{やさしい曲を美しく弾く!}が目標。ぶきっちょな独学アマチュアピアノ弾きの日々。

友を持てば、世界が広がる!

タワシが、、東京で某ピアノサークルの例会を見学して刺激を受け、ピアノ(特にクラシックピアノ)を、もういっぺん本気でやり直してみようと思うようになってから、3年余りが経ちました。
3年間でどれだけ成長できたでしょう。技術的には、まあちょっとは進歩したかもしれないけれど、残念ながらその進歩は、客観的に見て、微々たるもののような気がします・・・
(指導やアドバイスしてくださっている方々、ほんとに申しわけないっす~)

でも確実に、タワシの音楽の世界は広がりました!
聴くほうも、演奏するほうも。
時代やジャンルの守備範囲がぐっと広くなりました。

タワシはもともと19世紀ロマン派の音楽が大好き。それも壮大な交響曲、管弦楽曲よりは、器楽曲や室内楽の愛らしい小品が好きです。
その好みは基本的には今も変わっていませんが、
以前はそれ以外のジャンルの曲を、あきらかに聴かず嫌い、弾かず嫌いしてました。
たとえば作曲者の生没年を見て、時代の古い人、新しい人は、それだけでアウトだったんです。
今はバロック以前の曲も少しは聴きますし、20世紀にもいい曲がたくさんかかれたことがよくわかりましたし、また以前は苦手だったクラシックの歌もの(声楽曲)ともだいぶ距離が縮まりました。

世界を広げてくれたのは、ずばり、友の存在です。
この3年間に限っても、
ミクシィや外部ブログなどのオンラインの世界でも、そしてピアノのコミュニティのオフ会や練習会などのオフラインの世界でも、多くの音楽仲間とのすばらしい出会いがありました。
古楽通の人、バロックや古典派が心の故郷という人、近現代モノが得意な人。
さらにピアノに限らず、他の楽器や声楽をやっている人ともお近づきになり、伴奏やアンサンブルを楽しんだりもするようになりました。
声楽をしている人と付き合って自分の歌がうまくなるわけでもないし、ヴァイオリンやフルートを演奏する友だちができたからといって自分がその楽器をやってみようとさえ思わないのですが、それでも確実にその出会いを通して、自分の興味の対象が広がり、時には新しいレパートリーの開拓につながったりしています。

これからもいろんな人、いろんな音楽との出会いが待っていると思うと、わくわくしますよね。
友を持てば、世界が広がります♪
プロフィール

私はタワシ

Author:私はタワシ
ぶきっちょな独学のアマチュアピアノ弾き。デジピ族。一応女性。
クラシックピアノの王道からは外れまくりですが、自由気ままなピアノライフを楽しんでます。
特技は捏造、ミスタッチ量産。
プロテスタント教会で奏楽者(礼拝讃美歌や聖歌隊の特別讃美の伴奏)をつとめています。
笛も好きで、時々リコーダーやオカリナなどを吹いて遊んでます。
これまでの経歴など、詳しくは当ブログの「自己紹介」カテゴリの記事を参照してください。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
今日の練習メニュー
<7月10日> ♪マズルカ Op.63-3 ♪同 KKⅣb Nr..4(ショパン) ♪「小組曲」より、インテルメッツォ、マズルカ1(ボロディン) ♪「ロンドン音楽帳」より、アンダンテ(モーツァルト)
にほんブログ村
人気ブログランキング
FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking

FC2カウンター
リンク
(ページビュー)アクセスランキング
カレンダー
06 | 2010/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
TWITTER
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる