FC2ブログ

ようこそ!タワシワールドへ♪


『やさしい曲を美しく弾く!』が生涯の目標。ぶきっちょな独学アマチュアピアノ弾き(時々オカリナ吹き)の、ユルくて熱い音楽日記。


プロフィール

私はタワシ

Author:私はタワシ
ぶきっちょな独学のアマチュアピアノ弾き。デジピ族。一応女性。
クラシックピアノの王道からは外れまくりですが、自由気ままなピアノライフを楽しんでます。
特技は捏造、ミスタッチ量産。
プロテスタント教会で奏楽者(礼拝讃美歌や聖歌隊の特別讃美の伴奏)をつとめています。
オカリナ吹きます(「フォーカリンク」と「アケタ」を使ってます)。時々、リコーダーやティンホイッスルなども。
これまでの経歴など、詳しくは当ブログの「自己紹介」カテゴリの記事を参照してください。


最新記事


最新コメント


カテゴリ


月別アーカイブ



Calender

11 | 2010 / 12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

今日の練習メニュー

<11月2日> ♪「無言歌集」より「なぐさめ」「信頼」「岸辺にて」(メンデルスゾーン) ♪悲しい夢(ドイツ民謡) ♪浜辺の歌(成田為三〜服部隆之編) ♪世界民謡全集・イタリア篇、イギリス篇より抜粋


にほんブログ村


人気ブログランキング


ピアノランキング


FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking


FC2カウンター


リンク


(ページビュー)アクセスランキング


カレンダー

11 | 2010/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


TWITTER


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる





最近、「ティンホイッスル」の教則本を買いました。
ティンホイッスルとは、アイルランドやイングランドの民族楽器で、小学校で使うリコーダーよりもっとシンプルな作りの縦笛です。
Tin.jpg

タワシは数年前にこの楽器をインターネットで注文しました。何でもいいので民族楽器と呼ばれるものをやってみたかったけれど、せっかく買ってモノにならないともったいないので、確実に鳴らせてしかもお値段の安いもの、ということで検討したら、これに行き着きました。
リコーダーよりシンプルな楽器ですから、当然音は苦労せず出ますが、(楽器はなんでもそうですが)一流の演奏家が演奏するといい味が出るんですよね~
でもただ練習すればうまくなるというものではなく、とくに「民俗音楽っぽく」鳴らすにはコツが必要。そういう点も含めてお勧めのテキストが、しかも日本語で出ているというので、口コミに後押しされて買ってみました。
「地球の音色」という本です。
地球の音色 ティン・ホイッスル編(CD付)改訂版地球の音色 ティン・ホイッスル編(CD付)改訂版
(2010/04/20)
hatao(畑山 智明)

商品詳細を見る


まだチラッと目を通したところですがとてもよさそうです。
デザインもすっきりしていて見やすいし、巻末の楽譜集は、取り外して使うこともできます。
また、演奏のHOW TOだけでなく、アイルランド音楽についての基礎知識などの記事も充実していて、読み物としても楽しめます。
とくにいいなあと思ったのは「コラム」です。
ティンホイッスルだけでなく、ピアノやそのほかの楽器にも大いに通じるところがあって、いろいろ学ぶことがありました。

中でも一番印象に残ったのは、
「音楽は楽器の中にあるのではなく、演奏者自身の中にある」という言葉。
安物のデジピでの練習に限界を感じ、「どうせうちにはこんな楽器しかないから」と、すぐ言い訳の切り札にしてきたタワシには、大いに心に沁みました・・・
もちろんいい楽器は、使いこなせれば、自分の中にあるものを引き出すときに、忠実に自分の意志に答えてくれますが、でもまず自分のうちに「表現したい音楽」がなければ、どんな銘器もただの箱や管ですよね!

その他にも
「耳を鍛えましょう。自分の演奏や人の演奏に耳を傾ける習慣は、とても大切です。・・・自分自身が最良の先生であるようにしましょう」
「自分の演奏の中で、考えられるすべての要素を意識化しましょう。無意識に無意味なタンギングをつけたり、ヴィブラートをかけてはいませんか?」
「無意味に装飾音を詰め込まないようにしましょう。装飾音に意味を込めてシンプルに演奏しましょう」
などなど、楽器は異なっても、音楽の根本は、同じだなあと実感。

ティンホイッスルの実践のほうはまだまだこれからというところですが、来年はピアノだけでなくこっちもレベルアップしたいものです。(今はほんとに初歩の初歩ってところです)
そして他の楽器をやることでピアノにとって大事なことも見えてくることがあるかもしれない。相乗効果にひそかに期待してたりします。

<追記>ティンホイッスルってどんな音がするのかご存じない方も多いと思うので、Youtubeから、タワシのお気に入りの演奏をひとつ紹介します。


「Si Bheag Si Mhor」(「大きな妖精、小さな妖精」)という曲です。
オキャロラン という盲目のハープ奏者の作と伝えられています。

ジャンル:音楽 - テーマ:音楽のある生活

未設定 / 10:48 / TB[0] / CM[11]



 +