FC2ブログ
『やさしい曲を美しく弾く!』が生涯の目標。ぶきっちょな独学アマチュアピアノ弾き(時々オカリナ吹き)の、ユルくて熱い音楽日記。
飽きっぽく、根性無しのタワシが、何とかがんばってピアノを続けていられるのは、ピアノのサークル(オフ会)でモチベーションをあげてもらっているのが大きいのですが、記念すべきオフ会デビューはいつだったかなと思い、調べてみました。
タワシは個人的には(帳面に書くスタイルの)日記はつけていないのですが、ミクシィには20006年から入っていて、比較的まじめに更新してます。
これまで参加したピアノのサークルは5,6だと思いますが、いずれもミクシィ経由で知ったところです。
というわけで以前のミクシィをチェックしたら比較的容易に、オフ会デビューの記録にたどりつきました。
以下、コピペになりますが紹介したいと思います。

      ♠♡♣♤♥♦♧♠♡♣♤♥♦♧♠♡♣♤♥♦♧♠♡♣♤♥♦♧♠♡♣♤♥♦

「●▲■会」のコミュのオフ会で,東京・上野の文化会館まで行ってきました~♪

会場にちょっと早く着きすぎてしまいました。
会場の隣の部屋が音楽資料室になっていて、音楽関係の本の閲覧やレコードの試聴などできるので、そこでいくらでも時間つぶしができるはずでしたが、悪いことに利用カードも運転免許証もウチにおいてきたことに気付きました。
天気も良いし(ちょっと暑すぎたけど)上野の森の散策でも、と,歩き出した私。

そういえばすぐ近くに美術館があるのだったと思いだしそちらへ向かうと、ムンク展のポスター発見。しかしよく見ると予告でした。
がっかりしつつも常設展だけでも見るかなあ,ととりあえず入館。ありがたいことに,入館料サービスデーでした。ビンボー人には大いなる恵み。神様ありがとう。しかも来場記念品までもらっちゃいましたよ☆

秋葉原(TXの終点)の大型電器店でピアノを試奏させてもらって指鳴らしもOK。上野の美術館で美術鑑賞もして心も豊かに。かくして例会に臨んだタワシでしたが…

会場は2回目で雰囲気もつかめているし,メンバーも顔なじみの人が多くて、これなら,あがらないで弾けるかも、と思ったのですが、甘かったです。
心臓バクバク、手足ガクガク、スタートからいきなりコケて弾きなおしましたが、一曲目のショパンのマズルカは、最後までボロボロでした。家で練習していてもこんなにひどい事はまずないのに。弾きながら悲しくなってしまいました。よほど途中でやめようかと思ったくらい。
でも2曲目は、教会でいつも弾いている賛美。{神様お願いします~私を支えて!}と祈りながら弾きました。破裂寸前だった心臓も少しずつおさまり,なんとか最後まで弾き切ることはできました。でもやはり教会や家で弾くときのように,弾きながら礼拝するところまでは行けなくて残念でした。せっかくいい音で鳴る楽器(スタインウェイ)だったのに。

実は当日の朝まで選曲には迷っていました。「タンゴ・アン・スカイ」という曲を弾くつもりでいましたが、やっぱりたまにはクラシックを弾きたいなという誘惑に負けました。
そしてやっぱり私にはクラシックは無理だ~ということを認識したのでした。
(時間が余ってお遊びで弾いたジャズのスタンダードナンバー「嘘は罪」は久しく弾いてないにしてはいい出来でした。)

でもこんなボロボロの私の演奏でも、気に入ってくださる方がいたのです。かけていただいた暖かいおことば、決して忘れません。大恥をさらした今回の発表会でしたけど、そのひとことのおかげで、来てよかったと心から思えました。

もしまた演奏させていただける機会があれば、苦手なクラシックでリベンジするか、弾きなれたポップスピアノ路線にするか。いろいろ考えるのもなかなか楽しいものですね。
  
   ♠♡♣♤♥♦♧♠♡♣♤♥♦♧♠♡♣♤♥♦♧♠♡♣♤♥♦♧♠♡♣♤♥♦

いかがですか~
緊張でガチガチになった様子が少しでも伝わればと思います。
ちなみにこの日弾いたショパンのマズルカというのは 第39番 ロ長調 作品63の1です。
じつはこの曲 今もきれいに弾けません。
もっと易しい曲があっただろうに・・・。

ここのサークルは今では会員400人を越える大所帯でレベルもかなり高いです。
以前は、本文中にあるように、上野の文化会館の4階、音楽資料室の隣の部屋で、無料でスタインウェイを弾かせてくれるサービスがあり、会費ただで参加できるなんともありがたいサークルでした。
諸事情でこの会場が使えなくなってからは、会場も会の雰囲気も変わり、日程が仕事とちょうど被ったりせいもあってあまり参加できてません。
でも初参加のこの場所で、皆さんにあたたかく迎えてもらえたからこそ、今の自分があるのかも、と思い、心から感謝しています。
都合が合えば、また顔を出したい集いです♪