FC2ブログ
プロフィール

私はタワシ

Author:私はタワシ
ぶきっちょな独学のアマチュアピアノ弾き。デジピ族。一応女性。
クラシックピアノの王道からは外れまくりですが、自由気ままなピアノライフを楽しんでます。
特技は捏造、ミスタッチ量産。
プロテスタント教会で奏楽者(礼拝讃美歌や聖歌隊の特別讃美の伴奏)をつとめています。
オカリナ吹きます(「フォーカリンク」と「アケタ」を使ってます)。時々、リコーダーやティンホイッスルなども。
これまでの経歴など、詳しくは当ブログの「自己紹介」カテゴリの記事を参照してください。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ

ガンバレ、左手君!

タワシは右利きなので、当然といえば当然かもしれないけど、左手が右手に比べて格段に、言うことを聞いてくれなくて苦労してます。

まず選曲の時点で、左手のせいでどれだけレパートリーが狭まってしまっているか。
新曲の楽譜にぱらぱらと目を通しながら、まず気になるのは左手の難易度。
速いパッセージが(数小節ならともかくも)延々と続いたり、和音が分厚く重ねられていたり、大きな跳躍が繰り返されたりしていたら、まずアウト。潔く(?)あきらめます。

でもこんなことで潔いのは、ちーっとも自慢になりません。
やっぱり左手ももうちょっと鍛えないとね。
ツェルニー先生をはじめ、古今東西のいろんな作曲家や音楽指導者の皆さんが、左手のためのエチュードを書いているんですね。
とはいえ、タワシのエチュード嫌いは、自他共に認めるひどいものがあります。
ならばやっぱり、実際の曲の中で鍛えるしかないわけで・・・
バロックの曲を中心に、今まで左手が難しいからという理由で避けていた曲たちも、ちょっとずつ、ゆっくりめのテンポで練習したりしています。

まだまだ右手と同じようにはいかないですけど、最近ちょっと左手でも「歌える」ようになってきたかなと思います。
ちょっと前までは動かない(指が廻らない)のもさることながら、左手が歌えないことですごく苦労していました。たとえばひとつの旋律を左手から右手へ、右手から左手へと受け継いで奏する場面とかで、右手は結構表情豊かに引けるのに左手はカチカチなので、つなぎ目が一目(耳?)瞭然・・・これはすごく困りますよね。
それがちょっとずつ改善してきているようなんです。
これも「バロック効果}なのかな?
右手と対等に動き(といって右手もタワシの右手じゃタカが知れてますが)歌える左手を目指して、さらに励みましょう!!

テーマ: ピアノ
ジャンル: 音楽

今日の練習メニュー
<1月26日> ♪「メサイヤ」より「ハレルヤ」(ヘンデル) ♪ああ麗しのべルメランド(スウェーデン民謡) ♪おどりたい と おもってはいるが・・・(細井勝美) ♪ふんじゃった猫のレントラー(国枝春恵)
にほんブログ村
人気ブログランキング

ピアノランキング
FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking

FC2カウンター
リンク
(ページビュー)アクセスランキング
カレンダー
04 | 2011/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
TWITTER
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる