fc2ブログ

ようこそ!タワシワールドへ♪

『やさしい曲を美しく弾く!』が生涯の目標。ぶきっちょな独学アマチュアピアノ弾き(時々オカリナ吹き)の、ユルくて熱い音楽日記。

指定期間 の記事一覧

(録音あり)GIG,GAVOTTE. MENUETTO.今日はバロックDAYでした♪

2011.05.07 (Sat)
今日は仕事がオフ、でもお天気が今ひとつだったので、一日ほとんど家で過ごしました。
タワシはすっきりさわやか青空の日が大好きなのですが、ピアノの練習はちょっと天気悪い日のほうが(他にこれといってすることもないから)はかどるかもしれません。

音楽に関する限り、浮気性は治らず、なんとまたまた新曲にチャレンジです。
まずはトーマス・アーン(1710-1778)という人が書いた「Gig」(ジーグ)。
ジーグはイギリス由来の、速いテンポで活気にあふれた舞曲です。
バッハの「フランス組曲」など、バロック時代の組曲で終曲におかれることが多いです。
アーンのこの曲はバッハなどのものに比べて難易度はかなり低め。
楽譜も非常にすっきりしています。(16分音符は出てきません)
初見でさらっと弾けるかもと一瞬思ったけど、うぬぼれてましたね。さすがにぜんぜん無理でした。

アフター版があるのかどうかわかりませんが、ビフォー録音(練習一日目)よろしければ聴いてみてください。リピートしていないのですごく短いです(演奏時間1分!)
指がヨロヨロしてます。そのくせかなり焦ってしまい、不必要な加速をしたりしているので、いかにも落ち着きのない演奏になっています。
でも何せ初日なんで大目に見て下さるとうれしいです。



http://www.divshare.com/download/14778688-6f6

今日はそのほか、ヘンデルのガヴォットト長調(アイレスフォード組曲より)、同じくヘンデルのメヌエットヘ長調(コンチェルト第6番より)も練習しました。
メヌエットのほうは、オケバージョンで聴き覚えがありますが、楽譜を見るのはやはり今日が初めてです。

というわけで今日は、朝から一日ずっとバロックDAYのタワシでありました。
 | HOME |