FC2ブログ

ようこそ!タワシワールドへ♪

『やさしい曲を美しく弾く!』が生涯の目標。ぶきっちょな独学アマチュアピアノ弾き(時々オカリナ吹き)の、ユルくて熱い音楽日記。

プロフィール

私はタワシ

Author:私はタワシ
ぶきっちょな独学のアマチュアピアノ弾き。デジピ族。一応女性。
クラシックピアノの王道からは外れまくりですが、自由気ままなピアノライフを楽しんでます。
特技は捏造、ミスタッチ量産。
プロテスタント教会で奏楽者(礼拝讃美歌や聖歌隊の特別讃美の伴奏)をつとめています。
最近始めたNAF(ネイティヴアメリカンフルート)の姿かたちと音色にゾッコン。学生時代からオカリナも好きです(現在の使用楽器はヒロミチオカリナとフォーカリンク)。
これまでの経歴など、詳しくは当ブログの「自己紹介」カテゴリの記事を参照してください。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

■ハイドンソナタ Hob.XVI:22 2楽章再録音へ!&3楽章練習中!

2021/01/26 10:30

今年は、過去にシューイチにアップした曲の中で、特に気に入っている曲、思い入れのある曲を、お気に入りのグランドピアノで再録音したいと思ってます。

候補曲としてまず頭に浮かんだのがハイドンのピアノソナタ ホ長調 Hob.XVI:22の第2楽章。
過去記事を調べてみると去年の3月に、数日間練習して放置(;・∀・) http://watashiwatawashi.blog12.fc2.com/blog-entry-1804.html
それから約2ヶ月後の5月26日にシューイチとしてアップしてしました。http://watashiwatawashi.blog12.fc2.com/blog-entry-1815.html
この曲、あの楽器店のカワイのグランドの柔らかい音色に、きっと合うと思うんだ。
が、半年ぶりに弾いたらやっぱりかなり退化してました(T_T)
グランド録音の前にそれなりに練習が必要と思われます。

それと並行して同じソナタの第3楽章にも取り掛かり、ここ数日は練習のメインになっています。
フィナーレ(最終楽章)がメヌエットというのはちょっと意外な感じもしますが(メヌエットは「ちょっと息抜き」的な中間楽章のイメージがある)、古典派のソナタでは結構あるんですよね。
左手の速いパッセージがほんとに下手くそで我ながらイヤになる〜
右手の装飾音も力んできれいに入らないし・・・課題は多し!
でも舞曲好きなので、練習初期の段階からリズムを楽しみつつ弾いてます。


Keyboard Sonata No. 37 in E Major, Hob.XVI:22: III. Finale: Tempo di Menuet

⬆️第3楽章、Jeno Jandoの演奏。テンポの設定やアーティキュレーションなど、タワシが楽譜を見て頭の中に描いた音ととても近いので、参考音源にすることにしました。
Classical music(古典派)TB:0CM:2

■ハイドンソナタ Hob.XVI:22 第2楽章@放置中〜

2020/04/27 09:52

かつさん主催のピアノWeb発表会に参加するため、ICレコーダーの中の録音データをチェックしていたら、ちょっと手をつけたまま放置状態になっている、ハイドンのソナタ(第37番ホ長調 Hob.XVI:22 第2楽章)の、冒頭部分の録音がありました。

ハイドン ソナタ37番 Hob.XVI:22 第2楽章冒頭部分(練習3日目)

確か、練習3日目の現状の記録として録ったはず。
録音したのは3月30日なのですが、たぶんそれから一度たりとも弾いていないと思われます。
ピアノWeb発表会のための録音や動画アップもなんとか無事済んだので(一つの部門はなんとか〆切にすべりこみで間に合い、もう一つの部門は〆切からだいぶオーバーしてしまったのですが、かつさんの温情?で受け付けてもらえました。どちらも、音符が少なく技術的にはものすご〜く易しい曲ですが、それもタワシらしいでしょ!笑)もう一度ハイドンのこの曲にとりかかろうかな。
新曲に取り掛かるということは、タワシにとっては初見の練習も兼ねているので、最初の段階でYouTubeなどの音源をあらかじめ聴くことはしてませんが、あとでプロの演奏を聴くと、予想通りの感想が〜「あ〜(自分が練習しているのと)とても同じ曲とは思えない!」
というわけで恥ずかしいですが、「本当はこんな曲」というのがわかるように(爆)、リヒテルの演奏を貼り付けております。第2楽章は5:37からです。



Haydn - Piano sonata n°37 Hob.XVI:22 - Richter Aldeburgh 1967
Classical music(古典派)TB:0CM:8

■久々のモーツァルトはコンチェルト!K488第2楽章

2019/07/02 12:02

数ヶ月ぶりにモーツァルトを弾いています!しかもなんと、身のほど知らずにもコンチェルトですよ!!
ピアノ協奏曲イ長調K488から第2楽章。

Mozart. Piano Concerto N 23. Adagio. Christoph Eschenbach.

なぜこんな身分不相応(?)の曲を弾いているかといいますと・・・
ちょっと前に、ヤフオクで、セットで競り落とした楽譜の中に、
NHK趣味百科・ピアノで名曲を〜バッハからプロコフィエフまで〜
のテキストがあり、そこでモーツァルトの曲として採用されていたのがK488第2楽章だったというわけです。

平成6年に放送されたいうことですが、タワシはこの番組を見たことがありません。
驚くべきことは、当時の「生徒」の中に 上原ひろみさん、上原彩子さんという現在それぞれジャズとクラシックの第一線で活躍している「W上原」がいたということ!ひろみさんはシューマンの「飛翔」「なぜに」、彩子さんはリストの「愛の夢」「忘れられた円舞曲」を弾いていました。
20190702120006d7a.jpeg

それはさておき、数あるモーツァルトの名曲の中から(独奏曲ではなく)あえてコンチェルトが選ばれているのが興味深いところです。
オーケストラ(その場では第2ピアノでしたが)とのアンサンブルの中で、初めて学べることも多いですよね。

タワシはもっぱら第1ピアノ(ソロパート)を練習していて、今日で3日目です。
普通の楽譜と違ってところどころに講師のアドバイスが小さな青文字で書き込まれているのですが
冒頭に「透明でよく歌う、優しい音を発見して。」とあるのが印象的でした。
「〜音で」。ではなく、「〜音を発見して。」なんです。
20190702120007e12.jpeg

モーツァルトらしい理想の音が出るまで、何度もなんども試行錯誤を繰り返して、それに近づいていくんですね・・・
うちの安物のデジピで、どれだけのことができるだろうと思ったらちょっと悲しくなりましたが。
まあデジピでやれるだけのことはやって、近々またグランド練習に行くとしましょうか。



Classical music(古典派)TB:0CM:14

■第一楽章も練習開始!K304

2018/09/05 07:09

台風21号、特に風がすごかったですね〜 皆様のところは大丈夫でしたか?
被害に遭われた方には心からお見舞い申し上げます。
タワシは昨日は火曜(定休日)だったので、近所のドラッグストアにちょっと買い物に行った以外は、ほぼ一日中家でおとなしくしていました。
こんな日こそ弾きこもりのチャンス!!・・・のはずでしたが、低気圧のせいか気力が出ず、台風のTVニュースをつらつらと眺めて時間が過ぎていき、夜になってやっと少し、エンジンがかかったという感じです。

そんな中、モーツァルトのヴァイオリンソナタK304のピアノパートの練習も・・・。
これまでは、もっぱら2楽章のメヌエットばかり弾いていました。2楽章は本当に好きで好きで好きで。2楽章だけでもう十分だ、と思ってたんです。
2楽章へのそんな熱愛は揺るぐことはありませんが、ブロともさんに「1楽章はやらないの?1楽章もいいよ〜」と言われたことがきっかけで(また自分でも、せっかくソナタをやるんなら全部通してやってみたい!と思ったこともあり)、昨日初めて第1楽章のピアノパートを、ボロッボロながら最後まで通して弾いてみました。
第2楽章は悲しみが浄化され、寂寥感の中にも安らぎが感じられるのですが、それに比べて第1楽章は悲痛な感情が生々しくストレートに伝わってきて、精神状態の良くない時に弾くのは正直しんどいかも。。。
いずれは全曲通してお相手と合わせられたら最高ですね。でもやっぱりまずは第2楽章から、かな。

名曲だけあって、YouTubeにもさまざまな名演奏がアップされていますね。
今日は、チョン・キョンファとケヴィン・ケナーの、情感あふれる演奏を紹介しておきます。


Kyung-Wha Chung : Mozart - Violin Sonata No.21, K.304

Classical music(古典派)TB:0CM:10

■憧れ曲に近づく♪K304合わせに向けて始動!

2018/08/17 11:29

モツソナK304、特に第2楽章は大好きな曲で、いつかヴァイオリンを合わせられたらどんなにか素敵だろう、とずっと思ってきた「憧れ曲」でもあります。
この会のおかげでその夢が叶うかも?と思うと本当に胸が高鳴ります。
が、日程が迫っていることと時間が押していることを考えると、この曲に取り掛かるのは次回にした方が良さそうです。少なくとも私は今回弾くのは無理です。Kさんせっかく提案してくださったのにごめんなさい。次回までには曲がりなりにも通せるくらいまで練習しておきますので、次回以降、是非是非よろしくお願いします。


これは、たのしい練習会(仮)のメンバー専用掲示板への、タワシの書き込みです。
これを書いたのは、練習会間近の8月3日でした。
練習会のあと、すぐにでも本気モードでの練習を開始したかったんですが・・・
身体に蓄積した猛暑の疲れが今になって出てきたのか、時間があってもやる気の出ない日が続いたり、久々にやる気になったかと思いきや仕事が忙しかったりで、なかなかじっくりとピアノに向かえず、今日に至ってます。
でもこのところ、暑さも「まともなレベル」にまで落ち着き、朝夕の涼しさには秋が近づいていることも感じられるようになってきて、そろそろピアノのスイッチも入りそうです。(入ってくれなきゃ困るヨ〜)

名曲は聴くだけで十二分に幸せになれる!それは間違いないのですが、
でも自分で演奏できるならまた格別の喜びがあります。
タワシの乏しい力量だとそれを味わえる曲はごくごく限られてしまうのだけど、(そしてこの曲だって身の丈相応とはとても言えないのですが)その喜びを享受できるチャンスがあるなら逃したくはないですよね。
ましてアンサンブルともなれば、お相手がいなければどんなに望んだところでやりようがないし。せっかくの素機会があるなら逃したら一生後悔するかも。
そんなわけで・・・お相手の方には足を引っ張りまくってご迷惑をおかけするだろうけど、
やります!それも次回の練習会で!
と宣言しておきます。

楽譜付きの動画貼っておきますね。第2楽章は6分50秒くらいから。

Mozart Sonata in E minor K.304
Classical music(古典派)TB:0CM:8

今日の練習メニュー

<3月2日> ♪快い旋律(ダカン) ♪クーラント(リュリ) ♪「青の洞窟」にて♪デルヴィッシュ(レビコフ) ♪ソナタ47番 Hob.XVI/32〜第2楽章メヌエット(ハイドン) ♪はじめのワルツ ふたつめのワルツ 小さなモーツァルトの演奏(ミニョーネ) ♪悲しみ(エルウェル) ♪トッカティーナ(風)(フリード) ♪国王の詔(ウェールズ民謡)

にほんブログ村

人気ブログランキング


ピアノランキング

FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking

FC2カウンター

リンク

(ページビュー)アクセスランキング

カレンダー

02 | 2021/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

TWITTER

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Copyright(C) 2006 ようこそ!タワシワールドへ♪ All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.