fc2ブログ
ようこそ!タワシワールドへ♪
『やさしい曲を美しく弾く!』が生涯の目標。ぶきっちょな独学アマチュアピアノ弾き(時々オカリナ吹き)の、ユルくて熱い音楽日記。

プロフィール ×

私はタワシ

Author:私はタワシ
ぶきっちょな独学のアマチュアピアノ弾き。デジピ族。一応女性。
クラシックピアノの王道からは外れまくりですが、自由気ままなピアノライフを楽しんでます。
特技は捏造、ミスタッチ量産。
プロテスタント教会で奏楽者(礼拝讃美歌や聖歌隊の特別讃美の伴奏)をつとめています。
最近始めたNAF(ネイティヴアメリカンフルート)の姿かたちと音色にゾッコン。学生時代からオカリナも好きです(現在の使用楽器はヒロミチオカリナとフォーカリンク)。
これまでの経歴など、詳しくは当ブログの「自己紹介」カテゴリの記事を参照してください。


最新コメント ×

カテゴリ ×

月別アーカイブ ×

歌えない左手~シューマン「二人の兵士」練習続き・・・
【2010/07/24 06:58】 未設定
シューマンの「二人の兵士」(ピアノ独奏バージョン)の練習は、まずは順調に進んでいます。
旋律も親しみやすくクシンプルだし、場面転換のとてもわかりやすい曲で、曲想の変化を堂々と、大胆に弾くことさえできればほとんどうまくいくといってもよさそう。
もともとピアノ曲ではないけれど、結構いい曲(しかも自分の演奏技量にも似合った)を見つけてきたなあと、満足しています。
が、部分的には、自分でアレンジしたくせに思うように弾けない箇所があるのです。
それは原曲では(poco a poco agitato)と表示があり、三連符で伴奏をするところ。最初は右手でメロディーと伴奏を両方弾こうとしたのですが、ごちゃごちゃした印象になるので思い切って旋律を左手に移してみました。
アレンジとしては悪くないと思ったのですが、自分で演奏すると・・・う~ん、かなり微妙。
何が悪いかというと「左手が歌えていない」のです。同じようなフレーズ(変形されてはいますが)を一度目は右手で弾くだけに、その差が際立つようです。
右手で弾いているときは、かなり細かなニュアンスの変化まで表現できてわれながらいい雰囲気。
でも左手で旋律を弾くと、無表情というわけではないのですが、なんかかなり硬くてぎこちない。
写真で言うとカメラの画素数が少なすぎて、画面が粗いっていう感じなのです。
タワシは右利きなので、左手が右手ほど自由に動いてくれないことは当然かもしれませんが、これはどうあっても練習で極力克服しておきたい弱点ですね。
やっぱりバッハをきちんとやってないツケでしょうか。今からでもインベンションでもやったほうがいいのかなあ・・・

テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽




サイドメニュー ×
メニューA  メニューB

今日の練習メニュー  ×
<2月27日> ♪ソナチネイ短調 第1楽章(名倉晰)♪ソナチネハ長調 第2楽章(同) ♪高原の朝(奥村一) ♪おすまし(矢代秋雄)♪むかしばなし(同) ♪小さな花(シドニー・ベシェ) ♪テンダリー(ジャック・ローレンス)

にほんブログ村 ×

人気ブログランキング ×

FC2ブログランキング ×

FC2 Blog Ranking


FC2カウンター ×

カレンダー ×
06 | 2010/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新記事 ×

リンク ×

(ページビュー)アクセスランキング ×

X(旧 TWITTER) ×

メールフォーム ×

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム ×

この人とブロともになる