FC2ブログ

ようこそ!タワシワールドへ♪


『やさしい曲を美しく弾く!』が生涯の目標。ぶきっちょな独学アマチュアピアノ弾き(時々オカリナ吹き)の、ユルくて熱い音楽日記。


プロフィール

私はタワシ

Author:私はタワシ
ぶきっちょな独学のアマチュアピアノ弾き。デジピ族。一応女性。
クラシックピアノの王道からは外れまくりですが、自由気ままなピアノライフを楽しんでます。
特技は捏造、ミスタッチ量産。
プロテスタント教会で奏楽者(礼拝讃美歌や聖歌隊の特別讃美の伴奏)をつとめています。
オカリナ吹きます(「フォーカリンク」と「アケタ」を使ってます)。時々、リコーダーやティンホイッスルなども。
これまでの経歴など、詳しくは当ブログの「自己紹介」カテゴリの記事を参照してください。


最新記事


最新コメント


カテゴリ


月別アーカイブ



Calender

10 | 2010 / 11 | 12
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

今日の練習メニュー

<11月11日> ♪「無言歌集」より「なぐさめ」「タランテラ」(メンデルスゾーン) ♪悲しい夢(ドイツ民謡) ♪50のソルフェージュ(トスティ)(抜粋) ♪コブルゲルマーチ(作曲者不詳)


にほんブログ村


人気ブログランキング


ピアノランキング


FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking


FC2カウンター


リンク


(ページビュー)アクセスランキング


カレンダー

10 | 2010/11 | 12
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -


TWITTER


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる





いよいよ今日は、礼拝でプロの歌い手さんの伴奏をする日。
十分に睡眠をとって万全の体調で臨みたかったけれど、遠足前の子供のように(!?)、緊張で、胸が高鳴って、早く目が覚めてしまいました。
アパート住まいゆえ、あまり早朝から練習するのも(もちろんヘッドホンで練習してますが、打鍵の音やペダル踏む音など)近所迷惑かなあと思い、ネットサーフィンをしていたところです。

この機会に、教会のピアノ奏者ということにつき、かなりの皆さんに誤解されているようですので、今日はその実態をお話しようと思います。
最初にお断りしておきますが、カトリックとプロテスタントの違いははもちろん(タワシはカトリックの教会には一度も行ったことがありません)プロテスタントの教会の中でもその教会教会により、賛美(音楽)のスタイルは千差万別です。
タワシが今まで行ったことのあるプロテスタント教会だけでも、その場その場で曲も演奏スタイルもバラバラでした。
なので今回は、タワシが今行っている教会についてのみお話しますね。

よくある誤解として典型的なものは、パイプオルガンでバッハのような荘厳な曲を弾いているのをイメージされてしまいますが・・・
実際にはパイプオルガンなんて大きくて恐ろしく高価なものを備えている教会、日本にはそうそうありません!普通あるのは「リードオルガン」という小型のものです。
そして実はタワシが今まで行った教会の中では、このリードオルガンさえ使っているところはありませんでした。
皆、ピアノ、電子ピアノ、キーボードです。
そして曲や場面にもよりますが、ギター(エレキ、アコースティック)、ベース、ドラム、キーボードなどの楽器と一緒に、いわゆるバンド編成で演奏することが多いです。特に礼拝前の「準備賛美」ではこういうスタイルのところが多いそうです。
曲は最近作られた、現代ポップスふうの賛美歌、いわゆる「ワーシップ」(または「プレイズソング」)で楽譜もポピュラーふうのCメロ譜(メロディーとコードのみの楽譜)が一般的です。
ウチの教会の場合、準備賛美はバンドスタイルで、礼拝本番の式次第の中では、曲は伝統的な賛美歌、楽器もピアノのみです。賛美歌は、原則として混声四部合唱のスタイルでしっかりと楽譜が書かれています。

あと、教会の礼拝堂は音響がすばらしくってうらやましい、ということもよく言われるんですけど、それもごくごく一部の、りっぱな教会に限ったことです。
タワシが以前通っていた教会はかなり大きなところでしたが、それでも、閉店した中華料理店を買い取って改造したので、音響はちっとも良くなくて、聖歌隊メンバーはいつも「空間に声が吸い取られるー!」とこぼしていましたよ。

とまあこんな感じで、
「音楽的に恵まれた環境の中、オルガンの伴奏で、敬虔なるキリスト教徒たちが、おごそかに賛美している」
という図を想像された方、残念ながらかなり実態と違っております。
いや、なかには日本にも、本当にそういう教会もあるのでしょうが。
タワシはいまだ経験したことがありませんです・・・


ジャンル:音楽 - テーマ:ピアノ

未設定 / 07:22 / TB[0] / CM[16]



 +