FC2ブログ

ようこそ!タワシワールドへ♪


『やさしい曲を美しく弾く!』が生涯の目標。ぶきっちょな独学アマチュアピアノ弾き(時々オカリナ吹き)の、ユルくて熱い音楽日記。


プロフィール

私はタワシ

Author:私はタワシ
ぶきっちょな独学のアマチュアピアノ弾き。デジピ族。一応女性。
クラシックピアノの王道からは外れまくりですが、自由気ままなピアノライフを楽しんでます。
特技は捏造、ミスタッチ量産。
プロテスタント教会で奏楽者(礼拝讃美歌や聖歌隊の特別讃美の伴奏)をつとめています。
オカリナ吹きます(「フォーカリンク」と「アケタ」を使ってます)。時々、リコーダーやティンホイッスルなども。
これまでの経歴など、詳しくは当ブログの「自己紹介」カテゴリの記事を参照してください。


最新記事


最新コメント


カテゴリ


月別アーカイブ



Calender

04 | 2011 / 05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

今日の練習メニュー

<11月11日> ♪「無言歌集」より「なぐさめ」「タランテラ」(メンデルスゾーン) ♪悲しい夢(ドイツ民謡) ♪50のソルフェージュ(トスティ)(抜粋) ♪コブルゲルマーチ(作曲者不詳)


にほんブログ村


人気ブログランキング


ピアノランキング


FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking


FC2カウンター


リンク


(ページビュー)アクセスランキング


カレンダー

04 | 2011/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


TWITTER


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる





いまだに「ピアノと戯れるの会」の余韻が残っているタワシ。朝錬にも結構熱が入ってたりして。
現在は完全に独学のタワシ、モチベーションをキープするためにも、やっぱりこういう場に積極的に参加して、(恥をかいても)人前で弾き、いろんな人の演奏を聴き、そしてピアノ仲間と語り合うことをしなければ、と改めて認識してるところです。

今回、2次会(懇親会)は、遠方なので辞退しようと思っていましたが、夕飯も食べなきゃならないことだしせっかくの機会なので途中までだけでも、と参加しました。
会場は、多摩センター駅前のサイ○リア。お財布にやさしいのがうれしいですね~

二つのテーブルに分かれて座り、まずは、夜毎屋さん、シグさん、アンダンテさん、成瀬さん、それどさんと相席になりました。
次々とテンポよく運ばれてくるお食事に、テーブルの上が自転車操業状態!必死に食べまくるタワシでした…
もちろんお話のほうも大いに弾みました。
3つのブログを、日々コンスタントに更新し続けるアンダンテさんには、皆さん賛嘆のまなざし!
成瀬さんから聞いた、プロの伴奏者としてのウラ話も興味深いものでした。
途中から、戯れ会の主催者・ヨーコさん(プロのピアニストさんです!)が隣に座り、いまどきの音楽教育事情などいろいろ教えてくれました。
以前から聞いてはいましたが「音楽の道を本格的に歩むにはお金がすごくかかる」って本当なんですね。ビンボー人のタワシにはまったく別の世界の話で、ただただ圧倒されます。

ところで、今回も結果的にまたまたミスタッチ満載の情けない演奏をしてしまったわけですが、心優しきメンバーの皆様の間では意外と好評価で。。。
今回もまた「こんなに楽しそうに弾けるのは才能だ」みたいなことを言われましたよ(笑)
発言者の方によるとれっきとしたほめ言葉だそうで、ありがたく受け取ります(*^▽^*)
これネ、以前からいろんな人によく言われるの。
ピアノ弾いてる後ろ姿だけでも、楽しんでいる様子が伝わってくるそうです。そうかなぁ。
自分の演奏姿を録画してもらってみたことがありますが「ウワァ、姿勢悪っ!」としか思わなかったけどなあ。
しかしこの「楽しそうな演奏姿」ってもしかしたらタワシのほとんど唯一の取り柄かもしれないです。
長所は大事に伸ばさないとね。

というわけで、いつまでも、「音楽が大好き、ピアノが大好き」というこころを持ち続けたいなあ・・・と思っております。

<追記>
今回ご一緒したアンダンテさんの記事もあわせて読むと、当日の様子がよりよくわかっていただけると思います。

いいピアノ、いい音響、ピアノと戯れるの会

みんなほんとにピアノ好きなんだねぇ

タワシの名前も一部出てきてますがアンダンテさん絶対ほめすぎですから、割り引いて読んでくださいね!

ジャンル:音楽 - テーマ:ピアノ


 +