FC2ブログ

ようこそ!タワシワールドへ♪


『やさしい曲を美しく弾く!』が生涯の目標。ぶきっちょな独学アマチュアピアノ弾き(時々オカリナ吹き)の、ユルくて熱い音楽日記。


プロフィール

私はタワシ

Author:私はタワシ
ぶきっちょな独学のアマチュアピアノ弾き。デジピ族。一応女性。
クラシックピアノの王道からは外れまくりですが、自由気ままなピアノライフを楽しんでます。
特技は捏造、ミスタッチ量産。
プロテスタント教会で奏楽者(礼拝讃美歌や聖歌隊の特別讃美の伴奏)をつとめています。
オカリナ吹きます(「フォーカリンク」と「アケタ」を使ってます)。時々、リコーダーやティンホイッスルなども。
これまでの経歴など、詳しくは当ブログの「自己紹介」カテゴリの記事を参照してください。


最新記事


最新コメント


カテゴリ


月別アーカイブ



Calender

11 | 2010 / 12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

今日の練習メニュー

<11月11日> ♪「無言歌集」より「なぐさめ」「タランテラ」(メンデルスゾーン) ♪悲しい夢(ドイツ民謡) ♪50のソルフェージュ(トスティ)(抜粋) ♪コブルゲルマーチ(作曲者不詳)


にほんブログ村


人気ブログランキング


ピアノランキング


FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking


FC2カウンター


リンク


(ページビュー)アクセスランキング


カレンダー

11 | 2010/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


TWITTER


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる





今回の練習会でも、毎度恒例のS師匠のスーパーレッスン(笑)しっかり受けてきました!
師匠は人に教えることが根本的にお好きなようです。「指導の成果で音が変わっていくのがわかるときはとても嬉しい」、と以前語っていたのを覚えています。

今回はバッハ、モーツァルト等の大作曲家の曲ではなく、セブラックとピエルネのささやかな小品、しかもピエルネにいたっては子供向けの易しい曲でしたが、課題は多かったです・・・

まずはセブラックの「休暇の日々」第1曲「シューマンへの祈り」。
8分の6拍子で、ゆったりとした付点リズムにのって、優しい旋律がうたわれる、穏やかな曲です。
タワシは8分の6拍子が好きでとっても気持ちよく弾けるのですが、でも6拍目が短すぎ(次の小節に早く入りすぎ)という指摘を受けました。いわれてみれば少しそんな傾向があるかも。
でも意識しぎると逆に音楽の流れが止まってしまいます。その辺のバランスが難しいです。
しかし全体的には、まずまずいい感じのようで、ほっと一息。ミスタッチはいつものことながら多いので、これからの練習で減らしていきたいです。

そしてついでに(ほとんど戯れで)弾いてみたピエルネの子供向けの小品「鉛の兵隊の行進」。この曲で師匠が思いがけなくレッスンモード継続中だったので、いろいろアドバイスをしていただきました。
ちなみに鉛の兵隊の行進ってどんな曲だかわからない方もおられると思うので、YouTubeで音源を探したんですけど見つからず。
かといって「タワシ演奏」を貼り付けても作曲者と曲に失礼ですので、ちょっとだけですが試聴できるサイトを見つけました。
下の「曲目リスト」の9番をクリックすると冒頭の45秒ほど聴けます。
キューピー3分クッキングのテーマ「おもちゃの兵隊」(イエッセル作曲)等と同様、おもちゃの人形が隊列をなして行進する様子を描写した曲なんですね。
http://www.hmv.co.jp/product/detail/1975115

レッスンの一番のポイントは、曲想が変わるところで「音の色」を変えるということでした。
繊細なタッチコントロールはやっぱりデジピに慣れちゃうと難しいですね。
もちろんそれまでも音色を変えたい、という意識は持っていなかったわけではないのだけれども。
グランドピアノで弾いてみると、悲しいかな、ほとんど同じ色のまま強弱がついているというだけでした。
場面転換の意識をもっと明確に持つと同時に、やっぱりもっと本物のピアノに触れる必要が必要なのかもしれないなあと思うタワシでした。

あとは、強調すべき特徴的なリズムが、無造作に流れてしまっていたり・・・
それから最後のpppがどう頑張っても、せいぜいただのpになってしまって、気にしていたのですが、なんとこれはタワシの「オーバーアクション」が原因でした。
とにかく音を出すにも、脱力するにも、身体で拍子をとるにも、動きが無駄に大きいタワシです。
無駄な動きを少なくして鍵盤と指を密着させたら、ずいぶん違いました。
高いところから勢いよく指を落とせば強い音が鳴るのは小学生でもわかることなのに。
指摘されるまで気づかなかったタワシは、やっぱり「何も考えてなさそーな人」と師匠にいつも言われるだけのことはありますネ(苦笑)。

まあ、それでも総合すると、なぁんにも考えてない割には、音楽的に変な方向に行ってはいないようです。
まずはよかったよかった。

最後に、ピエルネの作品をお聴きください。クラリネットのための小品「カンツォネッタ」です。
昔タワシが持っていたクラリネット小品集の中に入っていて、結構お気に入りだった曲です。
いかにもフランスの作曲者が書きそうな作品という気がするのですがいかがでしょうか?
YouTubeで検索していたら久々に再会したので懐かしいわ~♪

ジャンル:音楽 - テーマ:ピアノ

未設定 / 16:17 / TB[0] / CM[6]



 +