FC2ブログ

ようこそ!タワシワールドへ♪


『やさしい曲を美しく弾く!』が生涯の目標。ぶきっちょな独学アマチュアピアノ弾き(時々オカリナ吹き)の、ユルくて熱い音楽日記。


プロフィール

私はタワシ

Author:私はタワシ
ぶきっちょな独学のアマチュアピアノ弾き。デジピ族。一応女性。
クラシックピアノの王道からは外れまくりですが、自由気ままなピアノライフを楽しんでます。
特技は捏造、ミスタッチ量産。
プロテスタント教会で奏楽者(礼拝讃美歌や聖歌隊の特別讃美の伴奏)をつとめています。
オカリナ吹きます(「フォーカリンク」と「アケタ」を使ってます)。時々、リコーダーやティンホイッスルなども。
これまでの経歴など、詳しくは当ブログの「自己紹介」カテゴリの記事を参照してください。


最新記事


最新コメント


カテゴリ


月別アーカイブ



Calender

08 | 2010 / 09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

今日の練習メニュー

<11月11日> ♪「無言歌集」より「なぐさめ」「タランテラ」(メンデルスゾーン) ♪悲しい夢(ドイツ民謡) ♪50のソルフェージュ(トスティ)(抜粋) ♪コブルゲルマーチ(作曲者不詳)


にほんブログ村


人気ブログランキング


ピアノランキング


FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking


FC2カウンター


リンク


(ページビュー)アクセスランキング


カレンダー

08 | 2010/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


TWITTER


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる





「らぁめん会」の皆さんの厳しくも暖かいミニレッスンを終え、タワシはいよいよ「ピアノの発表会」コミュの月例会の会場である、新宿御苑のスタジオを目指します。
時間には十分余裕をもって出たはずですが、会場の地図がいまいちわかりにくいせいもあり、方向音痴のタワシは目的地近くで迷子になってしまいました。スタジオに電話しようとしたとき、なんとコミュの主催者さんと偶然に遭遇。一緒に小走りで会場へ。
しかし、日ごろ運動不足なのと、寄る年波(泣)のせいで、タワシは汗びっしょり、すっかり息があがってしまいました。
非常に悪いことに、タワシはこの日のトップバッターだったのでした。
呼吸が整わないまま出番になってしまい、とっさに思いついたのは、負担の多いクラシックは捨てて易しいポピュラー形の曲を弾くこと。
時間が余って2巡目を弾けそうなときのために、タンゴとカンツォーネの楽譜を1冊ずつ持っていました。カンツォーネの中から「ピノキオへの手紙」という子供向けのかわいらしい曲を選んで弾きました。
正直言って技術的にはバイエルレベルの易しさ。いくら緊張してても、息が上がっていても、さすがにこれくらいはタワシにも弾けます。
初めて触れるこのスタジオのスタインウェイは、タワシにとってはとても弾きやすく、反応のいい楽器でした。

という訳であとは皆さんの演奏を鑑賞するのに専念。
ここのサークルは日程の都合で参加できない回が続いていましたが、プログラムだけは毎回チェックしていて、とてもハイレベルなのはよくわかっていました。
今回も、
トゥリアーナ(アルベニス)ゴイェスカス(グラナドス) ダンス(ドビュッシー)などなど 皆さん練習中といいながらも完成度の高い見事な演奏を聴かせてくれました。
特にトリをつとめた母娘デュオ(連弾)のグリークは圧巻でしたよ。
やっぱりタワシの曲、演奏はともかく難易度の点では浮きまくりだわ~↓↓

さて会は順調に進み、時間が少々余ったので希望者は2曲目を弾けることに。
せっかくらぁめん会でS師匠たちがレッスンしてくれたのに、ここで弾かないで帰っては申し訳ないような気がして、勇気を出して挙手し、J.C.バッハのソナタニ長調作品5-2、第1楽章を、弾いちゃいました。
細かいミスタッチや音抜けはいまさらいうまでもなくたくさんたくさんあったけど、それは家で弾いていてさえそうです。
それでもミニレッスンの成果は確かにありました。チキンなタワシにしてはほとんど奇跡ですが、人前演奏の緊張感もさして感じることなく、響きを楽しみながら弾けました。曲の各部分の性格もしっかりと出せたと思います。

遠方な上、翌日に仕事を控えているため、2次会は残念ながら辞退しましたが、終了後何人かの人に温かい言葉をかけていただきうれしかったです。
特に1曲目のカンツォーネは、クラシック畑の人には珍しい選曲で興味があったのか、なかなかの反応でした。
「易しい曲を美しく弾く」のを極めてみるのもひとつの道かな、とさえ思う、タワシでありました。
かくして、音楽三昧の充実の一日が、幕を閉じました・・・

ジャンル:音楽 - テーマ:ピアノ

未設定 / 18:01 / TB[0] / CM[14]



 +