FC2ブログ





子供向けの小品で磨く!近代的な和声センス 

愛用のパソコンの死亡でちょっと落ち込んでいたタワシですが、昨日新しいパソコン(といっても中古のXP機ですが)が無事届き、順調にさくさく動いています。元気で長生きしておくれよ!

さてこのブログ、カテゴリのところで、クラシック曲については一応時代別に分けているんですが、こうしてみると近・現代が少なすぎ・・・
いわゆる前衛音楽みたいなのは生理的にもまったく受け付けないので、それはまあいいとしても、印象派も含めての近・現代がこの少なさではちょっとさびしいかなと思いました。
ポピュラー、特にヒーリングミュージック系の即興演奏も、ほんのちょっとだけたしなむタワシですが、そんなとき、やっぱりもうちょっと近代的な和声のセンスを、自分の引き出しの中に蓄えておきたいなと思うことが時々あります。
かといって、印象派以降の曲って、技術的にもタワシには荷が重いものが多いし、そもそも譜読みが大変!
何かいい方法はないかと思っていたんですが、手持ちの楽譜をぱらぱらと見つめていて、意外とよさそうと思ったのが、カバレフスキーの、子供向けの小品集。
ネッ友さんでも、何曲かご自身の演奏でアップしている方がいますが、古典派やロマン派とは一味違う和声の使い方、子供向けとはいえなかなか新鮮で、さすがに20世紀の所産だなあと思いました。
これはちょっと真剣にやってみる価値ありかも。
バルトークなんかにも初心者でも弾けてなかなか面白い作品がありますね。要チェキです♪

でもこれから仕上げなきゃならない曲がいっぱいあるというのに、また新しい曲に手を出すのかタワシ!
相変わらず音楽に関しては、気が多いデス・・・
[ 2010/10/20 11:20 ] 未設定 | TB(0) | CM(12)