FC2ブログ





え?プロ歌手の伴奏・・・ですか!? 

タワシの行っている、プロテスタント教会の牧師から電話がありました。
「次の日曜日(11月14日)こちらに来れませんか」
その日は、別の場所で礼拝に参加する予定がすでに入っていました。
が、とりあえず事情を伺うことに・・・
韓国人の信徒さんの知り合いで、元・フォーク系のプロの歌手だった人(今は、賛美歌を歌う「福音歌手」です)が、14日にウチの教会を訪問され、「特別賛美」ということで歌を披露してくださる、とのこと。
牧師先生は、その際に、なんと、このタワシに伴奏を頼みたいとおっしゃるのです!

ウチの教会は、毎週の日曜礼拝出席者が3,40名という、そんなに大きくもないところですが、ピアノ奏者は4人ほどいます。「ラ・カンパネラ」や「熱情」をすらすらと弾ける中学生の男の子を筆頭に。 
でも、自分で言うのもなんですが、なぜか牧師先生は、タワシのピアノをとても高く評価して、信頼してくださっています。
今回も「もし、タワシさんが伴奏してくれたらどんなにか・・・」とまで言って下さって・・・
なんか絶対過大評価されてる、とは思うのですが、それほど信頼してもらえることはやはりうれしく、当初の予定を変更して、14日の伴奏の件をお受けしました。もちろん礼拝の通常プログラムの奏楽も、合わせて承諾しました。

当日どんな曲を歌うのか、そもそも考えてみたら、そのかたの性別、年齢さえも、聞いていませんでした。
日曜の朝、ちょっとリハーサルをしていきなり本番になりそうです。
プロの歌い手さんの伴奏なんて、さすがに初めてのこと。
ホールでのコンサートなどではなく、いつもどおりの教会の礼拝の中での演奏、とはいえ、さすがに緊張します!
神様がタワシの指を動かしてくださいますように、その歌い手のかたと、うまく合わせることができますように、今から祈るのみです!
ブログ仲間の皆さんも、どうかどうか、心の中で応援していてくださいませ。
[ 2010/11/11 23:21 ] 未設定 | TB(0) | CM(14)