fc2ブログ

ようこそ!タワシワールドへ♪

『やさしい曲を美しく弾く!』が生涯の目標。ぶきっちょな独学アマチュアピアノ弾き(時々オカリナ吹き)の、ユルくて熱い音楽日記。

指定期間 の記事一覧

スケール(音階)が下手だと,古典派には致命的orz。。。

2010.10.18 (Mon)
最近,当ブログのみ(!)で話題の「ローマのギター」、着々と仕上がってきました。
といっても、曲の雰囲気はつかめたものの相変らずミスタッチが多く、しかも派手に目立つので,録音する気が萎えてしまうのです・・・。録音リクエストしてくださった方,気長にお待ちを・・・♪

さて、タワシは毎日クラシックと、それ以外のポピュラー系の曲を少しずつでも弾くことにしています。
音楽をこんなふうに二分することには、さして意味もないのですが、単なる慣例です。
クラシックはここのところ、モーツァルトとJ.C.F.バッハ(大バッハの息子達のひとり)のソナタをずっと弾いてます。
モーツァルトはK330のハ長調、J.C.F.バッハは「6曲のやさしいソナタ集」から同じくハ長調,
どちらもこのジャンルのなかでは、技術的に相当易しい曲です。
楽譜もスッキリ、このタワシですら初見でもかなりサラサラと気持ちよく弾けます。
(どうでもいいけれどモーツァルトのK330と,クレメンティのソナチネOp36-3はよく似ているなあ)

でもこれらの曲をひそかに(?)録音して自分で聴いてみたところ、かなりげんなりしました。
はっきり言って、めっちゃ下手だ~。
ピアノを始めて日の浅い子供が、必死におけいこしている状況にしかきこえませんでした(泣)
特に気になったのは、スケール(音階)。粒が揃ってなくて不安定なんです。
スケールといえば音楽の基本中の基本なのに!これは情けないです。
特に、(もちろん,どの時代、どのジャンルの曲でもそうなのですが)古典派の曲でスケールが下手だとものすごーく目立つような気がします。

このトシになってもう手遅れかもしれないけど,
これから日々,音階の練習をせねば・・・
と,いまさらながら思うタワシでありました・・・
 | HOME |