FC2ブログ
■2010年10月

■「エリート・シンコペーション」~練習初日に録音してみたら

富山への帰省旅行を終え、昨日から平常モードに入っているタワシです。
5日間ピアノを弾けなかった反動で、昨日はめちゃめちゃモチベーションあがっていました。
仕事があったにもかかわらず、朝練と夜練あわせて5、6時間くらいはやったのではないかしら。
この情熱がずっと続いてくれればいいのですけどね~

帰りの道中、「ブック○フ」の半額セールで楽譜を3冊ゲットしてきましたが、そのうちの一冊、「スコット・ジョプリン作品集」のなかから、「エリート・シンコペーション」という曲を弾いてみました。
今回、練習初日(昨日)の録音を無謀にもアップしてみます。
かなりひどいです。当然のことながらミスタッチが山のごとくあります。
あと、これは曲の前半部分のみです。最後の1ページが、とてもじゃないが人前にさらせる出来になりませんでしたので(恥)。

ジョプリンといえばラグタイムですね。
代表作「エンターテイナー」を聴いたことのない人は、ほとんどいないといっていいのではないでしょうか。
ジャズのルーツのひとつとも言われているラグタイムですが、クラシックと同じようにきちんと記譜されています。でも、熟練した人は、自在に即興を加えたりもしているようですね。
練習初日で、目が楽譜に釘付け状態、手元を見る余裕さえなかったタワシですが、ほんのちょっとでもラグタイムの楽しい雰囲気が出ていたら幸いです。
余談ですが、タワシは、練習の最初の段階から、できるだけ曲想をしっかり出すように心がけてます。演奏の方向性が決まらないと、まともに練習できないので。ミスタッチをできるだけ無くすのは最終作業です。そして情けないことに、そこまで行き着くことはごくまれです・・・

ではでは、雑音?(騒音?)覚悟でお聴きください。


[VOON] エリート・シンコペーション・練習

プロフィール

私はタワシ

Author:私はタワシ
ぶきっちょな独学のアマチュアピアノ弾き。デジピ族。一応女性。
クラシックピアノの王道からは外れまくりですが、自由気ままなピアノライフを楽しんでます。
特技は捏造、ミスタッチ量産。
プロテスタント教会で奏楽者(礼拝讃美歌や聖歌隊の特別讃美の伴奏)をつとめています。
オカリナ吹きます(「フォーカリンク」と「アケタ」を使ってます)。時々、リコーダーやティンホイッスルなども。
これまでの経歴など、詳しくは当ブログの「自己紹介」カテゴリの記事を参照してください。

月別アーカイブ

今日の練習メニュー

<9月13日> ♪「無言歌集」より 後悔、悲しい心、巡礼の歌(メンデルスゾーン) ♪二つのドイツ舞曲より第1番、バガテルp.33−6(ベートーヴェン) ♪「フレースエーの花々」より フレースエーの教会で、あいさつ(ペッテション=ベリエル)

にほんブログ村

人気ブログランキング

FC2ブログランキング

FC2カウンター

(ページビュー)アクセスランキング

カレンダー

09 | 2010/10 | 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

TWITTER

follow me

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム