fc2ブログ

ようこそ!タワシワールドへ♪

『やさしい曲を美しく弾く!』が生涯の目標。ぶきっちょな独学アマチュアピアノ弾き(時々オカリナ吹き)の、ユルくて熱い音楽日記。

指定期間 の記事一覧

新春初録音♪「カルメン・シルヴァ・ワルツ」

2011.01.03 (Mon)
昨年末からの仕事疲れが若干残っていますが、ブロ友さんたちからいい刺激を受けたおかげか、タワシのピアノ愛は年明けそうそう、かなーり高まっています。
そんな中、皆さんから、「タワシ録音」を楽しみにしているという、ありがたいコメントを多数いただきましたので、頑張ってみました。
ニューイヤーといえばワルツ、ということで、
しかもあんまり月並みな曲じゃないほうがタワシらしくて面白いかなと思いまして、
選んだ曲が・・・

イヴァノヴィッチ作曲「カルメン・シルヴァ・ワルツ」

「ドナウ河のさざなみ」というとても有名なワルツがありますが(タワシが小学6年生のころ、クラスにこの曲を弾ける女の子がいてちやほやされていた記憶が・・・ちなみにタワシはその頃はとうに、音楽教室をドロップアウトしてたのです)、その作曲者イヴァノヴィッチの、かろうじてもうひとつ後世に残った作品が,この「カルメン・シルヴァ」です。

イヴァノヴィッチは1845年生まれのルーマニアの軍楽隊長にして作曲家。
350ほどあった作品は今はほとんど忘れられ、ほとんど「ドナウ河のさざなみ」1曲で音楽史に名前をとどめていますが,wikipediaによれば、このカルメン・シルヴァも「ごくまれに演奏される」とのことです。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A8%E3%82%B7%E3%83%95%E3%83%BB%E3%82%A4%E3%83%B4%E3%82%A1%E3%83%8E%E3%83%B4%E3%82%A3%E3%83%81
なお、カルメン・シルヴァとは、ルーマニア王妃・エリサベタが、、詩や小説を書くときのペンネームなのだそうです。

で、タワシの演奏ですが・・・
新年早々またまたお恥ずかしいものです。
例によって練習不足。。。
実は大晦日から本格的に練習を始めて3日目での録音です。
あ、でも、楽譜は前から持っていたので、ざっと譜読みして、ちょっと音出ししてみる程度のことは、前からありましたよ。
左手の伴奏を適当にごまかしたり、間違えているところが何箇所かあります。
あと、コーダに入る直前で、D-MAJORの和音を、指が滑ってD-MINORで弾いてしまいました(滝汗)。
ほんとにお恥ずかしい限りです。
でもタワシ的にはとっても楽しんで演奏できたので、その雰囲気だけでも伝わってくれたらいいなあ。
今回、音色はオルガン+ストリングスに設定しました。(完全にお遊び録音って感じですね)

ではでは、勇気のある方のみ、お聴きください。


[VOON] CARMEN SILVA
 | HOME |