2017年03月 / 02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫03月 

「昭和の歌シリーズ」始動!~きみの朝(岸田智志)

2016年02月17日(水)

ばんちゃん会まであと10日です!
スロースターターのタワシではありますが、ここまで来たらいくらなんでもそろそろ本気出さないと!
ソロの「アンダルーサ」は、ビフォー版をシューイチにアップしたら。それですっかり終わったような気になってしまい、以降ほとんど練習してません(汗) 他にいろいろ心を惹かれる曲が出てきて浮気しまくりですよ。

それでもまだソロは失敗しても自分で恥をかくだけですが、合わせモノはそうは行きません。
すっかり頭から抜けた<プロジェクトD>の記憶をもう一度呼び起こさなくちゃ。
そして<ぐるぐる連弾>。まだ楽譜をDLすることさえしていません。今日の目標は、楽譜をプリントアウトすること(!?)

さらに忘れてはならないのが、毎回楽しみにしてくださっているファンも多い(?)、ばんちゃん父さんとの共演。つまりばん父さんの歌の伴奏です。
ピアノはほとんど弾けないが歌の上手い主催者・ばんちゃん父さんは、第1回おんそうず(=ばんちゃん会の旧称)で宇宙戦艦ヤマトを熱唱して大評判となり、それ以来毎回、ピアニストの息子(ばんちゃん)との親子共演で1曲、そしてタワシの伴奏で1曲、(また時にはバンド「おっさんず」の一員としても)自慢の美声を聴かせてくれているのです。
これまでタワシの伴奏でばん父さんが歌った曲はヤマトをはじめ、火曜日のサザエさん、マジンガーZ、そして伝説の少女アニメシリーズ!(エースをねらえ、アタックナンバーワン、ベルサイユのばらなど)などほとんどがアニメの主題歌でした。

しかし今回、会が名前も新たにリニューアルするということで、アニソンはいったん卒業して「昭和の歌シリーズ」を始めることに・・・
第一弾はジュリー(沢田研二)という話もあったりしましたが(笑) ばん父さんが「ピアノもじっくり聞かせたい」という理由で挙げた候補曲の中から(そんなに言っていただくような腕前ではありませんが・・・)、岸田智志の「きみの朝」に決定しました!
何かのドラマの主題歌だったようですが、ドラマは覚えていなくて曲だけが記憶にあります。
今年のEXP(幹事のようなものです)のZさんはご存じないということで、ジェネレーションギャップを感じました~笑

タイトルといい曲調といい典型的なさわやか系の歌と思いきや、歌詞は意外とシリアスで重いのですね。(特に2節!)
貼り付けた動画の最後に山口百恵ちゃんが!特にファンというわけではなったけど、こうして見るととても懐かしいです。

こうして何でもYOUTUBEで視聴できる便利な時代ですが、ちょっと気合入れて(?)CD借りてきました!iPodにも入れました!
!さあ あとはミミコピして練習するのみです。
そろそろやります!ホントにやります!



きみの朝 岸田智史 (1979年)

テーマ : 懐かしい歌謡曲 - ジャンル : 音楽

08:03  |  Pops&Jazz  |  TB(0)  |  CM(8)  |  EDIT  |  Top↑

イベント演奏曲目決定!(JAZZ編)~"The Shadow Of Your Smile"

2015年09月04日(金)

9月12日のイベントで弾く曲が、やっとやっと決まりました。
本番まで あと1週間ですよ~(滝汗)
短期集中!火事場の馬鹿力に期待!などと 、完全に開き直った発言をしてましたけど・・・曲がりなりにも人前演奏をするにしては、やっぱりいくらなんでも練習期間が足りないですね。
あれから、主催者の方から、「ミュージックタイムは余興。自由な感じでアドリブ的にやりたい」というメッセージをいただいて、、若干気分は楽にはなりましたが。

一応、ポピュラー系(JAZZ)1曲 、クラシック1曲、そして予備曲を2,3曲考えてます。
今日はそのうちのJAZZの曲目を、発表しちゃいますね。
1956年公開の映画 The Sandpiper のテーマ曲"The Shadow Of Your Smile"
日本では映画の邦題の「いそしぎ」というタイトルで、知られています。
ジャズ、ボサノバなど多種多様なアレンジで演奏され続けている名曲です。

タワシの手元にあった入門者用のジャズの本に載っていました。さすがにあまりにも音数が少なくて寂しいので(かといって上級者用アレンジは難しくてとても弾けないし~)もっか、自己流アレンジをあれこれ思案中です。(←1週間前にすることじゃないネ)

こんな曲です♪

Manhattan Jazz Orchestra - THE SHADOW OF YOUR SMILE

イベントで弾く予定のもう1曲(クラシック)は、超有名なので恥ずかしくて伏せておきたいです。
一見易しそうなわずか1ページの小品ですが、実はとても難しい曲で、本当はタワシなんぞが弾く曲ではないのかもしれませんが・・・
これだけでわかった方、もしかしていらっしゃいますか???

テーマ : JAZZ - ジャンル : 音楽

10:29  |  Pops&Jazz  |  TB(0)  |  CM(18)  |  EDIT  |  Top↑

JAZZへの想い、再燃中♪

2015年02月17日(火)

イヴェントネタということで前回のシューイチ録音ではスタンダードナンバーの名曲「マイ・ファニー・ヴァレンタイン」を弾かせていただきました。
解凍期間2日間という、毎度ながらのやっつけ仕事にもかかわらず、たくさんの暖かきコメントを頂き、感謝、感謝です。
去年のクリスマスシーズンにアップした「サイレント・イヴ」もそうでしたが、タワシの場合クラシックよりポピュラーやジャズ系の曲のほうがずっと反応がいいですね。(反応が薄くても聴いていただけるだけで幸せですが、やはり好意的な声が多いと素直にとってもうれしかったりします)やっぱりいまだに自分はポピュラー畑の人間なのかなあ・・・と、ふっと思ったりします。

やっぱりジャズもいいなあ・・
ジャズ特有のテンションコードがバシッと決まったときはすごく気持ちいいです。
できることなら、もうちょっと本気モードで、基礎からやり直してみたいなあとちょっと思っています。
も楽譜どおりにきちっと弾くことを要求されるクラシックより、演奏者の自主性にゆだねられる部分がはるかに多いジャズは、捏造名人のタワシには向いているかもしれません。
ただ、本気でやろうと思ったらそれにはやっぱり時間が必要ですよね。
現在の限られた練習時間をクラシックピアノとジャズピアノで割り振りすると、どちらも中途半端になってしまいそうです。
クラシックをばっさり捨ててジャズに専心するということも考えにくいですし。
やっぱり気が向いたときに短期集中でがんばる、くらいしかできないかもしれませんね。

とりあえずブログの過去記事で公約していたものくらいはレパにしておきたいと思います。
「ああ 麗しきベルメランド」のジャズバージョン
(記事はこちら http://watashiwatawashi.blog12.fc2.com/blog-entry-389.html
(季節はずれではありますが)「Have yourself a merry little christmas」
(記事はこちら http://watashiwatawashi.blog12.fc2.com/blog-entry-447.html
おんそうずとぱちもんオフが終わるまでは手を出さないようにしたいのですが、誘惑に勝てるかな?

最後にタワシのひそかに敬愛するジャズピアニストを紹介しておきます。
それは・・・オランダ・ジャズ界の重鎮といわれているLouis Van Dijk(ルイス・ヴァン・ダイク)という人なんです。


彼の、Ballads In Blue というアルバムの中から TRILOGY(トリオロジー )という曲です。
彼自身のオリジナルということですが最初の数小節で誰もが「バッハ?」と思うはずです。
どんだけバッハを愛しているんだろう、この人(笑)
それにしても美しい演奏です。

Triology-Louis Van Dijk Trio

テーマ : ピアノ - ジャンル : 音楽

13:39  |  Pops&Jazz  |  TB(0)  |  CM(10)  |  EDIT  |  Top↑

やっと初練習!コブクロ「蕾」(伴奏)

2014年06月13日(金)

あっという間に、ほぼ1週間後に迫った「おんそうず7」!
コラボタイムでは、のんびりくろねこさんのリコーダーとタワシのピアノで、コブクロの「蕾」を共演します。
過去のおんそうずでは、ピアノと並んでリコーダーでもすばらしい演奏を聴かせてくれた、くろねこさん。
とくに前回のクープラン(「恋のうぐいす」)は絶品でした。
こんな素敵なリコーダーと合わせてみたい!とタワシのほうから頼み込んで今回の企画となったわけです(ちなみに今回の選曲はくろねこさんです)

ああ それなのにそれなのに!
何かと忙しくてこの曲にはまったく手をつけられない状態が続き、やっと練習をスタートしたのが昨日ですよ~
ああ、ほんとうに、スロースターターもいいところです。
昨日ははじめて楽譜をまともに見て音だししてみたという段階、もちろんまともに曲になってはいません。
実はポピュラーピアノを弾くときはほとんどCメロ譜(コード譜で)を見ながら、あるいは適当ミミコピと気ままアレンジで弾くたわしなので、ポピュラー(ポップス)をクラシックスタイルでちゃんと書かれた楽譜のとおりに弾くのはあまり得意ではないんですよね~(汗)
くろねこさんには、いざとなったらコードで適当に伴奏することを許してもらおうと思ってます。

でも一見(一聴?)リコーダーというイメージではないこの歌。
くろねこさんがどんなふうに料理してくれるのか、本当に楽しみです。
さ、しょぼい伴奏で足を引っ張ることだけはないように、これから短期集中でがんばります!!


コブクロ - 蕾 (つぼみ)

テーマ : ピアノ - ジャンル : 音楽

13:28  |  Pops&Jazz  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

ガーシュウィン「バイ・シュトラウス」

2014年04月30日(水)

古くからの読者の方は覚えてらっしゃるかもしれませんが2011年の7月、「音楽の星座」に弾き参加したとき、会場へと向かう行きの電車の中に楽譜ファイルを忘れてしまい、暗譜の心積もりがなかったのに楽譜なしで弾かざるを得なくなったというアクシデントが発生しました。
そのとき無くしたファイルは、忘れ物として届けられていないか、駅にしつこく電話かけまくったのですが、結局出てきませんでした。ファイル自体は100均の安物ですが、中にはお気に入りの楽譜がぎっちり入っていてタワシ的にはいたい損失でした。
その中にガーシュウィンの「バイ・シュトラウス」というポピュラーソングの楽譜も入っていたのですが、これはタワシの大のお気に入りの一曲だったのです。ちょっとだけ残っている指の記憶、適当ミミコピ、自己流アレンジ、この3つをブレンド(?)して曲がりなりにも弾いていたのですが、やっぱり楽譜があればなあと思うこともしばしばでした。
ところが昨日、部屋を片付けていたら出てきたUSBメモリの中に、この曲を含む大量の楽譜ファイルが保存されていることが判明。
それはもううれしくって、早速プリントアウトして、ソロ演奏(ピアノソロバージョン)と弾き語りの2パターンで楽しみました。
ピアノ以上に歌は、人さまにお聴かせできるようなしろものではないですので、録音なんてありえないのですけど、
すごく楽しかったです。
今日も引き続き「鋭意れんしうちう」です。

↓こんな曲です。

Ella Fitzgerald - By Strauss

テーマ : 今日の1曲 - ジャンル : 音楽

23:58  |  Pops&Jazz  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |  NEXT