FC2ブログ
『やさしい曲を美しく弾く!』が生涯の目標。ぶきっちょな独学アマチュアピアノ弾き(時々オカリナ吹き)の、ユルくて熱い音楽日記。
一昨日の日曜は、教会にゲスト講師が来られてメッセージ(説教)をしてくださいました。
いつもどおり礼拝中の賛美歌の伴奏や前奏後奏もしましたが、さらに{特別賛美」の時間に、ゲストの牧師先生の二人の子供(小学生)が、オカリナの二重奏を披露し、タワシがその伴奏を務めさせていただきました。
曲は「よろこびの歌」・・・ベートーベンの第9交響曲のフィナーレの、あのあまりにも有名なメロディーです。
可愛いきょうだいの息の合ったアンサンブル、オカリナのやわらかく澄んだ音色に、伴奏しながら思わず聞き惚れてしまいました。もちろん、主役たちを引き立てるように、ピアノは極力つつましくシンプルに、弾きましたよ。
小さな音楽家たちの名演奏に、暖かい拍手がかんにおくられていました。

礼拝の賛美歌の伴奏を除けば、久々の伴奏やアンサンブルの体験。
やっぱりソロでバリバリ弾くより、誰かと共同作業で音楽を作っていくのは楽しいなあと、改めて思ったタワシでした。
オカリナは自分でも演奏するので、オカリナ三重奏なんかでも楽しかったかな。
次回アンサンブルする機会は、某アンサンブルサークルの、夏の例会のはず。しかし、みなさん忙しいのかまだ日程のめども立っていません。
あ~、早くみんなと音遊びがしたいよ!