FC2ブログ

ようこそ!タワシワールドへ♪

{やさしい曲を美しく弾く!}が目標。ぶきっちょな独学アマチュアピアノ弾きの日々。

シューベルトの『プチ舞曲』(@過去記事) 

シューベルトの曲って、長いものはひたすら長いというイメージがありますが(笑)その一方、リピートありでも演奏時間1分に満たないようなミニチュアサイズの小品も多く、それらはほとんど、ワルツとかウィーン風舞曲とかレントラーとかの舞曲です。楽譜1ページに3曲入るという短さですよ!メヌエットだとちょっぴり長くなって楽譜1ページ分くらい。
この短さと演奏技術が比較的容易ということから、タワシのシューイチにとっても貴重なレパートリー源となっています。

今日は、タワシとのお付き合いが短い方々のために、過去記事でのシューベルト『プチ舞曲』の録音をピックアップしてみますね。

<録音が残っていないもの>
♪メヌエット D334 ←これはここで取り上げるにはちょっと長いかも。楽譜2ページの曲です。でも名曲なのであげておきました。(と言いつつ音源消えちゃったけど)
♪36のオリジナル舞曲集(最初のワルツ集)D365-1,2
♪30の易しいメヌエットとトリオ D41-1
♪38のワルツ、レントラーとエコセーズ D145-2,6

<録音あり>クリックすると当時の記事に飛びます。
D365-3,4
D365-16,17
D365-11,14
D365-32,36
12のウィーン風ドイツ舞曲D128−2
※当時の記事では mp3blestar という録音アップツールを使っています。環境(ブラウザ)によっては、プラグインが表示されなかったり、「このプラグインはサポートされていません」という表示が出たりすることがありますが、曲目をクリックしていただくとmp3ファイルに直リンクしていますので再生できると思います。

もっといっぱい弾いているような気がしたんですけど・・・こうしてみるとごく一部ですね。

ちなみにシューベルトのプチ舞曲の中で、タワシが一番好きな曲はD365-2なんですが、VOONのサービス停止とともに音源が消えてしまったので、そのうちまた再録音しようと思います。できれば生ピアノで。
⬇︎この曲です。

Franz Schubert, Waltz, Op. 9, D 365, No.2

アップした人、間違えて第1番と書いてますが、第2番ですよ〜(・_・;

多作なシューベルトのことですから、こういうプチ舞曲に関してはまさに走り書き状態だったんじゃないかなと思います。推敲なんてまずしてないでしょう。
タワシがこういう曲たちを弾きながらしばしば驚くのは、彼の転調の素晴らしさです。
え?ここで転調するの?もう曲終わっちゃうのに無事に戻れるの?と思う場面で大胆に転調し、ちゃんともとの調に復帰するんです。すごい!

カテゴリ: Classical music(ロマン派・国民楽派)

テーマ: ピアノ  ジャンル: 音楽

2019/06/03 Mon. 08:32 [edit]   tb: 0   cm: 10  

page top△

マズルカ第2番(ボロディン)〜弾き合い会はロシア路線で!〜 

今月末の弾き合い会の曲目、キュイのアレグレットはお伝えした通りすでに決定して、日々練習しているのですが、持ち時間が一人19分ということでせっかくなので、時間が許す限りいろいろな曲を弾いてみようと思います。
キュイは「ロシア五人組」の一人ですから、五人組つながりで、ボロディンも弾きたいな〜
というわけで、この曲もやろう、と思ってます。


Borodin A. "Mazurka - 2" (Petite Suite, No. 4)

タワシ好みの民族路線の舞曲で、以前からタワシをよく知ってる人は「またいつもの路線かぁ」と思うでしょうが、実際そうなんです。
選曲にあたって、民族色というスパイスが、ミスタッチの多さや指廻りの悪さなどテクニック面の弱点を多少なりともカヴァーしてくれることも期待している、という説があったりなかったりしますが(爆

左手が旋律を歌う場面が、冒頭から多いです。タワシの左手は右手と比べて、細やかな表情がつけられない(画素数の少ないカメラで撮った写真のように)、装飾音などでもたつく、などの弱点だらけで、左手から右手へ、右手から左手へと、メロディを引き継ぐと、それがよりあらわになってしまうので、片手練習は必須ですね。

弾き合い会ではもう1〜2曲ロシアものを用意して、ロシアづくしで行く予定です♪
過去にシューイチでやった曲を解凍することも選択肢に入れてます。

カテゴリ: Classical music(ロマン派・国民楽派)

テーマ: ピアノ  ジャンル: 音楽

2019/04/11 Thu. 09:50 [edit]   tb: 0   cm: 0  

page top△

3つの旋律的スケッチ(キュイ) 

最近メインで練習している曲がこれ⇩


ロシア五人組」の一人、セザール・キュイ(1835−1918)のピアノ曲集
「3つの旋律的スケッチ(3 Esquisses mélodiques)」 Op.92 
です。
と言ってももっぱら、3曲の中でも一番好きな、第3曲(Allegretto)ばかり弾いてますが。
第3曲は、上の動画では6:17あたりからです。

もう10年近く前になるでしょうか、とあるピアノの集まりで、第3曲(Allegretto)を弾いている女性がいて、曲にも演奏にも、すっかり心奪われました。
その会はとっくに自然消滅してしまい、キュイのピアノ曲も(他の作品も含め)それ以来全く耳にする機会がありません。

そんなマイナーな存在であるこの曲ですが・・・
できることなら4月末の弾き合い会に間に合わせたい、と思ってます。が、受難週&イースターに向けて、聖歌隊の伴奏練習にも例年以上に励まなくてはならず、どうなるか微妙です。

あ、タワシの演奏は、現在、まだとてもお聞かせできるレベルになっていないので、ありません〜
ここ数日ガチ練したんだけど、さすがにいつもシューイチで弾いているような曲たちよりはかなり難しいので、さらに時間がかかりそうです・・・

ちなみに弾き合い会では、ひとりあたりの持ち時間19分とのことなので、この曲をはじめ、演奏時間2、3分の小品を、一応7〜8曲は(当日実際に弾くかどうかは別として)準備しておくつもりです。(←大曲のレパが、ほとんどないからな〜苦笑)

カテゴリ: Classical music(ロマン派・国民楽派)

テーマ: ピアノ  ジャンル: 音楽

2019/03/21 Thu. 23:59 [edit]   tb: 0   cm: 2  

page top△

「フレースエーの教会で」〜初めてのペッテション=ベリエル〜 

ペッテション=ベリエル(Peterson-Berger)というスウェーデンの作曲家をご存知ですか?
ヴィルヘルム・ペッテション=べリエル(Wikipediaのページ)

タワシは20代の頃、この人の「ヴァイオリンと管弦楽のためのロマンス」という曲を聴き、その切なくも美しい旋律にい一瞬で心を奪われました。
彼には「フレースエー(フレセ)の花々」という、グリーグの「抒情小曲集」を思わせるようなピアノ曲集(全3巻・21曲)があります。フレースエーとは彼が愛してやまなかった、スウェーデンの島の名前です。

昨日、第1集の中から、彼のピアノ曲では最もよく弾かれているという「夏の歌」を、そして今朝、同じく第1集の中から「フレースエーの教会で」を弾いてみました。タワシ、初の、ペッテション=べリエルです。

フレースエーの教会(練習中・冒頭部分)
⬆️今朝録音した「フレースエーの教会で」冒頭部分の、ほぼ初見の演奏です。もっとも、音源を繰り返し聴いて曲が頭に入った後なので、これで初見とは言えないか・・・。これでも以前のタワシに比べたらかなり初見クオリティは上がりましたけどね。この曲Des-Dur(フラット5つ)だし。初見力向上は聖歌隊効果なのか?(毎週、初見で伴奏や各パートの音取りをを要求されてます!笑)

フルートとピアノ用の編曲も美しいですね♪

W. Peterson-Berger: frösöblomster 5. At Frösö church

この曲は2ページの小品ではありますが、いつものようなにわか仕込みですぐにシューイチにあげるよりは、もっと時間をかけてじっくり弾きこみたいと思ってます。単純に、中間部がまだ弾けてないということもありますが(汗)

カテゴリ: Classical music(ロマン派・国民楽派)

テーマ: ピアノ  ジャンル: 音楽

2018/11/15 Thu. 07:36 [edit]   tb: 0   cm: 0  

page top△

「身の丈プラスα」にチャレンジ中! Chopin Mazurka Op.63-3 

今年の元旦に、「身の丈プラスαの志(こころざし)を!」という記事を書きました。
早いもので今年ももう5ヶ月が過ぎ去ってしまいましたが、今のところは残念ながら「今年の抱負」通りにはなっていないようです。

が、「自分、いつまで元気でピアノを弾けるんだろう?」と、思わさせられる出来事があったこともあり、(←病気を患っているとかそういうことではありませんので、ご心配なく。)これからは、好きな曲、弾きたい曲は、「そのうち、いつか」じゃなくて「いつやるか?今でしょ?」(古っ?)で、弾いてみるつもりです。
そんなわけで「身の丈プラスα」(?)の憧れ曲、つまり一生懸命頑張ればもしかしたら手がとどくかもしれない曲に、一昨日から再挑戦中のタワシです。

また挫折するかもしれないので、こっそり練習しようかなと思ったけど、あえて公表します!
ショパンマズルカ嬰ハ短調 作品63の3 です!
過去に、こんなのを書いてました。
やっぱり格別!本家(ショパン)のマズルカ♪ (4年前の記事)
ちょっと久しぶりに、ショパンのマズルカ・・・ (2年前の記事)
毎回書いていることですが、最後のカノンが美しすぎます〜♡
しかし悲しいかな過去に挫折したのも、このカノンの部分が全く思うように弾けないからでありまして(涙)

今回、ものすごーくスローなテンポで一音一音確かめつつ、一から練習し直しています。左右の手の分担や、指遣いも見直し中。まさに  trial and error です。
独学ということもあり、どんなに頑張っても限界があると思います、しかも安物のデジピだし・・・、
でも、地道な努力と、妄想力で、自分の中にある Op.63-3の理想の響きに、一歩でも近づけていきたいです。


Chopin Mazurka op.63-3 [Sokolov]

カテゴリ: Classical music(ロマン派・国民楽派)

テーマ: ピアノ  ジャンル: 音楽

2018/06/01 Fri. 09:28 [edit]   tb: 0   cm: 10  

page top△

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ