fc2ブログ
ようこそ!タワシワールドへ♪
『やさしい曲を美しく弾く!』が生涯の目標。ぶきっちょな独学アマチュアピアノ弾き(時々オカリナ吹き)の、ユルくて熱い音楽日記。

プロフィール ×

私はタワシ

Author:私はタワシ
ぶきっちょな独学のアマチュアピアノ弾き。デジピ族。一応女性。
クラシックピアノの王道からは外れまくりですが、自由気ままなピアノライフを楽しんでます。
特技は捏造、ミスタッチ量産。
プロテスタント教会で奏楽者(礼拝讃美歌や聖歌隊の特別讃美の伴奏)をつとめています。
最近始めたNAF(ネイティヴアメリカンフルート)の姿かたちと音色にゾッコン。学生時代からオカリナも好きです(現在の使用楽器はヒロミチオカリナとフォーカリンク)。
これまでの経歴など、詳しくは当ブログの「自己紹介」カテゴリの記事を参照してください。


最新コメント ×

カテゴリ ×

月別アーカイブ ×

「シューマンの年」に~二人の兵士・ピアノソロver
【2010/07/22 09:55】 未設定
皆さまご承知のとおり、今年はショパンと並んで、シューマンの生誕200年でもあります。
ある程度予想できたこととはいえ、同じくアニヴァーサリ・ーイヤーといってもショパンの盛り上がりように比べて、シューマンのそれはかなり地味だなあと言う印象は否めませんね。
とはいえ、最近、ブログ村のピアノランキングの記事のタイトルを見ていると、シューマンの名前も目立つようになってきたような気がします。
ということで,ショパンのマズルカ嬰ハ短調の練習に、少々行き詰まり気味のタワシ、気分転換にシューマンをなんか弾いてみるかと思い立ちました。
といっても、シューマンって日ごろあんまり弾かないんですよ~。とても有名な「子供の情景」と、ちっとも有名でない「アルバムブレッター」という小品集から数曲ずつ弾いたことがある程度でしょうか。

というわけで今タワシが練習中の曲が、なんとこれ。
二人の兵士 Op49-1 (YOUTUBE)
この歌曲の、ピアノソロバージョンです。
以前に知人のお子さんが参加していたピアノ発表会に行った時、中学生くらいの男の子が弾いてた記憶があります。
と言っても、そのバージョンの楽譜が見つからなかったので、原曲の楽譜を見ながら弾いているのですが。リストの編曲みたいに、ピアニスティックに凝ったアレンジもできませんし、そもそもそんなの到底弾けないので、オリジナルに忠実に、歌のパートと伴奏をできるだけ拾っているという感じでしょうか。発表会で聴いた演奏もそんな感じでした。
特別シューマンらしい曲とは思いませんが、彼の歌曲の中ではもっとも有名なもののひとつらしいです。コントラストのはっきりした曲なので弾きがいはありますね。最後にフランス国歌ラ・マルセイーズが、もろにそのまんま引用されます。堂々と弾くとなかなかカッコイイです。
歌詞はナポレオンに忠誠を誓う二人の兵士が、フランスがロシア軍に敗れ皇帝がとらわれたことを聞き、悲嘆にくれるという内容で、有名な詩人ハイネの作です。
しかし歌詞の中に(このフランスの一大事に)妻子が何だ、飢えるというなら乞食でもさせておくがいい、という内容の部分があったような記憶がありますが、今のこの時代からするといただけませんね~ 

それはさておき、せっかくなので録音しようと思ったのですが、毎度恒例のミスタッチはもちろん、止まる場面や怪しいところがありすぎて、今回は見送りました。
もうちょっと練習がんばって、そのうちぜひ・・・と思ってはいます。


テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽




サイドメニュー ×
メニューA  メニューB

今日の練習メニュー  ×
<2月27日> ♪ソナチネイ短調 第1楽章(名倉晰)♪ソナチネハ長調 第2楽章(同) ♪高原の朝(奥村一) ♪おすまし(矢代秋雄)♪むかしばなし(同) ♪小さな花(シドニー・ベシェ) ♪テンダリー(ジャック・ローレンス)

にほんブログ村 ×

人気ブログランキング ×

FC2ブログランキング ×

FC2 Blog Ranking


FC2カウンター ×

カレンダー ×
06 | 2010/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新記事 ×

リンク ×

(ページビュー)アクセスランキング ×

X(旧 TWITTER) ×

メールフォーム ×

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム ×

この人とブロともになる