fc2ブログ

ようこそ!タワシワールドへ♪

『やさしい曲を美しく弾く!』が生涯の目標。ぶきっちょな独学アマチュアピアノ弾き(時々オカリナ吹き)の、ユルくて熱い音楽日記。

指定期間 の記事一覧

春の珍事?タワシ、高速曲を弾く~メンデルスゾーン「紡ぎ歌」

2011.04.10 (Sun)
タワシは、バロックや古典派のテンポの遅い曲も苦手(曲のテンポと体内時計の波長が合わないようです)だけど、細かい音符を高速で弾かなくてはならない曲は、さらに苦手です。(遅いのも早いのも苦手でどうするんだ~!?)
頭の中では音楽がすらすらと淀みなく流れていくのですが、指がどうにもこうにも言うことをきかなくて。
子供のころ、ハノンやツェルニーのような機械的なエチュードを拒んだ結果だから、仕方がないのですけどね。
もちろん大人になってからもやり直すチャンスはあったはずですが、幼い心に刻まれたトラウマは根深かった・・・。

それでも最近は少しずつ、テンポの速い曲も練習するようになりました。
さすがにいまさら、つらい思い出しか残っていないハノンをやる気にはどうしてもなれず・・・
もっぱら実際の曲の中で、指をちょっとでも鍛えようとしてます。
(何を隠そう、モー様のソナタもハノン代わりに使っちゃっているという有様デス)

そんな中、昨日から練習を始めたのがこの曲。
メンデルスゾーンの無言歌の中の一曲、「紡ぎ歌」です。演奏時間2分くらいの短い曲ですが)



プレストのテンポで、終始一貫して16音符の細かいリズム(糸車の回る様子をあらわす)が刻まれ続けます。流麗で軽快で、しかも耳なじみがよくて理解しやすい曲ですから、器用な人には、何てことなくらくらく弾けると思います。
けれど、筋金入りのぶきっちょで、指が動かないタワシにとっては非常にキツイ曲。
まあ、キツイといっても、ハノンやチェルニーの機械的な練習をするのに比べたら、ずいぶん気持ちよく指の訓練ができますよ~!
実際、悪戦苦闘しながらも練習していて楽しいと思えましたもの♪
 | HOME |