fc2ブログ
ようこそ!タワシワールドへ♪
『やさしい曲を美しく弾く!』が生涯の目標。ぶきっちょな独学アマチュアピアノ弾き(時々オカリナ吹き)の、ユルくて熱い音楽日記。

プロフィール ×

私はタワシ

Author:私はタワシ
ぶきっちょな独学のアマチュアピアノ弾き。デジピ族。一応女性。
クラシックピアノの王道からは外れまくりですが、自由気ままなピアノライフを楽しんでます。
特技は捏造、ミスタッチ量産。
プロテスタント教会で奏楽者(礼拝讃美歌や聖歌隊の特別讃美の伴奏)をつとめています。
最近始めたNAF(ネイティヴアメリカンフルート)の姿かたちと音色にゾッコン。学生時代からオカリナも好きです(現在の使用楽器はヒロミチオカリナとフォーカリンク)。
これまでの経歴など、詳しくは当ブログの「自己紹介」カテゴリの記事を参照してください。


最新コメント ×

カテゴリ ×

月別アーカイブ ×

最後(!?)のスタジオ練習~モシュコフスキの誘惑~
【2011/02/10 10:20】 スタジオ(Gpiano)練習
最後のスタジオ練習といっても、もちろんこれで一生スタジオで練習しないわけでなく、「おんそうず」本番前にスタジオに行くのはこれが最後、っていう意味です。
ウチからチャリンコで5分(信号に引っかからなければ)という近距離なんで、もっとこまめに通えばいいんですけどね~。万年、倹約モード中なのでそんなにそうそうは・・・(涙)

今日は思い切って屋根を全開にして弾いてみました。
演奏予定のシャンソンメドレーの3曲を数回練習して、まあまあそれなりに形になっているかナ・・・
と思えたので、一昨日誘惑に負けて弾き始めてしまった曲(2曲)を、今日もやっぱり誘惑に負けてグランドで練習しちゃいました。
つくづく意志が弱いなあ。
でもグランドピアノのタッチになれるという意味では無駄じゃないよね。
(と、自分を納得させつつ。)

タワシが誘惑に勝てなかった2曲とは・・・
1曲は、先ほどこのブログで紹介したポンセの「マズルカ第2番」、
そしてもう一曲は、モシュコフスキの「シチリアーノ」という小品です。

モーリッツ・モシュコフキ 1854~1925
ポーランドで生まれ、ドイツ、のちフランスで活躍した、ピアニスト兼作曲家です。
当時は偉大な音楽家として相当リスペクトされていたようですが、
こんにちではもっぱら、華麗な演奏効果と親しみやすい旋律を持つサロン風の小品で親しまれています。
Youtubeに音源がありましたので興味のある方は聴いてみてくださいね。

Moszkowski - Piano Concerto in E, Op. 59

タワシが練習中の「シチリアーノ」は、こんな華々しいコンチェルトとは打って変わって、彼の作品の中では(テンポが遅い分)たぶん一番易しい部類なのではないかと思われますが、やはりピアニスティックで和声のセンスもよく、素敵な曲です♪
でもやっぱり手ごわい・・・(汗)
今日で練習3日目・・・臨時記号に戸惑ったりして、とてもとても録音する気にもなれませんでした。
何とか人前演奏できるようになるまで当分かかりそうです。

あ、でも、おんそうず前々日の今は、とてもモシュコフスキどころではないはずですね・・・
合唱の練習もありますし。
意外な難しさに苦戦中です。とくに「手紙」!
どう考えてもピアノにも増して間に合わなさそうなので、とりあえず、出だしとサビだけはなんとかしようと思います。
あ、タワシはアルトです。高い声はでませんから。が、つられてソプラノ歌っちゃうかもしれません。

さてさて、この前も言いましたが当日のお天気どうでしょう?
不敬虔なタワシのお祈りは、効力薄そうです。
が、らべんだ~将軍の威光のほうは、期待できるかも。

最悪の場合でも、雨にも負けず、雪にも負けず、楽しみましょうね、皆様。

テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽




サイドメニュー ×
メニューA  メニューB

今日の練習メニュー  ×
<2月27日> ♪ソナチネイ短調 第1楽章(名倉晰)♪ソナチネハ長調 第2楽章(同) ♪高原の朝(奥村一) ♪おすまし(矢代秋雄)♪むかしばなし(同) ♪小さな花(シドニー・ベシェ) ♪テンダリー(ジャック・ローレンス)

にほんブログ村 ×

人気ブログランキング ×

FC2ブログランキング ×

FC2 Blog Ranking


FC2カウンター ×

カレンダー ×
01 | 2011/02 | 03
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 - - - - -

最新記事 ×

リンク ×

(ページビュー)アクセスランキング ×

X(旧 TWITTER) ×

メールフォーム ×

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム ×

この人とブロともになる