FC2ブログ





驚くべき提案。そしてタワシの妄想。 

今日は火曜、すなわちタワシの定休日でした。
以前同じ教会に通っていたKさんに誘われて、午後のティータイムをご一緒に過ごすことに・・・。
タワシとともに、とある事情で、前行っていた教会を辞めたKさん。今は自宅で数人の信徒さんたちとともに日曜礼拝を守っています(家庭集会)。
一緒に賛美歌を歌ったり、近況報告をしあったり、入院中の父のことなどを祈ってもらったりと、有意義な時間を共有したのですが、そのなかでKさんから驚くべき提案がありました。

Kさんの自宅で、ご近所や知り合いの方を招いて、タワシのプチリサイタルをしたらどうかという話が持ち上がっているそうです。
家庭集会のメンバーのある方が、
「タワシさん、せっかくピアノが弾けるので、ぜひみんなに演奏を聴いてもらえばいいのに」
と本人不在な中で言い出し、Kさんはじめ他の信徒さんも同調したとのこと。
こういうのを、青天の霹靂(せいてんのへきれき)というのでしょうか!
すっかりその気のKさん ニコニコしながら
「あんまり急だとタワシさんも困るでしょうから、11月あたりの火曜の午後はどうかしら?」と、おっしゃる。
「時間は1時間ちょっとくらいで、そのあとお茶とお菓子など・・・」
Kさんの頭の中には確実に青写真が出来上がっている模様・・・

「とにかく急なことで、なんていっていいか~。
少し考えさせてください」
と返事したタワシでしたが。
少し考えてみたらどう考えても無理ですよ、そんな話。
いくら仲間内のささやかなコンサートといっても、一人で1時間以上、(BGMならいくらで弾きますが)人前で弾き続けるなんて!
無理、無理、絶対無理!
考えただけで緊張でブルブルしますよね。

11月にはおんそうず3も控えているし、父の病状が安定しているうちに(出来れば10月ごろ)顔を見せに行きたいし、
物理的にも厳しいですよね。
せっかくの提案でしたが、お気持ちだけありがたく受け取ってこの話は辞退しようと思います。

でもちょっとだけプログラムを妄想してみました。
家庭集会といっても実際は教会のようなものなので、2部構成にして、後半は賛美タイム(伝統的な賛美歌や、プレイズソング(現代ふうの賛美歌)を演奏する)で決まり。
トリは、「アメイジング・グレース」か「ユー・レイズ・ミー・アップ」かなあ。
前半は賛美歌以外の一般の曲だけど、さて何を弾こう。
バッハ、モーツァルト、ベートーベン、ショパン・・・どれも人前で弾けるようなレパートリーはないなあ。
そもそもやっぱりクラシックらしいクラシックはタワシには似合わないな。
ジャズやシャンソンやタンゴなど何でもアリなのも楽しいな。
あるいは「世界のお国めぐり」的なプログラムも面白いかしら。

皆さんも、もし自分が演奏会を開くとしたら?とか想像力をたくましくするのもたまにはいいですよ。
現実に つむじねこさんのように、りっぱにリサイタルをされた方もおられますしね♪
[ 2011/09/06 19:37 ] 日記 | TB(0) | CM(18)