FC2ブログ

ようこそ!タワシワールドへ♪


『やさしい曲を美しく弾く!』が生涯の目標。ぶきっちょな独学アマチュアピアノ弾き(時々オカリナ吹き)の、ユルくて熱い音楽日記。


プロフィール

私はタワシ

Author:私はタワシ
ぶきっちょな独学のアマチュアピアノ弾き。デジピ族。一応女性。
クラシックピアノの王道からは外れまくりですが、自由気ままなピアノライフを楽しんでます。
特技は捏造、ミスタッチ量産。
プロテスタント教会で奏楽者(礼拝讃美歌や聖歌隊の特別讃美の伴奏)をつとめています。
オカリナ吹きます(「フォーカリンク」と「アケタ」を使ってます)。時々、リコーダーやティンホイッスルなども。
これまでの経歴など、詳しくは当ブログの「自己紹介」カテゴリの記事を参照してください。


最新記事


最新コメント


カテゴリ


月別アーカイブ



Calender

04 | 2011 / 05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

今日の練習メニュー

<11月11日> ♪「無言歌集」より「なぐさめ」「タランテラ」(メンデルスゾーン) ♪悲しい夢(ドイツ民謡) ♪50のソルフェージュ(トスティ)(抜粋) ♪コブルゲルマーチ(作曲者不詳)


にほんブログ村


人気ブログランキング


ピアノランキング


FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking


FC2カウンター


リンク


(ページビュー)アクセスランキング


カレンダー

04 | 2011/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


TWITTER


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる





「おんそうず」関連の記事で少し間があきましたが、ヘンデル~ケンプの「メヌエットト短調」の話の続きをしたいと思います。
そこでも書いたように、タワシはずっとこの曲を、ケンプのアレンジのピアノ版だけで知っていました。
クラシックの分野で聴く音楽といえば、19世紀ロマン派の曲にかなり偏っていたので、バロックにはぜんぜん詳しくなく、原曲がどんな曲だか知らないばかりか興味もあまりない、というのが正直のところだったのです。

でも最近少しずつバロックにも目覚めつつあるタワシ、早速この曲の原曲について調べてみました。
今はインターネットが発達したおかげで、家にいながらにしてあっという間に調査完了!
この曲のもともとの姿は
「ハープシコード組曲」HWV 434,No.1
の、終曲だということが判明しました。
(同じ曲の第2楽章Ariaの旋律を元に、あのブラームスがヴァリエーション(変奏曲)を書いていたりもするんですね。ブラームスのほうも今度聴いてみよう♪)

HWV 434,No.1の調性は変ロ長調。
もちろんト短調とは近親調ですが、
他の楽章が長調で来ていて、最終楽章だけ短調で終わるのか・・・
短調の曲が,最後、長調で終わるのはよくあるパターンですが、それに比べてかなり珍しいような気がします。

それはともかく、原曲と編曲を比べての感想は、
本当に月並みですが、「編曲は徹底的にピアノ向けに書かれているなぁ」ということです。
原曲にない和音を重ね、現代ピアノならではのペダルを多用して、非常にロマン派的な響きを出しています。
これに比べると(当然予期できることですが)原曲は、シンプルで素朴な味わいです。
それでも根本的には、「バロックの曲としてはとてもロマン派的要素を感じさせるメロディーと和声だな」と、タワシは思いましたけど。
そうはいっても正真正銘バロックの曲です。ハープシコードの魅力を存分に味わえます。
装飾音の入れ方なども、編曲とは、対照的なくらいに違います。

無料楽譜サイトで、原曲の楽譜もチェックさせてもらいました。
便利な時代になったものだと再び実感しつつ。
そしてちょっと弾いてみました。
ケンプ編のアレンジのあとではやっぱり、ピアノで弾くには音が少なくさびしい感じは否めません。
でもこれ、いつか本物のチェンバロで弾けたらいいなあ。

ではでは、原曲のほうをYouTubeでお聴きください。なかなか素敵な演奏です。
メヌエットは8分30秒あたりから始まります。お急ぎの方はそこからどうぞ。



Handel Harpsichord Suite 1 in B flat major, HWV 434

ジャンル:音楽 - テーマ:クラシック


 +