fc2ブログ

ようこそ!タワシワールドへ♪

『やさしい曲を美しく弾く!』が生涯の目標。ぶきっちょな独学アマチュアピアノ弾き(時々オカリナ吹き)の、ユルくて熱い音楽日記。

指定期間 の記事一覧

「れんしうかい」レポ②~音遊びは愉しいな♪

2011.09.27 (Tue)
らべんだ~さん、Sleepingさんに遅れをとってしまいましたが(笑)
タワシも「れんしうかい」レポの第2弾をお届けしたいと思います。

演奏会の翌日に、質量ともに「ミニ」とはとてもいえないレッスン3本立て、さらにお食事作までして、お師匠様’sもさぞやお疲れだったと思います。らべんだ~さんもインドア派なのに不慣れな場所までクルマを自ら運転。Sleepingさんはいつもにも増してハイテンションなお子様付き。 それでもこの集まりがあるところ、楽器の音が絶えることはないのでした!

らべんだ~さんたちの記事にもありますが、
「おんそうず3」に向けて、ブルグミュラー「素直な心」のアンサンブル(連弾&リコーダー2本)を初めて合わせてみました。
「素直な心」はタワシはリコーダー担当です。
オカリナやティンホイッスルは、まだ時々は吹く機会がありますが、リコーダーはあまりに久々すぎて、しかも子供のころ使った「ジャーマン式」でなく、「バロック式」なので四苦八苦。
高い音が絶叫状態になって聴けたものでないので,Sleepingさんとパートを変わってもらってアルト担当になりました。
これからまじめに練習すれば、たぶん当日には一応まともに吹けるくらいにはなるでしょう。が、練習おさぼりが得意技のタワシですからね~。皆さん時々「喝!!」を入れてやってくださいね。

みんなのレッスンが終了した後は、同じく「おんそうず3」でやる予定のシューベルトの連弾(入れ替え制?4人連弾)をお師匠様たちに演奏してもらい、らべんだ~さんとタワシは2人であわせてみたりもしました。
前日の夜に2度ほど弾いてみただけという、恐るべき練習不足のタワシでしたが、ラテン系のリズムパート(野ばら)と、メロディーのユニゾン(アヴェマリア)だったので、ほとんど初見でも、何とか弾くことはできました。
でもびしっと合わせるの意外とは難しいかもしれないです。
最後、帰りがけにshigさんとyogotoyaさんが模範演奏を録音してくれましたが、あれだけの人たちでさえ、何テイクか録り直していましたもの。

その他で印象に残ったのは、バッハのインベンションでの音遊びです。
グランドピアノと電子チェンバロで同時に、インベンションを連弾で(左右のパートを一人ずつ分担して)弾くだけなんですけど、インベンションをやることに尻込みしているタワシでさえ、たのしくポンポンと弾けました。
図書館で借りた楽譜に目を通していたから純粋な初見とはいえないけれど、片手分とはいえ、いきなりあのテンポでなんとかかんとかそれなりに弾けたのは、タワシにしては奇跡的かも?
こんな愉しいインベンションなら、ちょっとやってみてもいいかなあ、とほんの一瞬心が動くタワシでした。
あ、心動いたのはほんの一瞬ですからね。
うちに帰れば、こうやってお遊びに付き合ってくれる友もなく、安物のデジピで孤独に練習するのみです。
インベンションは、やっぱりこうしてたまに戯れで弾くくらいが、ちょうどいいかも。。。

ほかにもいろいろ書ききれないほど盛りだくさんな1日でしたが、とりあえずこれにて、れんしうかいレポを終わらせていただきます。
 | HOME |