FC2ブログ

ようこそ!タワシワールドへ♪

{やさしい曲を美しく弾く!}が目標。ぶきっちょな独学アマチュアピアノ弾きの日々。

プロフィール

私はタワシ

Author:私はタワシ
ぶきっちょな独学のアマチュアピアノ弾き。デジピ族。一応女性。
クラシックピアノの王道からは外れまくりですが、自由気ままなピアノライフを楽しんでます。
特技は捏造、ミスタッチ量産。
プロテスタント教会で奏楽者(礼拝讃美歌や聖歌隊の特別讃美の伴奏)をつとめています。
笛も好きで、時々リコーダーやオカリナなどを吹いて遊んでます。
これまでの経歴など、詳しくは当ブログの「自己紹介」カテゴリの記事を参照してください。

 

最新記事

 

最新コメント

 

カテゴリ

 

月別アーカイブ

 

2019. 07. 02

久々のモーツァルトはコンチェルト!K488第2楽章

数ヶ月ぶりにモーツァルトを弾いています!しかもなんと、身のほど知らずにもコンチェルトですよ!!
ピアノ協奏曲イ長調K488から第2楽章。

Mozart. Piano Concerto N 23. Adagio. Christoph Eschenbach.

なぜこんな身分不相応(?)の曲を弾いているかといいますと・・・
ちょっと前に、ヤフオクで、セットで競り落とした楽譜の中に、
NHK趣味百科・ピアノで名曲を〜バッハからプロコフィエフまで〜
のテキストがあり、そこでモーツァルトの曲として採用されていたのがK488第2楽章だったというわけです。

平成6年に放送されたいうことですが、タワシはこの番組を見たことがありません。
驚くべきことは、当時の「生徒」の中に 上原ひろみさん、上原彩子さんという現在それぞれジャズとクラシックの第一線で活躍している「W上原」がいたということ!ひろみさんはシューマンの「飛翔」「なぜに」、彩子さんはリストの「愛の夢」「忘れられた円舞曲」を弾いていました。
20190702120006d7a.jpeg

それはさておき、数あるモーツァルトの名曲の中から(独奏曲ではなく)あえてコンチェルトが選ばれているのが興味深いところです。
オーケストラ(その場では第2ピアノでしたが)とのアンサンブルの中で、初めて学べることも多いですよね。

タワシはもっぱら第1ピアノ(ソロパート)を練習していて、今日で3日目です。
普通の楽譜と違ってところどころに講師のアドバイスが小さな青文字で書き込まれているのですが
冒頭に「透明でよく歌う、優しい音を発見して。」とあるのが印象的でした。
「〜音で」。ではなく、「〜音を発見して。」なんです。
20190702120007e12.jpeg

モーツァルトらしい理想の音が出るまで、何度もなんども試行錯誤を繰り返して、それに近づいていくんですね・・・
うちの安物のデジピで、どれだけのことができるだろうと思ったらちょっと悲しくなりましたが。
まあデジピでやれるだけのことはやって、近々またグランド練習に行くとしましょうか。



2018. 09. 05

第一楽章も練習開始!K304

台風21号、特に風がすごかったですね〜 皆様のところは大丈夫でしたか?
被害に遭われた方には心からお見舞い申し上げます。
タワシは昨日は火曜(定休日)だったので、近所のドラッグストアにちょっと買い物に行った以外は、ほぼ一日中家でおとなしくしていました。
こんな日こそ弾きこもりのチャンス!!・・・のはずでしたが、低気圧のせいか気力が出ず、台風のTVニュースをつらつらと眺めて時間が過ぎていき、夜になってやっと少し、エンジンがかかったという感じです。

そんな中、モーツァルトのヴァイオリンソナタK304のピアノパートの練習も・・・。
これまでは、もっぱら2楽章のメヌエットばかり弾いていました。2楽章は本当に好きで好きで好きで。2楽章だけでもう十分だ、と思ってたんです。
2楽章へのそんな熱愛は揺るぐことはありませんが、ブロともさんに「1楽章はやらないの?1楽章もいいよ〜」と言われたことがきっかけで(また自分でも、せっかくソナタをやるんなら全部通してやってみたい!と思ったこともあり)、昨日初めて第1楽章のピアノパートを、ボロッボロながら最後まで通して弾いてみました。
第2楽章は悲しみが浄化され、寂寥感の中にも安らぎが感じられるのですが、それに比べて第1楽章は悲痛な感情が生々しくストレートに伝わってきて、精神状態の良くない時に弾くのは正直しんどいかも。。。
いずれは全曲通してお相手と合わせられたら最高ですね。でもやっぱりまずは第2楽章から、かな。

名曲だけあって、YouTubeにもさまざまな名演奏がアップされていますね。
今日は、チョン・キョンファとケヴィン・ケナーの、情感あふれる演奏を紹介しておきます。


Kyung-Wha Chung : Mozart - Violin Sonata No.21, K.304

2018. 08. 17

憧れ曲に近づく♪K304合わせに向けて始動!

モツソナK304、特に第2楽章は大好きな曲で、いつかヴァイオリンを合わせられたらどんなにか素敵だろう、とずっと思ってきた「憧れ曲」でもあります。
この会のおかげでその夢が叶うかも?と思うと本当に胸が高鳴ります。
が、日程が迫っていることと時間が押していることを考えると、この曲に取り掛かるのは次回にした方が良さそうです。少なくとも私は今回弾くのは無理です。Kさんせっかく提案してくださったのにごめんなさい。次回までには曲がりなりにも通せるくらいまで練習しておきますので、次回以降、是非是非よろしくお願いします。


これは、たのしい練習会(仮)のメンバー専用掲示板への、タワシの書き込みです。
これを書いたのは、練習会間近の8月3日でした。
練習会のあと、すぐにでも本気モードでの練習を開始したかったんですが・・・
身体に蓄積した猛暑の疲れが今になって出てきたのか、時間があってもやる気の出ない日が続いたり、久々にやる気になったかと思いきや仕事が忙しかったりで、なかなかじっくりとピアノに向かえず、今日に至ってます。
でもこのところ、暑さも「まともなレベル」にまで落ち着き、朝夕の涼しさには秋が近づいていることも感じられるようになってきて、そろそろピアノのスイッチも入りそうです。(入ってくれなきゃ困るヨ〜)

名曲は聴くだけで十二分に幸せになれる!それは間違いないのですが、
でも自分で演奏できるならまた格別の喜びがあります。
タワシの乏しい力量だとそれを味わえる曲はごくごく限られてしまうのだけど、(そしてこの曲だって身の丈相応とはとても言えないのですが)その喜びを享受できるチャンスがあるなら逃したくはないですよね。
ましてアンサンブルともなれば、お相手がいなければどんなに望んだところでやりようがないし。せっかくの素機会があるなら逃したら一生後悔するかも。
そんなわけで・・・お相手の方には足を引っ張りまくってご迷惑をおかけするだろうけど、
やります!それも次回の練習会で!
と宣言しておきます。

楽譜付きの動画貼っておきますね。第2楽章は6分50秒くらいから。

Mozart Sonata in E minor K.304

2018. 04. 13

BACHチックな MOZART

楽譜の整理をしていたらたまたま目に止まった、モーツァルトの「組曲断片」という曲。
見るからにバロックぽい譜面ヅラに、楽章の構成。え!?これ、本当にモー様の曲?
これまで弾いたことはもちろん聴いたこともなかったのですが、ちょっと調べてみたところ、

組曲 ハ長調 K.399(385i)
Suite in C Major, K.399

1782年(作曲)。モーツァルトが、バッハやヘンデルの影響を受けてバロックの手法を試みた作品だが、組曲のうち「序曲」「アルマンド」「クーラント」だけが完成し、残りは未完に終わっているため“組曲の断片”と呼ばれている。
(ピアノレパートリーガイド http://www.ymm.co.jp/pianorg/detail/228 より引用)

ということがわかりました。

タワシは個人的にアルマンドという曲種が好きなので、アルマンドだけ練習してみることにしました。
今日で五日目ですが、やっぱりバロックは譜読みに時間かかりますね〜
インベンション1曲としてまともにやったことがない(⬅️前の記事で書いたばかり!)のでは無理もないか。。。
それでもアルマンドって、過去にフランス組曲1番、2番、5番のをかなり真面目にさらったこともあって、イメージも湧きやすいし、弾いていて楽しいのです。
曲の後半の部分だけ録音してみました。⬅️前半になんどやっても派手にトチるところがあるため(・_・;
Allemande(Mozart)練習中 (⬅️click)
いかにも、譜読みはじめて日が浅いたどたどしさがが漂ってますな〜(^_^;)

お耳直しに美しいプロの演奏をどうぞ〜
1940年の録音。アイリーン・ジョイスというオーストリア出身の女流ピアニストの演奏です。
美貌でも知られ、第二次世界大戦前後が活動の全盛期だったようですね。

Mozart - Suite in C major (Allemande & Courante), K. 399 - Eileen Joyce

2017. 10. 03

P.D.パラディエス「ロンド」(練習3日目録音あり)

ひさびさ登場!練習3日目シリーズ(そんなの誰も期待してないと思いますが・・・爆)です。
Pietro Domenico Paradisi (またはParadies)(1707 - 1791)の「Rondo」にチャレンジしてみました。
PTNAのサイトによれば、「イタリアの作曲家。数多くのオペラの他、ハープシコードやオルガンのための協奏曲や声楽作品を作曲した。ハープシコードの指導にもあたるなど、教育家としても活動した。」とのことですが、不勉強にして知りませんでした~汗
チェンバロをやる人にはおそらく馴染み深い名前なのでしょうが、ピアノで弾く人は少ないからですかね・・・?
34876.jpg
Pietro Domenico Paradisi

Paradiesというと、タワシはすぐ「シチリアーナ」というヴァイオリン小品が有名な、幼くして失明した女性作曲家を思い出しましたが、そのひととは別人でした。(なお、このシチリアーナも偽作であることが分かった、と聞いてます)

Rondoとありますが、もしかしたら何かのソナタの一部分かもしれないです。
YouTubeちょっと検索してみたところ、 [Paradisi (or Paradies),Rondo] では該当する動画がないようですが、
曲自体はいかにもイタリアの作曲家の作らしく、親しみやすく分かりやすいもので、とっつきやすいと思いました。

タイトルにあるように今日で練習3日目です。
いうまでもありませんが、BEFORE版とも呼べない段階です。
装飾音はかなり端折りました(笑)しかしそれでもすっぽ抜けたりもたついたりしてます。
ミスタッチ、音抜け、言うまでもありませんが たっぷりあります。
その辺ご理解のうえ、文字通り「好奇心」のある方だけどうぞ~






P.D.パラディエス「ロンド」(練習3日目)

 | ホーム |  »

今日の練習メニュー

<7月9日> ♪レントラーD366より(シューベルト) ♪SCHOOL DAYS(Cobb) ♪ヴィリアの歌(レハール) ♪スカルラッティソナタ集より(数曲) ♪フォスター歌曲集より(数曲) ♪ピアノ協奏曲K488第2楽章(モーツァルト)
 

にほんブログ村

 

人気ブログランキング

 

FC2ブログランキング

 

FC2カウンター

 

リンク

 

(ページビュー)アクセスランキング

 

カレンダー

06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
 

TWITTER

 

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 

ブロとも申請フォーム