fc2ブログ

ようこそ!タワシワールドへ♪

『やさしい曲を美しく弾く!』が生涯の目標。ぶきっちょな独学アマチュアピアノ弾き(時々オカリナ吹き)の、ユルくて熱い音楽日記。

指定期間 の記事一覧

笛とピアノ

2010.05.05 (Wed)
GWも今日で終わりですね。
お天気にも恵まれた昨日、タワシは愛用のティンホイッスルをかばんに入れ、市内のとある公園まで自転車で行ってきました。
ティンホイッスルははもともとはアイルランドの民族楽器、ティン(錫=すず)製のとてもシンプルな縦笛です。
タワシの使っているのは2,3000円の入門者用でプラスチックの歌口がついたニッケルメッキのホイッスル。
表に6つの穴があるだけで、小学生の使うリコーダー以上に簡素なつくりです。
愛用の、と書いたわりには、日ごろ部屋の片隅で忘れられていて、今回久々に登場。
こんな練習不足では当然ながら、演奏レベルはいつまでたっても入門者級と思われます・・・
でも青空のもとで楽器を演奏するのって気分がいい。
キーボードならともかく、ピアノでは、まずこの快感が味わえないのが残念ですね。

ところでピアノは、歌や管楽器などと違い、呼吸(ブレス)をすることなく演奏を続けることが可能な楽器です。でもそれだけに往々にして、フレーズ感のない演奏に陥りやすい。
特にタワシのように伴奏をする者(タワシは教会で伴奏をしています)にとって、呼吸が感じられないピアノを弾くことは致命的欠陥です。
前の教会でも先輩の奏楽者から、呼吸、呼吸!とうるさいくらいに言われ続けて・・・
そのために、ピアノの練習だけでなく、声楽とか、管楽器をやるといいのだそうです。
といっても経験もないフルートやオーボエやサックスなどを、楽器を買うお金もないのに始めるというわけも行かず・・・
楽器代もお手ごろなティンホイッスルやオカリナが、わが友になっています。呼吸が大事なのはこれらの楽器でも同じですから。

ホイッスルの練習から帰ったあとの、昨夜のピアノ練習は、いつもよりちょっとフレーズを意識して演奏できたかな って気がします。
 | HOME |