由に音楽活動できる年になるといいなあ。
弾きたい曲、やりたいことに対して、時間が足りなすぎ!と思うことのやたら多い2021年でしたが、2022年はさらにそう思うことが増えそうです。

タワシは、郵便局内務という仕事柄、年末年始もカレンダー通りに出勤しています。
さらに教会では、元旦礼拝、1月2日が主日礼拝と、連続で奏楽の奉仕がありました。
昨年末からの疲れも溜まりまくりです〜 明日の火曜日(定休日)はとにかくのんびりしたいです!

そんな中ではありますが、「新年の弾き初めはバッハ♪」という予定はなんとか守ることが出来ました。
以前かなり本気で練習してもう少しで録音までこぎつけそうだったけれど果たせず、そのまま放置されていた、イギリス組曲第2番のブーレ、第4番のメヌエットです。
昨日は仕事オフで礼拝後は自由時間が結構確保できたこともあり、質量ともに手応えの感じられる練習でした。壊れたレコードのように(といっても今の若い人にはピンとこないのか?)弾けない箇所を粘り強く繰り返して、クリアできると、やっぱり達成感があるものですねえ。とは言っても相変わらずミスタッチ多数、現時点ではとてもお聴かせできるものではありませんが。
バッハの合間には、スコット・ジョプリンのラグタイムなども弾きました。雰囲気はよく出てると思うんだけど(自画自賛?)左手の跳躍で音を外す確率が高すぎで、これまたお聴かせできるレベルにありません。うう。`

オカリナとNAフルートは、本日1月3日、カラオケで吹き初めする予定です!今年はこっちも、今まで以上に力を入れたいです。オカリナについてはできれば、今年中にもう1本、新しいのを買いたいなあ。

スタートした2022年、健康に留意して飛躍の年にしたいものです。
皆様にとっても穏やかでかつ実り多い一年となりますようにお祈りしています。

夏の珍事!?タワシ、メトロ練習に燃える!

2021.08.30 (Mon)
タワシがメトロノームが嫌い、かつ苦手なことは、これまで何度かブログでも書いてきたので、覚えてらっしゃる方もあるかもしれませんね。
ところがなぜか昨日はどういうわけか、その大嫌いなはずのメトロ練習に1時間以上ぶっ続けで励み、その成果もしっかり体感するという珍しい現象がありました。まさに夏の珍事!?
そういえばブロとものNUさんも「夏はメトロノームの季節」とおっしゃっていました。

曲は先日紹介した、テレマンのファンタジア・ニ短調。めったにお目にかからない、1分の2拍子の曲です。
IMG_8285.jpeg

本当は全音符を単位にカウントするのですけど、慣れていないので、その意識は出来る限り持ちつつも、実際には2分音符を単位にしてメトロノームを設定しています。
楽譜の指示は 2分音符=184ですが絶対無理!いくらPresto といったってそれはないでしょう?という速さです。
現在は2分音符=108くらいに合わせています。もしこの速度で満足に弾けるようになったとしても、もう心持ち速くするくらいでタワシ的には十分です。

それにしてもこういうポリフォニックな曲って、弾けるようになってくるとハマりますね。
ハノン、チェルニーは絶対やりたくないというタワシですが、こういう、「指と頭にとって良い運動になる曲」ももうちょっと積極的に練習に取り入れたいなあと思います。認知症予防のためにもね!(⌒▽⌒)


アルベニス進捗状況とシューイチの新ネタ本

2021.05.29 (Sat)
アルベニスの「海辺にて」は、依然コツコツと練習を続けています。
タワシは譜読みする分にはフラット系よりシャープ系のほうが得意なので、変イ長調で臨時記号が多い中間部からは、かなり苦労しましたが、ようやく手に馴染んできたようです。とりあえず止まらずに弾けるようにはなりました。
とはいえ、なかなかミスタッチや音抜けは減りません。今後どんなに頑張ったところで、ノーミスで弾き通すのは無理だろうなぁ・・・。

以前の記事 練習6日目のアルベニス では前半部分のお聞き苦しい練習風景を晒しましたので、今回は後半部分を・・・

プロの演奏よりかなり遅いテンポですが、これ以上速く弾けないし、弾くつもりもありません。(速度指定は、Andantino)
お気に入りの楽器店のカワイのグランドのタッチと音色を思い浮かべつつ、また郷里の(実家の窓から見える!)海の、寄せては返す波をイメージしつつ、でもまだまだ音を追いかけるのに必死でもある、現時点の「海辺にて」です。

アルベニス「海辺にて」練習中・後半部分

この曲に集中しているわけでは決してなく、相変わらずシューイチにアップするように良さそうな、易しくて短くてそして魅力的な小品たちを弾きあさってもいます。
最近はこういう楽譜を中古ですがGETしました。

20210528231537307.jpeg

これがシューイチのネタ本としてなかなかいいのです。
この楽譜については近々改めて記事にしようと思います。
« Prev  | HOME |  Next »