fc2ブログ
ようこそ!タワシワールドへ♪
『やさしい曲を美しく弾く!』が生涯の目標。ぶきっちょな独学アマチュアピアノ弾き(時々オカリナ吹き)の、ユルくて熱い音楽日記。

プロフィール ×

私はタワシ

Author:私はタワシ
ぶきっちょな独学のアマチュアピアノ弾き。デジピ族。一応女性。
クラシックピアノの王道からは外れまくりですが、自由気ままなピアノライフを楽しんでます。
特技は捏造、ミスタッチ量産。
プロテスタント教会で奏楽者(礼拝讃美歌や聖歌隊の特別讃美の伴奏)をつとめています。
最近始めたNAF(ネイティヴアメリカンフルート)の姿かたちと音色にゾッコン。学生時代からオカリナも好きです(現在の使用楽器はヒロミチオカリナとフォーカリンク)。
これまでの経歴など、詳しくは当ブログの「自己紹介」カテゴリの記事を参照してください。


最新コメント ×

カテゴリ ×

月別アーカイブ ×

サン・サーンス登場!マズルカ森は大にぎわい♪
【2011/03/09 10:35】 Classical music(ロマン派・国民楽派)
「おんそうず2」のタワシのソロですが・・・
「マズルカメドレー」と決めたまではよかったんですが、その先、つまり具体的な選曲のほうが、どうにもこうにもはかどっていません。
マズルカってショパン以外にもかなりいろんな作曲家が書いていることは重々承知していたのですが、調べていくうちに、どんどん弾いてみたい曲が増えてきちゃいました。
元来が素朴な民族舞曲ですから、ピアニストの腕前をこれでもか、と見せ付ける「超絶技巧系」の難曲は珍しく、タワシのつたない技術でも、がんばって練習すれば何とかなるかな?と希望の持てる難易度のものが多いんですよね。

もちろん選曲過程でいくつかの曲は候補から消去しました。たとえばあまりにショパンに似過ぎているスクリャビンの曲。きれいなんですけどね、これはボツにしました。
ショパン以外のマズルカを選曲するに際しては、「マズルカと言う枠の中で、どれだけ個性を出せるか」と言うこともポイントにしています。せっかくマズルカメドレーにさせていただく以上、マズルカと言っても国籍や時代でいろんなヴァリエーションがあるので、その違いを楽しんでもらいたいなと思っているからです。
その点で、ボヘミアの土の香りがしっかり感じられるドヴォルザークは一歩リードかな。ただ問題は、彼の作品で候補曲が2曲。どちらを採るか悩ましいです。

こんな選曲状況の中、実は数日前からまたまた新しい候補が浮上してまして・・・
それは「サン・サーンス」です!
ばんちゃんさんのレパートリーである「アレグロ・アパッショナート」という曲を書いたフランスの作曲家ですが、それよりもっと通りがいいのはチェロの名曲「白鳥」を作曲した人、と言えば誰もがわかりますね。
このサン・サーンスもマズルカを、複数遺しています。
タワシが弾いてみたのがこれ。
1919年の古ーい録音ですが・・・



サン・サーンス マズルカ第1番ト短調(YOUTUBE)

途中、何箇所か(ソナチネレベルのタワシにとっては)技術的に困難なところがありますが、何とか勢いでごまかせ・・・いや、乗り切れないものかと思ったりしてます(爆)。

しかしこんなふうに新候補がどんどん増えていったら、選曲作業終わらないですね。そろそろ新曲の情報収集は打ち止めにしないと。。。(笑)

テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽




サイドメニュー ×
メニューA  メニューB

今日の練習メニュー  ×
<2月27日> ♪ソナチネイ短調 第1楽章(名倉晰)♪ソナチネハ長調 第2楽章(同) ♪高原の朝(奥村一) ♪おすまし(矢代秋雄)♪むかしばなし(同) ♪小さな花(シドニー・ベシェ) ♪テンダリー(ジャック・ローレンス)

にほんブログ村 ×

人気ブログランキング ×

FC2ブログランキング ×

FC2 Blog Ranking


FC2カウンター ×

カレンダー ×
02 | 2011/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事 ×

リンク ×

(ページビュー)アクセスランキング ×

X(旧 TWITTER) ×

メールフォーム ×

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム ×

この人とブロともになる