FC2ブログ

ようこそ!タワシワールドへ♪


『やさしい曲を美しく弾く!』が生涯の目標。ぶきっちょな独学アマチュアピアノ弾き(時々オカリナ吹き)の、ユルくて熱い音楽日記。


プロフィール

私はタワシ

Author:私はタワシ
ぶきっちょな独学のアマチュアピアノ弾き。デジピ族。一応女性。
クラシックピアノの王道からは外れまくりですが、自由気ままなピアノライフを楽しんでます。
特技は捏造、ミスタッチ量産。
プロテスタント教会で奏楽者(礼拝讃美歌や聖歌隊の特別讃美の伴奏)をつとめています。
オカリナ吹きます(「フォーカリンク」と「アケタ」を使ってます)。時々、リコーダーやティンホイッスルなども。
これまでの経歴など、詳しくは当ブログの「自己紹介」カテゴリの記事を参照してください。


最新記事


最新コメント


カテゴリ


月別アーカイブ



Calender

07 | 2011 / 08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

今日の練習メニュー

<11月11日> ♪「無言歌集」より「なぐさめ」「タランテラ」(メンデルスゾーン) ♪悲しい夢(ドイツ民謡) ♪50のソルフェージュ(トスティ)(抜粋) ♪コブルゲルマーチ(作曲者不詳)


にほんブログ村


人気ブログランキング


ピアノランキング


FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking


FC2カウンター


リンク


(ページビュー)アクセスランキング


カレンダー

07 | 2011/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


TWITTER


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる





タワシの行っているプロテスタントの教会では、毎週水曜の夜8時からが、聖書勉強会(兼・祈り会)の時間と決まっています。
しかし最近2ヶ月近く、聖書勉強会がずっと中止になっています。
理由は、牧師先生が、東北の被災地へボランティアへ行ったり、出張があったりするためです。
クリスチャンの青年たちのボランティア団体があり、ウチの牧師が、そのリーダーを任されているのです。そしてちょうどその合間を縫うように、教団や所属団体の関係で、国内外への出張がぎっしり入っています。
今もタイのバンコクへ出張中で、昨日の聖書勉強会も当然お休みとなりました。
水曜も、日曜礼拝と同様、ピアノ奏楽の奉仕があります。
日曜礼拝は現在3人でローテーションしてますが、水曜は韓国人の青年と1週おきで交代です。
仕事のあとの奏楽奉仕は、正直体力的にきついなあと思うこともあります。
前の教会では今のところと比べ物にならないほどタイトでハードなスケジュールだったのですが、それでもこなせていました、やっぱり若かったのでしょうね。
アレ?永遠の29歳のはずなのに、おかしいですね~(爆)
というわけで、信仰的にはこんなことじゃいけないのですが、中止になってくれてほっとしている一面もあります。
ピアノと同様、信仰も、熱く燃えているときと、だらだらと惰性でこなしているときとあるのが実情なんです。
今は信仰も夏バテ中かな?秋の訪れとともに復活したいものですネ                                                                        それでも、礼拝でピアノを弾いたあと、信徒の人たちが
「タワシさんの伴奏はやっぱり恵まれるね~」といってくれるのを耳にすると、
もっともっと、祈って心を備えて、賛美歌の練習もして、万全の状態で任務を全うしたいとは思います。
牧師先生も、過大評価?と思えるくらいに、信頼してくださってますし。

ところで教会のピアノといえば、昨年雨漏りで散々なことになったのを、読者の皆さんは覚えてますか?

教会のピアノ受難

雨漏りその後

その後、本当はすぐにでも調律師さんを呼ぶべきだったのですが、教会の予算不足で放置しています(涙)・・・
教会の車が事故ってしまい買い換えたのです。
車とピアノではやっぱり、一般的には車のほうが優先順位高いですね、残念ながら。
さらに3月の大震災もあり、かなり音が狂っています。
特に高音部・・・
オクターブなんか弾こうものなら、かな気持ちの悪い響きがして、演奏に集中できません。
ピアノ弾きは、管楽器や弦楽器のようにはマイ楽器を持ち歩くことができない宿命なので、その場にあるどんな楽器でもそれなりに自分を適応させて演奏できることが望ましいのでしょうけど。
でもね~やっぱり教会の、あの音の狂ったピアノ弾くの、しんどいのです。
もちろん調律費用をタワシが自己負担するといえば、牧師先生も喜んで即刻OKが出るでしょうが。
タワシもビンボーだからなあ(泣)
7月はパソコンが壊れた上、オフ会とコンサートが相次いでお財布事情が厳しくなっております。
ちょっとずつでも節約して、調律費用貯めようかな・・・

ジャンル:音楽 - テーマ:ピアノ


 +