fc2ブログ

ようこそ!タワシワールドへ♪

『やさしい曲を美しく弾く!』が生涯の目標。ぶきっちょな独学アマチュアピアノ弾き(時々オカリナ吹き)の、ユルくて熱い音楽日記。

指定期間 の記事一覧

シンプルさの落とし穴~グラナドス「ゴヤのマハ」再び

2011.01.26 (Wed)
アンダンテさん主催のピアノWEB発表会で、グラナドスの「アンダルーサ」やアルベニスの「タンゴ」を弾いている方がいらして、それを聴いているうちに「スペインものも、やっぱりいいなあ」と、個人的にスペインブーム到来中のタワシです。
例によって、弾けたらいいなと思う曲は山ほどあれど、力量的に自分で実際に弾ける曲となると、探すのに大変なくらいでして(泣)・・・
その中で見つけた貴重なレパートリーのひとつが、グラナドスの歌曲からの1曲「ゴヤのマハ」です。
過去にも一度日記に書いたことがあります。
http://watashiwatawashi.blog12.fc2.com/blog-entry-111.html

というわけで、約半年ぶりにこの曲弾いてみました。
これまたタワシのいつものパターン(?)ですが、楽譜見るととてもシンプルなのです。
110126_0929_01_Ed.jpg

ね?易しそうでしょう?
でもこのシンプルな楽譜から、ギターの爪弾きや甘い恋の歌が聴こえてくるような演奏にしようと思ったら、それはそれで結構大変です。
タワシ、まだまだそこまで行けてません。
そして、このシンプルなリズムパターンならではの落とし穴があるんですよ。
それは、<テンポをきちんとキープする>ことが意外に難しいこと!
1曲通して自分の録音を聴いてみると明らかに速くなってしまっています。
とくに後半は左手の跳躍が多くて、それが大の苦手なタワシはそこでスピードダウンするかと思いきや、逆になぜか、まさかの、意味のない加速??
実は結構あるんですよ、このパターン。難所に差し掛かると、早くそこをやり過ごしてしまいたいという心理が働くのか、かえってスピードが上がってしまい、普通に弾けば弾けるはずなのにかえって弾けなくしてしまっているという、悪いパターンが。
あと、途中で16分音符が出てくる箇所、ここも同様の理由でかえって速くなってしまっています。

で、タワシとしてはあまり好きな練習方法ではないのですが・・・
さすがに必要を感じましたので、メトロノームに合わせて弾いてみました。
デジピですのでメトロノーム機能がついています。うちではあまり出番のない機能で、最初は使い方もよくわからなかったりしたほどですが、何とか無事作動。
ハノンやチェルニーのような機械的な練習曲ならメトロノームも違和感ないでしょうが、ロマン派でしかも民族色の強い曲二メトロノームはやっぱりなじまないなあ。
でも不必要な加速を修正するには、やっぱり必要かもしれないですね。

かくして、独学ゆえの試行錯誤は続くのであった・・・。
 | HOME |