FC2ブログ





W.F.バッハ(大バッハの長男)のソナタで、3声の練習中! 

ショパンの軍隊ポロネーズは暗譜がほぼ完了したので、今は鍵盤ガン見しながら練習してます。
そのわりにミスタッチが減ってくれないので、ちょっとトホホな気分です。
しかしとりあえず、お師匠様’sに途中でレッスンを打ち切られそうなほどの、ひどい状態からは脱しました。
ここから先はがむしゃらにやっても手を痛めそうなだけという気がするので、この曲はほどほどにして他の曲も弾いていこうと思います(結局、浮気?)

というわけで昨日は新曲を弾きました♪
といっても以前に図書館から借りてコピーしてあった楽譜です。
ヴィルヘルム・フリーデマン・バッハ(大バッハの長男)の「ソナタト長調」。
昨日はそのうち、ほぼ初見の第2楽章と、前にチラッと弾いたことのある第3楽章を、ちょっとずつ練習しました。
クリスマスにはバッハを弾きますので、少しバロックモードにしておく必要がありますものね。

どうやらまたまた無名の曲らしくて(笑)YOUTUBEなどで見つけられなかったのですが・・・
第2楽章はもろにバッハのインベンションっぽい曲です。
(3声なのでシンフォニアっぽいというべきなんでしょうか?)
テンポが遅いので何とかなりそうな気がしましたが甘かったです!
難しい!
2声のインベンションをちゃんとやってから弾くべき曲なんでしょうね。
あまりインベンションに気乗りのしないタワシなので、インベンション代わりにこの曲で対位法の練習をしようかな?などとおかしなことを考え中です。

第3楽章は両手ともスケールがいっぱい。
これまたタワシの苦手分野です。(どれだけ苦手があるんだ、って感じですね)
まあ普通に音階練習しているよりは、こういう曲の中で練習するほうがよほどましなので、こちらもがんばりますよ。
しかし今はまだ、プレスト(指定速度)どころかアレグロ、いや、アレグレットにも程遠く、ちんたらちんたら弾いております。
この第3楽章、一見弾きやすそうなのに、弾いてみるとなぜか、拍感もおかしくなるし、テンポも狂いまくるという不思議なリズムの曲です。
最近やっと克服しつつあった「リズム音痴」が再発しそうだ~(汗)