FC2ブログ
『やさしい曲を美しく弾く!』が生涯の目標。ぶきっちょな独学アマチュアピアノ弾き(時々オカリナ吹き)の、ユルくて熱い音楽日記。
タワシの趣味のひとつに、弾き(け)もしない楽譜を眺めること、というのがあるのだけど、まあ一応学生時代は音楽鑑賞専門のサークルにいたわけですので、そのとき以来、三日坊主なタワシには珍しく、長続きしている趣味ともいえます。
しかし楽譜はなかなか高い買い物なので、倹約生活中の身としては早々買うわけにも行かず・・・そんなタワシにありがたいのが無料楽譜のサイトです。
自分が実際に演奏する楽譜をDLするよりは、何か面白いもの転がっていないかなあという好奇心で、あてもなく覘(のぞ)くことのほうが多いのです。

今日はフェリックス・メンデルスゾーンのページをこれといった目的もなくうろうろしていて、なかなか面白いものを見つけました。
有名なホ短調のヴァイオリン協奏曲作品65をピアノ連弾用にアレンジしたもの。
現代の感覚から言うと、そんなもの連弾で弾いてどうするの~という気がしなくもないんだけど・・・
管弦楽曲をピアノソロとか連弾とかで弾こうというならわかりますが、他の楽器のコンチェルトをこんな形で演奏するなんて、めったにやりませんよね。
レコード(このことばからしてもはや死語?)もない時代、人々は演奏会に実際に行くのでなければ、こんな楽譜を演奏するしか、どんな曲なのかを知る由もなかったのでしょうね。

でもこれを実際ピアノ1台(4手とはいえ)でやるとどんな音になるのかなあ・・・楽譜を見たところ、基本的に、プリモがソロヴァイオリン、セコンドがオケパートという役割分担ができているようですが、プリモは第1楽章終盤の往復のアルペッジョ(スピッカートというんでしたかね)をえんえんとと左手でひきつづけるのがかなり疲れそう・・・

https://urresearch.rochester.edu/institutionalPublicationPublicView.action?institutionalItemVersionId=9345
これがその楽譜です。(adobeのアイコンが3つ並んでいる一番上「score」の列をクリックしてくださいね)
興味のある人はぜひいちど見てみてください。弾ける人はぜひぜひ物は試しで弾いてみてください。

FC2blog テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

【2010/04/26 23:04】 | 未設定
トラックバック(0) |

メンデルスゾーン
ととひもも
ヴァイオリン協奏曲好きです。
4大ヴァイオリン協奏曲のなかで、一番好きですv-364
ちなみに、2番はチャイコフスキーe-420
早速、ダウンロードしました。
教えてくださり、ありがとうございます。

No title
私はタワシ
ととひももさま>
はじめまして。
訪問&書き込みしてくださり、こちらこそありがとうございます。
お役に立てて私もうれしく思います。

ととひももさんのサイトにもお邪魔させていただきました。
歴史お好きなのですね。私も大好きなんです、ロマンを感じます♪

また遊びに来てくださいませ。今後ともよろしくお願いします。

コメントを閉じる▲