FC2ブログ





“らしく”弾きたい!!~軍隊ポロネーズ・練習1週間~ 

タワシ史上最高(?)の背伸び曲、ショパンの「軍隊ポロネーズ」を練習し始めて、1週間くらいになります。
いつものタワシならたいていビフォー版の録音がアップできる時期なんですけど(そしてそのまま永遠のアフター版がアップされないと言うケースも往々にしてあるが・・・汗)、さすがにこの曲は無理!
騒音以外の何ものでもないと思われるのでアップはしません。

こんな状況なのに、12月初旬にshig師匠をはじめとするお師匠様たちにミニ(じゃない)レッスンを付けてもらうことをお願いしちゃいました。
それまでに何とか形だけでも付けないと、お師匠様たちにも申し訳なさ過ぎます。間に合うのか タワシ!?

そんななか、ひとつだけ「光明」らしきことといえば、
それなりに、ですけど、ポロネーズらしいリズムが出来てきたってことでしょうか。
普通の人とはかなり順序が違うようですが、タワシの場合ごく最初の段階から出来るだけ曲想を付けて弾くようにしてます。
というより、そうでないと弾けないのです。進むべき方向性が見えないと、前へ進めない・・・。そんな感覚があるんですよね~
なので「らしく弾く]ということを、最初の段階から意識してるのです。(融通が利かないのでいったんイメージがついちゃうとなかなか修正できないというせいももあるかな)
タワシは舞曲が大好きなんですけど、舞曲は特にそれぞれのキャラをはっきり立てるのがポイントのような気がします。
メヌエットならメヌエットらしく
マズルカならマズルカらしく
ワルツならワルツらしく・・・!
ワルツでもウィンナワルツもあればドイツ風ノレントラーみたいなワルツもある、フランス風のエレガントなのも、シンコペーションのきいたラグタイムのワルツだってある。ショパンのワルツはまた独特な世界がありますよね。
月並みなセンスと人並み以下のテクニックを総動員して、そういったニュアンスの違いを、タワシなりに出来る限り表現しようとしてるんですよ~。
で、今回、本格的なポロネーズに挑戦するのは初めてなのですが、極力この舞曲のもつ力強くて勇壮な感じを出したいなあとがんばっています。
そしてようやく、少しずつポロネーズらしくなってきました(と信じたい・・・)。

でもたいていの人はその前にちゃんと「正しい音」が押さえられるようになっているんですよね?
タワシの場合、曲想がちゃんと付けられるようになってからも、ミスタッチを減らす作業がえんえんとと続いて。しかも最後まで行き着かないという・・・
皆様は暖かく包んでくださいますが、本人はかなり気にしております。

では今日も、これからもうひと練習がんばります!