FC2ブログ

ようこそ!タワシワールドへ♪


『やさしい曲を美しく弾く!』が生涯の目標。ぶきっちょな独学アマチュアピアノ弾き(時々オカリナ吹き)の、ユルくて熱い音楽日記。


プロフィール

私はタワシ

Author:私はタワシ
ぶきっちょな独学のアマチュアピアノ弾き。デジピ族。一応女性。
クラシックピアノの王道からは外れまくりですが、自由気ままなピアノライフを楽しんでます。
特技は捏造、ミスタッチ量産。
プロテスタント教会で奏楽者(礼拝讃美歌や聖歌隊の特別讃美の伴奏)をつとめています。
オカリナ吹きます(「フォーカリンク」と「アケタ」を使ってます)。時々、リコーダーやティンホイッスルなども。
これまでの経歴など、詳しくは当ブログの「自己紹介」カテゴリの記事を参照してください。


最新記事


最新コメント


カテゴリ


月別アーカイブ



Calender

05 | 2011 / 06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

今日の練習メニュー

<11月11日> ♪「無言歌集」より「なぐさめ」「タランテラ」(メンデルスゾーン) ♪悲しい夢(ドイツ民謡) ♪50のソルフェージュ(トスティ)(抜粋) ♪コブルゲルマーチ(作曲者不詳)


にほんブログ村


人気ブログランキング


ピアノランキング


FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking


FC2カウンター


リンク


(ページビュー)アクセスランキング


カレンダー

05 | 2011/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


TWITTER


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



月別アーカイブ

 2011年06月 



タワシの自己紹介には「ミミコピとアレンジで気ままに音楽を楽しんでいる」という内容のことがたいてい書いてあります。
でも最近ちょっと、「看板に偽りあり」かも。
げんに、このカテゴリの記事(アレンジ&ミミコピ)、ちっとも増えていないでしょ?

アレンジのほうは、本格的な勉強こそなかなかできないものの、即興演奏(らしきこと)はときどきやっているので、まあいいとして。
ミミコピはほんと、前に比べたりらやらなくなりましたね。
慣れで上手になっていく部分も多いから、このままではミミコピ能力がどんどん低下するかもしれません。

なぜミミコピをあまりやらなくなったのか・・・
理由ははっきりしています。
昔より、楽譜を入手するのがずっと簡単になったからです。
インターネットの無料楽譜サイトは、海外のも含めいくつも登録していて重宝していますし、図書館で楽譜を借りる(近所の図書館にないときは相互貸借の制度も)ことも覚えました。
mixiやネットで知り合ったピアノ仲間から、オンラインでもオフラインでも楽譜を見せてもらうこともあります。
必要なら数百円出せばたいていの曲はネットでDL(ぷりんと楽譜など)することもできます。
以前はこんな方法を知らなかったり不可能だったりしたので、お店に楽譜を買いに言ってなければ、ミミコピでがんばるしか、弾く方法がなかったのです。
でも 「のだめ」のように完璧にコピれるわけでは当然のことながらありませんので、ひどく適当なまま覚えてしまうわけですよ。
そうするとあとで楽譜が入手できても、指が間違った音で覚えてしまっていますから、修正するのはかなり大変です。
というわけで、とくにクラシックに関しては、できるだけいい加減なミミコピはしないようにしている、ということもあるのです。

それでもやっぱり、ミミコピは、できたほうが便利です。
教会で伴奏をするとき、普通の礼拝の式次第の中では楽譜を見ながら聖歌を弾けば事足りますが、たまに特別賛美でCDやYOUTUBEで見つけた、現代の賛美歌(ポップススタイル)をミミコピで弾くときもあったりします。
家でも気に入ったドラマのテーマ曲を、ささっとピアノで弾いてみたりするのは楽しいですよ。(これも楽譜は入手しようと思えばできるんですけどネ)
本当はミミコピ力をもっとアップさせたいところですが、ミミコピ自体の機会が減っているので現状維持で精一杯かな。
これ以上落ちない程度には、がんばりたいと思います。

※ここ数日、多忙につき、コメントレスが遅れていてごめんなさい。
全部、ありがたく目を通しています。
落ち着き次第順次レスしますので、もう少し待っててくださいね。

ジャンル:音楽 - テーマ:音楽のある生活


 +