FC2ブログ

2月本番の新候補曲?アルベニス「海辺にて」 

2月の本番、メンデルスゾーンの「岸辺にて」で八割がた気持ちが固まっていたのですが、ここへ来て(4、5日前から)新たな候補が急浮上。
アルベニスの「海辺にて」です。
メンデルスゾーンの曲と、タイトルも似ていれば、変イ長調という調も同じ! 

⬇️こんな曲です。アルベニスの作品の中ではあまり知られていない曲だと思いますが、スペインの民族色よりはショパンとかフォーレの影響が感じられる、ロマンティックな小品です。


Isaac Albéniz - Recuerdos de viaje: En la playa

しかしさすがに、今から曲を変えたら間に合わないかなあ〜??

2月本番の候補曲!メンデルスゾーン「岸辺にて」 

来年2月にステージでの本番を控えていることはお話ししたと思いますが、のんきなタワシもさすがにそろそろ曲目決めないとヤバイでしょうという時期になりました。
候補曲の一つが ⬇️この曲。
Mendelssohn - Song Without Words Op. 53 No. 1

メンデルスゾーンの無言歌の中の一曲(Op. 53: No. 1 in A-Flat Major)です。
「岸辺にて」「浜辺にて」「海岸にて」などのタイトルが付いていますが、作曲家本人がつけたものでないので、そんなに意識しなくてもいいかと。
とはいえ、曲想から、「寄せては返す波」を連想するのは大いにうなづけます。

本番ではこの曲と、タワシらしく(?)「世界民謡シリーズ」の1曲との、カップリングで弾きたいと思っています。
いずれにせよ、このところ本番ではずっと「舞曲路線」で来たタワシには珍しく、しっとり歌う曲です。歌心と、それを音にする技術が、試される〜?
(他に2、3考えている候補曲も、同じような感じ)

昨日は仕事がお休みだったので、教会のアップライトで練習してきました〜♪
生ピアノで弾くのは初めて。
日頃デジピで深く考えずに踏んでいるペダル、生ピアノで弾いてみると「ここはペダルないほうがいいな」と思う箇所多数です。
グランドピアノだとまた違ってくるんだろうなあ〜
ある程度音はちゃんと並ぶようになってきたから、近々グランド練習に行かねば・・・

3年前の記事を読みながら練習〜メンデルスゾーン「甘い思い出』〜 

相変わらず見開き2〜3ページの商品を中心にいろいろ弾きあさっていて「本命曲」と呼べるものがないタワシなのですが、そんな中でもメンデルスゾーンの無言歌はたいてい何かしら弾いています。
ここ1週間くらいは「甘い思い出」を『マジ練中』というところか?

メンデルスゾーンの無言歌集の巻頭を飾るこの曲。

■メンデルスゾーン 無言歌 「甘い思い出」/ 近藤由貴 Yuki Kondo

実はタワシ、3年ほど前にこの曲の単発レッスンを受けたことがあって、その時の記事が、これ⬇️です。
http://watashiwatawashi.blog12.fc2.com/blog-entry-1361.html

読み返すと、課題が当時とほとんど変わっていないことを改めて実感して「あ〜進歩ないな〜」と少々落ち込むのですが・・・
それにもめげず(?)ソプラノとバスの愛情いっぱいの二重唱を妄想しながら、メンデルスゾーンらしい歌心あふれる流麗なメロディーと、ほどよく端正でほどよくドラマチックな和声の推移を楽しんで練習しています。
ほとんど進歩ない、と言いましたが、それでも3年前よりは、バスをよく聴けるようになったような気がします。楽譜も前よりはかなり注意深く読むようになりましたね。(前が酷すぎただけですが〜)

そのうち録音を聴いていただけるところまでいけたらいいなあ・・・
今は、まだまだです。止まらずに最後まで弾けた試しがないので・・・^^;

同曲異版〜メンデルスゾーン「タランテラ」 

2019101713011584d.jpeg



まずは上の二つの写真を見比べてください!
どちらも、目下タワシが練習中の曲・・・メンデルスゾーンの無言歌Op.102-3ですが、決定的な違いがあります!
ヒントはラストの4、5小節。
お分かりですよね?

上は全音出版社版。(曲名表記は「乗馬」)
下は新編世界大音楽全集 器楽編11(メンデルスゾーン・ピアノ曲集)より。
2019101713232094a.jpeg
もとはヘンレ版か?

「巡礼の歌」と「タランテラ」〜無言歌集(メンデルスゾーン)より〜 

最近のタワシは メンデルスゾーンがプチ・マイブーム(?)
「無言歌集」の中から、過去に弾いたことのある曲や、練習すればなんとかサマになるかも?という曲を、いくつか かいつまんで弾きあさっております。
中でも一番時間を割いて練習しているのがこの2曲。

「巡礼の歌」

Barenboim plays Mendelssohn Songs Without Words Op.67 no.3 in B flat Major

「タランテラ」

Barenboim plays Mendelssohn Songs Without Words Op.102 no.3 in C Major

「巡礼の歌」の方はテンポがゆったりしていることもあり、ほぼ弾けるようにはなりましたが、ところどころで捏造癖が出て(汗)コードとしては合ってるんだけど勝手に音を足したり減らしたりしてる箇所があったりするし、伴奏がバタバタとうるさくて耳障りだったりと、まだまだ人前には晒せません(たとえビフォー版であっても)

それに輪をかけてひどいのが「タランテラ」(手持ちの全音の楽譜では「乗馬」となってます)
ちょっと前に記事に書いたとおり和音の連打が超・下手で、それが主な理由になって、テンポが上がりません。
指定テンポはプレストなのに、今やっと、モデラートからせいぜいアレグレットくらいまで上がったくらいかな。
メトロ練習が嫌いなので、四分音符がいくつとかいう数字では把握してませんけど。
どうあがいてもプレストで弾けるようになるとは思いませんが、タランテラの熱狂感を表現するためには、せめてアレグロくらいのテンポでは弾きたいものです。