FC2ブログ

ようこそ!タワシワールドへ♪

『やさしい曲を美しく弾く!』が生涯の目標。ぶきっちょな独学アマチュアピアノ弾き(時々オカリナ吹き)の、ユルくて熱い音楽日記。

プロフィール

私はタワシ

Author:私はタワシ
ぶきっちょな独学のアマチュアピアノ弾き。デジピ族。一応女性。
クラシックピアノの王道からは外れまくりですが、自由気ままなピアノライフを楽しんでます。
特技は捏造、ミスタッチ量産。
プロテスタント教会で奏楽者(礼拝讃美歌や聖歌隊の特別讃美の伴奏)をつとめています。
最近始めたNAF(ネイティヴアメリカンフルート)の姿かたちと音色にゾッコン。学生時代からオカリナも好きです(現在の使用楽器はヒロミチオカリナとフォーカリンク)。
これまでの経歴など、詳しくは当ブログの「自己紹介」カテゴリの記事を参照してください。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

■「インドの歌」~身の丈に合った曲を弾く~(ちょびっと録音あり)

2010/11/26 18:08

短くて技術的に簡単な曲ばかり手がけているためか、新曲に手を出すペースだけは、なかなかのもの(!?)なタワシです{←ちゃんと弾けるようになるかどうかは別の話!}
というわけで今日からまたまた新しい曲。
リムスキー=コルサコフのオペラ「サトコ」の中で歌われるアリア「インドの歌」の、ピアノソロバージョンです。
下に、オーケストラの演奏ですが、YouTubeに音源があったので、貼り付けておきますね。


インドの歌(リムスキー=コルサコフ)

エキゾチックで神秘的な、独特のムードを持つ曲ですが、例によって例のごとく(!?)楽譜は比較的すっきりシンプルで、テクニック的にはソナチネレベルで十分に弾けると思います。
でもその分、いかににこの独特の雰囲気を表現できるか、が勝負の曲ですね。

ところで、この曲が特別そうだ というわけでもないのですが、
最近のタワシは、クラシックにせよポピュラーにせよ、自分の身の丈に合った選曲、つまり自分の実力や適性にふさわしい曲を選ぶのが、ちょっぴり上手になったような気がします。
普通にピアノのレッスンを受けている人の、一般的なレパートリーとはちょっと違うけれど。
それもまた個性のうちで、いいのではないかなあ、と思えるようになりました。
正統派の、シリアスでまじめな、いかにもクラシック音楽らしい曲より、民族色濃厚の、いわゆる土の香りのする音楽のほうが、ずっと相性がいいみたいです。
亀の子タワシには、やっぱり泥(土)が似合うんでしょうね(笑)!

<追記>
今日は仕事がお休みでけっこう練習時間が取れましたので、その成果(?)ということで、最初と最後だけをつないだダイジェスト版(爆)を公開しちゃいます。
開始早々ミスタッチしてたりしますが、大目に見てください。練習初日なので。これで限界ですぅ・・・


[VOON] SONG OF INDIA(練習)
未設定TB:0CM:14

今日の練習メニュー

<3月2日> ♪快い旋律(ダカン) ♪クーラント(リュリ) ♪「青の洞窟」にて♪デルヴィッシュ(レビコフ) ♪ソナタ47番 Hob.XVI/32〜第2楽章メヌエット(ハイドン) ♪はじめのワルツ ふたつめのワルツ 小さなモーツァルトの演奏(ミニョーネ) ♪悲しみ(エルウェル) ♪トッカティーナ(風)(フリード) ♪国王の詔(ウェールズ民謡)

にほんブログ村

人気ブログランキング


ピアノランキング

FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking

FC2カウンター

リンク

(ページビュー)アクセスランキング

カレンダー

10 | 2010/11 | 12
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

TWITTER

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Copyright(C) 2006 ようこそ!タワシワールドへ♪ All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.