FC2ブログ

ようこそ!タワシワールドへ♪


『やさしい曲を美しく弾く!』が生涯の目標。ぶきっちょな独学アマチュアピアノ弾き(時々オカリナ吹き)の、ユルくて熱い音楽日記。


プロフィール

私はタワシ

Author:私はタワシ
ぶきっちょな独学のアマチュアピアノ弾き。デジピ族。一応女性。
クラシックピアノの王道からは外れまくりですが、自由気ままなピアノライフを楽しんでます。
特技は捏造、ミスタッチ量産。
プロテスタント教会で奏楽者(礼拝讃美歌や聖歌隊の特別讃美の伴奏)をつとめています。
オカリナ吹きます(「フォーカリンク」と「アケタ」を使ってます)。時々、リコーダーやティンホイッスルなども。
これまでの経歴など、詳しくは当ブログの「自己紹介」カテゴリの記事を参照してください。


最新記事


最新コメント


カテゴリ


月別アーカイブ



Calender

05 | 2011 / 06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

今日の練習メニュー

<11月11日> ♪「無言歌集」より「なぐさめ」「タランテラ」(メンデルスゾーン) ♪悲しい夢(ドイツ民謡) ♪50のソルフェージュ(トスティ)(抜粋) ♪コブルゲルマーチ(作曲者不詳)


にほんブログ村


人気ブログランキング


ピアノランキング


FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking


FC2カウンター


リンク


(ページビュー)アクセスランキング


カレンダー

05 | 2011/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


TWITTER


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる





昨日は、前記事のとおり、「らぁ~めん会」の<れんしうかい>のため、東京・小平市にあるメンバーさんのお宅へ行ってきました。
梅雨時で、しかも天気予報は午後から雨・・・天気が心配でしたが幸いにも行きも帰りも降られずに済みました。

会場である HNうづらさんの御宅へは、これで3度目の来訪です。
緑の多い閑静な住宅街にあるここの御宅は、とにかく居心地がよくて、心からくつろげる空間です。
とても弾き易くて、柔らかな響きのグランドピアノがあります(憧)。

今回の参加者は7名、みんながそろうとまずは腹ごしらえです。
師匠のshigさんはお料理の腕もなかなかのもので、この日は「バーミーヘン」と焼き餃子を作ってくれましたよ~
バーミーヘンはタイの麺料理ですが、今回はそうめんを使ってさっぱりレモン味でいただきました。
アクセントのコリアンダーがエスニック風味を引き立ててくれます。

おなかがいっぱになったところで、いよいよれんしう開始。
メンバーのみんなが交代でピアノを弾き、タワシを含め何人かの人がshig師匠にミニレッスンをつけていただきました。
前回も書いたとおり、この集まりはとにかくレベルが高くって、タワシは曲の難度といい演奏の実力といい、ダントツで浮いています。(これ、本当に、謙遜0パーセントです、信じてね!)

そんなハイレベルな中、師匠の前で弾くということは、大いに緊張を強いられるので、
1曲目の「甘き喜びのうちに」を弾いたときはアタマ真っ白、必要以上にアップテンポにして自爆という最悪のパターンに・・・!
こんなに音符の少ない、バイエルみたいな楽譜の曲で、転びまくって、なんて惨めなのだろう。
師匠もあきれたような顔をして見てるなあ(恥)
よほど、タワシの演奏が、曲本来のイメージと違っていたのでしょう。
ピアノ版の音源を一度聴いてみようということになり、パソコンでその場で聴かせてもらいました。
初めて聴くピアノ編曲版(もちろんこれと同じケンプ編のもの)は、タワシの演奏とは同じ曲とは、とても思えませんでした。
この曲の原曲は、オルガン曲とはいえ、荘厳な調べを大音量で響かせるタイプの曲とは正反対で「4フィートストップ」という軽やかでかわいらしい感じの音色を生かした小品です。
ケンプのアレンジも、原曲に余分なものはほとんど加えず、原曲の雰囲気をピアノで表現しようとしているようです。
なのにタワシの演奏は、下手なペダルを踏みっぱなしのため、音が濁って悲惨なことに・・・(泣)

さらに問題は、ppがまったくppになっていないということです。
デジピでの強弱のつけ方に指が慣れきってしまったのでしょうか、たまに本物のピアノで弾くとppは、まったく音が鳴らなくなってしまうか、どうみてもmp位のうるささで響いてしまうか、の、二つに一つになってしまっていたのです。

そんなタワシに師匠が鉛筆を使った練習のやり方を教えてくれました。
実はマイミクさんの日記でこの練習のことはちょっと知ってました。
消しゴムつきの鉛筆を用意し、消しゴムの面を下にして握ります。
ピアノの鍵盤に消しゴムを当て、鍵盤を下まで静かに押し下げます。
途中でいったん引っかかる(感触が変わる)箇所があるのでそこでいったん止め、そこから最小の力で鍵盤を最後まで押し下げます。そのときに出る音がピアニッシモです。
こうして出るピアニッシモは本当にやわらかく美しい音で、感激ものです。
ただ、実際の曲の中でこれをやるのは至難の技ですね。全音符とか二分音符なら出来そうですが、アップテンポな曲での16分音符や32分音符、装飾音などでもこれが出来なくちゃならないのでしょうか。なんだか気が遠くなりました。

しかしこの練習をたった数回やっただけで、奇跡のようですが音が変わったんですよ~!
われながら半信半疑ですが、師匠が音が変わったといってくれたので本当なのでしょう。
師匠、教えるの上手すぎ。ひょっとして神ですか~(!?)

ずっと悩んでいた、高音部のユニゾンのところでのペダルについてですが、ピアノによっては3本ペダルがありますよね。
その真ん中のペダルを踏むといいとのことでした。
残念ながら機能使ったピアノにも、タワシの近所のスタジオのピアノにも、真ん中のペダルはないので、本番のホールでぶっつけ本番で使う可能性がとても高いです(焦)。
でも何とかやってみます!

実はこの曲は指慣らしというか前置きで(実際、コラール「前奏曲」ですし)
本命曲はヘンデルのメヌエットト短調です。
もちろんこのあと引き続き、メヌエットもレッスンしていただきました。
今度は逆にフォルテの音の出し方を習いました。
でも長くなりますので、この続きは第2回で。

お楽しみに!

ではでは、日曜ですがこれからまたお仕事に行ってきます。
またしてもコメントレス遅れてますが、帰宅したら今夜中にはお返事するつもりですので、もうしばらくお待ちくださいね。

ジャンル:音楽 - テーマ:ピアノ


 +