「夏の練習会」終了。ちょっと悔しい出来だったけど・・・

行ってきましたよ、夏の練習会。
なんといきなり道に迷い、遅刻する(といっても着いたときはウォーミングアップの途中で、何とか本番には間に合いましたが)という失態。茨城の田舎者には、渋谷はあまりに大都会だったのでした・・・。

今回のオフ会は、某SNSのコミュニティ(サークル)の中の企画なのですが、このSNS自体mixiなどに比べて年齢層が高いため、昨日の会も平均年齢はやや(?)高く、自己紹介を聞いていても、仕事をリタイヤ(定年退職)してピアノを始めたり再開したというかたが多かったです。
でも30代以下の若い方々もあり、文字通り世代を超えて音楽を楽しみました。
歌ありヴァイオリンもありの、なかなかバラエティに富んだプログラムでした。

タワシは予告どおり、ブルータンゴのボサノババージョンと、宝塚のテーマ曲「スミレの花咲く頃」、ともに自分のオリジナルアレンジで演奏しました。
でも結果から言うと、特にボサノバは、危惧していたとおり、いつも家で練習していたのが電子ピアノのエレピ音色だったため、立派なSteinwayのピアノとはギャップが大きすぎて、戸惑っているうちに、終わってしまった感じでした。
やっぱり悔しいなあ・・・
クラシックと違って、ミスってもごまかしが利きやすいですし、そもそもこのオリジナルバージョンは編曲した本人しか知らないので、聴いた人の印象は悪くないようでしたが、
やっぱり練習の成果を出し切れなかったことは、残念です。
本番に弱いタワシ・・・一度でいいから、持っている力を100パーセント出してみたいと願っていますが、まだ道のりは遠いようです。

でも、昨日は新しいピア友さんも出来たし、何より、参加者の方々のひたむきにピアノに向かう姿に心打たれました。
演奏途中で記憶が飛んで弾きなおしたり、途中で演奏中止してしまった方もありましたが「練習会」って本来こんなものですよね。(タワシもいっぱいトチり、数回弾きなおしたりもしましたが何とか最後までいけました)
でも今回ほとんど唯一、以前からのお知り合いだったHNミースミースさんなどは、余裕で、アルベニスやショパンの美しい演奏を聴かせてくださいました。
こんなふうに曲のレベルや演奏のできばえは、さまざまなものがありましたけれど、みなさん本当に真剣に音楽に向きあっているのが伝わってきて、お世辞・社交辞令一切抜きで感動しました。

タワシは自分で少々アレンジをするということで、「そんなふうに自由に弾けたら、さぞ楽しいでしょうね」と、複数のかたから言っていただきました。
緊張でいっぱいいっぱいの状態でも、楽しそうと思えてもらえたのなら、ちょっとは進歩したかな?
また次回の集まりに期待します♪

テーマ : ピアノ
ジャンル : 音楽

        
*プロフィール

私はタワシ

Author:私はタワシ
ぶきっちょな独学のアマチュアピアノ弾き。デジピ族。
クラシックピアノの王道からは外れまくりですが、自由気ままなピアノライフを楽しんでます。
特技は捏造、ミスタッチ量産。
プロテスタント教会で奏楽者もつとめています。
これまでの経歴など、詳しくは当ブログの「自己紹介」カテゴリの記事を参照してください。

        
*最新記事
        
*最新コメント
        
*カテゴリ
        
*月別アーカイブ
        
*フリーエリア
        
*ただいま練習中!
<6月11日> ♪詩人の魂(トレネ) ♪マリウ、愛の言葉を(ビクシオ) ♪ダイアモンドの雨(ワルトトイフェル) ♪Let us Serve Him(Don Besig)(聖歌隊の伴奏)
        
*にほんブログ村
        
*人気ブログランキング
        
*FC2ブログランキング
        
*FC2カウンター
        
*(ページビュー)アクセスランキング
        
*リンク
        
*カレンダー
07 | 2010/08 | 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
        
*TWITTER
        
*メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

        
*amazon
        
*楽天市場