FC2ブログ
■2010年11月

■またまた新曲挑戦&譜めくりの話

朝から気持ちの良い青空が広がっています。台風一過が遅れてやってきたのかな?
気分もいいので(?)、今日から、またも、新曲の練習を始めました。
ボロディンの小組曲から「マズルカ ハ長調」です。
原曲はピアノ独奏曲ですが、YouTubeで見つけた、グラズノフ編曲によるオケバージョンがなかなか雰囲気が出ていて良かったので貼り付けておきます。
(全7曲からなる組曲すべてが、3分割されて収録されています。
マズルカハ長調は「2/3」の最初の曲です)
合わせて原曲の楽譜も見れるので一石二鳥?



Borodin/Glazunov - Petite Suite (2/3)

楽譜を見ていただければわかるように、特別に弾きにくい箇所もなく技術的難度は低目かと・・・
こういう民族色濃厚でリズミックな曲が得意の人は、たぶん初見でも相当弾けるのではないでしょうか。



さて今日は、この曲とは何の関係もないですが、譜めくりについて話したいと思います。
突然ですが皆さん、譜めくり 上手くできますか?
タワシはぶきっちょなせいか、譜めくりがとても下手なんですよ。
某オフ会のとき(←悲愴の第2楽章弾いてた)途中までとっても調子が良かったのに、譜めくりに失敗して、それをきっかけに動揺して以後大崩壊、という苦い経験があります。
このときはペラのコピー譜を譜面台に並べていたんですが、楽譜をずらそうとした弾みに次に弾くべきところのコピー譜が飛んでいってしまい、めちゃくちゃ焦りました。
実はほとんど暗譜していて、楽譜は「お守り」感覚だったんですが、お守りがなくなるとこんなにも心が騒ぐものなんでしょうか。(ちなみにタワシはこう見えてもクリスチャンなので神社などのお守りは一切持たない主義です!)

これは極端な例としても、家で録音とかしているときも譜めくりのタイミングを逸して曲が止まってしまい録り直し、というのはザラにあります。
やっぱりコピーを譜面台に載せておくほうがいいのかなあ。
でも、オフ会、発表会などを見ていると、譜めくりをひとに頼む人もいますが、自分で、上手に抜かりなく楽譜をめくっている人も相当いますね。何かコツがあるんでしょうか。

プロフィール

私はタワシ

Author:私はタワシ
ぶきっちょな独学のアマチュアピアノ弾き。デジピ族。一応女性。
クラシックピアノの王道からは外れまくりですが、自由気ままなピアノライフを楽しんでます。
特技は捏造、ミスタッチ量産。
プロテスタント教会で奏楽者(礼拝讃美歌や聖歌隊の特別讃美の伴奏)をつとめています。
オカリナ吹きます(「フォーカリンク」と「アケタ」を使ってます)。時々、リコーダーやティンホイッスルなども。
これまでの経歴など、詳しくは当ブログの「自己紹介」カテゴリの記事を参照してください。

月別アーカイブ

今日の練習メニュー

<9月13日> ♪「無言歌集」より 後悔、悲しい心、巡礼の歌(メンデルスゾーン) ♪二つのドイツ舞曲より第1番、バガテルp.33−6(ベートーヴェン) ♪「フレースエーの花々」より フレースエーの教会で、あいさつ(ペッテション=ベリエル)

にほんブログ村

人気ブログランキング

FC2ブログランキング

FC2カウンター

(ページビュー)アクセスランキング

カレンダー

10 | 2010/11 | 12
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

TWITTER

follow me

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム