FC2ブログ

ようこそ!タワシワールドへ♪


『やさしい曲を美しく弾く!』が生涯の目標。ぶきっちょな独学アマチュアピアノ弾き(時々オカリナ吹き)の、ユルくて熱い音楽日記。


プロフィール

私はタワシ

Author:私はタワシ
ぶきっちょな独学のアマチュアピアノ弾き。デジピ族。一応女性。
クラシックピアノの王道からは外れまくりですが、自由気ままなピアノライフを楽しんでます。
特技は捏造、ミスタッチ量産。
プロテスタント教会で奏楽者(礼拝讃美歌や聖歌隊の特別讃美の伴奏)をつとめています。
オカリナ吹きます(「フォーカリンク」と「アケタ」を使ってます)。時々、リコーダーやティンホイッスルなども。
これまでの経歴など、詳しくは当ブログの「自己紹介」カテゴリの記事を参照してください。


最新記事


最新コメント


カテゴリ


月別アーカイブ



Calender

05 | 2011 / 06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

今日の練習メニュー

<11月11日> ♪「無言歌集」より「なぐさめ」「タランテラ」(メンデルスゾーン) ♪悲しい夢(ドイツ民謡) ♪50のソルフェージュ(トスティ)(抜粋) ♪コブルゲルマーチ(作曲者不詳)


にほんブログ村


人気ブログランキング


ピアノランキング


FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking


FC2カウンター


リンク


(ページビュー)アクセスランキング


カレンダー

05 | 2011/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


TWITTER


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる





(※前回の記事の続きです)
「甘き喜び…」で意外と時間を食ってしまいましたが、師匠と他の人には申し訳ないけれど、引き続き本命曲、ヘンデル=ケンプの「メヌエットト短調」も見てもらいました。

タワシとしては、苦手な装飾音にいっぱいダメ出しされるかなあと思ったんですが、意外にもこの曲の指導のポイントは「フォルテの音の出し方」でした!
途中盛り上がるところはあるものの、基本的にはしっとり落ち着いた曲想の作品なので、ここでフォルテのことをいわれらのは想定外でしたが、こういう曲だからこそ力任せの汚いフォルテが耳につくのですね。
フォルテは、「力を入れて強く弾く音」だと思い込んでいましたが、実はメゾフォルテからフォルテにかけての音が、一番自然に出せる音なんだそうです。「アレグロ=速く」と同様に、常識的に信じられていることは必ずしもそのとおりじゃないという例でしょうか。

タワシの場合、自分でも最近は気になっていたのですが、自己流ならではの悪い癖があって、それは指を振り上げて勢いよく振り下ろす、その反動でフォルテを弾くという、かなりむちゃくちゃなものです・・・(恥)何でこんな癖がついてしまったのかよくわかりません。
手首も、もっと固定しなければならないのに、やたらと上下しています。
これを矯正するのはちょっと時間がかかりそうな感じです。実際手首が動かないように保持してもらって弾いたら、弾きにくくて大変でした。
さらにフォルテやフォルティシモの記号を見ると反射的に、身体を前に乗り出して体重をかけようとする癖があるんですが、これが大問題。
これでは必要以上に力んでしまうだけで自然なフォルテは出ないのですね。
師匠に実演してもらうとむしろ逆にフォルテを弾くときは身体を後ろに倒しぎみにしてました。

というわけで変な癖が複合して、ギンギンと耳にうるさいだけのフォルテになってしまっていたわけで・・
目指すはあくまで、自然なフォルテです。道のりは遠そうだけど、ゆっくりあせらず、少しでも近づいていきたいと思ってます。

装飾音は、無理に収めようとあせらないのがポイントのようです。
音が多少すっぽ抜けたって気にすることはないといわれて、少し気が楽になりました。
あと、曲のラストで、静かに落ち着いて終わるべきところ、逆にクレッシェンドをかけてしまっていました。
力強く壮大に締めくくるのが個人的に趣味なのかもしれませんが(笑)、この曲にはあんまりふさわしくないので、デクレシェンドして静かに終止するようにします。

これで、「オトコマエ」とみんなに言われまくるのを、少しは返上できるかもね、とある人に言われました(爆)
もちろんオトコマエに弾くのが必要なときはそうしますが、何でもかんでも勢いに任せてガーッと弾くのは、やっぱり「がさつ」としか言いようがありませんものね。

そうそう、おんそうず2に備え「ぐるぐるモー様」を実演してもらいました。
タワシのほかの皆さんは、初見能力を含め実力のある方々ばかりなので、ところどころバタバタして笑いを誘いながらも、決めるところはばっちり決めてました。
おんそうずモー様組も、この絶妙のバランスを目指したいところです(笑)

ほかのメンバーさんがミニレッスンを受けているのも大いに参考になったし、みんなが持ちよったたおいしいお菓子を囲みながらの音楽談義も楽しかったし、あっという間に時間が過ぎて、おいとましたのは夜の8時半過ぎでした。
ぜひまた行きたいです、れんしうかい♪
新入りさんもも大大歓迎だそうですので、体験してみたい方はお気軽にタワシまで声をかけてくださいね。

ジャンル:音楽 - テーマ:ピアノ


 +