fc2ブログ
ようこそ!タワシワールドへ♪
『やさしい曲を美しく弾く!』が生涯の目標。ぶきっちょな独学アマチュアピアノ弾き(時々オカリナ吹き)の、ユルくて熱い音楽日記。

プロフィール ×

私はタワシ

Author:私はタワシ
ぶきっちょな独学のアマチュアピアノ弾き。デジピ族。一応女性。
クラシックピアノの王道からは外れまくりですが、自由気ままなピアノライフを楽しんでます。
特技は捏造、ミスタッチ量産。
プロテスタント教会で奏楽者(礼拝讃美歌や聖歌隊の特別讃美の伴奏)をつとめています。
最近始めたNAF(ネイティヴアメリカンフルート)の姿かたちと音色にゾッコン。学生時代からオカリナも好きです(現在の使用楽器はヒロミチオカリナとフォーカリンク)。
これまでの経歴など、詳しくは当ブログの「自己紹介」カテゴリの記事を参照してください。


最新コメント ×

カテゴリ ×

月別アーカイブ ×

オフ会デビューの日の思い出
【2010/02/02 07:51】 未設定
2006年からミクシィをやっています。ここでのHNとはまったく別の名前(ミクシィネーム)を使っていますので、「私はタワシ」で検索してもわからないですが。
たまに、そこで書いていた以前の自分の日記を読み返すと、わずか二,三年前の出来事でも、当時のことが懐かしく思い出されるものです。

先ほども2007年の自分の日記を読んでいました。
この年の9月にピアノサークル(コミュニティ)のオフ会で、初めて人前で演奏していたんですね。
もっとも教会の奏楽者(礼拝のピアノ担当)としては長いキャリアがあるけれど、実際のところそれはまったく別の話です。
7月に見学者としてこのサークルに行き、レベルの高さに圧倒されていたので、かなり意気込んでいましたが、それが完全に裏目に出ました。
演奏した曲はショパンのマズルカ・ロ長調と「谷川を慕う鹿のように」というワーシップ(現代風の賛美歌)です。
特にショパンは、過度の緊張のためにそれはもう惨憺たる出来になりました。
ステージがあるわけでも、何百人の人の前で弾いているわけでもないのに。
ライトがやけにまぶしくて目が回りそうでした。
ひじから先が痙攣したように激しく震え、とても演奏できる状態ではなく、家ではちゃんと弾けているところを何度も音をはずし、何小節か弾き飛ばし、止まっては弾きなおし・・・たぶん聴いている人も、早く私の番が終わるように願っていたでしょうね。
賛美歌になって、教会でいつも弾き慣れている曲ということもあり、ようやく少し平静を取り戻した私でした。

こんなにもひどい演奏をしたのに、その後の懇親会での皆さんの反応も、その日記に寄せられたコメントも、予想外に暖かいものばかりだったので本当に救われました。
その時以来、いくつかのサークルで、人前で弾く機会を重ね、演奏技術は亀の進歩ですが、チキンハートのほうはかなり改善されてきたように感じます。
とはいえ、あまり緊張せず弾けるようになったのは「練習会」レベルまで。本格的なステージでの、きちんとした「発表会」という形では、まだまだとてもまともに弾く勇気がありません。

テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽




サイドメニュー ×
メニューA  メニューB

今日の練習メニュー  ×
<2月27日> ♪ソナチネイ短調 第1楽章(名倉晰)♪ソナチネハ長調 第2楽章(同) ♪高原の朝(奥村一) ♪おすまし(矢代秋雄)♪むかしばなし(同) ♪小さな花(シドニー・ベシェ) ♪テンダリー(ジャック・ローレンス)

にほんブログ村 ×

人気ブログランキング ×

FC2ブログランキング ×

FC2 Blog Ranking


FC2カウンター ×

カレンダー ×
01 | 2010/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -

最新記事 ×

リンク ×

(ページビュー)アクセスランキング ×

X(旧 TWITTER) ×

メールフォーム ×

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム ×

この人とブロともになる